皇室暴露ブログ。 雅子さま秘密祭祀「ご遥拝・お慎み」暴露の宮内庁関係者へ厳重処罰か?

秋篠宮家批判の皇室ブログはビジネス・お仕事でやっている(去年できたブログ)

皇室暴露ブログ

秋篠宮家の長女眞子さまと、小室圭さんの結婚問題は、いまだ解決の道筋が見えていない。 先月30日、秋篠宮さまがお誕生日会見で「2月で、結婚延期の2年が経過する。 何かしらの話はすべき」とおっしゃられた。 これにより眞子さま、そして米国留学中の小室さんも何かしらの「アクション」を起こす必要が出てきた。 国際弁護士になるための勉強を考えると、年末年始くらいが帰国のタイミングという話もあったのだが……。 しかし、小室さん側は「あと2年は帰国しない」と語っているようで、年の瀬も大きな動きはなさそうだ。 今後、いったいどうなるのか。 「2月の時点であり得るのは『再延期』」『破談』『結婚』のいずれかでしょう。 借金問題など小室さん側の問題が解決せず、それでも2人の結婚への気持ちがいまだ強いという状況を考えますと『再延期』が現実的な道筋、というかそれしか道がない状況のように思えます。 秋篠宮ご夫妻、さらに宮内庁は『破談を望んでいる』という話もありますが、破談とした場合、小室さんがメディアなどで眞子さまとの交際時の話などをペラペラとしゃべるのではないか、と懸念する記事もあります。 その中には、皇族としてのイメージを損なうような情報がある可能性も0ではないでしょう。 実際、これまでも小室家は『母佳代さんが天皇に直談判』『問題を解決せずに留学』など突拍子もない行動に出てきました。 もし破談にでもなれば、どんな行動を起こすのか……と危惧されるのも当然かと」(記者) いずれにせよ、皇室側には小室さんを無碍にはできない怖さはまだあるようだ。 ただ、やはり、どう考えても、先々を考えれば小室さんと眞子さまの結婚を、国民が納得するのは難しい、という意見はある。 「女性宮家の問題です。 もし今後認められ、結婚されても眞子さまが皇室に残られるなら、仮に小室さんと結婚していた場合、小室さんも『準皇族?』のような扱いになってしまいますからね。

次の

小室圭さん母子の「暴露会見」になぜ皇室が怯えなければいけないのか

皇室暴露ブログ

皇室の真実を知りたいのです。 デビ夫人のブログが話題になっていますが 私はこれを鵜呑みにはできません。 雅子さまはご自分の仕事を捨てて皇室に入る決心をした いうのはただ事ではありません。 どれほどの決意だったことでしょう。 ましてや後継ぎ問題で責任を追求されるがごとく、精神的に追い詰められ適応障害になってしまわれたのも無理ありません。 誰が雅子さまだけを責められるでしょうか。 必死で雅子さまをお守りする皇太子さまを私は涙が出るほど尊敬します。 秋篠宮さまや紀子さまも好きですが、このときとばかりに男の子のお子様を作られて、なんだかちょっと計算したかのように感じたこともあります。 今はただ、早く雅子さまに元気になっていただきたいと思うのですが、デビ夫人さん、ますます雅子さまのお心を痛めつけるような事をしないでいただきたい。 国民の皆さんは、デビ夫人に賛同しているのでしょうか?.

