全日本 ジュニア クラシック 音楽 コンクール。 第34回審査結果|全日本ジュニアクラシック音楽コンクール Junior Classical Music Competition in Japan

日本のバイオリンコンクール<難易度:高め>

全日本 ジュニア クラシック 音楽 コンクール

バイオリンを本格的にやっているなら、バイオリンコンクールは受けてみたいですよね。 バイオリンコンクールは、客観的に自分の実力を点数で判断してもらえるので、自分の実力が世間的に見てどんなものなのか知る、良い機会です。 「音楽は芸術なんだから、点数をつけるべきじゃない」 という意見はもっともなのですが、実際には実力差があります。 「ナンバーワンよりオンリーワン」 は所詮きれいごとで、 皆が求めるのはクオリティーの高いナンバーワンなのです・・。 日本で受けられるバイオリンのコンクールは 仙台国際音楽コンクールは、日本一レベルが高く、予選に出ること自体が困難です。 まず録画審査があります。 そして予選、セミファイナル、ファイナルです。 一位は賞金が300万円出ますが、とにかく出場者のレベルが半端なく高いので、一位を取るのは超天才でないと無理です。 1回ミスすると、ほぼ取り返しがつかない感じですね。 日本音楽コンクールで入賞する人が、予選で落ちるようなコンクールなのです・・。 世界三大コンクール<チャイコフスキー・エリザベート(ショパンはピアノだけ)>の入賞者が、仙台に入賞するようなコンクールです。 しかもこのコンクールは3年おき!! 毎年開催ではない、コンクールなのです。 日本音楽コンクール 日本音楽コンクールは、毎年開催の、非常にレベルが高いコンクールです。 15〜29才の人が受けられます。 毎日新聞が主催する「日コン(にちこん)」と呼ばれるコンクールです。 一次予選を通過できるのならば、日本でトップクラスの実力がある、といって良いでしょう。 芸大生でも、ほとんどの子は一次で落ちます。 三次予選まで残るのは、化け物クラスですね。 三次を通過したら、最後の本選(オーケストラ伴奏)です。 日本音楽コンクールは厳しいコンクールです。 あの会場の冷た〜い雰囲気が、受験者を鍛えてくれます。 高校生が上手いと、大学生は存在価値すら危ぶまれるので、精神的にきつくなります(笑) 最近の若い子たちの活躍は凄まじい。 素晴らしい才能に頭が下がります。 全日本学生音楽コンクール 全日本学生音楽コンクールは、毎日新聞が主催する、小学4年生から高校生までが受けられるコンクールです。 日本音楽コンクールの学生版です。 予選・本選<地区大会>・全国大会があります。 本選では、東京・大阪・北九州・名古屋の4つの地に分かれて、1〜3位を決めます。 本選の上位成績の11人〜13人を集めて、全国大会を行います。 「毎コン(まいこん)」 「学生コン(がくせいこん)」 などと呼ばれています。 上の世代の方は、日本音楽コンクールのことも「毎コン」と呼びますね。 全日本学生音楽コンクールで本選に行ければ、音高・音大受験への道は明るいんじゃないですかね。 日本音楽コンクールの、学生バージョンです。 学年トップレベルでないと、本選にすら行けません。 本選の次は全国大会があります。 中学や高校で全国1位をとったら、次は日本音楽コンクールが視野に入ります。 つまり、それだけ難しいコンクールだということです。 東京音楽コンクール 東京音楽コンクールは、そんなに歴史の長いコンクールではないですが、 今では 傑出したレベルの高さを誇るコンクールです。 日本音楽コンクールと同等くらいに厳しいコンクールになりました。 バイオリン部門というものがなく、弦楽部門なので、ビオラやチェロの上手い子とも闘わなくてはなりません。 本選に残るのが、バイオリン3人、ビオラ2人、チェロ2人、といった具合に配分されますから、バイオリンの中で上位2番に入っていないと本選に残れません。 才能のあるビオラ奏者にとっては、実力を試す絶好の場です。 本選に残れれば、オーケストラと共演できます。 非常に厳しいコンクールですが、受ける価値のあるコンクールです。 日本クラシック音楽コンクール(通称クラコン) クラシック音楽コンクールは、音高音大受験をされる方におすすめです。 クラシック音楽コンクールは 「クラコン」と呼ばれます。 幼児・小学生低学年・小学校中学年・小学校高学年・中学生・高校生・大学生・一般の部 とあり、年齢は3歳から受けられます。 予選・本選・全国大会から成ります。 本選は下手でなければ誰でもいけるのですが、全国大会に行くのは、ある程度実力がないと難しいです。 音大・音高受験をするなら、クラコンで全国を目指しましょう。 桐朋や芸大に行きたいなら、クラコン全国大会に行けないと、無理です。 クラコンも、受けておくと良いコンクールです。 宗次エンジェルヴァイオリンコンクール 宗次(むねつぐ)エンジェルヴァイオリンコンクールも、激烈にレベルの高いコンクールです。 昔は「フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス・コンクール」というコンクールでしたが、名前を変えて、名古屋で開催されています。 1位から3位までは、2年間バイオリンが貸与されます。 1位はストラディバリウスが貸与されます!! 3位もプレッセンダが貸されます! 1位をとっているのは、玉井菜採先生や、樫本大進、瀧村依里、などです。 優勝者を見るだけで「ウッ!」となります(笑) 3人とも世界レベルのバイオリン奏者です。 ストラディヴァリウスは、人を選びますからね。 comの教材.

