映画 ガン ファイター。 ガン・ファイター : 作品情報

映画『ガン・ファイター』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

映画 ガン ファイター

ストーリー [ ] 鉄道も引かれ、近代化していくテキサス州の街コットンウッドスプリングス。 銃の腕は立つが昔気質の保安官フランク・パッチ()は、街の人々から疎ましく思われ始めていた。 ある日フランクは、酔った勢いで馬小屋から彼を闇討ちしてきたルーク・ミルズを、正当防衛で撃ってしまう。 ところが、ルークの妻のローリー()はかつてフランクの恋人だったため、逆恨みで射殺したのだと、あらぬ噂を立てられてしまう。 企業を誘致して街の近代化を目論む街の市議たちは、これ幸いと前時代的なフランクに保安官から辞めるように通告するが、フランクは了解しない。 彼は20年前に銀行が襲われて人質まで取られたときに事件を解決し、口約束だが「好きなだけ保安官をしてくれ」と頼まれていたのである。 怒ったフランクは、約束を反古にしようとする市議の一人、アンドリュー・オクスリー( を殴り倒し、皆を威嚇してその場を立ち去っていく。 一方、大勢の人前でフランクに顔を殴られながらも抵抗できなかったアンドリューは、息子のウィルから「恥だ」となじられてしまう。 傷心のアンドリューは、ライフルを持ち、街中でフランクを狙撃しようとするが、正面から彼を撃つだけの勇気もなく、追い詰められて自殺してしまう。 ますますフランクを見る周囲の目は冷たいものとなっていき、彼に負い目のある市議たちは、ルーク殺人の告訴という形をとって郡保安官のルー・トリニダッド()を呼び寄せる。 メキシコ人であるルーは、かつて差別もせずに自分を引き立てくれたフランクに恩義があり、むしろ身勝手な市議たちから彼を守ろうとしてフランクに退職を勧め、街を離れるように説得する。 しかし頑固なフランクはルーの言葉に耳を貸さず、あまつさえ彼に暴力まで振るってしまう。 自分の短気もあって四面楚歌になったフランクは、意を決して恋人のクレア・クィンタナ()に結婚を申し込み、式をあげる。 だが、父の敵を討とうと決心していたウィルが、フランクに睨みを効かされて不満を持っていた酒場の店主レスター()とその仲間三人に煽られ、とうとうライフルを手にする。 ウィルは、クレアの部屋で待ち伏せして倒そうとするが、逆にフランクに撃たれてしまう。 父とフランクの間には何かあると疑っていた瀕死のウィルに明かされたのは、臆病にみえた父と自分にまつわる過去。 そして一人泥を被ってきたフランクの生き様であった。 ウィルをたきつけたレスターたちは、自らフランクを殺そうと攻撃をしかけてくる。 フランクは傷を負いながらもレスターたちを倒し、牢に放り込んだ。 手足に銃弾を受けていたフランクだったが、自らの行為にけじめはつけねばならぬと、引き止めるクレアを振り切って ルークの葬儀中の教会に赴き、祈りを捧げる。 だが教会を出たところで、建物の屋上から自分に向けられた大勢の住民の銃口に気付く。 不条理な運命を受け容れるかのごとく、フランクは道の真ん中を歩き続け、ついには何発もの銃弾を浴びて最期 を迎える。 クレアは喪服に身を包み、列車に積み込まれたフランクの棺と共に街を去っていった。 この節のが望まれています。 フランク・パッチ - ()• クレア・クィンタナ - ()• レスター・ロック - ()• エドワード・ローゼンブラム -• アンドリュー・オクスリー -• ローリー・ミルズ -• アイヴァン・スタネック -• チェスター・セイヤー -• アダムズ - スタッフ [ ]• 監督名義:アラン・スミシー• 監督:リチャード・トッテン、ドン・シーゲル• 脚本:ジョセフ・カルヴェリ• 撮影:アンドリュー・ジャクソン• 編集:ロバート・F・シュグリュー• 音楽: アラン・スミシー [ ] 本作の撮影中に主演のリチャード・ウィドマークと監督のの意見が対立したため、監督がに代わった。 しかし、どちらも名前がクレジットされることを拒否したため、架空の名前である「」が監督としてクレジットされた。 以降、その偽名は2000年に使用停止されるまで、アメリカ映画でトラブルがあった場合にクレジットされる偽名として使われ続けた。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

