ふるさと 納税 2020 おすすめ。 ふるさと納税2020年上半期 おすすめ牛肉ランキング6!

【2020年最新】ふるさと納税おすすめ「定期便」人気ランキング決定版

ふるさと 納税 2020 おすすめ

現在ふるさと納税ポータルサイトは16ほどあります。 これだけ多いと自分でポータルサイトを比較するのも大変… そこで、 ふるとく編集部が実際にサイトを使って、メリットや特長を徹底的に比較検証しました。 本当におすすめのふるさと納税サイトが一目でわかります! 目次• ふるさと納税とは? ふるさと納税とは、 本来自分が居住している自治体に納めている税金の一部を、出身地などの故郷や、応援したい自治体に寄付できる制度のことです。 多くの自治体では寄付のお礼として、米や肉など地域の特産品を送っています。 また、寄付後、手続きをすると自分が支払うべき住民税や所得税からその金額分が翌年控除されます。 ただし、全額控除されるわけではなく、寄付金額のうち 2,000円を超える分が控除の対象になっています。 つまり、 実質的に自己負担額2,000円でいろいろな返礼品がもらえるということ。 1 最短1週間で返礼品が届き、決済方法が豊富 家電返礼品506と他ポータルの中で圧倒的数。 ふるさと納税すると 楽天ポイントもたまる。 最大15倍も。 auポイントが使えるので、auユーザーにとってはお得。 決済方法にauかんたん決済がある 寄付金額100円につき1マイルが貯まる 寄付金額に応じたトラベルポイントが付与され、宿泊施設などの旅行プランを利用できる ランキングが充実している 自治体に対する情報量が多い 高島屋とコラボした返礼品が選べる 「厳選・おいしさの追求」を軸に、「シェフのお墨付き」返礼品が紹介されている ヤマダポイントが1%貯まる。 ふる太が『さとふる』を1番におすすめする理由は、返礼品の探しやすさ、申し込みのしやすさです! また、決済手段は「クレジットカード決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」、「auかんたん決済」、「コンビニ支払い」、「銀行(Pay-easy決済)」と幅広く用意されているのも便利ですね。 贅沢な返礼品やAmazonギフト券がもらえたりする も定期的に行なっているところも特長の一つです。 早く返礼品が欲しい時ありますよね?なんとさとふるでは、申し込み後早ければ1週間程度で返礼品が届くので、非常に便利です。 利用メリット マイページ機能があり自分の控除上限金額も登録できるので、一元管理できる。 早く届く返礼品があり、決済方法も豊富。 企業の従業員向けサービス「オフィスでふるさと納税」という、ユニークな日本初のサービスを展開している企業が運営しているサイト。 掲載自治体数は約70と少ないながらも、北海道白糠町、新潟県村上市、福岡県大木町といった人気の自治体が参画しており、多くのポータルサイトから姿を消した家電」カテゴリーが残っているのが魅力です。 家電以外にも、商品券(ギフトカード)や宿泊チケットなどがあり、「ちょっと贅沢をしたいな~」と思っている方は、ぜひのぞいてみてください! 利用メリット 常時Amazonキャンペーンを実施している。 お米、お肉などの特集が豊富で人気の返礼品を見つけやすい。 利用デメリット 返礼品の数が少ない。 カテゴリーごとのランキングがない。 1のサイト『ふるさとチョイス』は3番目におすすめです。 21万点以上の地域の名産品などが掲載されており、全国1741自治体のうち約1500の自治体へ寄付することができます。 情報量が豊富!また、クレジット決済だけではなく、キャリア決済やコンビニ決済、銀行振込、郵便振替など幅広い決済方法に対応しています。 ふるさとチョイスの特長は掲載数が多いということだけではありません。 チョイスしか掲載されていない もまた魅力的です。 ネットでのお申込みが苦手な方は、カタログや電話、FAXでも申し込みできるので使い勝手が良いですよね。 利用メリット 返礼品数、自治体数ともにポータルサイトの中でNo. 1なので、返礼品が豊富。 選択の範囲が広がる。 また、商品券の取り扱いも多く使い勝手がよいのも特長です。 今急激に伸びているサイトです。 掲載自治体数も350を超えるなど、利用者数・認知度共に増加傾向にあります。 返礼品のレビューを投稿するだけで「 」をプレゼントするなど、定期的にAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しているのも特長の一つ。 