望月 い そこ twitter。 望月衣塑子記者の質問に、菅長官が語気強めた瞬間 会見場で何が起きていたのか: J

望月衣塑子(いそこ)記者の出身大学と経歴!結婚は?夫と子供もチェック!

望月 い そこ twitter

一方で、こうした状況を見かねた弁護士らから支援の動きも広がっている。 女子生徒は、菅義偉官房長官の記者会見で望月記者が質問中、首相官邸報道室長が数秒おきに「簡潔にお願いします」と言うなど、妨害とも受け取れる行為を繰り返す様子をテレビやネットで見て心を痛めた。 女子生徒は望月記者に対する官邸側の行為が「いじめ」と感じ、署名集めを決意。 ネット上の署名活動サイト「」で、「特定の記者の質問を制限する言論統制をしないで下さい」などとするキャンペーンを2月5日、仮名で始めた。 活動を終えた2月末までに、1万7000人超の賛同者を集めた。 一方、女子生徒の活動をハフポストがところ、その直後から、生徒のTwitterアカウントなどに対し、女子生徒の存在や母親によるなりすましを疑ったり、誹謗中傷したりするような発言が殺到、「炎上」状態となっている。 こうした状況について、ハフポストは生徒と母親に心境を聞いた。 2人とのやり取りは以下の通り。 生徒 ネットでひどいことを言われて悔しいです。 根拠がないネットの言葉を信じ込んでしまう人が多いんだな、と思いました。 母親 驚いています。 何も悪いことをしてないないのに。 ネットでの攻撃はまるで「黙れ」と言われているようです。 生徒 ちゃんといます。 信じてくれない人がたくさんいて悲しいです。 子どもが何か意見しちゃいけないんだという偏見が(日本には)すごくあると感じました。 母親 私が娘になりすましているとか、娘にやらせているとかの見方もありますが、まったく違います。 いったいなんの根拠があるんでしょうか。 あくまで娘が自主的にやったことを影ながら応援した、というだけです。 orgの規約には「利用年齢は16歳以上」と書かれており、これに違反しているとの声も上がっています。 母親 規約には同時に、16歳未満の子どもはアカウントの作成を親に頼むことを薦めます、と書いてあります。 だから私が手伝いましたし、Change. org側にはアカウント設定時、年齢が「14歳」であることを申告しています。 その後、Change. org側からは規約違反だと警告は頂いていませんし、成功という形で署名集めを終えることもできました。 母親 実は娘は今回、誹謗中傷が寄せられたことであまり話したくないようです。 これ以上は無理をさせたくないので私が話します。 繰り返しになりますが、私がやらせたわけではなく、あくまで娘が自分でやろうと決めました。 確かにアカウント作成やページの構築は手伝いました。 それは娘が未成年であり、ネット上で攻撃されないよう、こうした形で関与するのは親として当たり前です。 子どもが政治的なことに関心を持つわけがない、と疑う人もいますよね。 それは違います。 あの官房長官会見を子どもはネットやテレビのニュースで見て、自ら「おかしい」と感じたんです。 うちの娘だけではありません。 学校の子ども同士でも「なんか変だよね」「怖いね」「大人って平気でいじめるんだ」と話題になっているようです。 母親 確かに望月さんにも未熟な面があったかもしれないけど、それでも国政の代表者である官房長官は一般人とは違います。 丁寧に説明すべきではないでしょうか。 まして排除したり、自分の都合のいい質問にしか答えないというスタンスは違うと思います。 それに、権力という大きな存在が一記者である望月さんに対してあたかも圧力をかけているような状態なのに、「望月さんの方が悪いんだ」というのは、娘が感じてる通り、いじめの論理に似ている気がします。 いじめられている方に原因があって悪いんだ、と。 娘は小学校のころ、いじめられている子をかばっていじめられた経験があります。 いじめはよくないと言ったらいじめられる。 娘が望月さんと自分を重ねたのはよくわかります。 「いじめはよくない」と言えない社会は怖いです。 母親 子どもと言えども、社会に対して意見を表明する自由はあります。 日本も批准している「子どもの権利条約」でも認められています。 子どもが世の中の出来事について「おかしい」と思い、今回のように何らかの行動に移すことに問題はなく、批判は的外れです。 母親 頑張って欲しいです。 官邸の行為はある意味、記者間の対立をあおっているような気もします。 それに負けて受け入れてしまっては、ジャーナリズムの自由がせばめられます。 ジャーナリストが自由な質問を制限されるようでは、やがて一般の人に対しても言論統制される世の中になっていくのではないでしょうか。 娘さんの今回の行動についてどう思いますか。 母親 中学生としてできることは最大限、頑張ったと思います。 署名集めが終わったので、中学生として勉強したりする日常に戻ります。 そして、私は母親として子どもを守っていきます。 子どもが頑張る段階は終わり、今度は大人たちが頑張る番です。 確かにネットでの攻撃が凄まじいですが、一方で支援の声もいただいています。 攻撃的なアカウントは「相手にしない方がいい」とか、「子どもの目に触れさせない方がいい」などの一般的なアドバイスだけでなく、弁護士さんたちからも法的な助言をもらっています。 心強いです。 子どもも相当参っていて、Twitterのアカウント消そうか、鍵をかけようか迷っているようです。 でも、そんなことしたらいわれなき攻撃に屈したことになるんじゃないかとも思います。 この後、子どもと相談したいと思います。 「法的措置を検討」 中学生は取材後の3月4日深夜、Twitterのダイレクトメッセージで筆者に対し、こう述べた。 「なんだか上手いこと言えなかったんですが、今の気持ちをツイしました。 アカウントも消さず、発信していきます。 イジメはアカン。 イジメはアカンという人をいじめるのは、もっとアカンと思います」.

