吉田博

博 吉田

🤟 彫師と摺師を雇いつつも、自らも彫りや摺りの研究を丹念に行った。

16

コラム 週刊YOSHIDA 上田市立美術館 吉田博展

博 吉田

🌭 明治に入ってからの粗雑で野暮な作品でさえも、欧米人が好んで購入し収集しているのです。 水の流れ、移ろう光 吉田博《瀬戸内海集 光る海》木版・紙、大正15 1926 年 吉田博は、明治から昭和にかけて活躍した風景画家だ。 現在まで大切に受け継がれてきた版木は、そんな博の信念を物語っています。

吉田博

博 吉田

🙌 明治美術会に入り、同31年の同会10周年記念展に「雪叡深秋」「雲」などを発表して漸くその名を知られた。 そのため、万が一、贋作を贋作と気づかず吉田博の作品として取引した場合は、 取引に費やした費用は全部無駄になってしまうだろう。

10

MOA美術館

博 吉田

💋 明治32年(1899)、23歳の時、描き溜めた水彩画を携え、1か月分の生活費のみを持って、後輩・中川八郎とともに渡米し、デトロイト美術館等での展示即売会の大成功によって資金を得て、ヨーロッパを巡って 2 年後に帰国しています。

3

ダイアナ妃も魅了した「絵の鬼」に迫る 『生誕140年 吉田博展』をレポート

博 吉田

📲 多岐にわたる主題 吉田博《日本アルプス十二題 劔山の朝》木版・紙、大正15 1926 年 また、幅広い主題にも着目したい。

12

木版画、吉田博 HIROSHI YOSHIDA 鷹島見聞録 新版画

博 吉田

💅 作品の状態は作品の価値に大きく影響するためである。 引用の際は、クレジットを明記ください。 福岡県久留米市に生まれ、少年時代を浮羽郡吉井町(現・うきは市)で過ごす。

2

吉田博 :: 東文研アーカイブデータベース

博 吉田

😚 44 歳で自身の下絵による木版画が出版された後、49 歳にして初めて自身の監修による木版画の作品を 発表し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な木版画技法を統合した新しい木版画の創造をめざしま した。 博は登山そのものを目的としていたのではなく、山々が垣間見せる美しい姿を写生するために登山をするのでした。

13

吉田博 :: 東文研アーカイブデータベース

博 吉田

✋ (品番:YH-213 瀬戸内海「帆船・朝」 (大正15年制作・1926)特マーク サイズ:54. そこで彫師(ほりし)と摺師(すりし)を雇い、自らの徹底的な監修のもとに制作するという、何事も徹頭徹尾こだわる吉田ならではの制作スタイルが生まれました。 本作の隣に版木も展示されており、作品が完成するまでの背景を知ることができるのも見どころだ。 「劔山の朝」は、吉田がたびたび描いた日本アルプスを題材とする作品のなかでも、ひときわ美しい木版画です。

7

没後70年 吉田博展|東京都美術館

博 吉田

👎 (品番:YH-236 瀬田之唐橋 (昭和8年制作・1933)自摺り サイズ:40. そんな博の傍らにはいつも良き相談役として屈強の山男たちが控えていました。

13