埼玉県知事 大野 評判。 埼玉県、7~10月に3つも選挙の異常事態…県民を愚弄する上田知事たちの“密約”

山口節生が埼玉や愛媛の県知事選挙に?伝説の不動産鑑定士の経歴や評判

埼玉県知事 大野 評判

議員辞職し、参院埼玉選挙区補選に出馬を表明した、立花孝志、NHKから国民を守る党党首(写真:日刊現代/アフロ) 10月10日に告示された参議院の埼玉選挙区補欠選挙(投開票は27日)。 告示2日前に NHKから国民を守る党( N国)の 立花孝志党首(52)が、参院議員バッチを捨てて補選に打って出ると発表したことで注目が集まっている。 補選は立花氏 vs. 上田清司・前埼玉県知事(71)の一騎打ちの構図。 立花氏の戦略は明快だ。 自身は参院議員になったものの、元 N国の東京都中央区議に対する恐喝容疑で書類送検され、当初「有罪になったら辞職する」と強気だったものの、「実刑になったら」と前言を翻すなど迷走気味だった。 参院議員を辞めて再び参院議員を目指すというのはメチャクチャな論理だが、比例代表で当選した立花氏が辞職しても、次点が繰り上げとなるから、 N国は国政での議席を失わない。 むしろ「補選に勝利すれば参議院で2議席目を獲得できる可能性がある」と訴えるのは、正当性があるように有権者に映る。 うまい手である。 こうなってくると、惨めなのは上田氏を支援する野党の面々だ。 8月の埼玉県知事選で上田氏が応援した元国民民主党参院議員の大野元裕氏が勝利したが、この際、立憲民主党、国民民主党、社民党、共産党の野党4党は、上田氏と共に大野氏を支援した。 その延長線上で、立憲民主や国民民主は今回の補選で上田氏を支援している。 ところが自民党も独自候補擁立を断念して上田氏に事実上相乗りした。 さすがに党として推薦や支持を明確にすることはなかったが、上田氏が出馬表明の記者会見で、「憲法改正に積極的」な態度を見せたので、「だったら上田氏でいいんじゃないか」という空気が自民党内に広がったのだ。 もっともこれはシナリオ通り。 もともと上田氏は自民党の二階俊博幹事長と近い。 2人はかつて新生党や新進党で同じ釜の飯を食っている。 今も交流があり、「出馬前に上田氏は二階幹事長に挨拶に行った」という情報もある。

次の

山口節生が埼玉や愛媛の県知事選挙に?伝説の不動産鑑定士の経歴や評判

埼玉県知事 大野 評判

約6万票、約3%の差を大きいと捉えるか僅差と捉えるか難しいところです。 前回の記事で書いたように、こうだ邦子さんが出馬継続していれば、 結果は大きく変わっていたように思います。 次に評判や経歴についてです。 1990年より在アラブ首長国連邦日本大使館専門調査員。 1993年から2年間、財団法人中東調査会研究員を務める。 その後も外務省国際情報局分析二課専門分析員、在カタール日本大使館専門調査員、ヨルダン、シリアの日本大使館で書記官を務めた。 また1989年から国際大学中東研究所非常勤研究員を務めたほか、東京大学教養学部、青山学院大学大学院でも非常勤講師を務め、2005年より5年間、防衛省防衛戦略委員会委員。 ニッポン放送のコメンテーターとしても活躍。 2010年からは政治家に転身。 埼玉県選挙区の参議院議員を二期務めた。 2015年の埼玉県知事選挙に際し、知事の任期を連続3期までとする多選自粛条例を自ら制定していた上田清司知事らが大野の擁立を模索し、一時は大野側も知事選への立候補に意欲を示していたが、埼玉県内の自治体の首長らの支持が得られず、最終的に立候補を断念した。 なお、知事選は多選自粛条例を破る形で4選へ向けて立候補に踏み切った上田が当選した。 投票日の開票前に書いた、大野元裕氏の当選予想記事です。 立花孝志さんがお金持ちなのか?選挙の資金源はどこからなのか?その資産について調べました! 同じ国会議員の小泉進次郎さんの実績について、小泉進次郎さんと同じ年齢のときに父の小泉純一郎元首相がどういう実績をあげたのか、年表にまとめています。

次の

大野元裕氏はなぜ当選した?得票数や評判,経歴から分析!勝因は?