次の

日本のバイオリンコンクール<難易度:高め>

全日本 ジュニア クラシック 音楽 コンクール

佐谷葵 斑鳩町教育長賞・聴衆賞 アマチュアステージピアノ小学校3,4年生部門第1位 Q,コンクール参加のきっかけ あをによし音楽コンクールへは、前回に引き続き2度目の参加でした。 奥谷先生をはじめ、関係者の方々がとても親切に、困っていたらすぐに声をかけてくださいます、とても素敵なコンクールです。 Q,受賞の感想 アマチュアステージピアノ小学校3,4年部門第1位、斑鳩町教育長賞、聴衆賞をいただけて、大変嬉しいです。 今回の2曲は、とても難しかったので、直前まで思うように演奏出来ず、苦労しました。 次は、もっと頑張ります。 Q,あなたにとっての音楽とは? 自分でピアノを演奏することはもちろんですが、色んなジャンルの音楽を聞くことも大好きです。 コンクールでは、他の出場者の演奏も聞いています。 言葉で思いを伝えることが、恥ずかしく苦手なのですが、ピアノを演奏する時には、自分の伝えたい思いが、のびのびと表現出来るように思います。 Q,コンクールのエピソード 補助ペダルを設置してくださる先生が、足を痛めておられましたが、娘のために頑張ってくださいました。 おかげで、いつも通りに演奏出来たようです。 ありがとうございました。 Q,今後チャレンジしたいこと いつかオーケストラと共演してみたいと思っています。 学校での合唱ピアノ伴奏もチャレンジしてみたいです。 Q,その他PR 第50回カワイ音楽コンクール 飛び級 銀賞、第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会第6位審査員賞、第5回あをによし音楽コンクール小学校1,2年部門第1位・3,4年部門 飛び級 第1位・ジュニアピアノ部門総合第1位・ジュニア準グランプリ・聴衆賞、第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール本選銀賞全国大会第2位、第51回カワイ音楽コンクール 飛び飛び級 1位金賞、第6回あをによし音楽コンクール小学校3,4年部門第1位・斑鳩町教育長賞・聴衆賞、第28回日本クラシック音楽コンクール本選優秀賞全国大会第5位受賞。 花岡順子氏に師事。 ・受賞者の声 あをによし音楽コンクールは、とてもあたたかいふんい気です。 本番は少しきんちょうしますが、落ち着いていつものえんそうが出来るので、大好きなコンクールです。 表しょう式とひろうえんそう会を今から楽しみにしています。 株式会社桶谷ホールディングス• カゴヤ・ジャパン株式会社• 大和大学• ア・コルト音楽プロデュース (元家永音楽事務所内)• 器まつもり• 学校法人誠華学園 せいか幼稚園• 株式会社エヌ・アイ・プランニング• 株式会社ハンナ• 株式会社ミュージックプラザ• 株式会社ユーロクラシクス• カワイ梅田• 岸野弦楽器工房• 島村楽器株式会社• ティアイメディカル株式会社• 天理楽器• 株式会社 奈良祥樂• 古川皓一バイオリン工房• フジエダ珈琲株式会社• 斑鳩町建設業協会• 斑鳩町指定給水装置工事事業者組合• 斑鳩町排水設備指定工事事業者組合• 田村歯科• 金子匡視• 奥谷美喜子 協力.

次の

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール Junior Classical Music Competition in Japan

全日本 ジュニア クラシック 音楽 コンクール

この節のが望まれています。 主に: 情報の追加 ( 2019年2月)• 1984年 第 01回• 1985年 第 02回• 1986年 第 03回• 1987年 第 04回• 1988年 第 05回• 1989年 第 06回• 1990年 第 07回• 1991年 第 08回• 1992年 第 09回• 1993年 第10回• 1994年 第11回• 1995年 第12回• 1996年 第13回• 1997年 第14回• 1998年 第15回• 1999年 第16回• 2000年 第17回• 2001年 第18回• 2002年 第19回• 2003年 第20回• 2004年 第21回• 2005年 第22回• 2006年 第23回• 2007年 第24回• 2008年 第25回• 2009年 第26回• 2010年 第27回• 2011年 第28回• 2012年 第29回• 2013年 第30回• 2014年 第31回• 2015年 第32回• 2016年 第33回• 2017年 第34回• 2018年 第35回• 2019年 第36回.

次の