えい らく ドラマ あらすじ。 大ヒット時代劇ドラマ「瓔珞<エイラク>」番外編、いよいよNetflixで配信スタート|レコードチャイナ

瓔珞(中国ドラマ)のあらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

えい らく ドラマ あらすじ

中国の数多くのアワードで 最優秀ドラマ賞等 36部門を制覇! 中国版エミー賞と呼ばれている 国劇盛典にも 4冠に輝く! ドラマ部門総再生回数が 180億回越えという人気ドラマ!! 清王朝の最盛期の時代に陰謀が渦巻く後宮で女官から皇后へと成り上がっていく 痛快歴史エンターテインメントです。 王朝内にある刺繍工場で働く女官の 魏瓔珞(ぎえいらく)は周りの人たちからの虐めをもろともせず、一生懸命働いていました。 何故王朝内で働き始めたかというと、それは宮中で殺された 姉の 死の真相を掴むため。 死んだ姉の遺品の中から皇后の弟、 富察傅恒(フチャふこう)の持ち物が見つかります。 瓔珞は犯人だと思い、傅恒への復讐の念を燃やします。 妃嬪たちの権力争いに巻き込まれていく瓔珞は、聡明さを皇后である 富察容音(フチャようおん)に認められ侍女へとなり、富察傅恒へと接近していきますが、段々と惹かれあっていく2人。 それと同時に 乾隆帝(けんりゅうてい)(愛新覚羅弘暦)からも好意を向けられていく・・・。 元々持ち合わせている正義感と頭の良さで数々の試練を乗り越えていきます。 それは宮中で 謎の死をとげてしまった姉の死の真相を突き止めること。 なぜお姉さんは死んでしまったのでしょうか・・・? 姉の死の真相を探っていくと、皇后の弟である 富察傅恒の持ち物が姉の遺品の中から見つかります。 瓔珞は一気に疑いの目を傅恒へと向け、 復讐してやろうと怒りを募らせます。 瓔珞は傅恒へとむけて疑いの目を向けます。 一方で妃や女官たちからも瓔珞の聡明さが妬まれ、 様々な虐めや陰謀が企まれます。 たとえ上の人であってもめげたり、泣き寝入りをしないことから首を絞められたり、沢山の女官たちに囲まれて脅されることもあります。 なんだか小学生のようなことをしていますね・・。 清王朝が280年続くのですが、その中で最盛期を築いた方です。 たくさんの妃嬪がいた皇帝として有名で、正室の富察と一緒に秀女を探そうとします。 そんな乾隆帝(愛新覚羅弘暦)も瓔珞の逞しさに 惹かれていき、 瓔珞を皇后の座へとのし上げてあげようと持ち掛けます。 瓔珞に後ろから抱きしめられて、乾隆帝もドキドキしています。 瓔珞からは姉の仇と疑われます。 瓔珞との逢瀬を重ねていく傅恒。 でも瓔珞は乾隆帝からも愛されている身です。 乾隆帝(愛新覚羅弘暦)から多くの愛を受けていましたが、 身ごもった子供を亡くしてしまい失意の底にいました。 