大船渡 花巻 東 速報。 花巻東 連覇で甲子園 大船渡に大勝 佐々木登板せず 夏の高校野球岩手大会|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

花巻東 連覇で甲子園 大船渡に大勝 佐々木登板せず 夏の高校野球岩手大会|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

大船渡 花巻 東 速報

連日決定していく地区予選組み合わせ。 令和2年夏季岩手県高校野球大会の地区予選。 また昨夏岩手大会準優勝の大船渡は力のある大槌と対戦、勝利したチームは大船渡東と県大会切符を懸けて戦います。 ちなみに 花巻東と大船渡がともに勝ち進めば岩手県大会初戦で3季連続となる対戦が実現します。 一方、昨秋は最後までもつれる接戦となった遠野と花北青雲の一戦、花巻北と花巻農の再戦も注目。 そして秋はリアス三校連合として戦った住田が単独チームで特別な夏へ。 好右腕・佐藤眞尋投手を擁する高田に挑みます。 この春、新任で紫波総合に着任し硬式野球部監督という大任を担う露木京先生。 かつては自身も高校球児で花巻南の主将としてプレーしていました。 そして時は流れ、新型コロナウイルスの影響で春季大会も中止に。 初めての公式戦となるこの夏、相手はその花巻南。 このような巡り合わせがあるのも高校野球。 それぞれにとって特別な夏がやってきます。 様々な思いが巡るグラウンド。 がんばれ岩手の高校球児たち!.

次の

大船渡、甲子園出場ならず 大谷の母校・花巻東に大敗

大船渡 花巻 東 速報

大船渡の木下大洋選手(3年)は今大会、これまでの4試合で18打数6安打の成績。 中軸の打者としては思うような結果が出せずに苦しんでいた。 だが、決勝進出をかけた大事な試合で打点2を記録し、自身とチームに勢いをもたらした。 三回裏、無死一、二塁の場面で中前適時打を放ち貴重な1点を追加した。 八回には内野安打で出塁し、仲間の犠飛で生還した。 「結果が出てうれしかった」とホッとした表情で振り返る。 木下選手の父清吾さんは、35年前に大船渡が夏の甲子園に出場した時の三塁手だった。 「大船渡旋風」と呼ばれた当時のビデオを、木下選手は小学生時代に繰り返し見ていた。 そんな父が小中学校の9年間、放課後にトスバッティングの練習に付き合ってくれた。 小学生の時に東日本大震災が発生。 グラウンドには仮設住宅が並び、限られた条件のなかで、父と練習を重ねてきた。 「あの時の練習が今の自分の強打にいきているんです」 スタンドからはいつも父の大きな声援が聞こえてくる。 恥ずかしく感じながらも、力をもらっている。 今年の大船渡を「投手が相手の攻撃を抑え、これに応えるように打撃陣が点を重ねられるチーム。 みんなと甲子園に行きたい」と話す木下選手。 ついに決勝戦まできた。 「甲子園に行って父を超える。 好機で打ってチームに貢献したい」と笑顔を見せた。 (御船紗子).

次の

大船渡・佐々木の夏終わる、決勝登板せず/詳細

大船渡 花巻 東 速報

大船渡の木下大洋選手(3年)は今大会、これまでの4試合で18打数6安打の成績。 中軸の打者としては思うような結果が出せずに苦しんでいた。 だが、決勝進出をかけた大事な試合で打点2を記録し、自身とチームに勢いをもたらした。 三回裏、無死一、二塁の場面で中前適時打を放ち貴重な1点を追加した。 八回には内野安打で出塁し、仲間の犠飛で生還した。 「結果が出てうれしかった」とホッとした表情で振り返る。 木下選手の父清吾さんは、35年前に大船渡が夏の甲子園に出場した時の三塁手だった。 「大船渡旋風」と呼ばれた当時のビデオを、木下選手は小学生時代に繰り返し見ていた。 そんな父が小中学校の9年間、放課後にトスバッティングの練習に付き合ってくれた。 小学生の時に東日本大震災が発生。 グラウンドには仮設住宅が並び、限られた条件のなかで、父と練習を重ねてきた。 「あの時の練習が今の自分の強打にいきているんです」 スタンドからはいつも父の大きな声援が聞こえてくる。 恥ずかしく感じながらも、力をもらっている。 今年の大船渡を「投手が相手の攻撃を抑え、これに応えるように打撃陣が点を重ねられるチーム。 みんなと甲子園に行きたい」と話す木下選手。 ついに決勝戦まできた。 「甲子園に行って父を超える。 好機で打ってチームに貢献したい」と笑顔を見せた。 (御船紗子).

次の