ポケモン 無振りとは。 努力値の振り方 (実践編)

【雑記】調整における数値いじりの心得【ポケモンORAS】

ポケモン 無振りとは

Contents• はじめに みなさんは「まじめ・てれや・がんばりや・きまぐれ・すなお」のいわゆる「無補正」の性格を知っていますか? おそらくストーリー中や厳選中に見たことがあるため、ほぼ全員が知っていると答えるでしょう。 では 「実際に対戦で使っていますか?」という質問になるとどうなのでしょう。 おそらく「使ったことがない」「使うわけがない」という意見が多数だと思います。 また、構築記事に突然「無補正」とだけ書かれていても、「なんで無補正なんだ?」と疑問に思われる方がいるかと思います。 そこで、本記事では 無補正性格のポケモンが使われない理由と、 無補正の性格が一番効率の良いステータスになる特別な状況を説明していきたいと思います。 どうして無補正性格が使われないのか? 主に考えられる理由は3つです。 無補正以外の性格のほうが基本的には数値が一番高くなる為 まじめなど無補正以外の性格は、上がりやすい能力(1. 1倍)と上がりにくい能力(0. 9倍)の補正があり、また好きな味・嫌いな味の木の実が存在しています。 注目するのはこの補正です。 例えば種族値が100と均等になっているミュウの場合、どの種族値を尖らせても合計は同じとなります。 ですが、 種族値が均等なポケモンばかりではありません。 例えばヤドラン。 ヤドランは95-75-110-100-80-30という種族値で、Bが110であるのに対してSが30と低いです。 それなら、Bに補正をかけてSを下げる…という工夫をするだけで種族値を最大限活かせます。 表:無補正およびのんきにおける6V個体ヤドランのLv50時実数値(努力値無振り) 性格 無補正 のんき HP 170 170 こうげき 95 95 ぼうぎょ 130 143 とくこう 120 120 とくぼう 100 100 すばやさ 50 45 合計 665 673 2. 補正をかけないと実現不可能な数値がある為 代表的なのは素早さで、「スカーフを持たせて〇〇抜き調整」「最速で〇〇」、他にはSの個体値を0にしてマイナスの補正をかけることでの「最遅調整」といったものです。 表:無補正B振りヤドランとのんきS0B振りヤドラン 性格 無補正 のんき HP 170 170 こうげき 95 95 ぼうぎょ 162 178 とくこう 120 120 とくぼう 100 100 すばやさ 50 31 また、最大火力についても補正がないものとあるものでは単純に1. 1倍も違ってきます。 これは「ちからのハチマキ」や「ものしりメガネ」といったアイテムを常に持たせているかどうかぐらいの差が出ます。 この差を例を出して説明すると意地っ張りサワムラーがHP振りメガガルーラを一撃で倒せるのに対し、ようきサワムラーは50%の確率でしか倒せないと言った違いが出ます。 メガガルーラをどうしても一撃で確実に倒したいという思いがある方にとってはこの差は大きいですよね。 ちなみにサワレヒレのサワムラーはメガガルーラを一撃で倒すことよりも、すいすいキングドラを抜かすことを優先して調整しています。 全てのステータスを使うわけではない為 よくある例が、物理アタッカー(受け)、特殊アタッカーという区別です。 先ほどのヤドランを例にすると、A種族値よりもC種族値のほうが高いため、特殊アタッカーとした方が数字の高さや補正を活かせます。 マイナスの補正もAか、トリックルームを使う前提でSにかけることでポテンシャルを発揮します。 また、ラッキーは種族値が250-5-5-35-105-50という尖った配分になっており、使われる物理技もダメージ固定の地球投げぐらいです。 それなら使われないAにマイナスの補正をかけてしまうのが一般的です。 また、苦手な味の木の実を食べたときに混乱するというデメリットですが、あえて持たせなければ混乱が発動することがありませんので、デメリットとは言い難いです。 