桜を見る会。 「桜を見る会」疑惑の“仕掛け人” 共産党・田村智子とは何者なのか?

桜を見る会に関する速報ニュース:朝日新聞デジタル

桜を見る会

「桜を見る会」とは:誰が、いつ、どこで開催? 「桜を見る会」は、歴代の内閣総理大臣が、春の恒例行事として主催してきたものです。 1952年に、当時の吉田茂首相が開催したのをはじめとして、毎年4月ごろに、東京都内の新宿御苑で開催されてきました。 自民党政権だけでなく、民主党政権であった2010年にも、鳩山首相が開催しています。 なお、2011年は同年3月の東日本大震災の発災、2012年は北朝鮮による弾道ミサイルの発射予告により、中止になっています。 (出所:一般財団法人国民公園協会) 招待客は、皇族や外国の大使、国会議員などの政財界関係者のほか、文化・芸能、スポーツなど各界から招かれてきています。 会では、慣例として、たる酒やオードブル、お菓子などが振る舞われているようです。 2019年には、4月13日に、安倍晋三が首相として開催しました。 「桜を見る会」を巡る問題:2019年中の動き 安倍政権下での予算支出額・参加者数の増加 最初の問題提起は、2019年5月13日の衆議院・決算行政監視委員会での宮本徹議員(共産党)の質問でした。 「桜を見る会」の費用が、第2次安倍政権の過去5年間(2014~18年度)で、予算額は約1,800万円で横ばいである一方、実際の支出額を、予算を上回って増加し続けています。 予算は、会場の設営や警備・飲食にかかる費用に使われます。 具体的には、2014年度の約3,000万円から、2018年度には、約5,200万円と予算の約3倍に上っています。 支出増の主な原因は、参加者の増加です。 参加者は、2014年度の約1万3,700人から、2018年度には、約1万7,500人まで増加しています。 宮本議員は、参加者の増加から予算を上回る支出が増えていることについて、国民の理解が得られないと批判しました。 まず、問題視されたのは、招待客の基準が不透明であり、安倍首相の地元の支援者が多数招待されていたことです。 「桜を見る会」は公費(税金)により賄われていますが、それを自分の支持者の接待に用いることは、「公私混同」・「私物化」であり不適切だ、との批判を受けました。 野党は、「公職選挙法で禁止されている買収と実質的に変わらない」とも批判しています。 この点、当初、安倍首相は、国会答弁で「招待客の取りまとめには関与していない」と説明していました。 しかし、その後、実際には、首相は約1,000人の推薦枠(昭恵夫人分も含む)を持っており、安倍事務所が地元で希望者を募り、内閣官房に名簿を提出していたことが判明。 招待客の推薦に関与していたことを認めました。 ただし、安倍首相は、「桜を見る会」への招待者は、提出された推薦者に基づいて、最終的には内閣官房と内閣府が取りまとめているため、公職選挙法に違反する訳ではない、と反論しています。 安倍首相後援会による前夜祭の会費の取扱い また、安倍首相後援会による支援者に対する「桜を見る会」のツアーには、前日の都内高級ホテルでの夕食会(前夜祭)も含まれていました。 この点、会費制であるにもかかわらず、主催した安倍首相の後援会の政治資金収支報告書に記載がなかった点が、野党から政治資金規正法違反ではないか、との批判を受けました。 また、高級ホテルでの開催にもかかわらず、会費5,000円/1人は安過ぎるとして、安倍首相後援会が実費との差額を補填したのではないか、差額の補填は公職選挙法に違反する、との疑問も示されました。 さらに、ホテルが通常の相場を大幅に下回る金額で飲食の提供を行っていたのであれば、政治資金規正法に違反する、明細書を開示すべきだ、とも批判しています。 