ガン・ファイター(1961)

映画 ガン ファイター

1961年製作 アメリカ映画: Robert Aldrich 監督の異色西部劇 昔、私の中学校時代に田舎で兄と一緒に映画館で見た映画です。 カーク・ダグラスが自ら歌う主題歌の「Pretty little girl in the yellow dress」(黄色いドレスの少女)も良い曲。 主演: Rock Hudson 、 Kirk Douglas 他 あらすじ: ・流れ者のガンファイター(カーク・ダグラス)がメキシコの牧場に流れ着く。 その牧場で牛群を運ぶカウボーイとして雇われる。 そこへ妹の亭主を殺された保安官(ロック・ハドソン)が追いかけてきたが、逮捕するのは牛群を目的地へ運んでからということで妥協し二人ともカウボーイとして働く。 ・南軍の退役軍人であった牧場主は南軍時代の出来事が原因で酒場でトラブルになり死亡する。 ・牛群を運ぶ旅の途中で女牧場主は保安官を愛するようになる。 その間、ガンファイターと女牧場主が昔は恋人同士だったことが語られる。 一方、女牧場主の一人娘はガンファイターを愛するようになり目的地へ牛群を運んだ後で、二人で「駆け落ち」しようと約束する。 ・目的地へ着いた時、娘がガンファイターと恋に落ちて駆け落ちする事を察知した女牧場主がガンファイターに対して娘の出生の秘密を明かす。 IMDB Internet Movie Database 「」(原題:最後の夕日) Youtubeにある黄色いドレスの少女の挿入歌 Youtube画面右下のCCをクリックすれば日本語・英語歌詞を表示できます) ー普通は最後まで書かないですが,48年前の映画ですから秘密を書きます。 ー ・娘は元恋人同士だった二人の間の子供であることが女牧場主の口から語られる。 実の父親に対して娘が愛情を抱くのは当然だとも。 ・ガンファイター(カーク・ダグラス)と保安官(ロック・ハドソン)は約束どおり決闘するが、ガンファイターは倒れる。 保安官が近寄ってガンファイターのを見ると、そこには、弾丸が最初から装填されていなかった。 何も撃たれて死ぬことはないではないか。。 と観客は思うし、善人役のロック・ハドソンが悪者に思えてしまいます。 しかし、自ら死を選ぶということは、やはりガンファイターと一人娘の間には死に値する何かがあったのかなあ。。 ということを想像させます。 あのギリシア悲劇「」を想像するにかたくありません。 ロック・ハドソンが本来の左利きで拳銃を握ることやデリンジャー拳銃で決闘することが珍しく感じられました。 西部劇の傑作だと思うのですが、長らくDVDが発売されず、ようやく昨年、この「The Last Sunset」を含んだ「ロックハドソン・スクリーン伝説コレクション」というDVDがアメリカで発売され、日本でも2009年の夏に本作品が発売予定ですね。 ・゜゜・。。 ・゜゜・。。 ・゜ このブログがお気に召したらクリックをして下さい ご面倒でなければこちらも.

次の

映画 ガン・ファイター The Last Sunset (1961)

