880120京都歳時記[花鳥風月]その一

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

⚒ 春の夜の闇はあやなし 梅の花 色こそ見えね 香やはかくるる (古今 ) 大河内躬恒 臭…シュウ、にお(う)、くさ(い) 匂…にお(う) 「におい」は、そのものから漂ってくる、嗅覚への刺激です。 「下の帯」という語から、肉体関係を持った間柄であることが窺われる。

6

和歌・短歌の意味

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

🙃 そのことを悲しむ心が余情になっている。 五つにはたゞごと歌。

紀友則 千人万首

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

😉 紫 草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑにわれ恋ひめやも 作者:大海人皇子【天武天皇】(万葉集) 意味:紫草のように美しいあなたが憎いなら、人妻であるあなたになんで私が恋などしようか。

17

880120京都歳時記[花鳥風月]その一

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

💔 同様の趣向で作られた同じ作者の歌に「うきながら消 け ぬる泡ともなりななむ流れてとだにたのまれぬ身は」がある(古今827)。 小倉百人一首に歌を採られている。

17

和歌・短歌の意味

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

☺ きわめて手の込んだ歌で、しかも調べが美しく、友則の恋歌の代表作と言えよう。 【補記】急流に浮かび出ては消えてゆく泡を宝玉と見立てた。

5

96ページ目の[ 常用漢字 ]

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

☕。 【補記】古今集恋歌五、変わりゆく恋人の心を悲しむ歌群にある。 【他出】寛平后宮歌合、新撰万葉集、友則集、古今和歌六帖、俊成三十六人歌合、定家八代抄、時代不同歌合、歌林良材 笹の葉におく霜よりもひとりぬるわが衣手ぞさえまさりける (古今563) 【通釈】笹の葉に置く霜よりも、独り寝をしている私の袖の方が、ずっと冷たいのであった。

5

春たちける日よめる 紀貫之: 古典・詩歌鑑賞(ときどき京都のことも)

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

🍀 【補記】回帰的な自然と非回帰的な人生を対比し、老いという人の宿命の悲しみを歌う。 于 レ時 延喜五年歳次乙丑四月十八日、臣 貫之等謹序。

紀友則 千人万首

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

⌚ 」と二句・三句で切れ、「色 をも香 をも」、「 知る人ぞ 知る」と繰り返すリズムが躍動的で、花を贈った相手に対する強い思いが生き生きと感じられる。

20

紀友則 千人万首

春 し ほれる ひ こ 袖 ち と の 立 ふ くらむ の 水 つけ 風 や を て むすび

🙃 いわゆる数唱。 【補記】蝉は晩夏の頃に最もよく鳴くので、その声に秋の近いことを感じて「かなしな」と言っているのであろう。 紫 の一もとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る 作者:読み人知らず(古今集) 意味:愛する紫草が一本あるために、それが生えている武蔵野の草は全部いとしく思われることだ。

17