あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 感想。 パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。【一挙】

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 感想

【あの花】最終話感想、皆さん本当に感動出来ました??あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 最終回「あの夏に咲く花」が昨夜放送されました。 ネット各所では大絶賛の最終回ですが、正直ガッカリしました。 私はアンチではありません。 最終話をとても楽しみにしていました。 だからすごく期待外れでした。 号泣した、感動した、という意見が多数なのが信じられないです。 どこがどうガッカリして、何がどう期待外れだったのか、下に詳しく書きます。 ゆきあつはあの頃も、じんたんの事をリーダーなんて思った事無いって言ってましたよね?まあ本当は心の中ではじんたんの事を認めていて、嫉妬心からそういう発言をした、と取れなくも無いですが、それにしたっていきなり馴れ馴れしく肩を組んであんな事を言うのはおかしいです。 むしろこれまで丁寧に描かれてきたゆきあつ像自体を否定された様な気分になりました。 ・つるこのトラウマ 随分引っ張ったつることぽっぽのトラウマですが、懺悔大会でアッサリ終わってしまった。 『あの頃からゆきあつの一番の理解者はあなるだった?』唐突にそんな重要な事を言われても、そんな描写ほとんど有りませんでしたし、見ている方はちんぷんかんぷんで彼女の告白には全く感情移入出来ませんでした。 ・おいてけぼりのぽっぽ 結局バスターズの面々は、メンマを中心にドロドロの恋愛トラウマを抱えていた事が明らかになりましたが、この話のキーだった筈の『メンマの死』の一番近くにいたぽっぽだけがドロドロに参加して居ない為置いてけぼり。 そして一番重い筈のぽっぽのトラウマが懺悔大会の中で流される様な形になってしまった。 これは非常に残念でした。 ・最後のかくれんぼ 例えば幼少期のあの日、メンマと一緒に皆が最後に遊んだのがかくれんぼだった、とかなら分かります。 幼少期のかくれんぼシーンをなぞる様な形でエンディングに向かえば、感極まる物もあったでしょう。 しかし本編では唐突な印象がぬぐえませんでしたし、じんたんにも一度見えなくなった筈のメンマの声が最後に全員に聞こえたり、最後に皆にメンマが見える様になった事も、『ご都合主義』としか思えませんでした。 最終話を見て感動した、という方、以上の点をどの様に自分の中で消化しましたか?おかしいと思いませんでしたか???私が深く考え過ぎなのでしょうか? 皆さん、本当に感動出来ましたか?? 私も、大体あなたと同じ感想です。 とても面白かった。 それなりに良かった。 ただラストは色々と違和感が残り感動、泣くとい うところには至らない。 でも作品としては好きです。 あなたの書いている内容を見ても作品 が嫌いとかアンチだとは思いません。 たとえばネットで関係者のつぶやきで「最後は凄い」みたいなのが出ました。 それで一気に期待が高まりました。 でもこれは逆に作用することもあり今回の あの花もちょっといやな予感はしましたけど私としてはあたってしまいました。 必要以上に期待してしまうんですね。 あなた の指摘している部分以外にも「脚本の都合」で処理された部分が沢山ある。 しかし 本当に感動の名作として残る作品はそんな部分を跳ね返すだけの「結末」を用意して いるわけです。 今回で言うと、めんまがあっさり目の前に現れたのに消えていく描写が 一切なく見えたものが消えていく過程での表情ややりとりは結構「使える」部分だと思う んです。 そこを全部使っていない。 脚本や作りに駄目ダシをするわけじゃないですが これはこの手の作品の基本です。 こういうところがしっかりしていると正直な話多少の 矛盾とかきにならなくなるのです。 