無補正の為の条件 では両刀型のゲッコウガなら無補正でも活躍の場があるのでしょうか? 残念ながら、両刀ゲッコウガでもSに補正をかけて、BもしくはDにマイナスの補正をかけた方が強くなります。 理由は1つめの種族値の偏りと、2つめの補正をかけないと実現不可能な数値があるためです。 一般的なゲッコウガは相手の上を取って、畳みかけるポケモンです。 「攻撃は最大の防御」を体現しており、仮想敵がいなければ耐久に割くよりもAやC・Sに割いた方が強くなります。 また、最速でないと上を取れない敵も多く、例えば最速ボーマンダの上を取ろうとすればこちらも最速である必要があります。 以上のことから、無補正でないといけないポケモンは、• 体力・攻撃・防御・特攻・特防・素早さをフルに使うポケモン• なおかつ補正が必要でないが、一定の水準まで必要とするポケモン• それ以外の性格では劣化もしくは実現できない という厳しい3つの条件が課せられます。 本当にそのようなポケモンは存在するのでしょうか? ……… います。 まず1匹目が ランドロスです。 ランドロスというポケモンは、一般的には高いAを活かして物理一本で活躍するポケモンです。 しかし唯一実用的な物理地面技である地震が味方を巻き込む技であるため、打ちたくても使えないという局面がありました。 (今はZ技という方法がありますが) そのため、次点として威力の高い、単体地面技であった大地の力に注目が集まりました。 いわゆる両刀ランドロスです。 以下、実際に自分が6世代で使ったときのデータを引き起こしてきたものです。 (パーティの都合でBを最低限まで落としましたが、これでも問題はありませんでした) 実数値の高さとめざ氷をウリに面接に臨むまじめランドロス君の図 他の性格で無補正のランドロスの配分を再現しようとすると、 しんちょうランドロス(H244 C180 D84) 195-165-110-133-122-111 C-2 S-2 おだやかランドロス(H244 A104 C76 D84) 195-160-110-135-122-111 A-5 S-2 いずれも数値が劣化してしまいます。 では「意地っ張りにすればいいのでは?」という意見があるかもしれません。 ですが、「167-170ギルガルド確定二発」という条件を満たすためにはC135という値が必須となるために、前提条件を満たせていません。 上記の調整は6世代のものなので一考の余地はありますが、無補正ランドロス自体は構築に求める要素によっては採用価値があると思われます。 以下のリンクは無補正ランドロスを採用されたPTの例です。 このように、振り方や調整相手によっては無補正でなければ実現できない場合もあります。 他の例では、 ガルーラも存在しています。 まじめガルーラ メガ前:187-116-100-90-124-104 メガ後:187-146-120-110-144-124 52-4-0-236-188-28 おんがえし がんせきふうじ れいとうビーム だいもんじ メガリザードンYの臆病オーバーヒート上2つ切って耐え れいとうビームで無振りガブリアス 乱数1発(急所考慮して95%) 準速キノガッサ抜き抜き 岩石封じ+おんがえしで無振りカプ・テテフを倒せる 引用元: こちらも、必要な水準を満たそうとした場合に他の性格では実現できないという例です。 他にも、種族値が平たい、一時期噂となったテッカグヤなどが無補正での採用が考えられるポケモンです。 どのような仮想敵を選ぶかによって配分や必要な数値は変わってくるため、まだまだ考える余地があるといえます。 今でも「無補正 ポケモン」で検索すると無補正=弱いというレッテルが貼られていることが多く、ちょっと悲しかったりします。 少しでもレッテルがなくなること、また柔軟な発想に繋がればと思い今回はまじめな(?)記事を書かせて頂きました。 何かの参考になれば幸いです。 他の努力値系おススメ記事.