次の

皇室ブログ天皇皇后反日皇室出ていけ韓国人

皇室暴露ブログ

皇室にこれといった動きがないので一昨日の続編のようなものを書きます。 去年の夏から12月まで次から次へと出来た一連の秋篠宮家批判と上皇后批判を 展開している雨後の筍のごとく出来た皇室ブログですが、コメントには 愛子さまを天皇にと言いつつ、究極の目的は皇室の消滅で、それに向かって、 世論を誘導しているような気がする、このブログ主たちの究極の目的はなにか、 他にも何か組織が動いているのでは?等々思っているのではないかと思います。 が、私は単純に彼らの「ビジネス・お仕事」だと思います。 彼らのブログは滅多に見ないのですが、ツイッターはたま~に見ます。 ブログの記事など毎度似たり寄ったりでタイトルだけ読むと内容まで 読まなくてもいいし、読む必要もないと思っていました。 それよりも彼らのツイッターをサラーーッと見る方が面白いと思ったのでした。 ちょっとした言葉にそれなりの彼らの悩みが現れていたりしてね。 一昨日だったかな、たまたまカツトシ氏のツイッターを覗いたら ニコニコ動画で放送配信と書かれていたのでいってみました(笑) ニコ動には動画もなにもアップしていないけど登録しているのですぐ見られました。 配信してからかなり時間が経っていたと思います。 100人以上見る聞く人がいました。 ニコ動はコメントが横に流れるので、それを見ながら頬杖付きながら聞いていました。 今、思えば殆ど後半から聞いたのかもしれません。 若い人の話には付いて行けないので退屈でそろそろ見るのを止めようと思った時に カツトシ氏がボスの話をし始めました。 コメントには「ボスて誰」「ボスとコラボで放送して」などが流れていきます。 そのうち、「ろだん」「ボスってろだんでしょ」「論壇netのろだん」 このようなコメントが流れて行き「ボスを紹介して」のようなコメントが流れ 論壇ネットで見た「三神ユカ(漢字忘れた)で書いてもいいぞ」のような文字が流れる。 「いや、ボスは口が堅い人しか取らない、それでダメだった人が多かった」とカツトシ氏。 いや~そこまで言うあんたの方が口が軽いんじゃないか?と思った。 そのボスのことで最後には「菊の紋ニュース」のコメントも流れて行き・・・ おおっ、どこまで喋るんだろ、と思ったらこれで終了でした。 では今まで書いてきた「カツトシ」とは誰か。 以下は反論壇ネット氏のnotで論壇netから菊の紋ニュースのライターであると、 ツイッターにあげた自撮り画像をアップしていました。 (苦笑) この人は政治活動のためカンパとして、カタカナで名前と銀行名まで 披露しています。 スマホでは分かりませんがパソコンだと右上に表示されている。 超個人的美学2~このブログは 「超個人的美学と題するブログ」ではありません より あまりも言論がアホくさくて幼稚なので自分は自分のビジネスをやります 今の自分のボスは(少なくとも自分の知る限りでは)相当な知性の持ち主 だと思うけども、 一旦ビジネスが軌道に乗って以降は、一切の政治的論争 から手を引いてしまった。 時間と労力の無駄と思ったのか、そもそも最初 から大して興味がなかったのか、あまりの馬鹿馬鹿しさにうんざりして フェードアウトしたのか?理由は分からない。 中略 P. 結局、ヴィトンのリュック買いました。 アホくさい論争に精を出す より自分には、 やっぱりビジネスとショッピングの方が向いてるみたいです。 記事引用 このようにビジネスと書いています。 論壇netの後に作った菊の紋ニュースの運営者、執筆者情報を見てください。 全員本名ではないでしょ。 カツトシ氏の名前も偽名で載っていると思われます。 そしてノンフィクションライター、留学生、ウェブライターを覗いて、 元毎日新聞社会部記者、元週刊誌記者、皇室関連記事担当、元女性週刊誌記者で 今はフリーの記者だそうです。 こんなプロフィール本気にする人いないでしょ。 ろだん氏は百田尚樹関連のブログをしていたのが、たまたまなのか? 玉手箱と知り合いだったのか?小室Kのことを投稿してからアクセス数が増えたのでしょう。 去年のいつ頃からかGoogleもアドセンスを自動広告にした為、勝手に広告が増えています。 コメント欄も200、300ものコメントが付けば広告もどんどん増えて行く。 匿名でのコメントも承認していたのはそのせいで、ほぼヤフコメ、2ちゃんねる状態。 収拾がつかなくなったのか、よくわからないうちに閉鎖し、菊の紋ニュースが 変わりにできました。 しかし、ライターを雇って生活をするとなると 月に100万円くらいは収益が欲しいでしょう。 折しもGoogleアドセンスは単価も低くなり(私と、はてな読者だけかな?) 菊の紋ニュースだけでは駄目で、次から次へとブログを増やして行ったのだと思います。 Googleアドセンスだけでなく、A8. net、Amazonアソシエイトと他にも広告を貼っているようです。 これはプライバシーポリシーを見るとわかります。 