根曲がり竹 茹で方。 【楽天市場】【送料無料】 青森県産 天然根曲がり竹 2kg 根曲がり竹 たけのこ朝掘り (生) タケノコ 山菜 筍:じょっぱりストア楽天市場店

【みんなが作ってる】 姫竹 下処理のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

根曲がり竹 茹で方

スポンサーリンク 日本で一般的に 食べられるタケノコにはいくつか種類があり、 アクの強さによってゆで方も少し違ってきます。 そのため入手したタケノコがどの種類なのか 知っておく必要があります。 ここではタケノコのゆで方に入る前に、 タケノコにはどのような種類があるのか 勉強しておきましょう。 孟宗竹 もうそうちく おそらく「タケノコ」と言われて多くの人がイメージする、 茶色い皮のずんぐりした太いタケノコです。 実は白くて厚くて柔らかく、 香りも良く甘みのある品種です。 えぐみは少ないと言われていますが、 後述するいくつかの細いタケノコと比べると強いほうです。 旬は3月から4月頃です。 淡竹 はちく 細いタケノコの一つ目は淡竹です。 見た目の特徴は、孟宗竹を細くしたような形で、 皮の色が赤みがかった薄茶色であること、 孟宗竹と違い産毛があまりないことです。 歯ごたえは少し固めで、 甘味や苦味が少なく淡白な味わいです。 アクは少なめです。 市場にはあまり出回らないのですが、 旬は孟宗竹より少し遅い4月から5月頃です。 真竹 まだけ 細いタケノコの二つ目は真竹です。 見た目の特徴は、皮に黒い斑点があるということと、 淡竹よりもさらに産毛がないということです。 歯ごたえは少し固く、味わいはしっかりとしていますが 苦味も強いです。 アクも強いので孟宗竹と同じように 米ぬかを使ってゆでる必要があります。 旬は淡竹と同じ4月から5月頃です。 姫竹 ひめたけ 根曲がり竹、月山竹などとも呼ばれ、 北海道、東北、信越、山陰などの降雪地帯が主な産地です。 孟宗竹と比べればかなり小型で細く、 太さは1~2cm程度、長さは20cm程度です。 実は白くて香りが良く 非常に歯ざわりが良いと言われています。 えぐみも少ないため 掘りたてならばアク抜きをせずに調理できるほどです。 旬は淡竹や真竹よりもさらに遅く、5月から6月頃です。 寒山竹 かんざんちく 大名竹とも呼ばれ、西日本以西が産地です。 残念ながら筆者は食べたことがないのですが、 味はタケノコの中で一番美味しいと言われており、 刺身で食べられるぐらい柔らかいそうです。 旬は7月から8月、もはや夏です。 タケノコのゆで方はアクの強さによって変える これまで一般的に日本で入手できる タケノコの種類について見てきましたが、 ここからが本題。 タケノコのゆで方についてです。 タケノコのゆで方については大きく分けて2種類。 ・アクの強い品種は米ぬかを加えてゆでる ・アクの少ない品種は水だけでよい と区別しておけば大きく間違えることはありません。 アクの強い品種は米ぬかを加える 真竹 タケノコをゆでるときに米ぬかを加えると 経験的にご存知の方も多いと思います。 一般的によく見かける太いタケノコは 孟宗竹という品種ですが、 細いタケノコの中でも真竹はアクが強いため、 孟宗竹と同じように皮のまま、米ぬかを加えてゆでます。 1 タケノコの先端を斜めに切り落とし、 皮の先端から根元まで切れ目を1本入れます。 2 タケノコが十分に浸るだけの水に、 米ぬかと鷹の爪を加えます。 3 タケノコを皮ごとゆでます。 4 火を止めて、自然に冷めるのを待ちます。 5 タケノコを取り出して皮を剥きます。 6 水洗いして料理に使うか、 すぐに使わない場合は水に浸した状態で 冷蔵保存します。 こんな動画も参考にどうぞ。 アクの少ない品種は水だけでゆでる 淡竹、姫竹 細いタケノコの中でも 淡竹や姫竹はアクが少ない品種であるため、 皮を剥いてから米ぬかを加えない水だけでゆでます。 1 タケノコの皮を剥きます。 2 タケノコが十分に浸るだけの水に、 タケノコを入れてゆでます。 3 火を止めて、自然に冷めるのを待ちます。 4 タケノコを取り出し、水洗いして料理に使うか、 すぐに使わない場合は水に浸した状態で冷蔵保存します。 淡竹や姫竹の動画もありました。 タケノコはもらったその日にゆでる タケノコは収穫後、時間が経てば経つほどアクが強まり、 風味が薄れてしまいます。 どの品種の場合も共通するのは、 タケノコを入手してからなるべく早く ゆでるということです。 ゆでたタケノコは、水に浸して毎日水を替えながら 冷蔵庫で3~5日程度は保存できます。 まとめ 細いタケノコをゆでるときの方法や注意点をまとめると 次のようになります。 1 細いタケノコのゆで方は品種によって違う。 2 アクの強い真竹は、皮のまま、米ぬかを加えてゆでる。 3 アクの少ない淡竹や姫竹は、皮を剥いてから、 水だけでゆでる。 4 どの品種のタケノコも手に入れたらすぐにゆでる。 これらのポイントを押さえていれば、 どんな品種のタケノコを手に入れたときも、 的確に下処理をして特徴を活かしながら 料理に使うことができるようになります。 品種の紹介のところで触れましたが、 孟宗竹、淡竹、真竹、姫竹などは、 少しずつ旬の時期がずれています。 今年は春から夏にかけて様々な品種のタケノコを入手して、 毎月違ったタケノコ料理を振る舞うことで、 一目置かれる存在になることができますよ。