これはかなりポイントが高いですね! とにかく、お得にふるさと納税をしたい!という方にはオススメのサイトです。 利用メリット 家電返礼品が豊富。 還元率の高い人気商品券が稀に掲載される。 利用デメリット 家電以外の食品などの返礼品がさとふる、ふるさとチョイスに比べると少ない。 一回一回会員登録するのめんどくさい!そんな方にはとても使いやすいサイトですね。 しかも、楽天スーパーポイントが使え、もちろんふるさと納税するだけで楽天スーパーポイントがもらえちゃいます。 レビュー機能が充実している。 利用デメリット 楽天に慣れているユーザーには問題ないが、情報量が多く掲載されているため初めての人は見づらい。 順位 サイト名 総合得点 利用者の声 73. 46 掲載自治体が多いので、結果的に多様な選択が可能。 ランキングがよい。 56 マイルが貯まる。 品質の高い返礼品を多く取り扱っている。 24 サイトのページが見やすく、検索しやすい。 寄付控除額のシミュレーションがわかりやすい。 87 楽天市場で買い物するのと同じように商品が選択・楽天ポイントが付く。 36 情報量が豊富でコンテンツも充実してわかりやすい。 30 返礼品がランキング形式になっている。 高評企業のふるさと納税サイト 規定人数の半数以上の回答があり、評価項目得点が60. 00点以上の企業が高評企業として選ばれます。 お得な返礼品が多いのは分かったけど、好きなだけ申し込めるの? 「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。 しかし、お得にふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの 年収や家族構成などによって決まってきます。 というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。 所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。 たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円までの寄付であれば自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。 共働きでない年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。 控除限度額は「」や「」から調べることができます。 ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに 「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。 私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。 また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。 その中で感じたこと。 それは、 「お得な返礼品が見つけにくい!」です。 年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。 この中から お得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。 お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。 お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんな あなたの不便を解消するべく立ち上がりました! 当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。 私はそう信じております。

次の

【速報】2020年最新!ふるさと納税「家電」還元率ランキング20選 ふるさと納税ナビ

ふるさと 納税 2020 おすすめ