しかしいきなり消えてて「あれれれれ」でした。 めんまが消えるところは最大のクライマックスじゃないの??? 感動さえ出来れば細かい矛盾・疑問は言いように解釈できるものです。 そこに 至らなければ矛盾・疑問が残るのは当然 最後に・・・ こういう質問をすると、熱心なファンの中には「感動しないのはおかしい」と決め付ける 人がいます。 自分が感動した。 それはそれで良い。 ただ感動できなかったという人を ムリにアンチだのおかしいだの言うのもおかしいと思います。 また単純な人ほど(これは頭がどうこうという意味じゃなく単純にその時間は作品に入り 込める)そういう細かいことを抜きにして作品の作り手の意図を理解できる部分は有りま す。 だから逆にいうとそういう人にはうまく作り手のメッセージが伝わりやすい作品だった かもしれません。 私は、今回の感想を色々見てむしろあなたのような感想を結構見ましたよ。 ただ本人た ちも、なぜかはわからない。 それはそうですね。 感じるものが多くなかったわけだか らその理由など明確にわかるはずが無い。 でもそれは正常だと思います。 感じ取れる 人もいるしそうでない人もいる。 ただし、作品としては全体的に面白かったと思います。 売れる作品に仕上げた感じ。 意見を書いている人の中には「アニメばかり見ていてるから」とかありますがむしろ 洋画などの感動する映画ばかり見ている人は感動しないし泣けない人が多いと思います。 アニメそのものは肩肘張らずに見たいし単純に感動したい。 ただ私としてはやっぱりラス トは丁寧に描写をして欲しかったと思います。 誰か一人くらい小屋にいなきゃ駄目だろ? (深夜だし)とか細かいところあげたらきりが無い。 いきなりメッセージが置かれているの も変だし声が聞こえたのに遠くに飛び出したのも。 って言っていたらキリがありません。 でも感動した人はそんなことどういでもいいんですね。 それは感動できる場面で感動 できたから細かいことは気にならない。 私は、期待しすぎた分「あれれれれ?」となったのでそういうところが目に付いちゃった。 最初のインパクトが重要だから単純に入り込めなかった時点で私も失敗したのかな。 作品として売れたらその辺はまあ「あれでよし」になるんでしょうね。 むしろいきなりの展開よりも無理やりな部分をはぶいてめんまの消えるところをちゃん と書いてくれたら私は感動できたかなあと思いました。 みんなの前にいきなり見えた。 ならばそのさきもしっかり見たかった。 ただなんとなくですが製作側も「ベタ」なラストにしたくなかったのかもしれませんね。 たとえば・・・仁太やみんなの手の中でだんだん消えていくとか(更に遠目にカメラワーク) またはだんだん薄くなって消えていく(一部分から消えていく・星に願いをなど) むしろあえてそういう描写を避けていた=オリジナルに徹したとも言えますね。 最後のかくれんぼの描写も、今までのばらばらを考えると無理が有るし。 むしろ自然に綺麗にめんまを送ってあげる(消える)描写のほうが感動できたと思い ました。 皆が遠目のまま近づかず仁太は後ろ向いているし。 あそこは近寄って 見届けてあげるところじゃなかったのかなあと。 かくれんぽ無しでいいからそこをきちんと描いて欲しかったです。 大漁ですね。 >私が深く考え過ぎなのでしょうか? 質問者さんは「このアニメを誰よりも深く理解できてる」と思っているんでしょうが、全然理解できてませんよ。 >・ゆきあつの掌返し >いきなり馴れ馴れしく肩を組んであんな事を言うのはおかしいです >むしろこれまで丁寧に描かれてきたゆきあつ像自体を否定された様な気分になりました。 ゆきあつは、口下手で、情熱的。 でも、プライドが邪魔をして、冷静沈着を装っている。 肩を組んだのは照れ隠しで、ゆきあつらしいと思います。 >つるこのトラウマ >『あの頃からゆきあつの一番の理解者はあなるだった?』唐突にそんな重要な事を言われても、そんな描写ほとんど有りませんでしたし、見ている方はちんぷんかんぷんで彼女の告白には全く感情移入出来ませんでした。 