次の

東北 青森産 根曲がり竹 送料無料(ネマガリタケ・姫竹)は一番人気の春の味覚!

根曲がり竹 茹で方

材料 茹でた根曲がり竹 適量 塩 水の25% 【関連リンク】 ・ ・ ・ 根曲がり竹(姫竹)の塩漬けの作り方 茹でた根曲がり竹を、保存ビンに入るように切り揃え、隙間が開かないように、上下交互に詰めます。 漬け汁を作ります。 300㏄の水に塩を入れ、沸騰させて塩を溶かします。 塩が溶けたら熱いまま、入口ギリギリまで注ぎ入れます。 蓋は軽く締める程度にしておきます。 鍋にビンが直接付かないように網や布巾などを敷き、保存ビンが7~8割くらい浸かる様に水を入れて加熱します。 沸騰してから20分くらいそのまま茹でます。 20分後、蓋をしっかり締め直し、さらに20分加熱します。 40分後ビンを取り出し、逆さまにしてそのまま冷やします。 完成 根曲竹の塩漬けの完成です。

次の

姫竹(根曲がり竹)の食べ方、栄養について

根曲がり竹 茹で方

収穫または購入したらその日のうちに調理するようにしましょう。 また、水煮の状態で密封できるビンなどに詰め、過熱殺菌処理をしておけば長期間保存が出来ます。 ただ、風味も食感もかなり落ちてしまうのであまりお勧めはしません。 また、揚げ物や素焼きの場合は生のまま調理しても大丈夫です。 基本的には筍やハチクなどと同じ料理に使えると考えて良いでしょう。 作り方も家庭によりますが、基本的には沸騰させた湯に根曲がり竹を投入し、火が通ったらサバの水煮を加え更に煮て、仕上げに味噌を溶いて出来あがり。 皮を剥くととても良い香りが広がり、歯ざわりが心地よく柔らかく甘みがあります。 必ず反割りにしてくださいね。 そうしないと油の中で破裂し大やけどをしてしまいかねません。 参考にされると良いでしょう。

次の