特徴 873 最大30% 〇• 楽天カードユーザーは3%~30%ポイント還元• 楽天会員は新規登録不要 389 1% 〇• Amazonギフト券還元• 家電の返礼品が充実 756 - 〇• オリジナルの大容量返礼品• 返礼品が届くまでの期間が他サイトよりも短い自治体も 1,514 - 〇• 老舗サイト• 利用者数、掲載自治体数No. JTBが運営• KDDIが運営• マイルが貯まる 「 楽天ふるさと納税」を使う一番のメリットはやはり「ポイント還元」の高さです。 ふるさと納税を行った際、独自にポイント還元を行うサイトはありますが「楽天ふるさと納税」はSPUというポイントUP制度や、その他キャンペーンを利用することで 最大30倍まで還元率が伸びるのが強みです。 ふるさと納税は「実質負担2,000円」で行うことができる制度です。 「実質負担2,000円」というのは、ふるさと納税で自治体に寄附をした合計金額から2,000円を差し引いた額が、翌年納める住民税、さらに所得税は還付という形式で控除されます。 「楽天ふるさと納税」を上手に活用すれば、この2,000円さえもポイントで還元することができます。 ポイント還元があるサイトは5社あります。 なお、「」「」「ANAのふるさと納税」は、クレジットカードでの支払いがポイント還元の条件の一つになっています。 「」はAmazonギフト券3%が還元されるキャンペーンを実施中です。 (7月末まで) 「楽天ふるさと納税」は、すでに楽天会員の方は新規会員登録も不要でメリットが多いですが、非会員の方は登録が必要になります。 「ふるさとチョイス」と「さとふる」はCM放送などで知名度が高いものの、独自ポイントなどが無くポイント還元が無いです。 「ふるなび」は家電関係の返礼品が多い反面、他のジャンルの返礼品は「ふるさとチョイス」や「さとふる」に比べると少ないです。 「ふるぽ」は「ふるさとチョイス」と提携しているため、「ふるぽ」で申し込みを行おうとすると「ふるさとチョイス」のサイトに遷移します。 そのため最初から「ふるさとチョイス」を活用した方が手っ取り早く申し込みが行えてしまいます。 「au PAY ふるさと納税」は、後発のふるさと納税サイトのため、掲載自治体数・返礼品が少ない上ポイント還元も無いため、あえて「au PAY ふるさと納税」を使うメリットがありません。 ECサイトの「楽天市場」と同じ感覚で簡単にふるさと納税の手続きが行えるため、人気のふるさと納税サイトになっています。 「楽天ふるさと納税」は、楽天会員IDを活用することで「楽天市場」の買い物と同じようにふるさと納税を行えます。 既に楽天会員になっている場合は、個人情報の登録などの手続きが省けるため、スムーズにふるさと納税ができるため便利です。 また、 寄附の金額に応じて「楽天ポイント」が付与されるのが「楽天ふるさと納税」を利用する最大のメリットです。 「楽天ポイント」とは、1ポイント1円分として、楽天のさまざまなサービスで利用できるポイントの名前です。 「株式会社アイモバイル」は東証一部に上場しているため、安心感も高いサイトと言えるでしょう。 「ふるなび」の最大のメリットは、寄付金額に応じて「Amazonギフト券」の還元があることです。 「Amazonギフト券」とは、Amazonが発行しているAmazon内のショッピングに使えるギフトカードのことです。 例えば1万円「ふるなび」で寄付を行ったとすると通常は100円が還元されます。 普段のAmazonでお買い物をしている方におすすめです。 他にも「ふるなび」では、寄附金額200万円以上の方へのコンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」や、自治体や自治体が認めた個人・団体がクラウドファンディングのプロジェクトオーナーとなり、資金を募るクラウドファンディング型の「ふるなびクラウドファンディング」といった独自のサービスも多数展開しています。 デメリットとしては、掲載自治体数が389ケ所と少ない点です。 掲載している自治体や返礼品の選択肢が多い方が良い場合は「ふるさとチョイス」や「さとふる」の方がおすすめです。 TVCMや雑誌などでも取り上げられているため認知度が高く有名です。 「さとふる」のサイト内には「ふるさと納税コンシェルジュ さとみ」というバーチャルエージェント(R)を搭載したチャットボットがあります。 時間帯を問わず「さとふる」のサービスやふるさと納税についての質問ができるため、ふるさと納税初心者の方でも安心して使うことができます。 「さとふる」の最大の特徴は「返礼品の到着が早い」ことです。 「さとふる」は、申し込みの受付から返礼品の発送管理までを行っているので、返礼品の到着が他のふるさと納税サイトに比べて早いです。 