それを感じさせる描写はありましたよ。 第5話、電車の中での会話 「女装男」 「やっぱり、そう言ってもらえたほうが楽だな」 第9話 「見透かせるのは、お前だけ。 似たもの同士のシンパシーってやつか」 >そして一番重い筈のぽっぽのトラウマが懺悔大会の中で流される様な形になってしまった。 これは非常に残念でした。 これには同意します。 >・最後のかくれんぼ >じんたんにも一度見えなくなった筈のメンマの声が最後に全員に聞こえたり、最後に皆にメンマが見える様になった事も、『ご都合主義』としか思えませんでした。 これまで、みんなは、自分の望みを叶えるために、めんまを利用していた。 でも、懺悔大会によって「あの日」から解放され、全員が心の底からめんまのことを想ったから、めんまが見えるようになったんだと思います。 ご都合主義というわけではなく、ツメが甘かったと思います。 それと、「とらドラ」のほうが、心理描写が上手かったと思います。 分かる。 分かるけど薄っぺらい涙腺の俺は泣いちゃったよ。 めんまのあの不器用な手紙の所でね。 だがそういう意見もあると思ってましたよ、僕は。 人の感性はそれぞれなので・・・って言うんじゃ話終わるし、そもそも回答になってないのでとりあえずあなたの挙げた点を自分が見て思ったこと書かせていただきます。 ゆきあつの件についてですが、それにしたっていきなり馴れ馴れしく肩を組んであんな事を言うのはおかしいです、とありますが、おかしいなんて事はないでしょうよ。 常識的に考えて。 第一そこは感情移入に注目すべきシーンありません。 あなたのゆきあつ像なんてものがどういう物か知りませんが、製作者の意図を汲んで自分で納得できなきゃどうしようもない。 人間の心理的なことについて言ってるのならそれはお門違いだろうに。 あの頃からゆきあつの一番の理解者はあなるだった?というのを「重要な事実」と受け止める時点で少しズレてるかも。 あくまでそれはつるこがそう言っただけなので、早とちりでしょう。 ゆきあつ本人の心情はこれといって描かれていません。 そういう所の描写が少なかったのは単に11話に収まりきらなかっただけであり。 時間があってもそれ以上に描写すべき点はあった。 つまり優先順位の問題ね ぽっぽの件については同感。 ぽっぽいい奴なのに誰にも好かれず、所詮顔かよ、とは思いました 笑 確かにトラウマ暴露した瞬間皆泣き出すし、どんだけ駆け足なんだよっていうね。 まあここらは声優のの凄さを感じたなぁ。 最後のかくれんぼも露骨に青臭かったとは思う。 泣かせにきてんな、とは容易に分かりました。 結局自分は製作者の思う壺だったけど。 「じんたんにも一度見えなくなった筈のメンマの声が最後に全員に聞こえたり、最後に皆にメンマが見える様になった」所については、唐突であるものの最初からじんたんには死人のはずのめんまが見えていたわけだし、最初から設定が比較的ファンタジーなんだと、一応そう自分は補完しました。 まあ『ご都合主義』ってのもアニメには溢れてるし気にならなかった。 楽しめればそこらは小さい事なんじゃないか。 とりあえずめんま蘇生オチじゃなくてよかったとは思ってますよ? しかしこの質問を見る限りあの花は成功したっぽいですね。 罵倒にも絶賛にも限らずのその評価の多さが人気の証、と自分は考えていますから。 これはあくまで私個人の感想ですので。 あと狂信者の人たちの発言はお気になさらず。 長文失礼しました、読みにくいですかね。

次の

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2話

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 感想

