ブルース ギター フレーズ。 本物のブルースが弾けるようになる最短上達練習方法

アドリブ練習のフレーズ作り~コードトーンからコードトーンへ~

ブルース ギター フレーズ

ジャズらしくしていくにはコード進行を意識することが必要です。 そのために各コードの構成音(コードトーン)を覚えていきましょう。 コードトーンを使った練習 指板上全てを一度に覚えようとすると大変なので、ここでは5thポジション(5フレットに人差し指を置いたときに弾ける範囲)で練習していきます。 各コードのコードトーンの配置は以下の通りです。 各コードのルートから弾く 1コラース目はルートから上昇。 2コラース目はルートから下降させています。 コードトーンをルートから弾く練習は、各コードに対するコードトーンの響きを覚えるのに役立ちます。 各コードスムーズにつなげる 一番近い次のコードのコードトーンへつなげていく練習です。 この練習は指板上の音の配置とコード進行の流れを覚えるのに役立ちます。 コードトーンを使ったアドリブ 指板上のコードトーンの配置を覚えたら、リズムに変化をつけてアドリブしてみましょう。 ジャズらしくするコツはアンティシペーションを使うことです。 また、アドリブするときは常に歌いながら練習してみてください。 5thポジションになれてきたら他のポジションでも同様に練習して、指板上どこでもアドリブできるようにしてみてください。 各コードで使えるスケール コードトーンで基本の響きを覚えたら、スケールを取り入れて音数を増やしていきます。 各コードで使えるスケールはいくつか選択肢がありますが、ここではジャズでよく使われるスケールにしぼって紹介します。 そしてかっこいいと思ったリックはどうしてかっこよく感じたのかを分析しておくことが大切です。 リックの分析方法は で紹介しているので参考にしてください。 そこへ3度をペダルとして加えています(2小節目)。 Bb7の3rdへのアプローチ分析 上下からはさみこむ、クロマチックを使ったチェンジングトーン。 このアプローチはジャズで多用されます。 2小節目の2弦6フレットにクロマチックを含むチェンジングトーンでアプローチしています。 Bdim7-F7で使えるリック Bdim7のコードトーンに3弦9フレット(11th)を加えたリック。 F7へアンティシペーションさせています。 Am7 D7-Gm7で使えるリック1 Dオルタードを使ったリック。 1拍目は2弦6フレットへのチェンジングトーンです。 Am7 D7-Gm7で使えるリック2 Dホールトーンスケールを主体にしたリック。 1弦6〜8フレットは4フレットへのエスケープトーン+クロマチックです。 Gm7-C7-F7で使えるリック1 半音下からのアプローチノートを使ったリック。 II-V-IリックはIIのフレージングを変えてアレンジすることもできます。 C7ではクロマチックを含んだチェンジングトーンでアプローチしています。 C7-F7で使えるリック1 クロマチックの下降を使ったV-Iリック。 リックの使い方 リックは手軽にジャズを体感できる便利なものですが、使いすぎるとリックをただつなげているだけの演奏になってしまいます。 そこで重要なのがリックの前後に何を弾くかです。 ここではCm7-F7-Bb7のリックを例に練習法を紹介していきます。 コード進行に合わせてリックを弾く リズム練習もかねて、コード進行に合わせてリックを弾く練習をします。 前後は休符です。 コード進行に合わせて弾けるようになったら前後をアドリブしてみましょう。 といってもいきなりは大変なので、まずは歌ってみてください。 鼻歌で歌ったものを録音して聴き返し、その中で自然に感じたものをギターで弾けるようにしていきます。 この練習は手グセから抜け出すことにも役立ちます。 また、リックが鼻歌で歌えるようになっていれば、そのリックがしっかりと自分のものになっているという証にもなります。 リックの前後をアドリブした例1 リックの前はFミクソリディアンスケールの上昇、後はBbミクソリディアンとBdim7のコードトーンです。 リックの前後をアドリブした例2 リックの前は1音のみ、後はBbミクソリディアンスケールの下降です。 リックの前後を自然に弾く方法は無限にあります。 自分にとってどんな音使いが自然に感じるのかを覚えておくことが大切です。 リックを覚えるときは• リックを歌えるようにする• リックの前後を歌いながらアドリブできるようにする この2つを意識して練習してみてください。 参考動画は紹介したリックを全て使っているので、どのようにアドリブに取り入れているかも意識しながら聴いてみてください。