一般のふるさと納税サイトでは、到着まで大体1~2ヶ月前後かかることが多いですが「さとふる」の場合、早いものだと1週間~2週間で到着するものもあります。 そのため、早く返礼品が欲しい方は「さとふる」を利用するのがおすすめです。 また、 決済方法も充実しています。 ソフトバンクグループが運営していることもあり、携帯料金と一緒にまとめて支払えるキャリア決済が充実しています。 3つのキャリア決済に加え、クレジットカード、コンビニ決済、金融機関(Pay-easy決済)など。 2019年8月時点では6つの支払い方法から選択して寄付を行うことができます。 ふるさと納税のポータルサイトの中でも老舗のサイトで、サイト上には日本全ての自治体が掲載されているのが特徴です。 返礼品の登録数も他のふるさと納税ポータルサイトと比べると圧倒的に多く、 一番情報量の多いふるさと納税サイトです。 「ふるさとチョイス」は、ふるさと納税の初心者の方でも簡単にふるさと納税が行えるように、ふるさと納税の仕組みが分かる説明ページや、ふるさと納税の基本がマンガで分かる「漫画でわかるふるさと納税」といったコンテンツも充実しています。 「ふるさとチョイス」に会員登録をすることで、気になるお礼の品をまとめて表示できる「お気に入り登録」や、過去の履歴を閲覧できる「寄附履歴」の機能など、ふるさと納税の申し込みをスムーズに行える機能もあります。 決済方法も充実していて、郵便振替、銀行振り込み、現金書留、納付書支払い、クレジットカード決済、コンビニ決済など様々な決済に対応しているのも特徴です。 「ふるさとチョイス」はWEBサイトだけではなく、リアルイベントや店舗も運営しています。 昨年行われた「第4回ふるさとチョイス大感謝祭2018」は約120の自治体が出店し約14,000名の来場者が参加するほどの大きなイベントになっています。 デメリットとしてはポイント還元が無いことです。 例えば 「ふるなび」であればAmazonギフト券、「楽天ふるさと納税」であれば楽天ポイントなど、寄付金額に応じた独自の還元を行っているふるさと納税サイトが多くあります。 その反面「ふるさとチョイス」を利用してもポイントが還元されないことがデメリットになります。 「ふるぽ」は他のふるさと納税サイトとは異なり「ポイント制」という寄付の仕組みを積極的に採用しています。 ポイント寄附額No. 1のふるさと納税サイトです。 「ポイント制」は、ふるさと納税を行うことでポイントが付与されます。 そのポイントを使い好きな返礼品に交換するという仕組みです。 「ポイント制」の一番の魅力は、有効期限内であれば好きなタイミングで交換ができるという点です。 年末の駆け込み需要で焦っている時期や、返礼品がなかなか決まらないという方におすすめです。 ポイントの有効期限は自治体によって異なりますが、1~2年が平均です。 先に納税を行い、ポイントに交換しておいて、欲しい時期に返礼品に交換することができます。 ポイント制についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、さらに詳しく知りたい方はご覧ください。 また、「ふるぽ」は「JTB」が運営しているため、旅行関連の返礼品が充実しています。 旅行に携わる新しいキャンペーンや仕組みも行っているため、旅行が好な方にはおすすめのサイトです。 デメリットとしては「ポイント制」を利用するときは「ふるさとチョイス」での登録が必要になり二度手間になるという点です。 「ふるぽ」は「ふるさとチョイス」と提携しています。 ポイントの発行や管理、お礼の品との交換も「ふるさとチョイス」から行うことができますが、その反面「ふるぽ」から申し込もうと手続きを行うと「ふるさとチョイス」に遷移し手続きが必要になります。 そのため、なぜ「ふるさとチョイス」にページが移動してしまうのか分からずに焦ってしまうといったケースもあります。 2018年10月31日スタートしたため、今回ご紹介する10社の中で最も後発のサイトにとなっています。 auの携帯電話を利用している場合、「au PAY ふるさと納税」はとても手軽に利用することができます。 auユーザーはau IDを使用することで、会員情報をほぼ全て自動で正確に入力することができ、決済は「auかんたん決済 キャリア決済 」を利用することができます。 