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 要因として弱すぎ ・演出が丁寧すぎてあざとく見えてしまう ・リアリティ不足 ファンタジーなんだけど 【総合評価】辛い思いでも見かたかえるとイイ思い出 過去を美化、つらい思い出も成長の糧とポジティブに捉えると人生バラ色。 アニメに求めらるヒーリング効果絶大。 但し、視聴するタイミング悪ければ許容できない世界観。 疲れて思考衰えた時に見るのがおススメ。 私もTVゴールデンタイムの劇場版では世界観に没入できなかった。 泣ける作品は嫌いではありませんが、泣かされる作品は嫌いなので、主観評価は低くなりますね。 あざとさばかりが目に付いてしまいました。 こういうので泣くにはある種ピュアな精神状態で視聴する必要があり、 ちょっと私には無理な話でした。 泣くどころかむしろ冷めた目で眺めることしかできませんでした。 これ、あざとさだけならまだギリギリで何とかなったかもしれないのですが、 登場人物を誰一人好きになれなかったのも大きいかな。 この2点が重なってしまったので、もうどうにも作品に入れませんでした。 secret baseには文句なく最高評価を付けられますね。 が、元々ある往年の名曲を持ってきているので、これを作品力として扱っていいのかは疑問の余地が残ります。 【良い点】 ・泣ける。 とても丁寧に練られたストーリー ・子供が成長するにつれて味わざるをえない過程を踏んでいる ・ただの感動ではなく、人の我儘や嫉妬、怯えなどをしっかり捉えている 【悪い点】 ・最後のかくれんぼはちょっと気恥ずかしかった ・若干の萌え要素がちょっと 【総合評価】 珠玉の作品という表現があるが、このアニメはその表現に相応しい内容だと思う。 珠玉というよりビー玉のような作品といったほうが、この作品の深い透明度と世界観には合うのかもしれない。 脚本が本当に素晴らしい。 想像だがかなり時間をかけて丁寧に紡ぎだしたのではないだろうか。 とにかく泣けるんだけども、ただのお涙頂戴ってだけではない。 主人公とその幼なじみたちも善人の部分だけではなく、それぞれに我儘で、嫉妬深く、臆病であったりする。 そういった側面をしっかり映し出すことで、それでも前に進んでいくしかない主人公たちに自分を重ねることができるのだろう。 終盤になると幼いころに亡くなっためんまを成仏させるために、生前の願いを叶えようと幼なじみたちが協力するのだが、それも決してめんまを純粋に想ってのことではない。 彼ら自身がめんまの死に対して、それぞれの立場で深い罪の意識を感じていた。 そんな彼らにとってはめんまを成仏させないと、もはやどうにもならない状況になってしまったからでもあった。 そういった人の罪深さについても目をそらさずに捉えている。 だからこそ、めんまの透明度が際立つのかもしれない。 幼いとはいえ、恋心が生まれはじめ、嫉妬心が出てきた時点で、彼らは遅かれ早かれ秘密基地に集まり続ける関係ではいられなくなっただろう。 それがめんまの死がきっかけでばらばらになり、そしてめんまが霊となって現れることで集まり、前に進もうとする。 成長することは無垢な気持ちを失うことでもあり、それが自己嫌悪であったり、時には後悔に押しつぶされそうな気持ちになることもある。 しかし、人生の深みや成長の実感といったものは年を経ないと感じられないことでもあるので、年を重ねることもそう悪いことではない。 そんなことを考えさせくれる作品だった。 【良い点】 ギャグ ぽっぽが突っ込まれるようなことを言ってみんながそれにツッコミのセリフを言ったり、ぽっぽもツッコミのセリフを言うのは面白い。 「青い栞」、「secret base 〜君がくれたもの〜 10 years after Ver. 」と「サークルゲーム」 EDはあの花にピッタリだと思えた。 話自体 最終話 【悪い点】 明確にめんまの両親に仁太たちが遊ぶためにめんまのことをだしに使ったんじゃなく、真剣にめんまのために頑張ってたこと 特に仁太が を解ってほしかった。 【総合評価】 放送当時は存在だけの認識だったけど、四年前に見た。 悲しいけど奇麗で良い話だった。 特別になるほどに良いアニメだった。 淡い思い出に訴えかけるような切ないドラマ性。 