この点、安倍首相は、夕食会の費用はすべて参加者の自己負担であるため、前夜祭の主催者である安倍首相後援会として報告すべき収支はなく、政治資金収支報告書への記載の必要はない、と説明しています。 また、前夜祭の価格設定については、出席者の多くが同じホテルに宿泊していること等を踏まえて、ホテル側が設定し、当該価格通りのサービスが提供されたに過ぎない、と説明。 さらに、明細書の開示についても、ホテル側から、営業の秘密に関わるため、公開前提の提供には応じられない、との報告を受けている、と突っぱねています。 また、首相枠で、マルチ商法を展開して経営破綻したジャパンライフの元会長が招待されており、同社によるマルチ商法の宣伝に悪用されていたことも明らかになりました。 首相が主宰する会にもかかわらず、杜撰な運営が批判を集めました。 招待客名簿の廃棄 野党の追及に対して、政府は、招待客名簿は「廃棄した」ため、現存しないと説明。 もっとも、野党から資料提出を求められた直後に、内閣府の職員がシュレッダーで処分していた事実も判明。 野党は隠蔽ではないか、実際にはどこかに残存している可能性があるので再調査を行うべき、との批判を強めました。 これに対して、安倍首相は、招待者名簿は既に廃棄済みであると確認しており、改めて調査を指示する予定はない、と応対しています。 また、招待者名簿の電子データの廃棄時期が分かるログ(消去記録)については、「内容を明らかにすれば不正侵入等を助長する恐れがある」と述べ、セキュリティ上の理由で開示を拒否しています。 2019年11月、2020年の「桜を見る会」の中止を決定 こうした度重なる批判を受けて、11月13日、政府は、2020年の「桜を見る会」の開催を中止することを決定しました。 菅官房長官は、「招待基準の明確化、プロセスの透明化を検討する」必要がある、と中止の理由を説明しています。 「桜を見る会」を巡る問題:2020年入り後動き 公文書の不適切な取扱いが判明 2020年入り後、「桜を見る会」に関する公文書の不適切な取扱いが、次々に判明しました。 招待者名簿の管理簿への記載漏れ まず、1月9日、菅官房長官は、2013年から2017年までの招待客の名簿について、管理簿に記載がなかったことを公表しました。 さらに、1月10日、こうした招待者名簿を管理簿に記載していなかったことについて、公文書管理法に違反する対応だった、と説明しました。 公文書管理法は、保存期間が1年以上の行政文書について、文書ファイルの名称や保存期間の管理簿への記載を義務付けています。 菅官房長官は、事務的な記載漏れ、と説明しつつ、再発防止に向けて管理体制の整備に取り組む考えを示しました。 国会提出資料への不適切加工 1月14日、菅官房長官は、2019年11月に、内閣府が国会に推薦者の名簿を提出した際に、推薦を行った部局名を隠す加工をしていた事実を公表しました。 加工の判断を行ったのは、内閣府の人事課の官僚だと説明し、「極めて不適切な対応。 今後、このような行為は厳に慎むよう内閣府に強く指示した」と述べました。 これに対して、野党は、隠蔽工作であるとして強く批判しています。 内閣府の歴代人事課長に厳重注意処分 1月17日、内閣府は、上記のような公文書の不適切な取扱いを受けて、職員に対する処分を発表しました。 「招待者名簿の管理簿への記載漏れ」について、当時人事課長を務めていた5人を厳重注意処分としました。 また、「国会提出資料への不適切加工」については、実際に加工を行った現在の人事課長が厳重注意処分を受けました。 菅官房長官は、この処分について、「担当者レベルの問題が大きい」と説明。 現場への責任の押し付けではないか、との質問は「全くない」と否定しています。 