さらに、au携帯電話やサービスの利用額に応じてたまる「Pontaポイント」を1ポイント=1円として 「au PAY ふるさと納税」にも使うことができます。 デメリットとしては、後発のサイトのため掲載されている自治体数や返礼品の数が少ないという点です。 掲載自治体数180箇所、返礼品数は35,346件と他の老舗ふるさと納税ポータルサイトと比べると差は大きいです。 そして 「Pontaポイント」を「使う」ことはできますが、寄付金の支払いで「貯める」ことができないのも大きなデメリットです。 ショッピングモールの「au PAY マーケット」では、ポイントが最大15倍になるプログラムが常時開催されている上、期間限定で最大25倍になるキャンペーンが行われることもありますが、「au PAY ふるさと納税」は対象外になっています。 そのためau以外のキャリアをお使いの場合は、活用するメリットは今のところほとんどありません。 決済方法 〇 「ANAのふるさと納税」は「ANA(全日空)」が運営している、ふるさと納税サイトです。 「ANAのふるさと納税」の最大の特徴は、ふるさと納税の寄付でマイルが貯まることです。 寄付金100円につき1マイルが貯まります。 例えば10,000円の寄付を行った場合は、100マイルも貯まるのでお得です。 貯まったマイルはポイントに交換したり、買い物に利用できます。 マイルを受け取るには「ANAマイレージクラブ(AMC)」で会員登録が必要なので、「ANAマイレージクラブ(AMC)」の登録を行ってから、「ANAのふるさと納税」を利用するのがおすすめです。 「ANAのふるさと納税」は、多彩な特集も魅力です。 返礼品の紹介だけでなく、生産者の声が届くコンテンツが多く作られているため、返礼品選びが楽しくなる工夫が施されています。 デメリットは決済方法の少なさです。 「ANAのふるさと納税」は、クレジットカード決済 Yahoo! 公金支払い のみの決済になっています。 銀行振込、郵便振替、コンビニ払いなどは利用できないため他のふるさと納税ポータルサイトに比べると決済方法がかなり限られるので、クレジットカードをお持ちでない方やクレジットカードを使用したくない方は他のふるさと納税サイトを活用する必要があります。 ふるさと納税サイト徹底比較のまとめ 10個のふるさと納税サイトの掲載自治体数・返礼品数。 メリット・デメリット・使い方・口コミ・レビューなど様々な角度から比較しましたがいかがでしたでしょうか? ふるさと納税サイトそれぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。 それぞれの特徴を最後にもう1度まとめます。 …ポイント還元が一番高い• …Amazonギフト券の還元がある。 家電が充実• …配送が早い• …掲載自治体数・返礼品数が一番多い• …Amazonギフト券の還元がある• …ポイント制を利用できる• :特集が豊富• …auユーザーは使いやすい• …マイルが貯まる ふるさと納税の返礼品を一挙にまとめてみたいなら「ふるさとチョイス」。 配送をスムーズに行いたいなら「さとふる」といったように特徴があるので、自分の使いたい用途にあったものを選ぶのが良いです。 ただ、 特にこだわりがないという場合は「ポイント還元」があるサイトを活用する方が、ポイントが貯まるのでお得です。 「ポイント還元」があるのは下記の4社です。 …楽天ポイント• 、…Amazonギフト券 コード• …マイル 「楽天ふるさと納税」は最大30倍のポイント還元ができるので、お得なキャンペーンやポイントUPする条件を満たしてポイントを獲得するのがおすすめです。 ただし、上記4社の中のうち「ふるなび」と「ふるさとプレミアム」はクレジットカードでの支払いがポイント還元の条件の一つになっているため、クレジットカードを持っていない方やインターネット上でのクレジットカード払いに抵抗がある方にはあまりおすすめできません。 今回 おすすめランキング第1位にさせていただいた「楽天ふるさと納税」はクレジットカード払いのみのような支払いの制限もなく、楽天市場を利用する感覚でふるさと納税が行えるため一番おすすめしたいふるさと納税サイトです。 これからふるさと納税を始めたい方や、今まで使っていたサイト以外のサイトが気になる方。 もっとお得にポイントを貯めたい方はぜひ今回の比較表を参考にしてみてください。

次の

【2020年最新】ふるさと納税「1万円以下」おすすめ人気返礼品まとめ!

