コード ギアス r2 打ち 方。 コードギアスR2 CCver.スロット新台解析、攻略、天井ハイエナ、ボーナス重複、小役確率など

コードギアスR2 CCver.スロット新台解析、攻略、天井ハイエナ、ボーナス重複、小役確率など

コード ギアス r2 打ち 方

目次(クリックでジャンプ)• フェイクリプレイ C. を狙った場合はC. リプレイはMB後のRT50G中のみ出現し 出現時は無限RT昇格が確定 C. リプレイ成立時の押し順別での停止出目 C. リプAならボーナス確定(停止型は同様) 上段にC. 図柄を狙い C. 図柄テンパイ時は右リールにもC. 図柄揃い C. 図柄を狙い C. 図柄テンパイ時は右リールにもC. 図柄揃い C. 図柄テンパイハズレ C. リプ(C. リプ(C. 揃い)出現でBIG確定 C. リプA~C 14. リプD 93. フェイクリプ 99. リプA~C+BIG 14. リプD 93. フェイクリプ 99. リプA~C 14. リプD 93. フェイクリプ 0. フェイクリプ+ボーナス 99. 図柄を狙うと獲得枚数が少なくなる可能性あり C. 揃いでボーナスor C. リプAならボーナス確定(停止型は同様) 上段にC. 図柄を狙い C. 図柄テンパイ時は右リールにもC. 図柄揃い C. 図柄を狙い C. 図柄テンパイ時は右リールにもC. 図柄揃い C. 図柄テンパイハズレ C. 公式サイト.

次の

コードギアスCC(シーツー)

コード ギアス r2 打ち 方

有効ラインは中段・右上がり・右下がりの3ラインのみ。 これはとても重要なので必ず頭に入れておきましょう。 一般的な5ラインと違い、上段・下段ラインは無効です。 中リールは中段だけが有効ラインなので、上段まで引き込める範囲で押しても取りこぼしてしまいます。 小役狙いやボーナス最速揃えの際は、これを考慮する必要がありますね。 では次いでリール配列を見てみましょう。 ・左リールは赤7と白7、白7と青7がそれぞれ近い。 ・中リールは赤7と青7が比較的近い。 ・右リールは赤7と白7、白7と青7がそれぞれ近い。 これらが最速揃えのヒントになります。 なお、中リールは青7と白7も近いですが、有効ラインは中段だけなので、両方の7絵柄を1度にフォローすることは不可能です。 手順の途中で小役が揃ったら、同じ手順を再度実践してください。 左リール第1停止の小役狙いでチェリーが停止したら、必ず右リールにチェリーを狙いましょう。 揃いとの同時当選 ギアスBB・ハイパーBB ノーマルBB確定 ロングフリーズ発生時はギアスBB確定で、スイカやC. 揃いとの同時当選は全てノーマルBB以上確定となっています。 スイカやC. 揃いから煽りが始まったら、MBの可能性はナイと覚えておきましょう。 もちろんリプレイが揃ったら、同じ手順をもう1度繰り返しましょう。 なお、ボーナス成立後のリプレイ確率はGRT中のリプレイ確率より低いので、GRT中は逆にハズレが頻発するとボーナスを期待できます。 ここから逆押し小役狙いを紹介していきます。 まずはメリット・デメリットから。 「右チェリー」だということを忘れ、右リールを適当打ちしてしまうのが原因です。 従来のシリーズも右チェリーであれば反応できるけど…もう立派なオッサンですわ。 これから紹介する手順なら、俺みたいなうっかりオッサンでもチェリーこぼしを防げます。 ただし、リプレイの種類は判別不可になるので注意。 現状、判別の必要はなさそうですが、もし「ギアスリプレイの同時当選確率に設定差が判明」なんてことになったら、大人しく機種ページの小役狙い手順を実践しましょう。 とりあえず「ラクに打ちたい」という方に向けた手順です。 揃いからのGBB出現率 高設定ほど優遇 RT50G中の無限RT昇格確率 高設定ほど優遇 ベルカウンタ・最上位ケタが奇数(10、30、70など)時 カード表示抽選 設定 基本カード 合算 チャンスカード 合算 1 75. 7 8. 0 9. 3 9. 2 10. 0 11. 2 12. 4 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - 1. 12~ 99. 6 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - - 11. 8 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - - 100. 9 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 0. ゼロ部屋演出 7. ルーレット演出 34. 図柄が揃った場合はBB濃厚 C.

次の

コードギアスR2 CCver.スロット新台解析、攻略、天井ハイエナ、ボーナス重複、小役確率など

コード ギアス r2 打ち 方

有効ラインは中段・右上がり・右下がりの3ラインのみ。 これはとても重要なので必ず頭に入れておきましょう。 一般的な5ラインと違い、上段・下段ラインは無効です。 中リールは中段だけが有効ラインなので、上段まで引き込める範囲で押しても取りこぼしてしまいます。 小役狙いやボーナス最速揃えの際は、これを考慮する必要がありますね。 では次いでリール配列を見てみましょう。 ・左リールは赤7と白7、白7と青7がそれぞれ近い。 ・中リールは赤7と青7が比較的近い。 ・右リールは赤7と白7、白7と青7がそれぞれ近い。 これらが最速揃えのヒントになります。 なお、中リールは青7と白7も近いですが、有効ラインは中段だけなので、両方の7絵柄を1度にフォローすることは不可能です。 手順の途中で小役が揃ったら、同じ手順を再度実践してください。 左リール第1停止の小役狙いでチェリーが停止したら、必ず右リールにチェリーを狙いましょう。 揃いとの同時当選 ギアスBB・ハイパーBB ノーマルBB確定 ロングフリーズ発生時はギアスBB確定で、スイカやC. 揃いとの同時当選は全てノーマルBB以上確定となっています。 スイカやC. 揃いから煽りが始まったら、MBの可能性はナイと覚えておきましょう。 もちろんリプレイが揃ったら、同じ手順をもう1度繰り返しましょう。 なお、ボーナス成立後のリプレイ確率はGRT中のリプレイ確率より低いので、GRT中は逆にハズレが頻発するとボーナスを期待できます。 ここから逆押し小役狙いを紹介していきます。 まずはメリット・デメリットから。 「右チェリー」だということを忘れ、右リールを適当打ちしてしまうのが原因です。 従来のシリーズも右チェリーであれば反応できるけど…もう立派なオッサンですわ。 これから紹介する手順なら、俺みたいなうっかりオッサンでもチェリーこぼしを防げます。 ただし、リプレイの種類は判別不可になるので注意。 現状、判別の必要はなさそうですが、もし「ギアスリプレイの同時当選確率に設定差が判明」なんてことになったら、大人しく機種ページの小役狙い手順を実践しましょう。 とりあえず「ラクに打ちたい」という方に向けた手順です。 揃いからのGBB出現率 高設定ほど優遇 RT50G中の無限RT昇格確率 高設定ほど優遇 ベルカウンタ・最上位ケタが奇数(10、30、70など)時 カード表示抽選 設定 基本カード 合算 チャンスカード 合算 1 75. 7 8. 0 9. 3 9. 2 10. 0 11. 2 12. 4 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - 1. 12~ 99. 6 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - - 11. 8 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - - 100. 9 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 0. ゼロ部屋演出 7. ルーレット演出 34. 図柄が揃った場合はBB濃厚 C.

次の