ポケモンパーティ構築。 【ポケモン剣盾】パーティの構築方法と初心者が知るべきこと【ポケモンソードシールド】

【USUM】第2回GameWith杯の上位者パーティ解説&紹介【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモンパーティ構築

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

【ポケモン】勝てるパーティー構築のやり方、基本【超初心者向け】

ポケモンパーティ構築

パーティ構築 ポケモンバトルにおいて、パーティ構築は根幹といっても過言ではない。 絶対に勝てるパーティは存在しないが、その勝率を上げるために「強いパーティ」の組み方は存在している。 勝ちパターンを作る 対戦初心者のトレーナーが陥りやすい失敗例として、自分のやりたいことばかりを優先し、勝ち筋を消すということがある。 勝ち筋が消えてしまっては、勝てるものにも勝てなくなり悪循環に陥る。 自分のパーティがどういった相手に弱いのかを分析することで勝ちパターンが見えてくる 勝ちパターンの一例 勝ちパターンとして考えることは、対想定敵をなににするのかという点である。 攻撃性能の高いポケモンを選出する• 相手の弱点を突けるように技範囲を広げ、相手のHPを削り取る• 耐久に優れたポケモンで相手の攻撃による被害を最小限に抑え、ダメージレースで優位に立つ 交換を意識したパーティ構築 ポケモン大戦における大きな特徴として交換がある。 交換は基本的な読みあいであり、勝利に直結する重要な要素でもある。 交換のタイミングや、目的などはパーティによって変わってくるが、必ず1回は受けで出すポケモンが出てくる 交換時は、相手に無条件で行動をさせるので、パーティのタイプが偏ったり、耐久力の低いポケモンばかりでパーティを組んでるとダメージレースで勝てない パーティを組むときは相性補完に優れたパーティを組むことを心掛ける 素早さを意識したポケモン バトルでは「すばやさ」が1でも高ければ、確実に先手を取ることができる 先制できれば、相手の行動に影響されずに行動できるので、高火力の技を撃ち一撃 確1 で相手を倒したり、「つるぎのまい」や「りゅうのまい」を積んで次のターンに備えることができる。 バトル後半で素早さの高いアタッカーが相手のポケモンを抜きさって勝つということもよくあるため、素早さは最も重要なステータスと言われている。 はじめのうちは素早さのステータスが最低でも178以上 最速110族以上 のポケモンを1体は加えるとよい。 バトルにおける代表的なパーティの種類 対面構築 タイマン性能が高いポケモンで対面から1匹で1匹以上倒す立ち回りを目指す構築である。 できるだけ交換は行わず、目の前の相手を倒すことを優先する。 攻撃技の範囲を重視することが多く、対面のポケモンだけを考えて立ち回れるので初心者向け構築である。 対面構築の長所• 運用方法がわかりやすいため、対戦初心者でも扱いやすい• 何もできずに負けることが少ない• 短時間で決着がつきやすい 対面構築の短所• 相手の弱点を突けないと火力が発揮しづらい• 相手を倒しきれないと、逆に倒されてしまう可能性が高い• 相手の場にいるポケモンに対して有利なポケモンを繰り出し、ダメージレースで勝利することを目標とするパーティ構築である。 積極的に交換を行うことを前提とし、相性補完を重視してパーティを組む。 特定の相手に対して明確に強みをもつポケモンや耐性の優れたポケモンを採用する。 攻撃サイクル 攻撃性能の高いポケモンで固めた対面的サイクル。 数値受けは厳しいのでタイプ受けでのサイクルをする。 攻撃性能を維持しつつサイクルを回すことができ、積みにも柔軟に対処ができる。 相手のサイクルに弱いのが弱点。 サイクル毎に得手不得手のポケモンがいるので、不得手の部分を補完してあげるような形で組んでいくとよい 特に相手の積みエースを処理するようなポケモンを最優先に選んで考えよう。 「つるぎのまい」や「りゅうのまい」など強力な積み技を持つポケモンがエースに採用されやすい。 サイクル構築の派生形ともいわれるパーティだが、極端に防御型サイクルのポケモンを採用している点で差別化となっている。 また、受けループをするために技の選択も重要となってくる。 「おにび」「ステルスロック」「ゴツゴツメット」などの定数ダメージを利用する技や「たまごうみ」「じこさいせい」「やどりぎのタネ」などで耐久をする。 一部のポケモンには特性に対応した「たま」を持たせたりする 例 ポイズンヒールもちのグライオンにどくどくだまを持たせるなど 受けループの利点• 読みの依存性が少ない• 受けループの特徴は、高耐久のポケモンで有利対面を維持し続ければ読みという運要素は減る• 対策してないと突破できない• 受けループ対策をしてないPTだとそのまま受けループされ絶対に勝つことができない 受けループの欠点• 積み技に弱い• 「りゅうのまい」「つるぎのまい」などを積まれるといくら高耐久であっても1確ないしは2確で落ちる• 交換先からアドバンテージを奪うポケモンに弱い• 物理も特殊もいける型 両刀型 に弱い• 一般的な受けポケモンは防御or特防のいずれかが高い場合が多い。 そのため両刀のゴウカザルなどを出されると回復が追い付かなくなりループできないことがある。 ちょうはつ・アンコールに弱い• 受けループは居座りを前提としてるため、「ちょうはつ」持ちのカプ・レヒレや「アンコール」もちエルフーンなどが受け対策のポケモンとして採用されている.

