ジェンセン インターセプター。 ジェンセン・インターセプター、家が買えるほどの値段のクルマが MotorTrend

マッドマックスの劇中に登場するインターセプター各車紹介

ジェンセン インターセプター

ジェンセン、という名の車の存在は、はるか昔、子供のころに見た「世界の自動車」とかそんな類の本で知ったんだと思う。 日本車にはないその変わったデザインに惹かれたのか、ずっとその名前を忘れることはなかったんですが、その後、駐在していたアメリカで偶然、実車を見る機会がありました。 実車は、かつてイギリスに存在したジェンセンが1966年から1976年まで生産していた車両で、イタリア・カロッツェリアがデザインしたボディに、クライスラーのV8、6300ccエンジンを搭載したグランツリスモとのこと。 ミニカーは、イギリスのコーギーとホンコンのプレイアートにトミカサイズが存在しますが、どちらもオークションに出ることはあまりなく、出たとしてもなかなか高価で手が出せません。 去年だったか、そのオークションで運よく(?)安価で手に入れることができたコーギーのジェンセン。 見ての通り、超ジャンクな状態です。 興味のない人だったら、こんなのにお金出すなんて信じられないだろうね。 おまけに、踏んづけてしまったのか、助手席側Aピラーは欠損、反対側も歪んで根元はクラックが入り、かろうじて付いているような状態。 クオーターパネルはパーティングラインから破断し、リヤウインドウも割れています。 よくこんな状態で捨てられなかったものだ。 休日、暇を見つけてはすこしづつ直し、今日出来上がったのがこれ。 欠損していたAピラーは、古いマッチボックスの部品取りから切り出し、移植しています。 傷だらけだった窓ガラスのプラスチック部品は、少しづつペーパーをかけて根気よく磨いたら、なんとかましになりました。 ちゃんとドア開閉のギミックも残してます。 それにしてもピラー細すぎ。 手で屋根をギュッっと押したらすぐ潰れそうです。 何色に塗り替えようか散々迷ったけど、この青みがかったシルバーはなかなか高級感があってジェンセンに似合ってます。 小生が幼児期だった1973年頃持っていたジェンセンインターセプターはまさに管理人さんがアップしてくれたモデルの色違いで、小豆色メタでした。 翌1974年=幼稚園年中期に祖母がプレゼントしてくれたインターセプターはコーギー製上記モデルのアップデート版でグリーンメタだったのは良いのですがいかんせんタイヤがボディ面積に対して大きすぎ、コーギーのモデル作りも年を追うごとに英国経済の斜陽化に比例するように粗雑に、いい加減になっていく感触を幼心に感じたものです。 そう、コーギージュニアのジェンセンインターセプターは初期版の小豆色ボディ+レモン色内装+小径ホイールのバージョンが一番洗練された仕上がりで一番だと思います。

次の

ジェンセン・モーターズ

ジェンセン インターセプター

名車再生! クラシックカー・ディーラーズ 名車の購入から修復、販売までの一連の流れを追う大人気シリーズ ジェンセン『インターセプター』が5000ポンド(約66万円)で買える、というのも驚きだが、それを新車のごとく蘇らせるエドの手腕には毎回舌を巻く。 シリーズを見ているうちに、すっかりエドのファンになってしまった。 今回、編集者として取材魂がうずいたのは、パーツ探しの中で訪れたとある工場のシーンだ。 1976年に倒産したジェンセンの権利・工場を買い取り、今もジェンセンのパーツが作り続けられてるという。 いかにも町工場然としたそこでマイクが手に入れたモノには、思わず画面の前で唸ってしまった。 どれほどのお宝がこの工場に眠っているかと想像するに、ワクワクが止まらない。 無事再生したインターセプターを再び売りに出すのが本筋なわけだが、「そんな値段で大丈夫!? 」と心配になってしまった。 買い手がつくかどうか、ではなくて「ちゃんとエドの報酬も加味してあげて!」と……余計な心配だろうが。 【レスポンス編集長 宮崎壮人】 今もジェンセンのパーツが作り続けられているという工場とは? 若者へもっと車のおもしろさを伝えたい! そんな想いから、まずは若きメカニックが興味をそそるであろうマシンをピックアップ! マイクが今回探しているのはみんなに愛されているクラシックカー、ジェンセン・インターセプター。 デザインはイタリア、エンジンはアメリカ、名前はイギリスという、非常にワールドワイドな車だ。 人気の車だけあって、家が買えるほどの値段が付いている。 しかし予算は5000ポンド。 エドが苦戦するようなボロボロの車しか買えないかもしれない。 《釜田康佑》.