埼玉県知事 大野 評判

他県から評価が高い知事の1位に輝いた大阪の吉村府知事(写真・朝日新聞) 連日のように記者会見を開いている、各都道府県知事。 「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(特措法)によれば、外出自粛や休業要請をする権限は、おもに知事にある。 まさにコロナ対策は、知事の手腕の見せどころなのだ。 そこで本誌は、地方議会で知事と対峙してきた都道府県議会議員(約2800人)に、緊急アンケートを実施。 206人から回答を得た。 他県から評価が高い知事の1位に輝いたのは、大阪府知事だ。 吉村知事に感想を求めると、「評価していただいたことはありがたいですが、戦いはまだまだこれからです」と謙虚な回答があった。 しかし、地元の府議たちからは辛辣な声も上がっていた。 前鳥取県知事で元総務相の片山善博・早大大学院教授(68)の、吉村知事への見方は厳しい。 「露出が多いと、そういう結果が出ます。 もちろん頑張っているけれど、対策がうまくいっているとはいえません」 片山氏がもっとも評価しているのは、仁坂吉伸・和歌山県知事の政策だった。 「和歌山県は、病院でクラスターが発生し、そこからPCR検査を徹底しました。 国の基準ではなく『和歌山方式』という独自の検査体制を作った。 感染者が多数発生する大阪府の隣だが、感染拡大を抑え込んでいます。 毎日の知事の記者会見も、丁寧です」(片山氏、以下同) 一方、「国からの指示を待っていた県は、危機的な状況だ」と警鐘を鳴らす。 「その一例は、大野元裕・埼玉県知事でしょう。 ホテルの確保やPCR検査の体制構築が、後手後手になってしまった。 最近はドライブスルー検査など、県独自でやりだしているところもある。 国の指示待ちではダメだということです」 片山氏は、「今後もすべき政策はまだまだある」と提言する。 財源が足りないなら、県の予算を組み替え、公共事業は先送りにするくらいはしないとダメです」 ここから、成績を挽回する知事は現われるのかーー。 「中小企業に対しても県民に対しても、独自の支援策が少なすぎる。 回答でも評価する声が多い。 名門「佐竹氏」の子孫である敬久氏。 「まるで関所。 なのに、入境拒否はできない」と県民もぼやく。 県議からも批判が……。 「3月29日の県総合文化芸術館のイベントを、27日まで開催しようとしていた。 非常事態宣言の全国拡大に「理解できない」と、国の対応に疑問を抱く新潟県民も多い。 「政府の対応が遅いなか、独自に進められることは早急に対応している。 他党からは、辛辣な批判も。 参議院議員時代に培った、発信力に期待したい。 県民向けに、記者会見も頻繁に開催している。 川勝氏自身も経済学者とあって、専門家の意見は素直に採用するようだ。 長野に限った話ではないが、学習に関する意見も。 富山市長との連携不足も指摘されていた。 感染者の人口比率は全国トップクラスだ。 「軽率な発言で感染が拡大した可能性も。 国以上に果敢にさまざまな対応を実施。 県議からの信頼も厚い。 今回のコロナ対策についても県議からの評価はおおむね高かった。 休業補償の範囲も狭い。 なお、本アンケートに「回答するなというお達しがあった」(府政担当記者)ためか、大阪維新の会所属府議からの回答はなし。 人気者の正体は、英雄か独裁者か。 「キャリアを生かし、国に物を言える点は評価するが、(京都府への)緊急事態宣言の発令を求め、却下されたことは評価できない。 「4つの医療機関でPCR検査を実施。 感染症病床数は265床で、東京、大阪に次ぐ数字。 5=1票 2月、国が全国一斉休校を要請した際、全国で唯一、休校を求める措置を取らなかった。 しかし意外にも、政策を支持する声が多かった。 高評価が多いが、危うさもはらむ。 しかし、評価は厳しめで……。 「クルーズ船の帰還者から感染者が出たのに、全員の検査をしなかった。 休業などの要請に応じた飲食店や遊興施設には、30万円の協力金を支給することを決めた。 知事に対しても、辛めの意見が集まった。 「独自の予防対策はできていない。 自民党県議39人は、「会期前」を理由に回答せず。 だが再選した2018年は、自公からも推薦を受けた。 県民支持率が8割を超えたことも」(政治部記者) 締切りまでに一通も県議から回答がなかった佐賀県。 山口知事のまわりは、イエスマンだらけなのか。 飲食店などへの個別補償はまだで、注文がついた。 「県独自の具体的な支援策をいまだに示せていない。 県議の評価は……。 県議会ホームページ、各議員のホームページなどで、公開されているメールアドレスやFAX番号にアンケートを送付した。 アンケート中、この設問には未回答者もいたため、回答総数とは一致しない (週刊FLASH 2020年5月12・19日号) 外部サイト.

次の