次の

【衝撃事実】望月衣塑子の可愛い画像や夫の仕事について!出身高校や大学はどこ?

望月 い そこ twitter

名前:望月龍平 出身:? 生年月日:? 職業:俳優・脚本演出家 望月龍平さんは18歳で劇団四季に入団しました 「CATS」や「ライオンキング」「美女と野獣」などに出演しました。 2008年の退団までに2500ものステージを踏みました。 退団後も俳優だけではなく、演出家・脚本家などとしても 活躍されています。 現在では「望月龍平のオンラインサロン~真実と目醒め~」 というオンサインサロンも経営されていて 会員総数が1500人なので、かなり影響力の持った 有名な方だということがわかります。 望月龍平の姉は望月衣塑子? 望月龍平さんの姉は望月衣塑子さんなのかについて お伝えしていきます。 望月龍平さんの父親は記者で、母親は演劇関係者だったようです。 望月龍平さんが演劇の道に行ったのは母からの影響のようですね。 また、望月龍平さんには姉がいて、 名前は望月衣塑子(もちづきいそこ)さん 望月衣塑子さんは慶応義塾大学卒業後に中日新聞の 記者として活躍し、政権の中枢に疑問を持って 現在も記者会見などに出席するなどとして 記者として活躍している方です。 スポンサーリンク 望月龍平のツイートがヤバい! 望月龍平さんのツイートについてお伝えしていきます。 阪神もだよ。 こんなのはちょっと調べればもう出てきてるし、それを口にしたところで殺されない有難い時代になった — 望月龍平 RyuheiMochizuki 原爆は落とされたんじゃなく 打ち上げたのです それを爆発させたのは日本ですよ 本当の悪は誰でしょ — 望月龍平 RyuheiMochizuki かなり気になるツイートをしているので、 今日1日だけでもフォロワーが2000人以上増えているようですね。 最近でも人工地震などとネット上で噂されていたり していたので、本当に人工地震が現実味を帯びてきている ような気がします。 まとめ ここまでご覧いただきありがとうございました。 望月龍平さんのプロフィールや姉の望月衣塑子さんなど についてお伝えしてきました。 劇団四季に所属していたということもあり 劇団四季もネット上で話題になっていますね。 今後の望月龍平さんのツイートにも注目です。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