内閣府の公文書管理課長を交代 1月20日、内閣府は、「桜を見る会」に関する野党への説明を担当していた富永健嗣・公文書管理課長を交代させ、後任に杉田和暁・国立公文書館総務課長を充てる人事を公表しました。 富永氏は昨年7月に公文書管理課長に就任しており、任期1年弱、かつ公文書管理の問題点が指摘されている中での、異例のタイミングでの交代となります。 この点、内閣府は、「業務量が増大し、兼務する大臣官房参事官との両立が難しくなったため」と説明しており、西村明宏官房副長官は「個別の人事に関しては答えを差し控える」と述べています。 廃棄済みと説明していた過去資料が現存 1月21日、菅官房長官は、2011年~2013年の「桜を見る会」の会場設営の契約書などの資料が存在していることが判明した、と公表しました。 内閣府では、これらの資料について、これまで保存期間5年の文書として廃棄済み、と説明してきていました。 菅長官は、「不適切な対応であり、国会の関係者に丁寧に説明するよう指示した」としつつ、「公文書管理法への違反はない」と説明しています。 2020年通常国会でも、引き続き野党の追及ポイントに 2020年入り後も、次々と明らかになる「桜を見る会」問題。 野党は、1月20日に召集された通常国会でも、引き続き「桜を見る会」問題で政府・与党を追及していく姿勢です。 1月22日の安倍首相の施政方針演説に対する代表質問で、立憲民主党・枝野幸男代表は、「安倍政権の利権、私物化、隠蔽体質そのものを正さなければならない」と述べ、カジノ(IR)汚職疑惑と並んで、「桜を見る会」問題を、安倍政権の長期政権による緩み・奢りを象徴するものとして位置づけています。 1月23日の各党の代表質問でも、立憲民主党・山哲郎幹事長や共産党・志位和夫委員長が、「桜を見る会」問題を主なテーマとして取り上げました。 代表質問での追及 安倍首相の回答 公的行事の私物化、公職選挙法や政治資金規正法違反の疑いがかけられている 安倍首相は辞任すべき 様々な批判があることは承知している 真摯に反省し、今後については、私自身の責任で全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行う 首相の事務所が推薦した招待者の人数は? 事実上ノーチェックで招待したなら、血税を使った買収そのものだ 具体的な人数は、名簿が廃棄され、定かでない 自身の事務所が推薦した者で、招待されなかった例もあったと承知している 招待者名簿を破棄には、文書管理に違法な手続きや処理が行われた 組織的隠蔽だ 公文書管理に関するガイドラインに則った対応と考えている 組織的隠蔽を図ったとの指摘は当たらない ジャパンライフ元会長の招待状にあった区分番号「60」は首相推薦枠だ ジャパンライフ元会長を首相自身が推薦して招待し、マルチ商法の被害を広げた 指摘の番号は便宜的に付しているもの。 既に破棄しており、意味は定かではない 違法・不当な活動に利用されるのは決して容認できない 安倍昭恵の私的「桜を見る会」問題 2020年3月26日には、安倍晋三の夫人・安倍昭恵が、私的「桜を見る会」を開催していたと報道されました。 ちょうど、森友学園問題での公文書改ざんを苦に自殺した赤木俊夫さんの手記が公表され、また、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため花見の自粛要請が出ていたタイミングであったため、SNSでは大炎上となりました。 この点、安倍晋三は、安倍昭恵に事実関係を確認し、「レストランの敷地内にある桜を背景に記念撮影したものであり、東京都が自粛を要請している公園での花見の宴会ではない」ので問題はない、反論しました。 記事をご覧頂き、どうもありがとうございました!.