次の

【ポケモンUSUM】とつげきチョッキニドキングの育成論【電気無効枠】

ポケモン 無振りとは

努力値を振るとき役立つどうぐ どうぐ 効果 パワーウエイト ポケモンに努力値が入ったとき、HPにも努力値が4だけ入る。 パワーリスト ポケモンに努力値が入ったとき、攻撃にも努力値が4だけ入る。 パワーベルト ポケモンに努力値が入ったとき、防御にも努力値が4だけ入る。 パワーレンズ ポケモンに努力値が入ったとき、特攻にも努力値が4だけ入る。 パワーバンド ポケモンに努力値が入ったとき、特防にも努力値が4だけ入る。 パワーアンクル ポケモンに努力値が入ったとき、素早さにも努力値が4だけ入る。 【きょうせいギプス】 どうぐ 効果 マックスアップ HPの努力値を10だけ上げる。 タウリン 攻撃の努力値を10だけ上げる。 ブロムヘキシン 防御の努力値を10だけ上げる。 リゾチウム 特攻の努力値を10だけ上げる。 キトサン 特防の努力値を10だけ上げる。 インドメタシン 素早さの努力値を10だけ上げる。 ドーピング系アイテムの効果があるのは、該当する能力の努力値が99以下のときだけであり、ドーピング系アイテムでは最高100までしか努力値を振ることができません 100を超過した分は効果が出ません。 これらのドーピング系アイテムはデパートなどで1つ9800円で買うことができるので、お金に余裕があるときはこれらのアイテムで努力値を100まで振って、残りの努力値を普通に敵を倒して振ると時間短縮になります。 ポケルスについて 「ポケルス」はポケモンにまれに感染するウイルスです バグ技ではありません。 ゲーム内に公式に存在するウイルスです。 「ポケルス」に感染するとステータス画面に「ポケルス」と表示されます。 治って抗体ができると「ニコニコマーク」が表示されます。 「ポケルス」に感染すると、もらえる努力値が2倍になります。 注意として、ドーピング系アイテムによって得られる努力値は2倍になりません。 また、ポケルスが治って抗体ができると他のポケモンには伝染しなくなりますが、努力値2倍の効果はなくなりません。 ポケルスに感染していると努力値を振る時間が半分くらいで済みます。 必ずしも必要なものではありませんがあると便利なものです。 【どのくらいで治って抗体ができるの?】 手持ちにいるとDSの日付が変わるときに「ポケルス」が治るか決まります。 遅くとも4日経つと治って抗体ができるようです。 また、ボックスに入れておくと日付が変わっても「ポケルス」が治ることはありません。 「ポケルス」が治るともう他のポケモンに移すことができなくなってしまうので、感染している状態のポケモンを「ポケルス」保存用としてボックスに入れておきましょう。 これで努力値を振るときに「ポケルス」が必要な場合はいつでもそのポケモンから感染させることができます。 【ポケルスが欲しいんだけど、どうすればゲットできるの?】 上で書いた確率から分かるように、自然に「ポケルス」に感染するのを待つのは効率が悪いです。 「ポケルス」に感染していてまだ抗体のできてないポケモンを持っている友達がいたら、交換してもらいましょう。 Wi-Fi交換掲示板などで「ポケルス」に感染したポケモンをもらうのもいいと思います。 例 チルットに努力値を振ってみよう をしたら、次は努力値を振ります。 ここでは例としてチルタリスを作ることを目標に、個体値厳選してタマゴ技「フェザーダンス」を覚えたチルットに努力値を振ってみます。 このチルタリスは特殊耐久型に育てたいので、 努力値は全部で510だけ振れますが HPに252、特防に252だけ努力値を振ります。 このことを「極振り」や「全振り」などと呼びます。 HPと特防に252だけ振ると、510に到達するためにはあと6の余りがあるので、ここは素早さにでも振っておきます。 このことを「6振り」や「4振り」などと呼びます 6振っても4振っても差は2なのでステータスの差には表れません。 努力値を6だけ振っても、ステータスにして1程度しか反映されません。 しかし、もったいないので何かに振っておきましょう。 さて、実際にチルットに努力値を振ります。 産まれたてのチルットはレベル1で弱いため自分で敵を倒すことができず面倒なので、タマゴ技「フェザーダンス」を忘れないように気を付けながら、育て屋に預けて適当にレベルを上げます。 レベル10~20くらいになればよいと思います。 チルットに「ポケルス」を感染させます。 手持ちに「ポケルス」感染中のポケモンを入れ、その前後にチルットをおいて1~3回野生ポケモンとバトルをこなせば感染するでしょう。 このときはまだ努力値を振らないのでチルット以外のポケモンで戦います。 HPに努力値を振ります。 201番道路 DP・Ptの場合 に行き、「パワーウエイト」を持たせたチルットでビッパを倒します。 ビッパを1匹倒すごとに、10だけHPに努力値が振れるということです。 倒すと、そのとき他の能力に努力値が振られてしまいます。 このようにしてビッパだけ倒し終えたら、HPに努力値を252振ったということになります。 次に、特防に努力値を振ります。 どこかの水道 メノクラゲが出ればどこでもよい に行き、「パワーバンド」を持たせたチルットでメノクラゲを倒します。 メノクラゲを1匹倒すごとに、10だけ特防に努力値が振れるということです。 ただ、野生で出現するメノクラゲはレベルが高いものもおり、育成中のポケモンでは倒すことができない場合もあるので、交換用に他の強いポケモンを連れて行きましょう。 先頭でチルットを出し、メノクラゲに遭遇したらすぐに交換して別のポケモンで倒しても、努力値に問題はありません。 