ラギアクルス太刀。 【MH4G】4Gで追加された竜人商人の素材交換クエストと作成可能になる武器防具

「狩の極意」ラギアクルス編

ラギアクルス太刀

ラギアクルス攻略 Wiiのモンスターハンター3でラギアクルスを仕留めろ!に挑んでいます。 なかなか彼が倒せません。 武器はフリントポウクです。 これで緊急クエストのラギアクルスを仕留めろ!を受注し彼を倒しに行きます。 まず海で彼を見つけたらペイントボールを投げつけ、彼の腹をフリントポウクでボコボコにします。 彼の体力が落ちてきて彼が陸に上がってきたら、落とし穴、またはシビレ罠を仕掛けて大タル爆弾Gと大タル爆弾を使って彼の体力を削ります。 その後、また彼が海に戻っていったらまたフリントポウクで彼の腹をボコボコにするのですが、もうこの時点で回復薬はほとんどありません。 すぐに3回死んでクエスト失敗します。 何がまずいのでしょうか?やっぱり私の腕前? 補足ちなみに落とし穴のほうは耐性つかないんでしょうか? 大剣は何がおすすめですか?レッドウィング作ろうとしたら火竜の鱗が足りませんでした。 やっぱレウスでてからじゃないとだめなんでしょうか? 火属性武器がハンマー以外ないのであれば使いやすい武器でもいいです 防具は無理に雷耐性はあげなくてもいいかと 防具は防御がとにかく高い装備できればLvMAX 道具は多いですね 使っている間にやられるため・・・丸薬・雷静の種は不必要・罠は耐性もつから1個~2個 でもいい。 回復が無いなら、調合本+薬草+アオキノコで現場調合すれば回復薬が生産できます。 一番のポイントはラギアが怒ったら交戦しないことです。 なんなら一度ベースキャンプに戻って回復した方がいいと思います。 モンハンのソロプレイではモンスター怒時には交戦しないのが基本です。 戻ってきた頃には怒りもおさまってますし。 これだけでダメージは相当減少するハズです。 また、HPが少ない時、陸にあがってチャチャにピンクレバーなどを与えれば高確率で踊ってくれます。 セッティングや熟練度やレベルにもよりますが「回復大」を装備していればだいぶ回復の足しになります。 あと無理にペイントボールを当てる必要は無いと思います。 ラギアの行動範囲は限られていますし、捕獲するなら10で仕掛けるのが確実なので。 シビレ罠は当てるごとに耐性が出来て2回目以降からはシビレ時間が短くなってしまうので、できれば捕獲用にとっておきたいですね。 本来ラギア最初の討伐は大剣が一番楽なんですけどね。 時間がかかってもガードできる便利さはかえがたいモノがありますから。 補足? 大剣はありきたりなモノで十分です。 簡単に作れるのなら族長の大剣ぐらいでいいと思います。 トカゲ素材ですから、太刀があれば一気に倒せますし。 落とし穴は何回使っても同じ効果ですが、麻酔玉が当てにくいのと、モンスターが怒っている時はハマり時間が短くなります。 そのかわり、ハマっている時に閃光弾でピヨらせたり麻痺や睡眠させると相乗効果が出てお得ですね。 火竜の鱗はレウスですねー。 孤島だと崖で卵イタズラしながら待ってれば簡単なんですけど、火山だと連戦するにはキツいかも。