次の

安倍晋三の「桜を見る会」でアッと驚く光景! 赤かぶ

桜を見る会

これに関連し、リテラがマスコミでは絶対に報道しない「アッと驚く光景」について伝えた。 *********************** 安倍首相の思い上がりぶりには反吐が出るが、きょうの「桜を見る会」では、もうひとつ、唖然とするような光景が繰り広げられた。 というのも、招待客のなかに、あのフェイクデマ拡散ネトウヨ番組の面々が含まれていたからだ。 『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)の出演陣たちである。 たとえば、テレビ朝日が午前中のニュースで報じた映像を見ると、安倍首相と昭恵夫人を取り囲んでいたのは、百田尚樹に有本香という世紀の欠陥本『日本国紀』(幻冬舎)のコンビに、 ケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司、石平太郎、須田慎一郎、大高未貴、藤井厳喜、武田邦彦らといった『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)のメンバーたちだった。 また、ほかにも番組司会者である居島一平や、あの『殉愛』(幻冬舎)にも登場する、同番組のプロデューサーを務めるDHCテレビジョンの山田晃社長の姿まで……。 さらに、『虎ノ門ニュース』出演陣が投稿した写真のなかには、『日本国紀』『殉愛』という二大事故本の版元である幻冬舎の見城徹社長の姿も確認できた。 しかも、安倍首相はこのネトウヨ文化人オールスターズを歓待。 石平のTwitterへの投稿によると、〈総理は我ら虎ノ門ファミリーの一人一人に声をかけて握手して下さった〉といい、有本はこんなツイートしている。 〈安倍総理主催『桜を観る会』に虎ノ門ファミリーで参加。 「文化人・芸能人」の列前を歩いて私たちの前に来られた総理が「ここから雰囲気が違いますね〜。 虎ノ門の皆さんが一番『左』に陣取っておられるのが面白い」といきなりの突っ込み。 竹田恒泰さんが「我々から見たら一番右ですが」と即応酬。 手厚くもてなしていたのである。 安倍晋三をおだてる会!! 「花咲き誇る時代に」=安倍首相主催の「桜を見る会」 — 昭和おやじ 【安倍政権を打倒せよ】 syouwaoyaji 【首相、桜を見る会開催 令和改元「一人一人が咲き誇る時代に」】こんなところで悠長に桜見物などしていていいのか。 未だに復興から取り残されている被災者を始め、復興のために多くの借金を抱える人たちがいるのに「なにが復興より議員だ」良く花見なんかしていられるよ。 — 横田良篤 yokotayoshiatsu 【SNS投稿】官邸スタッフです。 本日(4月13日) 、安倍総理は平成最後となる「桜を見る会」に出席しました。 その様子を動画にまとめましたので、是非ご覧ください。 — 首相官邸 kantei テレビ朝日系列で桜を見る会でちょこっと映ってたわ👏👏👏 — この🐶 kono1775 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』ご一行を堂々招待! 百田尚樹、有本香、ケントらネトウヨ文化人に囲まれご満悦 via — 町山智浩 TomoMachi 有本さん登場! ピンクがお似合いです。 「文化人・芸能人」の列前を歩いて私たちの前に来られた総理が「ここから雰囲気が違いますね〜。 竹田恒泰さんが「我々から見たら一番右ですが」と即応酬。 安倍総理と昭恵夫人に挟まれる百田さん。 皆さま、良い笑顔。 テレ朝、やってくれます🌸 — 激動過ぎる昭和を肴に乾杯 ponjyun 総理主催の桜を見る会にて。 新宿御苑の八重咲きの桜はまだまだ綺麗でした。 海外では政治や政治家に対して批判する俳優やミュージシャン達はかなり多いのに情けない日本。 これこそ忖度!そういう意味では安倍の誘いを断った千原ジュニアは素晴らしい👏 彼を応援したい!— カピターノ ネトウヨ認定パヨク Takechanman1125 8. 13 08:50 リテラ お昼にビフテキ食べたせいか眠くなってきた。 「文化人・芸能人」の列前を歩いて私たちの前に来られた総理が「ここから雰囲気が違いますね〜。 虎ノ門の皆さんが一番『左』に陣取っておられるのが面白い」といきなりの突っ込み。 竹田恒泰さんが「我々から見たら一番右ですが」と即応酬。 〉 漫才でしたね。 今日も私はしあわせです。 [18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理 26. : : [2] 桜を見る分には、安倍もいいおじいちゃんだが、日中経済会議となると、 中国の居並ぶ政治家とテーブル隔てて対峙すると、日本はろくな外相も 要人もいない。 