ふるさと 納税 2020 おすすめ

特徴 873 最大30% 〇• 楽天カードユーザーは3%~30%ポイント還元• 楽天会員は新規登録不要 389 1% 〇• Amazonギフト券還元• 家電の返礼品が充実 756 - 〇• オリジナルの大容量返礼品• 返礼品が届くまでの期間が他サイトよりも短い自治体も 1,514 - 〇• 老舗サイト• 利用者数、掲載自治体数No. JTBが運営• KDDIが運営• マイルが貯まる 「 楽天ふるさと納税」を使う一番のメリットはやはり「ポイント還元」の高さです。 ふるさと納税を行った際、独自にポイント還元を行うサイトはありますが「楽天ふるさと納税」はSPUというポイントUP制度や、その他キャンペーンを利用することで 最大30倍まで還元率が伸びるのが強みです。 ふるさと納税は「実質負担2,000円」で行うことができる制度です。 「実質負担2,000円」というのは、ふるさと納税で自治体に寄附をした合計金額から2,000円を差し引いた額が、翌年納める住民税、さらに所得税は還付という形式で控除されます。 「楽天ふるさと納税」を上手に活用すれば、この2,000円さえもポイントで還元することができます。 ポイント還元があるサイトは5社あります。 なお、「」「」「ANAのふるさと納税」は、クレジットカードでの支払いがポイント還元の条件の一つになっています。 「」はAmazonギフト券3%が還元されるキャンペーンを実施中です。 (7月末まで) 「楽天ふるさと納税」は、すでに楽天会員の方は新規会員登録も不要でメリットが多いですが、非会員の方は登録が必要になります。 「ふるさとチョイス」と「さとふる」はCM放送などで知名度が高いものの、独自ポイントなどが無くポイント還元が無いです。 「ふるなび」は家電関係の返礼品が多い反面、他のジャンルの返礼品は「ふるさとチョイス」や「さとふる」に比べると少ないです。 「ふるぽ」は「ふるさとチョイス」と提携しているため、「ふるぽ」で申し込みを行おうとすると「ふるさとチョイス」のサイトに遷移します。 そのため最初から「ふるさとチョイス」を活用した方が手っ取り早く申し込みが行えてしまいます。 「au PAY ふるさと納税」は、後発のふるさと納税サイトのため、掲載自治体数・返礼品が少ない上ポイント還元も無いため、あえて「au PAY ふるさと納税」を使うメリットがありません。 ECサイトの「楽天市場」と同じ感覚で簡単にふるさと納税の手続きが行えるため、人気のふるさと納税サイトになっています。 「楽天ふるさと納税」は、楽天会員IDを活用することで「楽天市場」の買い物と同じようにふるさと納税を行えます。 既に楽天会員になっている場合は、個人情報の登録などの手続きが省けるため、スムーズにふるさと納税ができるため便利です。 また、 寄附の金額に応じて「楽天ポイント」が付与されるのが「楽天ふるさと納税」を利用する最大のメリットです。 「楽天ポイント」とは、1ポイント1円分として、楽天のさまざまなサービスで利用できるポイントの名前です。 「株式会社アイモバイル」は東証一部に上場しているため、安心感も高いサイトと言えるでしょう。 「ふるなび」の最大のメリットは、寄付金額に応じて「Amazonギフト券」の還元があることです。 「Amazonギフト券」とは、Amazonが発行しているAmazon内のショッピングに使えるギフトカードのことです。 例えば1万円「ふるなび」で寄付を行ったとすると通常は100円が還元されます。 普段のAmazonでお買い物をしている方におすすめです。 他にも「ふるなび」では、寄附金額200万円以上の方へのコンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」や、自治体や自治体が認めた個人・団体がクラウドファンディングのプロジェクトオーナーとなり、資金を募るクラウドファンディング型の「ふるなびクラウドファンディング」といった独自のサービスも多数展開しています。 デメリットとしては、掲載自治体数が389ケ所と少ない点です。 掲載している自治体や返礼品の選択肢が多い方が良い場合は「ふるさとチョイス」や「さとふる」の方がおすすめです。 TVCMや雑誌などでも取り上げられているため認知度が高く有名です。 「さとふる」のサイト内には「ふるさと納税コンシェルジュ さとみ」というバーチャルエージェント(R)を搭載したチャットボットがあります。 