また瓔珞の飛びぬけた聡明さに心を奪われ、 彼女を侍女へと昇格させます。 刺繍工房の女官だった瓔珞が皇后の侍女へとなっていくなんて・・・。 後に悲劇の皇后へとなる 悲しい運命をたどります。 同じ時期に嫁いできたはずの高寧馨のほうが位が高い貴妃として選ばれ、長い間乾隆帝(愛新覚羅弘暦)にお仕えしているのにまだ妃の位なのです。 輝発那拉淑慎は母親からも位が低いことから 家が繁栄しないと怒られます。 その上乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は紫禁城から輝発那拉淑慎がいる承乾宮(しょうけんきゅう)に顔を出そうともしません。 可愛そうな妃です。 乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は皇后と一緒に秀女を選んでいます。 年齢16歳の納蘭淳雪が現れ、あまりの 可愛さにハッと息をのみます。 あんなに可愛い女の子だからしょうがないですね。 すると納蘭淳雪の耳に 3つの耳飾りがついていることに気が付きます。 「その耳飾りは何なのだ?」と乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は聞くと、 祖先を忘れないように3つの耳飾りをつけるのはしきたりだと答えます。 その答え方が気に入った乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は納蘭淳雪を 後宮の妃として迎え入れました。 なんとかして皇后になりたいがために、 自分の目障りになる人物は様々な手を使ってつぶしにかかります。 秀女選びの際に乾隆帝(愛新覚羅弘暦)からたくさんの寵愛を受ける皇后を目のあたりにしました。 あまりの嫉妬に高寧馨は怒り狂います。 高寧馨はとにかく悔しいのです。 私もこの寵愛を受けたい!!!と思っているのでしょう。 後宮の妃の一人。 皇后にどうしてもなりたい高寧馨と手を組んで、悪事を働いていきます。 その度に瓔珞から命を救われ、 瓔珞のことを信頼しています。 薬で堕胎させられようとしたり、首を絞められて殺されそうになったり高寧馨は様々なことを仕掛けてきます。 珂里葉特阿妍が皇帝の子供を身ごもったときも、なんとかして隠そうとします。 後に皇后と協力して 皇帝殺害の計画を企てるようになる。 紫禁城の太監で、瓔珞の刺繍に魅了されたことから瓔珞と仲良くなります。 傅恒とは仲が良く、友達です。 皇后の富察容音の侍女でお世話をします。 傅恒のことを憧れていますが、同じく富察容音の侍女になった瓔珞に対して ライバル心を燃やします。 皇后富察容音の侍女の一人。 瓔珞を演じたウー・ジンイェンは本作で熱狂的なファンを獲得し、中国のトップ女優の仲間入りをされました。