次の

ジェンセン・インターセプター

ジェンセン インターセプター

派生モデルとして4輪駆動のFFや高性能モデルSP、コンバーチブルなどがあり、累計で約6500台が生産された。 高級GTマシンに位置づけられる車で、日本ではコーンズが約1000万円で発売。 当時の物価を考えるといかに高級だったかがうかがい知れる。 松本 今回はジャンルにこだわらず、とても珍しいモデルを選んでみました。 なかなか高級な英国車ですよ。 今まで何回かお世話になっている23区きってのぶれない英国車専門店です。 徳大寺 なるほど、ガレージ日英さんだな。 松本 はい。 このお店では日本でめったにお目にかかれないモデルばかり紹介してきましたが、今回はさらに難易度が高い1台です。 ちなみに僕は一度も乗ったことがありません。 徳大寺 そんなに珍しい車なのかい? 松本 ジェンセン インターセプターです。 さすがに巨匠も乗ったことないんじゃ? 徳大寺 それはFF? それともインターセプターのSPか、どっち? 僕が当時乗ったのは普通のインターセプターだったかな。 松本 乗ってらっしゃるんですね(笑)。 すごいな、ほんと。 今回見せていただくのはSPのほうです。 しかし巨匠、ジェンセンという知る人ぞ知る自動車メーカーにも詳しいですよね。 徳大寺 多少はな。 このジェンセンというメーカーは戦前からの歴史あるメーカーなんだ。 元々は架装メーカーだから、ボディを作ってシャーシに載っける時代には自動車メーカーから重宝されていたはずだよ。 僕らの年代からすればよく知られたメーカーなんだが。 松本 ボディ製造メーカーとしては歴史があるんですね。 調べると前にやはりこちらのお店でお世話になった、オースチン ヒーレー100のボディも実はジェンセン社が作ったんですね。 徳大寺 ところでこのSPは何年式だい? インターセプター自体はけっこう昔からあるんだよな。 50年代のインターセプターはオースチンA70といった旗艦モデルをベースに作られた高級サルーンだったんだ。 おおらかな形が特徴的だったね。 でも我々は60年代に入ってからのインターセプターのほうがなじみやすかったな。 松本 今回のは1975年式のSPです。 インターセプター自体は巨匠がおっしゃるとおり戦後の間もない頃から生産されていたので歴史があるんですが、今回の3世代目のインターセプターのようなグランツーリスモ(GT)の装いになったのは1966年からです。 そしてバリエーションはインターセプター、SP、FFの3種類ですが、最もセンセーショナルなモデルはFFでしょうね。 徳大寺 そうだろうな。 だって当時、グランツーリスモにフルタイム4WDはなかったからね。 ジェンセンは世界初のGTのフルタイム4WDを作ったメーカーなんだ。 松本 最先端のGTというわけですね。 しかもかなりの高級車というのが当時のカタログを見るとよくわかります。 その証拠に当時の日本のディーラーはフェラーリやロールスでおなじみのコーンズ・モーターですからね。 徳大寺 ジェンセン・インターセプターはイギリスのデザインじゃないんだよな。 何となくイギリスらしくない独特なデザインだろう。 確かヴィニャーレだったんじゃないか。 松本 そのとおりです。 ボディの製造はヴィニャーレなんですけど、その元のデザインは巨匠がいつも褒めているカロツェリア・トゥーリングですからね。 イタリアで作られたボディをイギリスに運んでインターセプター専用のチューブラフレームにドッキングしてるんですよ。 お金かかってますよ。 徳大寺 エンジンはクライスラーだったよな。 普通のインターセプターよりもSPはパワーアップ版で、排気量とカムシャフトそれとキャブレーションも違ってたよな。 松本 排気量がノーマルに比べて1000cc以上大きいですからね。 徳大寺 ジェンセンはボディを作っていただけあってヴィニャーレに対して要求が高かったんじゃないかな。 その証拠にこの大きな曲面ガラスを使ったリアのハッチの作りの良さ。 全くゆがんでないもんな。 松本 イギリスでは復活の兆しもあって、日本ではなじみが薄い自動車メーカーですが、世界初のフルタイム4WD GTという伝統を引き継ごうとしているのがわかりますね。 徳大寺 そういう技術と伝統ある自動車メーカーを掘り返すことができるイギリスの層の厚さには、ただ驚くばかりだな。 日本では考えられないだろう? 日本が自動車ではイギリスやヨーロッパに肩を並べられないところでもある。 古い車たちを見るとつくづく感じるんだ。

次の