詰めがあまく、米国を向いたり、アジアにおねだりしたりと、 ロシアの時同様に、外交に確信が無く覇気に欠けて、未来の力強い青写真が まったく無い。 おまけに、中国は環境立国の世界のリーダーと豪語しているので、 後ろめたい日本は原発と火力以外、差し出すものが何も無い。 あるのは放射能に汚染されたと言われる特産物だけとなる。 こんな国がオリンピックとはしゃぐのだから、リオのことを笑えない。 はしゃいでるのも今のうち、桜と同じ速さで散るかも、。 : : [18] 皆さんの表現にウケました。 失礼ながら、独断で短文のを選ばさせて頂きました。 あくまで個人的判断ですので。 1位 サクラがサクラを見る、顔合わせの会』なのだ。 2位 イチローや藤井聡太君浅田真央嬢はいないな。 ……には近寄らないようだ。 一度として……集会に参加していない……王貞治氏…… 3位 片山だとか、稲田だとか、安倍につるむ三浦瑠璃とか、女性に仕事の出来ない人を選ぶ国。 4位 エセウヨオールスターズ+利用される芸能人達 5位 意味なき笑い桜の下の虚飾かな 6位 「ネトウヨ、ネトサポを見る会」または「馬鹿を発見する会」のした方がいいんじゃないの。 7位 金の切れ目が縁の切れ目っていう連中だね。 8位 知性と品性のなさが伺える安倍ファミリーが集結 9位 さくらになる人の飼いか・・ 遠慮はいらんぞ、さっさと散れ!バカ者めら。 10位 安倍晋三を囲むどの写真も「アベ新喜劇」結成に見える。 他にも うわぁ……(絶句) 沼地の水を抜いた風景だな。 ………………などなど多数 49. : : [233] 江戸時代と 明治以降 をつい比較してしまうのですが。。。。 いったい どちらの方が 人としての レベルが高いのか 考えさせられてしまいます。。。。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 外国人が見た150年前の日本が凄すぎる…「人々は貧しい。 しかし幸せそうだ」と 感動したエピソードとは…?! 【すごい日本】 トーマス・グラバー 「幕末に長州、薩摩、肥後、肥前、宇和島の各藩とは何十万、何百万両の 取引をしたが、賄賂は一銭も使わなかった。 これは、賄賂をふところに入れるような武士は一、二の例外を覗いて 一人もおらず、みな高潔でかつ精錬であったためで、賄賂をしたくても できなかった。 このことはぜひ特筆大書して後世に伝えていただきたい。 」 53. : : [3] ケント・ギルバートは、モルモン教徒 下記の米ユダヤ人から福岡正信という人士が聞かされた、もう50年以上前から 既に計画、実行に移されていたという「日本潰し」 その計画に登場する「弁護士」が、当該人士の立ち位置と判断できるだろう そうしてイルミナティ「悪魔教カルト」組織と同根だと報道されている このモルモン教・カルトが、日本の似非保守朝鮮カルト安倍軍国ファシズム 国民弾圧暴政をアシストするナショナリスト・カルトと共同し 奴隷支配暗黒弾圧監視管理世界政府「NWO」完成を目指していると 同じモルモン教徒、斉藤由貴が、フジサンケイ・イルミの歌番組で ディズニーのキャラが後ろで踊る薄気味悪い演出の下 「白い炎」を唄い出す前にサタニストのハンドサインを行っていたのは このカルト組織と芸能界を牛耳る組織とディズニーが密接に繋がっていることを 象徴するものだったと 福岡正信「50年前にユダヤ人から聞いた話」:日本のものは何でも潰すアジェンダのことだった1? 井口博士のサイトより 今は中小企業潰し中 初版の1984年のときに今から十数年前というと、1969年ごろにユダヤ人と会ったということになる。 その頃には、米ユダヤ人は我が国の経済つぶしの長期戦略を立て、すでに着手していたということになる。 ところで、その部分は意外に短かったので(むろん、すべての計略を書いていたわけではなかったので)、ここに引用しておこう。 (4)私は十数年前アメリカで、ユダヤ系の哲学者であり企業家でもある人から、日本経済を崩壊させるためのの戦略を聞かされました。 もちろん話は私の思想に共鳴する友人としての善意からです。 戦略の第一歩は、国有鉄道の解体、通信機関の民営化で、これを民主主義の名ですすめる。 第二歩は、情報網の掌握のためテレビ、新聞への接近介入、政治圧力で株式の公開ができたら布石は終わる。 後は知的所有権の主張、株の暴落をまち株式会社の乗っ取りが始まるだけで、 そのための弁護士が多数日本におしかけるようになれば、日本の経済も終わりと思えば良いと笑いました。 日ユ同祖論?ありえね〜〜ヨ!連中にとって日本人は東朝鮮人に過ぎないんですナ。 日本は米国の仮想敵国でしかなかった。 