次の

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~(原題:延禧攻略)」のネタバレ&あらすじ!

えい らく ドラマ あらすじ

全体あらすじ 乾隆六年に魏瓔珞 ウェイ・インロウ (役者は吴谨言)という少女が姉の死の真相を探るために紫禁城に入り、宮女になります。 調査していくと、姉の死因が荒唐な王爷、弘昼に関係あるという事が分かります。 富察皇后(役者は秦岚)は璎珞を心配して彼女を助けます。 皇后の教育の元、魏璎珞は一歩一歩成長していきます。 恨みを捨て、真面目な生活を始めていましたが、皇后が無くなった後、 瓔珞は乾隆(役者は聂远)との誤解を解いていき、妃となり出世していきます。 瓔珞は勇敢で、機転がきき、頭が冴え、懐が広く、宮廷内の様々な困難を解決していき、 最終的には乾隆の令贵妃となります。 瓔珞は亡くなる前、当時の富察皇后が亡くなる時に、乾隆に彼女の事を頼むとを託していた事を知ります。 その望みをかなえて弘历(乾隆)は瓔珞をそばにおいたようです。 乾隆60年、乾隆帝は魏璎珞の息子嘉亲王、永琰を皇太子とし、同時に魏璎珞を懿皇贵妃为孝仪皇后とします。 璎珞は一生をかけてついに、富察皇后との約束を実現します。 とありますが、実はまだ最後まで見てません。 間違ってたら修正します。 清時代という事で男性はみんな辮髪(べんぱつ)なのですが、よく見たら身分の低い女性も後ろは三つ網にしていたようです。 とりあえず重要な役だけ書きます。 WIKIで少し調べて見ましたが、乾隆皇帝の皇后は3人居て、順番に富察(フチャ)、辉发那拉(フイファナラ)、魏(ウェイ)となっているので、それなりに歴史に当てはまった作りの時代劇になっているのではないかと思われます。 あらすじ 1話 绣工として入宮 乾隆六年2月初2、魏璎珞は沢山の宫女と共に入宫します。 面接を受けているときに、その中の一人吉祥が桶をひっくり返し、秀女、乌雅の服を汚してしまします。 乌雅は怒って、吉祥に罰を与えようとしますが、璎珞が乌雅の靴の汚れを生莲の形の足跡が付くように細工して助けます。 一方皇帝は皇后と高贵妃三人で妃の選定を行っていました。 高贵妃は皇后に対しても不遜な言葉や態度をとっていますが、皇后は気にしません。 この時、高贵妃は皇帝を見ると皇帝は皇后しか見ていないので嫉妬します。 乌雅の順番になった時、乌雅の足跡が生莲の形をしている事にみな注目します。 乌雅は得意になりますが、皇帝は怒ります。 そして主人を惑わしたとして直ぐに宮廷から出て行くように命じます。 そして家族荷物身を問うと言います。 待っていた秀女達はビビります。 結局乌雅達と一緒に入ってきた纳兰淳雪だけを残して後は帰らせます。 この時丁度、宮廷内の绣工(刺繍の仕事)の試験が行われていました。 吉祥は乌雅に罰を受け、手が傷ついていたので、布を血で汚してしまいます。 彼女は玲珑に助けを求めますが、玲珑は拒否します。 その時璎珞はまた吉祥を助けます。 そして自分の作品と交換して吉祥は危機を乗り越えます。 二人は友達となります。 感想 感想ですが、普通の後宮ものは妃候補で入ってくることが多いのですが、魏璎珞は普通の绣工(刺繍の仕事)として入ってきました 主役、魏璎珞の中国語の読みはウェイ・インローです。 役者さんは吴谨言(ウー・ジンイエン)で1990年8月16日生まれB型だそうです。 ドラマを見ていると身長小さいのかなと思いましたが、165cmあるようです。 それにしても時代劇の姿は普段着と全然違いますねw ドラマのタイトル「延禧攻略」ですが、延禧(イェンシー)=喜びを迎える.幸福を招くというような意味で、攻略(ゴンリュエ)=日本語そのまま攻略という意味です。 日本で放送されたらどういう名前になるのか分かりませんが。。。。 因みに日本語読みだとギ・エイラクとか? 初回で、最初にインパクトがあったのは高贵妃ですね。 もの凄い傲慢な感じです。 始まり方は甄嬛传と似たような感じでした。 そしてここからどう展開していくのでしょうか?楽しみです。

