ライン年賀状。 LINEで年賀状を簡単に送る方法!住所がわからなくても送れます

LINE(ライン)で年賀状

ライン年賀状

年賀状を送る、返事をする、そんな場合にメールで送るのはどうなのでしょうか? 「年賀状」というと年賀はがきで、というのが一般的ですが、最近はいざ出す時期になりますと「メールやLINEで送ってもいいかな?」と迷う場合も多いようです。 今回は、年賀状をメールやLINEで自分から出す場合、相手から届いた年賀状にメールやLINEで返事を出す場合など、それぞれの場面に合わせて、注意点や文例を見てみましょう。 <目次>• 年賀状をメールで送るのはNG行為なの? 年賀状を送る相手との距離感によります。 日頃から主にメールを利用して連絡を取り合っている場合は、相手もメールで届いたほうが便利ですし、相手を煩わせないという利点があります。 ビジネス、仕事場でも、人数が多い場合などは社員宛にはメールでという会社もあるようですし、学校側から教師全員に出すような例も少なくありません。 それ以外に、取引先宛てや上司と部下などの場合は、その会社の慣習にもよると思われます。 取引先宛てなどは、 年賀状を出しても、新年最初のメールでは新年の挨拶の言葉を添えることがありますので、いずれにしても年賀メールに関する知識やマナーは把握しておくのがよいでしょう。 年賀状メールを送らない場合でも、年始のメールには新年の挨拶を添えるのがいいでしょう なお、ビジネスでのメールの場合、相手も休みに入ってしまうわけですから、いつごろ出すかというのも迷うことがあるかもしれません。 正月休み明けの松の内(関東では1月7日)前後あたりが一般的なようです。 では、相手から年賀状をもらった返事としてメールで出す場合はどうでしょうか。 相手から年賀状をはがきでもらった返事としての年賀メールは? こちらも、今のご時世決してメールを使ってはいけない、すべてがマナー違反だとは言い難い点もあるのではないでしょうか。 しかし、ここでひとつ忘れてはいけないのは場合にもよるということと、先の文例同様ひと言添えるなどの気くばりは必要という点です。 相手に対しての気くばりは決して忘れてはいけないもの! メールに対しての印象の個人差もあるかもしれませんが、相手はひと手間かけて年賀はがきとして送ってくれたのですから、それに対してメールで返事をするのは略式になるわけです。 ですから、当然メールでいいやという態度は相手も不快に感じるものです。 また、目上の人やお世話になった人が丁寧に年賀はがきで挨拶してくれたのに、そのような場合でもいつでもメールでというのはやはり失礼です。 今や通信手段として一般的になり何かと便利なメールですが、相手に不快感を与えたり、マナー違反という印象をもたれたりしないようにするためには、相手やその時々の状況に合わせて使い分ける工夫と、略式をひと言わびる気くばりが何より大切と言えるでしょう。 では、ひと言添える言葉としては具体的にどのような言葉が適当か、次に文例をいくつかあげてみましょう。 本来でしたら、きちんとお手紙で申し上げるべきところを、メールでの失礼をお許しください。 メールにて失礼いたします。 年賀状を頂戴いたしましてありがとうございます。 今年こそはと思いながら、• 暮れから子どもたちが来たりとうっかり遅れてしまい、メールなどで申し訳ございません。 暮れが忙しいのは皆さん当然のことですから、何の言い訳にもなりませんが、• 今年もメールになってしまいまして、失礼をどうかお許しくださいませ。 いつもお手製の素敵な年賀状をいただきまして、ありがとうございます。 略儀ながらメールにて失礼いたします……など。 テンプレート2:仕事で付き合いがある方にメールで年賀状を送る場合 以上の内容を踏まえて、実際にガイドが年賀メールを作成してみました。 なお、送り相手は、私の担当をしている編集者の方を想定しています。 昨年中は記事の件ではお世話になりましてありがとうございました。 いつも新記事のご提案、レイアウトの調整など ご配慮いただきまして感謝申し上げます。 本年も何かとお世話になることと存じますが どうぞよろしくお願い申し上げます。 メールにて申し訳ございませんが、新年のご挨拶にて 失礼申し上げます。