経験値は半分になりますが、努力値は半分になりません このようにしてメノクラゲだけを倒し終えたら、特防に努力値を252振ったということになります。 今、チルットはHPに252、特防に252だけ努力値を振りました。 合計で510にするにはあと6だけ振れるので、素早さに6振ります。 201番道路へ行き、「パワーアンクル」を持たせたチルットでムックルを1匹倒します。 本来ならムックル1匹倒すとこの努力値10が素早さに振られますが、合計510をオーバーした分の努力値はたまらず、6だけ振られることになります。 HG・SSならフスベシティの北東の民家でもらえます。 BWではリボンはもらえませんが、ソウリュウシティの北の民家にいる女性から「ものすごくがんばったのね!」と言ってもらえます。 このリボンは、努力値を最大 510 まで振ったポケモンだけがもらえるリボンです。 つまり、努力値をため終わった印です。 これをもらったら、あとは目標レベルまでレベルをどのように上げてもかまいません。 努力値は既に最大まで振られているので、別のポケモンを倒しても他の能力に間違って努力値が振られてしまうということもありません。 四天王を倒すもよし、「ふしぎなアメ」で一気に上げるもよしです。 産まれたてのチルットはレベル1で弱いため自分で敵を倒すことができず面倒なので、タマゴ技「フェザーダンス」を忘れないように気を付けながら、育て屋に預けて適当にレベルを上げます。 レベル10~20くらいになればよいと思います。 HPに努力値を振ります。 201番道路 DP・Ptの場合 に行き、「パワーウエイト」を持たせたチルットでビッパを倒します。 ビッパを1匹倒すごとに、5だけHPに努力値が振れるということです。 倒すと、そのとき他の能力に努力値が振られてしまいます。 このようにしてビッパだけ倒し終えたら、HPに努力値を252振ったということになります。 次に、特防に努力値を振ります。 どこかの水道 メノクラゲが出ればどこでもよい に行き、「パワーバンド」を持たせたチルットでメノクラゲを倒します。 メノクラゲを1匹倒すごとに、5だけ特防に努力値が振れるということです。 ただ、野生で出現するメノクラゲはレベルが高いものもおり、育成中のポケモンでは倒すことができない場合もあるので、交換用に他の強いポケモンを連れて行きましょう。 先頭でチルットを出し、メノクラゲに遭遇したらすぐに交換して別のポケモンで倒しても、努力値に問題はありません。 経験値は半分になりますが、努力値は半分になりません このようにしてメノクラゲだけを倒し終えたら、特防に努力値を252振ったということになります。 今、チルットはHPに252、特防に252だけ努力値を振りました。 合計で510にするにはあと6だけ振れるので、素早さに6振ります。 201番道路へ行き、「パワーアンクル」を持たせたチルットでムックルを倒します。 なので、このムックルを2匹だけ倒します。 HG・SSならフスベシティの北東の民家でもらえます。 BWではリボンはもらえませんが、ソウリュウシティの北の民家にいる女性から「ものすごくがんばったのね!」と言ってもらえます。 このリボンは、努力値を最大 510 まで振ったポケモンだけがもらえるリボンです。 つまり、努力値をため終わった印です。 これをもらったら、あとは目標レベルまでレベルをどのように上げてもかまいません。 努力値は既に最大まで振られているので、別のポケモンを倒しても他の能力に間違って努力値が振られてしまうということもありません。 四天王を倒すもよし、「ふしぎなアメ」で一気に上げるもよしです。 参考:ポケモンを何匹倒したかカウントする方法 努力値を振るときは同じポケモンを何匹も倒さないといけません。 しかし、同じポケモンばかりを倒す作業を繰り返していると、今まで何匹倒したのか分からなくなってしまい、努力値がどれくらいたまったのかも分からなくなってしまうことがよくあります。 ポケモンを倒すごとにメモを取り、「正」の字などでカウントしていくのも一つの手ですが、単調作業なのでメモすることすらもうっかり忘れてしまったりします。 そこで何匹ポケモンを倒したかということを、「技の残りPP 使用回数 でカウントする」という方法がよく取られます。 例えば、チルットのHPに努力値を振るときは、上の説明にあるように、「パワーウエイト」を付けてビッパを50匹倒し、その後「パワーウエイト」を外してビッパを2匹倒す必要があります。 ポケルスに感染していない場合 このとき、チルットが最大PP35の「つつく」のみを使って一撃でビッパを倒していけば、「つつく」の残りPPが0になったとき、ビッパを35匹倒したということが分かります。 技の残りPPが0になったら、ポケモンセンターで回復して、また「つつく」を使ってカウントします。 これで252貯まったことになります。 ただし、残りPPを使って倒したポケモンの数をカウントする方法にはいくつか注意点があります。 要するに「一撃必殺」で倒せないと、1PP=1匹というのが分かりにくくなってしまうということです。 2PP=1匹でもよいのですが、ときどき急所に当たって一撃で倒してしまったりするとカウントが面倒になります。 努力値を振るために倒すポケモンのレベルが高かったり、こちらが覚えている技がショボかったりすると一撃で倒せなかったりするので、努力値を振る前にある程度レベルを上げておく必要がある場合もあります。 この場合、敵を倒してレベルを上げると努力値が入ってしまって計算が面倒になるので、「ふしぎなアメ」や育て屋を使うことをオススメします。