そこに細やかな演出が加えられ さらにはユキアツ 変態 がプラスされた感動の物語に仕上がっていました 幼きころのメンマとの別れは超平和バスターズの全員が胸に痞えを感じていて、でも本人に会えたからこそ 胸の空虚を埋めることができ前に進むことができました。 ジンタンはメンマを成仏させてあげるために行動していますが メンマはジンタンのため、また超平和バスターズの全員のために姿を現していたという、お互いの想い合う心にグッときましたし 最終話のめんまのみんなへの朴訥で拙いんだけど、だからこそ心からの気持ちの込められている手紙の言葉には涙しました。 超平和バスターズは永久に不滅です! また主題歌になっていたのは「secret base 〜君がくれたもの〜」のアレンジでしたが、アニメ本編と親和性が高すぎて 観ているうちに本家よりもEDで流れる「10 years after Ver」のほうがしっくりくるようになってしまっていました。 私は声優さんの歌にはあんまり興味がないんですけど、このアレンジ曲はとても気に入りましたよ 映画"stand by me "と非常に重なる印象を受ける。 12歳の時の頃のような友達は二度とできることがないだろう。 彼らを永遠に忘れることはない..... 見ていて恥ずかしくなるような描写を除けば良い作品と思えた。 何か重要なことが秘められているように思わされたがあまり期待に沿わなかった。 あの日、あの時、あの場所で、 惜別の意と後悔、懺悔の意がただ重くのしかかってきたように感じた。 天真爛漫なままの時間をもつ彼女とそれ以外の5人の対比は良かった。 胸に突き刺さった。 トラウマの開放といえばマヨイガが記憶に新しいが比べてどうだろうか? 5人の彼女への捉え方が異なるように、一言にトラウマを定義することは難しいと思われるが私は依存であると考える。 心のよりどころというか困ったときの逃げ道というか。 昔こんなことを聞いたことがある。 次の場所へ進むときには逃げるように去るのではなくその場所にいつかまた戻ってきたい、ありがとうの気持ちを持って次の場所へ進むのだと。 誰にでもそうではないだろうか? 作品DB内ブログ記事 1. by フェティア... 良くも悪くも『君 の名 は。 』層を意識しているようで、 恐らく当事者である18歳前後 の青年たちが、消費 の舞台から排除されてい ない。 もちろん、当事者ど真ん中 の受験生たち はその対象で は ないだろうが、 受験を終え た大学生たち は、きっと消費可能な作品だろう。 したがって、本作 は、例えば『 あの 日 見 た 花 の 名前を 僕達 は まだ... by サジタリアス... ない妹 21 に おすすめ のアニメ教えてと言われ、 しばらく考え た末に、 「 あの 花」観てみたら? 結構人気だよ。 「 あの 日 見 た 花 の 名前を 僕達 は まだ 知ら ない」っていうアニメなんだけど。 自分 の中で あの 花 はライト層向け の代表 のような印象なので挙げ たけど こういう時何を薦めて良いかほんとにわからん。 一番 のお気に入り はハルヒ... by S・N... 」 以降様々な作品に出演しており、大抵 の人 は一度 はその声を聞い たことがあると思います。 代表作 は初 のレギュラー作品である「デジモンアドベンチャー」 のテントモン、 「金色 のガッシュベル!! 」 の高嶺清麿、「コードギアス 反逆 のルルーシュ」 の枢木スザク、 「化物語」 の忍野メメ、「 あの 日 見 た 花 の 名前を 僕達 は まだ... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

【 あの花 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 6 曲)まとめ・ランキング

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 感想