毎日、毎日、1日に4つも記事を書いて、他にも数個ブログを作って 毎日人を雇って記事を書いて、ビジネス・仕事でなきゃ、やってられません。 彼らが仕事をしながらブログをやっているのか、ブログで生活をしているのか それもわかりませんが、複数ブログを持って毎日あれだけ記事を書いて編集、 コメントを読んだりするには片手間ではできないとは思います。 なにより彼らに皇室に対する愛着を感じますか?私は感じません。 私もこのブログに広告を貼っていることで、金儲けだのなんだのと書かれましたが 金儲けでやってるのならブログを休んだりしません。 それこそ毎日、2つ3つ、炎上するような記事を書かないと無理。 自動広告になる前は広告も少なくしていたし、タイトルを変えて再出発してからは 本当に小遣い程度、無いより有った方が良い、そんなものです。 彼らは「ビジネス・お仕事」で、ああいうブログを量産しているのだと、これは私の考えで、 裏工作だとか愛子さまを天皇にしたい組織があるとか、そういうことまでは分かりません。 そういうことで、私はスマホを持っていないので菊の紋が出ようが分からないので 特に気にはしていませんでした。 そして100%とは言いません、80%脅迫コメントの「こまおくり」はカツトシ氏と思われる。 まず最初にコメ返しにも書きましたが、1月1日に 匿名 IP 89. 133. 77「あなたは著作権侵害の犯罪者です」のコメントが入りました。 IPを見て頂くと分かりますが海外プロキシを使ってのコメントです。 9月も同じようなコメント、もっと酷いコメントが入りました。 いくらIPでアクセス制限をかけても、クルクル変えて海外プロキシを使ってコメントされることを 懸念しました。 今年、暇になった時間に息子に相談し、今まで海外からコメントして頂いていた yukiさん、メープルさんには大変申し訳なかったのですが、海外からのコメント禁止処置をしました。 で、カツトシですが本名は高木克俊です。 これは本人が公表しています。 高木克俊で検索してみると、出るわ出るわ・・・悪評が・・ 小室Kと良い勝負かもしれません。 興味のある方は、高木克俊で検索して見てください。 自称サラリーマンだが稼業の肉貿易商の肉の配達。 稼業が倒産しそうな状態。 年齢34、35才。 未婚で高校中退、大検で大学に進学するも大学中退とブログに書く。 ネットでは中卒と言われ学歴コンプがありニコ動でも切れることがある。 2回訴訟起こされて、1回目の訴訟では弁護士費用100万近く掛かった 誹謗中傷が得意。 昔からカツトシ氏を知るネット民からはかなり嘲笑されています。 似たような年齢の息子さんを持っている方だと、 「自分の息子でなくて良かった~」と思うでしょう。 私は思いました。 こういう人が菊の紋ニュースなどの執筆をしている、ということです。 更新ありがとうございます。 私もTwitterはやらないし、見ないので、カツトシ氏の事は全く知りませんでした。 「ビジネス・お仕事」としてやっている 彼らみたいな人達には、作り話に反応して右往左往する私のような人が、面白いし、おいしいのでしょうね。 相手にしない!が一番ですね。 詳しくご説明くださり、ありがとうございます。 結果的に、mayuさんに多大な労力をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。 私は川嶋紀子さんの頃から紀子様が好きで、秋篠宮ご一家を応援しています。 それに、なんと、悠仁様と誕生日が同じでして、 この所の秋篠宮ご一家に対するヒドいバッシングには冷静ではいられませんでした。 mayuさん、皆さんのおかげで、落ち着きました。 どうもありがとうございました。 これからも宜しくお願いします。 雷鳥さん カツトシ氏のことは去年の9月に反論壇ネットさんからメールで聞いていましたが、 私の体調が悪く、目の手術やその後の目の病気で、エゴサーチできなかったんです。 そのうち、忘れていましたが元旦にまた「あなたは著作権侵害の犯罪者です」のコメントが入り 正月休みの息子にも相談して今回は本腰入れて調べました。 悠仁さまをここまで書くか!と思うくらいでしたが、続きませんでしたね。 8月に閉鎖し、その後に菊の紋ニュースが出来ました。 以前よりトーンダウンしていますが、秋篠宮家批判と美智子さま批判を展開しています。 これも原因は小室K登場したせいで、本当に悔しいです。 早く白紙にして欲しいのですが・・・どうなることやら。 mayuさん 去年できたブログはもう見ません。 私の精神衛生上良くないので(笑) 作り話で他人を、ましてや皇族方をトコトン貶めて、お金儲けに走るなんて有り得ません! 昭和、平成の頃は、ここまで炎上しませんでしたよね。 新聞広告等で見て、実際に雑誌を読むまでする読者なんて限られてますから。 今はヤフーニュースで誰でも手軽に、文春でも新潮でも女性誌でも読めるのですから。 簡単に過去記事も遡れますし。 あの、ヤフコメ等でヒステリックになっておられる御婦人方は動員なんでしょうか? 