時間帯を問わず「さとふる」のサービスやふるさと納税についての質問ができるため、ふるさと納税初心者の方でも安心して使うことができます。 「さとふる」の最大の特徴は「返礼品の到着が早い」ことです。 「さとふる」は、申し込みの受付から返礼品の発送管理までを行っているので、返礼品の到着が他のふるさと納税サイトに比べて早いです。 一般のふるさと納税サイトでは、到着まで大体1~2ヶ月前後かかることが多いですが「さとふる」の場合、早いものだと1週間~2週間で到着するものもあります。 そのため、早く返礼品が欲しい方は「さとふる」を利用するのがおすすめです。 また、 決済方法も充実しています。 ソフトバンクグループが運営していることもあり、携帯料金と一緒にまとめて支払えるキャリア決済が充実しています。 3つのキャリア決済に加え、クレジットカード、コンビニ決済、金融機関(Pay-easy決済)など。 2019年8月時点では6つの支払い方法から選択して寄付を行うことができます。 ふるさと納税のポータルサイトの中でも老舗のサイトで、サイト上には日本全ての自治体が掲載されているのが特徴です。 返礼品の登録数も他のふるさと納税ポータルサイトと比べると圧倒的に多く、 一番情報量の多いふるさと納税サイトです。 「ふるさとチョイス」は、ふるさと納税の初心者の方でも簡単にふるさと納税が行えるように、ふるさと納税の仕組みが分かる説明ページや、ふるさと納税の基本がマンガで分かる「漫画でわかるふるさと納税」といったコンテンツも充実しています。 「ふるさとチョイス」に会員登録をすることで、気になるお礼の品をまとめて表示できる「お気に入り登録」や、過去の履歴を閲覧できる「寄附履歴」の機能など、ふるさと納税の申し込みをスムーズに行える機能もあります。 決済方法も充実していて、郵便振替、銀行振り込み、現金書留、納付書支払い、クレジットカード決済、コンビニ決済など様々な決済に対応しているのも特徴です。 「ふるさとチョイス」はWEBサイトだけではなく、リアルイベントや店舗も運営しています。 昨年行われた「第4回ふるさとチョイス大感謝祭2018」は約120の自治体が出店し約14,000名の来場者が参加するほどの大きなイベントになっています。 デメリットとしてはポイント還元が無いことです。 例えば 「ふるなび」であればAmazonギフト券、「楽天ふるさと納税」であれば楽天ポイントなど、寄付金額に応じた独自の還元を行っているふるさと納税サイトが多くあります。 その反面「ふるさとチョイス」を利用してもポイントが還元されないことがデメリットになります。 「ふるぽ」は他のふるさと納税サイトとは異なり「ポイント制」という寄付の仕組みを積極的に採用しています。 ポイント寄附額No. 1のふるさと納税サイトです。 「ポイント制」は、ふるさと納税を行うことでポイントが付与されます。 そのポイントを使い好きな返礼品に交換するという仕組みです。 「ポイント制」の一番の魅力は、有効期限内であれば好きなタイミングで交換ができるという点です。 年末の駆け込み需要で焦っている時期や、返礼品がなかなか決まらないという方におすすめです。 ポイントの有効期限は自治体によって異なりますが、1~2年が平均です。 先に納税を行い、ポイントに交換しておいて、欲しい時期に返礼品に交換することができます。 ポイント制についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、さらに詳しく知りたい方はご覧ください。 また、「ふるぽ」は「JTB」が運営しているため、旅行関連の返礼品が充実しています。 旅行に携わる新しいキャンペーンや仕組みも行っているため、旅行が好な方にはおすすめのサイトです。 デメリットとしては「ポイント制」を利用するときは「ふるさとチョイス」での登録が必要になり二度手間になるという点です。 「ふるぽ」は「ふるさとチョイス」と提携しています。 ポイントの発行や管理、お礼の品との交換も「ふるさとチョイス」から行うことができますが、その反面「ふるぽ」から申し込もうと手続きを行うと「ふるさとチョイス」に遷移し手続きが必要になります。 そのため、なぜ「ふるさとチョイス」にページが移動してしまうのか分からずに焦ってしまうといったケースもあります。 2018年10月31日スタートしたため、今回ご紹介する10社の中で最も後発のサイトにとなっています。 auの携帯電話を利用している場合、「au PAY ふるさと納税」はとても手軽に利用することができます。 