めんまの供養の為に夫々手紙を書いて集まる事になった宿海たち。 手紙を書きながらめんまとの思い出を回想していくストーリー。 TV版の総集編的作品ですが、スタッフが単純な総集編を拒否してこのようなストーリーになったそうです。 しかし、この内容なら単純な総集編の方が良かったのではないでしょうか? 今と回想シーンが交互に現れるこの展開は、正直見難く、物語にも集中出来ませんし、感動的な名シーンにも感情移入出来ません。 私とすれば、めんまと再度の別れから1年。 彼等の成長や人間関係の変化にカタルシスを求めたかったのですが、私には現状維持のようにしか感じられません。 これなら、わざわざ1年後の彼等を描く必要があったのか?と根本的な疑問を感じたくなります。 TV版は文句なく最高評価の作品だっただけに、とても残念に感じる作品でした。 そのひと夏を描いたのが、アニメ版の『あの花』。 感想としては、 もっと5人それぞれの1年間を描いて欲しかった。 アニメを編集し直した部分が多く、 オリジナルは少なかった。 5人が高2になった現在、1年前、小学生の頃 この3つの時を何度も行ったり来たりするので、 話を追いかけるのが難しかった。 知りたい気持ちの期待が高かっただけに、 残念な作品だった。 じんたん、めんま、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ。 高校生になったある夏の日、じんたんの前にめんまが現れる。 叶えて欲しいお願いがあるという。 それを機に、かつての親友たちが再会を果たすが、それぞれが未だに負い目やわだかまりを抱えていて…。 前々から見ようと思っていた泣けると評判のこのアニメ、今頃になってやっとTVシリーズと劇場版を一気見。 評判通り、良かった! 死んだ少女が現れるというファンタジーでありながら、6人の男女の絆の青春ストーリー。 友情の修復、淡い想い、それぞれが自分たちに課した罰、贖罪、伝えられなかった伝えたい事…。 複雑な胸中を丁寧に、温かく、ノスタルジックに、感動いっぱいに描いて、心揺さぶられた。 さて、この劇場版は、1年後。 めんまに手紙を書く事になり、久し振りに5人で集まって、あの時の事あの時の思いをそれぞれ思い出す…。 新作カットとTV再編集の構成。 再編集は順々に話を追って語られる訳ではないので、ご新規さんにはちょっと分かり難いかも。 新作カットは、語られてない小学生時代のエピソードと、1年後のエピソード。 あれから彼らはどうしているのか…。 何も変わっていない。 じんたんがだいすき。 あなるがだいすき。 ゆきあつがだいすき。 つるこがだいすき。 ぽっぽがだいすき。 みんな、めんまがだいすき。 超平和バスターズはずっとなかよし。 再会した時から、 1年後も、 皆が出会ったあの夏の日から。 ネタバレ! クリックして本文を読む 子供の頃の仲良し男女6人組のうちの少女1人が事故死してから5人が疎遠になっていたが、高校生に成長した頃に少女がなぜか幽霊としてリーダーの男の前に現れる。 そしてリーダーにしか見えないが、5人が死んだ少女に対して悪い言葉を吐いてしまった事などを悔いたりしながら、再び集まる。 少女も幽霊としていたりする。 グループ内で片思いが2組あり、どちらも女性のほうが男性のほうを気にかけている。 リーダーを思う女性は、死んだ少女に複雑な思いを抱いてしまった事に悔みながらも、リーダーには思いを続けている。 思いを寄せられている男性2人とも死んだ少女が好きだったところからの複雑さ。 こうした喪失感と思い出と、だんだん大人になって行くうちに違って来てしまうところとの揺らぎ。 アニメ会社とフジテレビで深夜にテレビ放送され、実写版もフジテレビで放映し、(先日、フジテレビの日曜朝の鼎談に出ていた村上虹郎がリーダー役だったらしい)そして、それらは知らないが、日本映画専門チャンネルで放映されていたのが、劇場版のそれだった。 リーダーのこれも亡くなっている母の願いで、亡くなった少女が現世に幽霊として現れた願いは、残りのメンバーの仲が戻る事。 だったようだ。 そして願いが叶ったら少女が消えて行く。 東日本大震災直前直後に製作、テレビ放映されていたようだ。 劇場版は大ヒットしたのだと言う。 うかつだった。 