昭和に比べて令和では、皇室に対する尊敬・畏敬の念が圧倒的にないから、こんな状況になるんでしょうね… こんな時代に多感な時期をお過ごしになられる愛子様と悠仁様は可哀想です。 小室Kの登場によって、ここまで皇室がメチャクチャになるなんて思いもしませんでした。 どうか白紙にしてください。 詳しい分析・解析ありがとうございます。 ブログを読ませていただくばかりで、運営関係はさっぱりチンプンカンプン。 mayuさんってすごいなぁ~と改めて尊敬しましたです。 今は皇室関連記事で、ビジネスになるんですねぇ。 昭和な時代は考えられもしませんでした。 和やかでいい時代だったなぁ~と改めて懐かしくなりました。 ネット記事については、素朴な疑問があります。 最近のアチラ側の尖鋭的ネット。 なぜ同じ方向に向くものばかり書くのか。 同じ人が書くならば、いっそ真反対の立場から書いてみればいいのに。 そのほうが人が集まるんじゃないかな。 同じことばかり書いているとやがて飽きられます。 元宮内庁のブログも、最近では「毎日記事を挙げなくてもいいから、質の高い内容にしてほしい」なんて書かれるようになりました。 そろそろ飽きられてきたみたいです。 そもそも元宮内庁職員があんな暴露できるはずもなく。 まあ、どうして宮内庁側から削除命令が入らないのかはナゾですが。 私の持っているスマホ限定かもしれませんが、立ち上げると必ず、皇室関連の記事が正面に出てきます。 そこをタップすると、その記事に自然誘導。 女性セブンだったり、新潮だったり、ヤフーニュースだったり。 時に菊ノ門のときもあります。 要するに皇室関連ニュースに導入されてしまうんです。 私、スマホからは、ここしか覗かないので、何でそうなっているのかとても不思議です。 でもああいうふうに導入されて、その先に皇室に対する不満を吹き込まれると、知らない人なら「嫌な気持ち」になるなというのが心配です。 やしまさん 今回は元旦から 匿名 IP 89. 133. 77「あなたは著作権侵害の犯罪者です」のコメントが 入ったので、丁度よかったかもしれません。 私も9月の時より目の調子も良いし時間もあったのでいろい調べました。 息子との会話で残念でしたが、海外からのコメントは禁止にしました。 yukiさんとメープルさんにはご迷惑を掛けてしまいましたが、今回記事を 書くにあたって、また海外プロキシを使ってコメントが入るのを防ぐ為でした。 昭和、平成初期はネットもなかった時代でのんびりしていましたネ。 一昨日あげたブログは全て美智子さま批判と秋篠宮家批判で記事の内容も似たり寄ったり。 それに菊の紋ニュースは1日に4記事も出して量産し過ぎてそのうちお腹一杯になると 思います。 でも、今はその路線にしないとお金にならない、これだと思いました。 論壇netの末期症状のようになるかもしれません。 太く長く続けられるかどうか? 小室Kは帰国しない、立皇嗣の礼が終わると皇室も落ち着いてくるので 皇室に飽きる人も多く出てくると思います。 宮内庁はネット、ブログまで見ているのか? どうなんでしょう。 私はスマホを持っていないので分からないのですが、このブログを見て クッキーが残り、それで皇室関連記事が出てくるのかな? 私がパソコンで楽天の商品を見ると、どのブログを見ても楽天で見た商品が 表示される仕組みと同じなのかも。 怪しげなサイトの分析をありがとうございます。 反論壇ネットさんの見立てでは、「彼らは、分身の術も使う」そうです。 ツイッターには、物凄い大人数グループで、皇室問題を語っていることがあり、怖いのでスルーしています。 雅子様愛子様の悪口主体で、今更感が強く、以前にも書きましたが、美智子様批判を許さない人たちなので、私とは、根本的に合わないですし。 なぜ美智子さんだけ礼賛するのか?中国共産党系列の方たちかもしれません。 こまおくりことカツトシとやらも、ソチラ系では?中国は狡猾です。 半島を盾にして、日本を乗っ取る計画を何十年もかけてやってきたのでしょう。 沖縄は勿論、北海道独立運動も表立って来ました。 道民の方々が気づいてないので厄介です。 mayuさんこんばんは、眠れず来てみたら更新されておりました、いつもありがとうございます。 私個人の感想ですが、以前、此方のコメントに書いたような気もしますが、主婦のお小遣い稼ぎ紹介のサイトに「経験不要.記事製作、字数により報酬要相談」などと書かれているモノがあり、例えば商品レビューとか地域情報やママ情報の発信などの記事製作かと思えば、1つの事柄に関してSNSなどの情報や週刊紙記事のまとめを書く、と言うモノでありました。 元新聞記者ならいざ知らず、素人の猿関係者が記事を書いていて、運営されているような所は十中八九「ビジネス」だろうなぁ…。 と思います。 私はTwitterによくアクセスしますので、炎上商法はよく見かけますが、最近のただの批判ブログは最たるモノのように思えます。 血の通った主義主張はなく 運営の黒幕や大ボスには有るのかもしれませんが ただ流行りに乗っかる感じでしょうか。 いっそ皇室のネタなど飽きられてしまった方が平和かもしれません。

次の