東京新聞の望月衣塑子記者を支援する署名をネットで集めた中2、誹謗中傷に「子どもが何か意見しちゃいけないんだと感じた」

望月 い そこ twitter

こんにちは、豆太郎です! 東京新聞記者で菅官房長官へ鋭く切り込む望月衣塑子(いそこ)さん。 なぜ官邸は東京新聞の望月衣塑子記者を排除しようとしているか。 望月記者が「辺野古に投入されている土砂に、環境に悪影響を与える赤土が入ってる」ことを指摘したため。 業者の仕様書には「沖縄産の黒石岩ズリ」とある。 この追及に菅官房長官はまともに答弁せず、力づくで同記者を外そうとしている。 生の会見の様子を見ることができないので、動画で質問の様子をみると なるほど! と、なぜか納得してしまったんですよね。 なんだか気になるので、調べていくと 望月衣塑子(いそこ)さんのお父様も旦那さんも新聞記者なんです。 二人の子供を持ち、記者として忙しい毎日を過ごす一人の女性。 その視点を忘れずに、 官僚たちと果敢に戦っていく姿に感激してしまいました。 そんな望月衣塑子(いそこ)さんについて調べたことをまとめてみますね。 望月衣塑子(いそこ)の旦那さん 望月衣塑子(いそこ)さんの旦那さんに関する情報は、ネット上にはあまり出てきません。 ただ、全国紙の新聞記者であるという情報はいろんなところに出てきます。 可能性としては、朝日新聞か読売新聞くらいでしょうか。 彼女に関する記事をたくさん読んだ感覚からして、朝日新聞じゃないのかなぁ~と思っています。 その理由は、 望月衣塑子さんが就職するときに、新聞記者だったお父様から 「読売だけはやめてほしい」と言われたそうなので、読売新聞である可能性は低いと(勝手に)想像しています。 だって、お父さんから就職してほしくないって言われた新聞社に勤める彼氏を紹介しづらいですよね。 名古屋に単身赴任している旦那さんは月に2回だけ帰ってくるようです。 ということは、 新聞記者としてフルタイムで働きながら、二人のお子さんの食事や送り迎えなどをしているってことですよね。 新聞記者といえば、朝起きてすべての新聞に目を通し、週刊誌やその他の雑誌も読み、テレビやSNSもチェックするという超多忙な毎日です。 さらに、世間で話題になってから本の執筆や講演会なども行っていますから、ものすごい激務だと思います。 スゴイ人ですよね、いろんな意味で。 なぜ望月衣塑子(いそこ)は「頭がおかしい」と言われるのか? 望月衣塑子(いそこ)さんって本当に「頭がおかしい」のでしょうか? 彼女の質問のことを 「迷惑質問」と呼ぶ人がいるように、確かに質問を受ける側からすると、• 「またメンドクサイことを質問してきたなぁ~」• 「結局、何が知りたいの?」• 「前置きはいいから早く質問しろよー」 こんな印象を受ける質問がほとんどです。 「頭がおかしい」と言われるのは、質問の中に過激な意見が加わったり、話が非論理的だったりするからでしょうね。 しかし、よ~く質問を聞いてみると、あることがわかりました。 政治問題も含めてニュースって、ちょっと見ない間にどんどん話が進んでいって、話についていけなくなります。 だから、彼女は前提・文脈がわかるような質問をしているんですね。 実際に彼女はインタビューでこう答えています。 菅さんからコメントを引き出すだけじゃなく、なぜそういうことを聞いているのかを含めて文脈が伝わるように質問しています。 彼女が質問している内容について、これまで何も知らなかった人でもわかるようにしているんですね。 信憑性の低い週刊誌などの内容をベースに質問していたのも一般大衆・生活者目線を忘れずに、普通の人たちが気になることをズケズケと聞いてくれている。 そんな印象を受けますね。 次の本のタイトルは、「空気を読まないチカラをつける方法」にしてほしいな~。 1975年生まれ。 東京学芸大学附属高校出身で、慶応義塾大学卒です。 東京新聞の社会部記者として、2017年の夏頃から注目を浴び始めました。 彼女の四半世紀を綴ったと言われる『』という題名の本では、どのような経緯で新聞記者になり、いまの「評判」を得るようになったのか、その過程を知ることができます。 不透明な日本の政治に鋭く切り込んでいくママ記者をこれからも応援したいと思います!.

次の