子供の頃の仲良しと大人になってから。 その間の高校生や専門学校や大学あたりの頃と。 微妙にそれぞれ変わってきたり。 しかし、そうした失いかける心を、当時別れてしまった純粋な死んだ少女が起点になって、純粋を取り戻すような気持ちで製作されたのか?でもあの頃の自分は、それぞれは。 あらすじを書いただけのようになってしまったが、録画したのを観ながら、ウィキペディアやサイトで背景をなんとなく把握している。 監督や設定の人と脚本のアラフォーの3人が男女同年齢のようで、脚本家の女性は、ほとんどが登校拒否になっていた人のようだ。 それで大勢に感動を与える脚本が書けていて、仲間のような同年代とテレビアニメや映画で一緒に出来るというのは、学校の友達のような関係も社会でも取り戻せるような感じも受けた。 「一線を越えてしまう」性描写も無い。 ハダカも無い。 本当はこうした精神性を求めている若者たちが多いのが、劇場版の大ヒットで察せられる。 そうした精神性は永遠を求めるからロングランの作品らしい。 しかしそれを汚して開き直ってしまう人達に同調してしまう所に疑問を持つ事が必要だ。 そうした所は発端がフジテレビ深夜枠の関係だと言うのは皮肉な気もする。 でもこの映画に関していえば十二分に償いになっている。 良い映画だ。 そして私のこの文章は作品の足を引っ張る。 ネタバレ! クリックして本文を読む 実は気になっていたタイトルだったのだけど、 いつの間にか忘れていて、 アニメのTVシリーズも フジテレビでやったというドラマも見ないで、 いきなり劇場版を見たわけだが、 僕的にはそれが正解だったのかもと思える。 たぶんTVアニメから見ていたら、 映画は見なかったろうなぁ。 というか、間延びしちゃてるよね絶対と思いながら、 一話だけ見たけど、やっぱり間延びがしんどかった。 で、もうひとつ、事前情報なしで 映画を見たことの正解は、 彼ら6人の関係性が、 本来アニメでは描かれていたであろう部分が、 尺の都合で死んでる所(^^; 彼ら6人はヒロインの喪失から、 疎遠になるという設定が、映画では見えてこない。 そこが良かったんだろうと僕個人は思っている。 6人の関係は疎遠にはならず、 関係性がそのまま生きているからこそ、 起こる「ヤマアラシのジレンマ」がそこにあって、 ドラマを面白くしていると思う。 たぶんTVシリーズを見た人からすれば、 逆説的過ぎる感想かもしれないけど、 疎遠が生きてしまうと、 互いの棘は刺さり合わないので、そのうち痛みを忘れる。 それではこの物語は終わってしまうんじゃないか? そう思った。 時間軸が激しく行ったり来たりするので、 (タイムリープする話ではないw) ついて行くのが大変だったけど、 感情移入しやすくて、テッシュを何枚も消費した(^^; 挿入歌にZONEの「君がくれたもの」は卑怯(TT (褒め言葉 時に、フジテレビでやった実写版DVD出てるようだけど、 見た方が良いかしら? 止めといた方が良いかしら? まだまだ一歩前進までは時間がかかるあなるの想い。 少しずつ緩やかに時間を進めていくじんたん。 住所不定(?)、土に足を置けているのか分からんぽっぽ。 もしかするとバスターズ内でお先に抜け駆けかもな鶴子と、その鶴子の想いをいつか受けとるのか気になるゆきあつ。 皆すぐには変わらなくても、確実に変わっていて、時間が経過したんだって伝わりました。 スッゴく丁寧。 一応映画は「総集編」の形をとった作りだけど、単体映画を観てるときとまるで変わりませんでした。 良い映画を観終えた後の「残ったもの」も素敵です(苦いんだけど苦すぎない、甘すぎない。 そんなものです)。 涙も零れてしまったり、後日談を聞かせてほしいと、気持ちがもう暴れまくって、困りました。 嬉しいことに。 多分続編が決まったら、きっと心中複雑です(あの時流した涙がそこで、台無しになる気がして)。 だから2期の形でなく、別の形でお願いします。 素晴らしいチームでまた『ここさけ』以来のオリジナル作品を、ちょろっとさりげに進展したバスターズを映してくれたらw.

次の