次の

関西弁的発想で弾くブルースのソロ・フレーズ/MI Japan ギター・クリニック

ブルース ギター フレーズ

ギターフレーズ使用法 ポイント ・スケールを統一させる ・ブロックを統一させて、弾きやすいブロックに合わせる ・2~3音の短いフレーズを入れる 以上3点になります。 まず、スケールを統一しなければ何もできませんが、 そのためにはフレーズの分析が必要になります。 「何のスケールのどのブロックで弾かれているか?」 というやつですね。 それがわかれば、後はKEYを変えるだけなので簡単だと思います。 繋ぎのフレーズを入れてみよう! 「2~3音の短いフレーズを入れる」は 慣れるまでは難しく感じるはずです。 何の音を入れていいかわからないと思いますので。 そんな時は鼻歌を歌ってみるのがオススメです。 繋げたい2つフレーズが、 どうすればスムーズに繋がるかを テキトーに鼻歌で歌うのです。 それを後でギターに置き換えてみてください。 きっとスムーズな繋ぎフレーズになっているはずです。 それでは繋ぎのフレーズをいくつか紹介したいと思います。 使用スケールはAマイナーペンタトニックです。 どちらも1小節ずつ、2つのフレーズを用意しました。 これをそのまま弾くと場合によっては間延びした感じになってしまいます。 そこで、三連符の繋ぎのフレーズを1つ入れて 音を詰め込んだ流れにしています。 今回は三連符を入れてみましたが、 たった1音が繋ぎの音になることもあります。 また、間を持たせるために 繋ぎのフレーズを入れない方が良いこともあります。 アドリブに正解はありませんので、 試行錯誤しながらあなたお気に入りの手法を見つけてみてください。 以上、アドリブでのフレーズ使用法についてでした! 慣れれば簡単にできるようになるので、 ぜひ挑戦してみてくださいね。 アドリブを弾くのは簡単! 「スケールポジションや使い方を覚えて、 フレーズもたくさんコピーして・・・」 このようにアドリブは難しく感じるかもしれませんが、 実は全くそんなことはありません。 コツやポイントを押さえて練習すれば、 誰でも簡単に弾けるようになるのです。 では、そのコツやポイントとは何か? そして具体的にどのような練習をすればいいのか? それを 完全無料の動画レッスン、 さらにサポート付きで紹介します。 あなたがアドリブに興味あるのでしたら 今すぐ下のフォームからお気軽にご登録ください。 苗字 メールアドレス.

次の

マイナーブルースでアドリブするペンタトニックとコードトーンを使った方法

ブルース ギター フレーズ

ポイントは赤枠で囲ったポジションで、 2弦のルートを人差し指で押さえるということです。 【5小節目】 各コードに対応したフレーズ作り 今回はポイント1のブロックに溶け込ませていますが、 ブルースの各コードに対応したブロックのパターンとしても使えます。 【6~8小節目】 Aマイナーペンタトニックのブロック2 3弦7フレットと3弦9フレットをスライドで繋いでいますが、 3弦7フレットをチョークアップ&ダウンでも同じフレーズになります。 ギターフレーズ分析の重要性 今回はギターソロ・フレーズの分析をお届けしましたが、 このような過程はとても重要になります。 分析さえできれば他のKEYにも対応できますし、 コピーしたフレーズを自分なりに応用することもできます。 逆に分析できなければ 全く同じフレーズが弾けるようになって終わり。。 そこから何も発展させることができません。 スケールや理論を覚えるのは大変かもしれませんが、 ギターソロ・フレーズの分析に必要な理論は 最低限身に付けることをオススメします。 あなたのギター上達に直結する知識になりますからね! アドリブを弾くのは簡単! 「スケールポジションや使い方を覚えて、 フレーズもたくさんコピーして・・・」 このようにアドリブは難しく感じるかもしれませんが、 実は全くそんなことはありません。 コツやポイントを押さえて練習すれば、 誰でも簡単に弾けるようになるのです。 では、そのコツやポイントとは何か? そして具体的にどのような練習をすればいいのか? それを 完全無料の動画レッスン、 さらにサポート付きで紹介します。 あなたがアドリブに興味あるのでしたら 今すぐ下のフォームからお気軽にご登録ください。 苗字 メールアドレス.

次の