次の

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」

えい らく ドラマ あらすじ

中国の数多くのアワードで 最優秀ドラマ賞等 36部門を制覇! 中国版エミー賞と呼ばれている 国劇盛典にも 4冠に輝く! ドラマ部門総再生回数が 180億回越えという人気ドラマ!! 清王朝の最盛期の時代に陰謀が渦巻く後宮で女官から皇后へと成り上がっていく 痛快歴史エンターテインメントです。 王朝内にある刺繍工場で働く女官の 魏瓔珞(ぎえいらく)は周りの人たちからの虐めをもろともせず、一生懸命働いていました。 何故王朝内で働き始めたかというと、それは宮中で殺された 姉の 死の真相を掴むため。 死んだ姉の遺品の中から皇后の弟、 富察傅恒(フチャふこう)の持ち物が見つかります。 瓔珞は犯人だと思い、傅恒への復讐の念を燃やします。 妃嬪たちの権力争いに巻き込まれていく瓔珞は、聡明さを皇后である 富察容音(フチャようおん)に認められ侍女へとなり、富察傅恒へと接近していきますが、段々と惹かれあっていく2人。 それと同時に 乾隆帝(けんりゅうてい)(愛新覚羅弘暦)からも好意を向けられていく・・・。 元々持ち合わせている正義感と頭の良さで数々の試練を乗り越えていきます。 それは宮中で 謎の死をとげてしまった姉の死の真相を突き止めること。 なぜお姉さんは死んでしまったのでしょうか・・・? 姉の死の真相を探っていくと、皇后の弟である 富察傅恒の持ち物が姉の遺品の中から見つかります。 瓔珞は一気に疑いの目を傅恒へと向け、 復讐してやろうと怒りを募らせます。 瓔珞は傅恒へとむけて疑いの目を向けます。 一方で妃や女官たちからも瓔珞の聡明さが妬まれ、 様々な虐めや陰謀が企まれます。 たとえ上の人であってもめげたり、泣き寝入りをしないことから首を絞められたり、沢山の女官たちに囲まれて脅されることもあります。 なんだか小学生のようなことをしていますね・・。 清王朝が280年続くのですが、その中で最盛期を築いた方です。 たくさんの妃嬪がいた皇帝として有名で、正室の富察と一緒に秀女を探そうとします。 そんな乾隆帝(愛新覚羅弘暦)も瓔珞の逞しさに 惹かれていき、 瓔珞を皇后の座へとのし上げてあげようと持ち掛けます。 瓔珞に後ろから抱きしめられて、乾隆帝もドキドキしています。 瓔珞からは姉の仇と疑われます。 瓔珞との逢瀬を重ねていく傅恒。 でも瓔珞は乾隆帝からも愛されている身です。 乾隆帝(愛新覚羅弘暦)から多くの愛を受けていましたが、 身ごもった子供を亡くしてしまい失意の底にいました。 また瓔珞の飛びぬけた聡明さに心を奪われ、 彼女を侍女へと昇格させます。 刺繍工房の女官だった瓔珞が皇后の侍女へとなっていくなんて・・・。 後に悲劇の皇后へとなる 悲しい運命をたどります。 同じ時期に嫁いできたはずの高寧馨のほうが位が高い貴妃として選ばれ、長い間乾隆帝(愛新覚羅弘暦)にお仕えしているのにまだ妃の位なのです。 輝発那拉淑慎は母親からも位が低いことから 家が繁栄しないと怒られます。 その上乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は紫禁城から輝発那拉淑慎がいる承乾宮(しょうけんきゅう)に顔を出そうともしません。 可愛そうな妃です。 乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は皇后と一緒に秀女を選んでいます。 年齢16歳の納蘭淳雪が現れ、あまりの 可愛さにハッと息をのみます。 あんなに可愛い女の子だからしょうがないですね。 すると納蘭淳雪の耳に 3つの耳飾りがついていることに気が付きます。 「その耳飾りは何なのだ?」と乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は聞くと、 祖先を忘れないように3つの耳飾りをつけるのはしきたりだと答えます。 その答え方が気に入った乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は納蘭淳雪を 後宮の妃として迎え入れました。 なんとかして皇后になりたいがために、 自分の目障りになる人物は様々な手を使ってつぶしにかかります。 秀女選びの際に乾隆帝(愛新覚羅弘暦)からたくさんの寵愛を受ける皇后を目のあたりにしました。 あまりの嫉妬に高寧馨は怒り狂います。 高寧馨はとにかく悔しいのです。 私もこの寵愛を受けたい!!!と思っているのでしょう。 後宮の妃の一人。 皇后にどうしてもなりたい高寧馨と手を組んで、悪事を働いていきます。 その度に瓔珞から命を救われ、 瓔珞のことを信頼しています。 薬で堕胎させられようとしたり、首を絞められて殺されそうになったり高寧馨は様々なことを仕掛けてきます。 珂里葉特阿妍が皇帝の子供を身ごもったときも、なんとかして隠そうとします。 後に皇后と協力して 皇帝殺害の計画を企てるようになる。 紫禁城の太監で、瓔珞の刺繍に魅了されたことから瓔珞と仲良くなります。 傅恒とは仲が良く、友達です。 皇后の富察容音の侍女でお世話をします。 傅恒のことを憧れていますが、同じく富察容音の侍女になった瓔珞に対して ライバル心を燃やします。 皇后富察容音の侍女の一人。 瓔珞を演じたウー・ジンイェンは本作で熱狂的なファンを獲得し、中国のトップ女優の仲間入りをされました。

次の