auユーザーはau IDを使用することで、会員情報をほぼ全て自動で正確に入力することができ、決済は「auかんたん決済 キャリア決済 」を利用することができます。 さらに、au携帯電話やサービスの利用額に応じてたまる「Pontaポイント」を1ポイント=1円として 「au PAY ふるさと納税」にも使うことができます。 デメリットとしては、後発のサイトのため掲載されている自治体数や返礼品の数が少ないという点です。 掲載自治体数180箇所、返礼品数は35,346件と他の老舗ふるさと納税ポータルサイトと比べると差は大きいです。 そして 「Pontaポイント」を「使う」ことはできますが、寄付金の支払いで「貯める」ことができないのも大きなデメリットです。 ショッピングモールの「au PAY マーケット」では、ポイントが最大15倍になるプログラムが常時開催されている上、期間限定で最大25倍になるキャンペーンが行われることもありますが、「au PAY ふるさと納税」は対象外になっています。 そのためau以外のキャリアをお使いの場合は、活用するメリットは今のところほとんどありません。 決済方法 〇 「ANAのふるさと納税」は「ANA(全日空)」が運営している、ふるさと納税サイトです。 「ANAのふるさと納税」の最大の特徴は、ふるさと納税の寄付でマイルが貯まることです。 寄付金100円につき1マイルが貯まります。 例えば10,000円の寄付を行った場合は、100マイルも貯まるのでお得です。 貯まったマイルはポイントに交換したり、買い物に利用できます。 マイルを受け取るには「ANAマイレージクラブ(AMC)」で会員登録が必要なので、「ANAマイレージクラブ(AMC)」の登録を行ってから、「ANAのふるさと納税」を利用するのがおすすめです。 「ANAのふるさと納税」は、多彩な特集も魅力です。 返礼品の紹介だけでなく、生産者の声が届くコンテンツが多く作られているため、返礼品選びが楽しくなる工夫が施されています。 デメリットは決済方法の少なさです。 「ANAのふるさと納税」は、クレジットカード決済 Yahoo! 公金支払い のみの決済になっています。 銀行振込、郵便振替、コンビニ払いなどは利用できないため他のふるさと納税ポータルサイトに比べると決済方法がかなり限られるので、クレジットカードをお持ちでない方やクレジットカードを使用したくない方は他のふるさと納税サイトを活用する必要があります。 ふるさと納税サイト徹底比較のまとめ 10個のふるさと納税サイトの掲載自治体数・返礼品数。 メリット・デメリット・使い方・口コミ・レビューなど様々な角度から比較しましたがいかがでしたでしょうか? ふるさと納税サイトそれぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。 それぞれの特徴を最後にもう1度まとめます。 …ポイント還元が一番高い• …Amazonギフト券の還元がある。 家電が充実• …配送が早い• …掲載自治体数・返礼品数が一番多い• …Amazonギフト券の還元がある• …ポイント制を利用できる• :特集が豊富• …auユーザーは使いやすい• …マイルが貯まる ふるさと納税の返礼品を一挙にまとめてみたいなら「ふるさとチョイス」。 配送をスムーズに行いたいなら「さとふる」といったように特徴があるので、自分の使いたい用途にあったものを選ぶのが良いです。 ただ、 特にこだわりがないという場合は「ポイント還元」があるサイトを活用する方が、ポイントが貯まるのでお得です。 「ポイント還元」があるのは下記の4社です。 …楽天ポイント• 、…Amazonギフト券 コード• …マイル 「楽天ふるさと納税」は最大30倍のポイント還元ができるので、お得なキャンペーンやポイントUPする条件を満たしてポイントを獲得するのがおすすめです。 ただし、上記4社の中のうち「ふるなび」と「ふるさとプレミアム」はクレジットカードでの支払いがポイント還元の条件の一つになっているため、クレジットカードを持っていない方やインターネット上でのクレジットカード払いに抵抗がある方にはあまりおすすめできません。 今回 おすすめランキング第1位にさせていただいた「楽天ふるさと納税」はクレジットカード払いのみのような支払いの制限もなく、楽天市場を利用する感覚でふるさと納税が行えるため一番おすすめしたいふるさと納税サイトです。 これからふるさと納税を始めたい方や、今まで使っていたサイト以外のサイトが気になる方。 もっとお得にポイントを貯めたい方はぜひ今回の比較表を参考にしてみてください。

次の