映画 ガン ファイター

ガン・ファイターの紹介:1961年アメリカ映画。 ハワード・リグスビーの小説『Sundown at Crazy Horse』を原作に製作された西部劇です。 流れ者の殺人犯、殺人犯を追う保安官、殺人犯のかつての恋人の三人の微妙な三角関係、そして保安官と殺人犯との対決を描きます。 ガン・ファイターのネタバレあらすじ:起 メキシコ。 そのオマリーはメキシコ国境付近に牧場を構えるジョン・ブレッケンリッジ(ジョセフ・コットン)の元を訪れていました。 あいにくジョンは不在であり、代わりにジョンの妻ベル(ドロシー・マローン)と娘メリッサ(キャロル・リンレイ)がオマリーを出迎えました。 実はベルはオマリーのかつての恋人でした。 オマリーは牧童頭のミルトン・ウィング(レジス・トゥーミー)から町で人を捜している男がいたことを告げられました。 その夜、オマリーはベルと寄りを戻そうとしますが、ベルはジョンのことも考えて自制しました。 翌日、ジョンが牧場に戻ってきました。 ジョンはこの地を捨てて一家と共にテキサスへの移住を考えており、1000頭の牛を連れて行くための人出が必要だったのです。 そのことを聞いたオマリーは、牛の5分の1とベルをもらうという条件で手伝うと持ち掛け、話半分に聞いたジョンもオマリーを雇うことにしました。 ガン・ファイターのネタバレあらすじ:承 ストリブリングはオマリーに追いつき、彼に逮捕状が出ていることを知らせますが、この場ではオマリーを逮捕することができません。 余裕の表情を見せるオマリーに、ストリブリングはテキサスに着いたらオマリーを逮捕することにしてジョンに雇われることにしました。 ストリブリングはベルに、オマリーは危険人物だと警告しました。 翌日、ジョン一行はテキサスを目指して牧場を出発しました。 途中でトレス・サントスの町に立ち寄ったジョンでしたが、いつまで経っても帰ってきません。 ストリブリングはジョンの様子を見にオマリーと共に町に向かいますが、元南軍兵士だったジョンは同じ元南軍兵と酒場でトラブルとなって射殺侮辱されてしまいます。 一行はジョンを埋葬し、引き続き旅を続けました。 ガン・ファイターのネタバレあらすじ:転 ストリブリングの妹はオマリーに夫を殺された後に首吊り自殺を遂げていたのです。 そのことを恨み続けてきたはストリブリングはオマリーに殴りかかりますがベルに制止されました。 ストリブリングはこの時ベルに惹かれ始めており、彼女に自分を頼って欲しいと告げました。 翌日、一行の前にジョンに雇われたというフランク(ネヴィル・ブランド)とエド(ジャック・イーラム)のホッブス兄弟とジュルスバーグ・キッド(ラッド・フルトン)いう三人組が現われました。 一行は三人を仲間に入れて旅を続けますが、キッドはベルに近づこうと目論んでいました。 その日の夜、オマリーのベルへの変わらぬ想いを知ったストリブリングはベルに結婚を迫りました。 翌日、オマリーはその場に現われた先住民を射殺してしまい、一行は襲撃の危機に見舞われましたが、ストリブリングは先住民の仲間たちにオマリーの受け取る分の牛を渡すことでその場を収めました。 その後、かねてから牛を奪うつもりだったホッブス兄弟とキッドがベルとメリッサに襲い掛かり、ストリブリングとオマリーはホッブス兄弟とキッドを倒してベルとメリッサを助けました。 オマリーの目には、ストリブリングがベルを助けたことで彼女の愛を手に入れてしまったかのように写りました。 ガン・ファイターの結末 目的地が近づき、一行は野営地でパーティーを開くことにしました。 メリッサはかつてベルが着ていた思い出のドレスに身をまとい、その光景にオマリーは思わずベルの面影を見て驚いてしまいます。 メリッサはオマリーに想いを伝え、オマリーも彼女の愛を受け入れようと決心しました。 翌日、ストリブリングとオマリーは目的地で仕事を終えた後の夕暮れ時に決闘で決着をつけることにしました。 ベルはストリブリングにかつて自分はオマリーと愛し合っていたことを明かし、オマリーの助命を嘆願しましたがストリブリングは聞き入れませんでした。 ベルはオマリーに逃げるよう説得、メリッサは実はオマリーの娘であることを明かしました。 深く衝撃を受けたオマリーは動揺を隠せず、メリッサにもし自分が死んだら他の男と結ばれるよう伝え、夕陽が沈んだら二人で旅立とうと約束しました。 そして夕暮れ、ストリブリングとオマリーは決闘の場に向かいました。 ベルやメリッサが駆け付けた時には既に勝負はついていました。 オマリーを倒したストリブリングは、彼の愛用の銃に弾が入っていなかったことに気付きました。 メリッサはオマリーの遺体を抱き寄せて涙しました。 以上、映画「ガン・ファイター」のあらすじと結末でした。

次の