ところで、上述のように大柄で笑顔を絶やさない偽ユダヤ人企業家とはだれか? これについては調査中だが、いまのところ分からない。 もし分かればまたいつかメモすることもあるだろう。 : : [4] さて、上の戦略をまとめるとこんな感じである。 第一歩:国鉄の解体民営化。 通信機関の民営化。 大義名分として「民主主義」の名で進める。 第ニ歩:テレビ・新聞への接近介入。 政治圧力で株式公開。 第三歩:知的所有権(特許権、ロイヤリティー)の主張。 株暴落をまって会社乗っ取り完了。 第四歩:弁護士制度開放。 どうでしょうか?この偽ユダヤ人の「日本経済崩壊プラン」はヨ?まさに大前研一が「良いね」といって無数の著書で得意げに主張したことだったのでは?マッキンゼーもその推進会社の1つにすぎないわけですナ。 いままさに日本の最後の砦の自動車産業つぶしがこれでやられている真っ最中なのだヨ。 自動車も潰されたら我が国は最貧国に転落するだろう。 一応、我が国の「民営化」がどうなったかを参考のためにメモしておこうか。 おそらく、上の偽ユダヤ人の計略どおりに進んだことが一目瞭然だろう。 これである。 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本) - 2002年に完全民営化。 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本) - 2004年に完全民営化。 東海旅客鉄道株式会社(JR東海) - 2006年に完全民営化。 株式会社日本興業銀行 - 2002年にみずほフィナンシャルグループに合併。 2016年10月25日の東京証券取引所への上場により、鉄道建設・運輸施設整備支援機構の保有株式がすべて売却された。 : : [43] 御意 (4)私は十数年前アメリカで、ユダヤ系の哲学者であり企業家でもある人から、日本経済を崩壊させるためのの戦略を聞かされました。 もちろん話は私の思想に共鳴する友人としての善意からです。 戦略の第一歩は、国有鉄道の解体、通信機関の民営化で、これを民主主義の名ですすめる。 第二歩は、情報網の掌握のためテレビ、新聞への接近介入、政治圧力で株式の公開ができたら布石は終わる。 後は知的所有権の主張、株の暴落をまち株式会社の乗っ取りが始まるだけで、 そのための弁護士が多数日本におしかけるようになれば、日本の経済も終わりと思えば良いと笑いました。 消費税で中小企業、飲食店壊滅です。 安倍一味は予定通り。 ですか? 78. : : [120] カルト統一教会の「日本乗っ取り計画」と カルト創価学会の「総体革命」もお忘れなく。 韓国人である文鮮明教祖は反日活動家です。 文教祖は生前、竹島にも上陸し『独島(竹島)も対馬も韓国のもの』であるという反日主張を日本人信者に吹き込み洗脳し続けました。 その反日工作は単に教会内の信者だけにとどまらず、日本の国会議員にも触手を伸ばしていました。 狙いは日本の韓国化(統一教会化)、つまり日本を韓国の植民地にすることです。 1@@ 日本の衆議院内に統一教会を作れ(国会議員に原理教育) 2@@ 国会議員に統一教会員の秘書を送り込め 3@@ 国会内に統一教会がコントロールできる組織を作れ 4@@ 党を超えて議員を集め、超党派勝共議員たちを結束させろ(与党自民党の弱体化) 5@@ 愛国等の日本挙国の名目で勝共議員を集め組織化しろ(本音は反日だが、愛国を偽装) ___ こんなかんじでしょうか。 これが語られたのが、1989年です。 既に学会員は各所に送り込まれており、長い年月をかけて着々と遂行されている。 ・・・・ ・ 80. : : [1].

次の

桜を見る会問題まとめ 安倍は公職選挙法・政治資金規正法違反の違法か?

桜を見る会

共産党の田村智子議員をご存知だろうか。 「桜を見る会」問題の火付け役というと「ああ」と思い出す方も多いかもしれない。 11月8日の参議院予算委員会で「首相が後援会関係者を多数招待しているのでは?」と追及。 報道各社が一気に後追いをはじめた。 にわかに浮上した「桜を見る会」の私物化疑惑。 4月に東京新聞が報じ、5月に共産党の宮本徹議員が支出額の増加や招待基準について国会で質問。 「桜を見る会」野党追及チームが動き出したこともあって、毎日のように取材が入っていましたから。 そのあと5月の宮本徹さんの衆議院での質問。 そのときは「芸能人をどんどん呼んでいるんじゃないか」ぐらいでした。 ただ、それがきっかけでうちの『しんぶん赤旗』が独自に取材を進めて、安倍総理の地元後援会の方に聞いて回るとみなさんツアー旅行のつもりでお金も払って参加しているから悪気がない。 色々お話が聞けて、どんどん証拠が出てきて、赤旗で記事になった。

次の