次の

2020年の年賀状は何枚出す?LINEやメールでの新年の挨拶はアリ?送るのは何時がベスト?|ニュースコラム

ライン年賀状

今回はLINE(ライン)で年賀状スタンプを購入して使う方法を紹介したいと思いますよ。 最近はメールよりもLINEで家族や友だちとコミュニケーションを取る人が老若男女問わずとても増えてきたので、年賀状も従来の年賀ハガキではなくてLINE(ライン)のスタンプだけで済ます人もじわりと増えてきているようです。 かくいう自分も昨年から紙の年賀ハガキは一切書かずに、年賀状はLINE(ライン)の年賀状スタンプで送るようにした一人だったりするんですけども。 目次 LINE(ライン)の年賀状スタンプのメリット まず年賀状としてLINE(ライン)の年賀状スタンプを使うメリットって何?って話ですけども、ヨッシー的には下記の2点が大きいと思います。 スタンプ購入費用100円だけで年賀状スタンプを何十通・何百通送信可能 LINEの年賀状スタンプは年賀ハガキで年賀状を送る場合よりも費用的にも超安上がりです。 例えば、 LINEで年賀状スタンプをクリエーターマーケットで購入する場合、1セット40個入りのスタンプをたった50pt(=100円)で購入する事ができます。 この購入した年賀状スタンプをLINE上の友だちに年始に何通、何十通、何百通と送ろうが、費用は上記の50pt(=100円)だけです。 年賀ハガキのように送る枚数に応じて費用がかさむこともありませんし、年賀ハガキの印刷に使うプリンターのインク代もかかりません。 さらに自宅のプリンターで表面・裏面を印刷するならインク代もさらに上乗せされます。 というわけで、LINE(ライン)での年賀状スタンプは年賀ハガキの年賀状よりもコスト的に超節約術なわけです。 年賀状スタンプの購入方法&使い方 年賀状スタンプの購入方法 さて、LINE(ライン)の年賀状スタンプのメリットがなんとなく分かったところで、実際に年賀状スタンプを使ってみたいという人向けに、年賀状スタンプの購入方法&使い方を以下紹介したいと思います。 以下、手持ちのiPhoneで解説しますが、Androidスマホでも同様だと思います(多分)。 まずLINE(ライン)を起動します。 画面右下の「・・・」をタップ。 続いて「スタンプショップ」をタップ。 スタンプショップの画面が開きます。 指で下方向にスワイプを行うと、上部に検索ボックスが表示されます。 検索ボックスが表示されたら、こちらに「年賀状」と入力します。 すると、「公式」と「クリエイターズ」のタブが表示されるので、「クリエイターズ」をタップします。 クリエイターズには、たくさんのクリエイターズスタンプが一覧表示されます。 ちなみにクリエイターズスタンプとはプロ・アマ・個人・企業問わず全国のクリエーターの皆さんが自身で作って1セット50コイン(=100円)で販売している有料スタンプの事です。 今回は「年賀状」というキーワード検索をしたので、年賀状に関連するスタンプのみが下記のように一覧表示されています。 クリエイターズスタンプは1セット50コイン(100円)で、1セットには40個のスタンプが含まれます。 画面上部の「購入する」ボタンをタップします。 すると購入確認画面が表示されるので「OK」をタップします。 今回は以前に購入した保有コインが450コインあったので、ここでは「OK」をタップするだけで、そのまますぐに購入&スタンプのダウンロードが可能です。 ちなみにLINEスタンプの料金システムは、直接お金(日本円)で支払うものではなく、1pt=2円換算のLINEコインを事前購入しておいて、その保有コイン残高からLINEスタンプを購入するシステムになっています。 ですから、保有コインの残高がゼロだったり初めてスタンプを購入するような場合は、コインを購入する画面に切り替わるので、そこでコインを購入する必要があります。 その場合、AppStoreで有料アプリをダウンロードするのと同じように、AppleIDのパスワードを入力する必要がありますので先に準備しておきましょう。 ダウンロード完了画面が表示されたら「OK」をタップします。 続いて「確認」をタップ。 すると先ほどの「購入する」ボタンが「ダウンロード済み」になってグレーに変わりました。 これで購入手続き完了です。 スタンプ送信ボタンのニコちゃんマークをタップします。 この通り、LINE(ライン)で年賀状スタンプを友だちに送信する事ができました! というわけで、来年(2017年)はこの年賀状スタンプを年賀状として友だちに送ることにします。