次の

【ポケモン】勝てるパーティー構築のやり方、基本【超初心者向け】

ポケモンパーティ構築

対戦の基本はパーティ構築と知識! ポケモンバトルの 基礎はパーティ構築する力と知識の2つ!実際の対戦では運も絡んでくるが、この2点を抑えていることが強いプレイヤーの証だ。 上級者がいたら質問しよう 周りにポケモン上級者がいる場合、分からないことがあったらとにかく質問しよう!知識や経験が重要なゲームなので、自己解決するよりも質の高い回答が得られるはずだ。 パーティ構築の基礎 弱点を補完しながら組むと良い パーティ構築の基本は相性補完。 弱点を補いあって隙の少ないパーティを組むことが大事だ。 タイプを統一したパーティの場合、1つの技を連発されてるだけで負けてしまうということもありえる。 相性補完からパーティを組む例 1 が使いたいのでパーティを組み始める 2 ギャラドスの弱点はでんき、いわタイプ 3 でんき、いわタイプに強いを入れる 4 2体ともくさ、こおりタイプの技が等倍 5 3体目として両方半減するを入れる 物理と特殊を両方入れる パーティには物理技を覚えたポケモンと、特殊技を覚えたポケモンをバランス良く編成しよう。 片方の技しか編成していないと特定のポケモンを出されるだけで詰んでしまう。 強いポケモンを使用する 使用率が高く、強いと言われているポケモンは明確な役割を持っていたり、多くの役割をこなせるポケモンが多い。 使われているだけの理由を持っているので、こだわりが無ければ積極的に使うことをおすすめする。 使いたいポケモンは1,2匹に抑える 使いたいポケモンだけでパーティを組むと相性補完が全く出来ていないことが多い。 使いたい枠のポケモンは1,2匹にして、残りは強いポケモンで埋めた方が勝ちやすくなる。 強い人のレンタルパーティから学ぶ Twitterやブログなどで自分のパーティを公開している上級者も多い。 使ったことのないポケモンについて学ぶことも出来るので、強い人が紹介しているパーティをレンタルして勉強するのもおすすめだ。 とにかく対戦をして改善していく パーティが完成したらとにかく対戦してみよう。 対戦しているうちに苦手なポケモンや、あまり使わないポケモンが見えてくるはずだ。 あまり使わないポケモンを苦手な相手への対策ポケモンにすることで、より強いパーティになっていく。 基礎知識を身に着けよう 相性を覚える 画像引用元: 覚えるべきことの中で最も基礎となるのはタイプ相性。 自分のポケモンの得意不得意を分かっていないと正確な判断は行えない。 用語集で言葉を覚えよう 上級者は初心者に全く伝わらない用語を使用して会話していることも多い。 対戦や育成でよく見る単語は用語集で解説しているので、言葉の意味が分からない時は用語集を確認しよう。 相手の行動を予想して、対応できる行動を取るのがバトルの基本だ。 素早さ関係を把握する どちらが先に行動するかが対戦では非常に重要。 素早さの種族値を覚え、どっちが先に行動できるか把握しておこう。 具体的な数値を覚えなくても、どっちが速いかさえ分かっていれば問題ない。 その時点で流行しているポケモンの対策をすることで、勝率を伸ばせる。 流行を把握するにはランクバトルに挑むかSNSなどで情報収集をしよう。 ダメージ感覚を身につける 上級者は、技で発生するダメージ割合を身体で把握している。 過去の対戦で蓄積した経験によるところが大きいので、対戦を重ねてダメージ感覚を身に着けよう。 ポケモン仲間を作る ポケモンは1人でプレイするよりも複数人でプレイしたほうが圧倒的に効率が良い。 厳選1つ取っても2人で違うポケモンを厳選しておけば同じ時間で2種類のポケモンが用意できる。 タイプ相性ではなくポケモン単位で考える 上級者はパーティの補完を考える際にタイプ単位ではなく、ポケモン単位で考える。 このポケモンに弱いから違うポケモンを採用しようと考えられるのを目指そう。 ポケモン単位で考えてパーティを組む例 1 が使いたいのでパーティを組み始める 2 ギャラドスは、などに弱い 3 両方に対抗できるを入れる 4 2体ともに強くない 5 3体目としてを入れる 6 全体的にやに弱い 7 4体目としてかたやぶりを入れる ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の