次の

努力値の振り方 (実践編)

ポケモン 無振りとは

輝石で使うならここをどうカバーするかですね。 ・特攻83 補正あり極振り 148 補正なし無振り 103 下降補正 個体値0 79 ある程度火力もあるので、確定2調整くらいなら出来そう。 ちなみに、無補正で努力値76 実数値113 の冷凍ビームでH4ドラパルトが確定2です。 ・特防113 補正あり極振り 181 補正なし無振り 133 輝石を持たせればヌメルゴンより特防方面固くなります。 当然 シングルで輝石で使うならHDの特殊受けが強そう。 相手に出来ることないけど。 ・素早さ60 最速 123 無補正無振り 80 最遅 58 最速スカーフで184。 なんと最速エルフーンと同速! ちなみに最遅で最遅バンギラス-1です。 ヘドロばくだん 10万ボルト りゅうのはどう みずのはどう 冷凍ビーム 等から3つ。 受け出す前提なので交代先に負荷をかけられる、というか追加効果を押し付けていける技が良いと思います。 ・シングル前提。 僕はシングルの戦い型を全く理解してないので、普通にもっと強い型があるはず。 シングルの仮想敵がわからなすぎる。 意地っ張りA252ミミッキュの珠じゃれつくは耐えれますが、ゴーストにカウンターは効きません。。 あとの技はいつもの嫌がらせ技。 前述の通りスカーフ巻くことで最速エルフーンと同速になるのでそこそこ早い。 育成終わったので追記しました。 ただ、輝石がある分ヌメルゴンとは多少差別化出来る部分もあるので、もっと強い型や面白い使い方があるという方は是非教えて下さい! おわり。

次の