次の

あけおめ年賀スタンプ50個!【2020年】無料LINE年賀状4つの方法(アプリ・お正月ライン画像)

ライン年賀状

年賀状を送る、返事をする、そんな場合にメールで送るのはどうなのでしょうか? 「年賀状」というと年賀はがきで、というのが一般的ですが、最近はいざ出す時期になりますと「メールやLINEで送ってもいいかな?」と迷う場合も多いようです。 今回は、年賀状をメールやLINEで自分から出す場合、相手から届いた年賀状にメールやLINEで返事を出す場合など、それぞれの場面に合わせて、注意点や文例を見てみましょう。 <目次>• 年賀状をメールで送るのはNG行為なの? 年賀状を送る相手との距離感によります。 日頃から主にメールを利用して連絡を取り合っている場合は、相手もメールで届いたほうが便利ですし、相手を煩わせないという利点があります。 ビジネス、仕事場でも、人数が多い場合などは社員宛にはメールでという会社もあるようですし、学校側から教師全員に出すような例も少なくありません。 それ以外に、取引先宛てや上司と部下などの場合は、その会社の慣習にもよると思われます。 取引先宛てなどは、 年賀状を出しても、新年最初のメールでは新年の挨拶の言葉を添えることがありますので、いずれにしても年賀メールに関する知識やマナーは把握しておくのがよいでしょう。 年賀状メールを送らない場合でも、年始のメールには新年の挨拶を添えるのがいいでしょう なお、ビジネスでのメールの場合、相手も休みに入ってしまうわけですから、いつごろ出すかというのも迷うことがあるかもしれません。 正月休み明けの松の内(関東では1月7日)前後あたりが一般的なようです。 では、相手から年賀状をもらった返事としてメールで出す場合はどうでしょうか。 相手から年賀状をはがきでもらった返事としての年賀メールは? こちらも、今のご時世決してメールを使ってはいけない、すべてがマナー違反だとは言い難い点もあるのではないでしょうか。 しかし、ここでひとつ忘れてはいけないのは場合にもよるということと、先の文例同様ひと言添えるなどの気くばりは必要という点です。 相手に対しての気くばりは決して忘れてはいけないもの! メールに対しての印象の個人差もあるかもしれませんが、相手はひと手間かけて年賀はがきとして送ってくれたのですから、それに対してメールで返事をするのは略式になるわけです。 ですから、当然メールでいいやという態度は相手も不快に感じるものです。 また、目上の人やお世話になった人が丁寧に年賀はがきで挨拶してくれたのに、そのような場合でもいつでもメールでというのはやはり失礼です。 今や通信手段として一般的になり何かと便利なメールですが、相手に不快感を与えたり、マナー違反という印象をもたれたりしないようにするためには、相手やその時々の状況に合わせて使い分ける工夫と、略式をひと言わびる気くばりが何より大切と言えるでしょう。 では、ひと言添える言葉としては具体的にどのような言葉が適当か、次に文例をいくつかあげてみましょう。 本来でしたら、きちんとお手紙で申し上げるべきところを、メールでの失礼をお許しください。 メールにて失礼いたします。 年賀状を頂戴いたしましてありがとうございます。 今年こそはと思いながら、• 暮れから子どもたちが来たりとうっかり遅れてしまい、メールなどで申し訳ございません。 暮れが忙しいのは皆さん当然のことですから、何の言い訳にもなりませんが、• 今年もメールになってしまいまして、失礼をどうかお許しくださいませ。 いつもお手製の素敵な年賀状をいただきまして、ありがとうございます。 略儀ながらメールにて失礼いたします……など。 テンプレート2:仕事で付き合いがある方にメールで年賀状を送る場合 以上の内容を踏まえて、実際にガイドが年賀メールを作成してみました。 なお、送り相手は、私の担当をしている編集者の方を想定しています。 昨年中は記事の件ではお世話になりましてありがとうございました。 いつも新記事のご提案、レイアウトの調整など ご配慮いただきまして感謝申し上げます。 本年も何かとお世話になることと存じますが どうぞよろしくお願い申し上げます。 メールにて申し訳ございませんが、新年のご挨拶にて 失礼申し上げます。

次の