次の

雷剣ラギアクルス ~ 豪雷迅剣ラギアクルス

ラギアクルス太刀

概要・性能• 武器はいずれも全体が 青く染まり、尖った部分や状のパーツは 鮮やかな赤となり美しい。 この赤はどうやらや背電殻、の色らしいが、の角と同じ様に画面上では赤く見えない。 何故武具にした途端ここまで鮮やかに色づくのかは不明である。 ラギアクルス自身がを伴った攻撃を仕掛けてくるのを反映して、 近接武器および弓はどれも雷属性となる。 やゲージも優秀で、単純にとして扱っても遜色ない性能を誇る。 さすがはメインモンスターの武器といったところか。 また、ボウガンも高性能であり、特にのフレームは 神性能と言ってもいいほどだった。 ちなみに、ラギアクルスから作られる槍は であり ではない。 ラギッドランスはから作られる槍であり、 見た目もまったく違うのだが名前が妙に紛らわしいので間違えないようにしよう。 MH3Gでは、素材やの素材を用いて強化された武器も登場した。 なお、亜種素材を用いた武器は、原種武器から直接強化していくことになるが、 希少種武器は武器種によってはから強化していく場合もあるので、 間違えないよう注意しよう。 亜種武器は属性値では希少種武器には劣るものの、物理攻撃力に優れる物が多い。 デザインは基本的に原種武器の色違いであることが多いが、 大剣やランスのように大きく形状が異なるものもある。 一方の希少種武器は、攻撃力こそ亜種武器と比べて若干低めだが、 非常に高い雷属性値を持っている物が多い。 詳細は後述。 初登場したMH3では唯一の雷属性武器であったが、再登場したMH3Gでは、 、、といった雷属性を操るモンスターとその武器が 多数追加されたため、唯一というわけではなくなった。 それでも、攻撃力や斬れ味など総合性能ではこれらのモンスターの武器を上回っているものが多く、 MH3シリーズ初の雷属性武器としての貫禄と存在感を見せ付けたのだった。 …が、他にも雷属性の武器が増えたことで、素材集めの面倒くささが更に露呈する。 とくに総合性能でそこまで引けを取らないは、 素材集めがラギアより圧倒的に楽なので比較されやすい。 レア素材ならまだしも、部位破壊限定かつ確率で入手する角と尻尾を やたら要求されることも多いラギア武器は、 3Gでも作成に手間が掛かる現実を払拭するには至っていない。 確かに総合性能は高いが、飛び抜けて強力というわけでもないため、 作成を後回しにされることもしばしば。 4シリーズにはラギアクルスは登場しないものの、での素材交換を活用することで 全部ではないが多くのラギア武器が続投することになった。 こちらでは、ジンオウガの武器から派生強化して作られることになる。 素材交換になったMH4及びMH4Gでも、生産・強化に必要な素材は相変わらず大変なのが玉にキズである。 上位素材はグラビモス亜種の頭殻、G級亜種素材はリオレウス亜種尻尾が大量に要求される。 クロスシリーズではラギアクルスの復活に伴い無事に続投、新たにチャージアックスが登場した。 性能はおおよそいつも通り、いずれもやや物理寄りの雷属性武器に仕上がっており、 物理特化のラージャン武器とバランスタイプの王牙武器の間辺りのポジションに収まっている。 また大剣や片手剣など過去作で強化と共に見た目変更があった一部の武器種では、 それらが別武器として再設定された。 通常のものをある程度強化したのちに獰猛化狩猟の証などを用いて派生強化することで入手できる。 そのため同じラギア原種武器でも2種類の異なる最終強化先が誕生し、使い分けが可能になった。 MHX時点では新登場のライゼクスやいつものラージャン、キリン、フルフルだけでなく、 二つ名個体も現れたジンオウガまで登場しており、雷は激戦区でラギア武器はやや影が薄かった。 しかしMHXXとなると一転、物理が優勢な環境と武器スペックの特性が噛み合い 多くの武器種で雷属性の中でも最優秀と評されるような武器が多数生まれる事となった。 一部の武器では後述の希少種武器のような長大な白ゲージを持つものも存在している。 MHXRでは特殊種である陸征種が登場。 武器は太刀、片手剣、ランス、ヘビィボウガン、弓、 通常種らを差し置いて新規デザインのアクセルアックスが登場。 この内片手剣は登竜門クエストで入手可能。 また、進化させたランスと非常事態クエストの報酬武器であるヘビィボウガンは覇玉武器となっている。 通常種と亜種で形状の異なっていた武器種は亜種のものが採用されている。 属性は全て土であり、太刀及び片手剣は陸征種の次に実装されたに対して有効な性能を持つ。 なお武器銘はいずれも火成岩の名前を冠している。 希少種武器• MH3Gに登場したラギアクルス希少種の素材を使った武器。 ただし、ボウガン2種は最初からこの名前である。 原種や亜種の武器とは大きく形状が異なる。 デザインが鋭角的になった他、全体が鮮やかなブルーに染まり、 さらに武器の中心部に金色か赤色に輝く謎の発光体のようなものがあることが多い。 最終強化系を亜種の武器と比較すると、攻撃力はやや低めだが、雷属性値がかなり高い傾向がある ただし、中には冥剣雷斧エンシードや冥剣エントラルのように攻撃力が高く属性値が低いものや、 冥刀エンクリシスのように亜種武器のほぼ完全な上位互換となっているものもある。 また、近接武器は斬れ味の白ゲージがかなり長いのが特徴で 一部の武器種では ゲージ全体のほぼ半分を白ゲージが占めるほどである。 例外として、ハンマー、ランス、ガンランスは白・紫ゲージ共にやや短め よってと合わせると長時間の高火力が期待できる。 しかし、製作・強化にはラギアクルス希少種のレア素材「 冥海竜の雷魂」に加えて 「 海竜の蒼天鱗」「 雷狼竜の天玉」「 獄狼竜の天玉」などの 他の大型モンスターのレア素材も必要になってくる。 武器を1つ作るだけでもかなり大変で、複数の武器種を揃えるとなると相当な難易度になる。 また、希少種のクエストを自力で受注できるのはグラン・ミラオス討伐後のHR70になってからなので、 作成できるのはかなり後半となる。 2012年7月13日に「」が配信された。 このクエストはHR8から受注できるので、これにより冥雷の武器をHR70到達前から作成可能になった。 大半の武器はが可能だが、生産には「冥海竜の雷魂」が必要になるので、 強化させて作成するのがおススメ。 強化生産すると雷魂の必要個数を1個に抑えることができる。 ちなみに、大剣、太刀、ハンマー、双剣、ライトボウガンの強化の場合、 何故かラギアクルスの武器からでなく からの派生となる。 弓のみ強化させて作成することはできず、 入手するには一発生産するしかない。 そのため、生産と強化でそれぞれ1個ずつ、 合計2個の雷魂が必要となるので、 他の武器と比べて作成難易度がやや高めである。 逆に片手剣は一発生産できず、どんなに遅くてもネオラギアソードから強化していくしかない。 その場合は蒼天鱗が更に1枚必要になるのだが、下位から強化していくよりはまだマシという話もある。 MH4Gにて、原種亜種と同様にでの素材交換により、 ラギアクルス希少種の素材を手に入れることが出来る。 復活した冥雷の武器は、、冥弩エンプロクスの三種と、 おまけに発掘武器として、 何故かエンクリシスを失ったも登場。 惜しくも全種復活とはならなかったが、この四種の復活は3Gを知るハンターを歓喜させた。 しかし比較的作成しやすい素材交換武器の中では作成難易度がブッチギリに高く、 ラスボス撃破後に戦えるブラキディオス特殊個体の激レア素材「不滅の炉心殻」を必ず要求される。 余談だが、「」という単語は、ラギアクルス希少種が登場する前から、 MHFに登場する関連の用語で使用されている。 モンスターの別名もさることながら、 武器もといった銘をつけられている.

次の

雷剣ラギアクルス ~ 豪雷迅剣ラギアクルス

ラギアクルス太刀

概要・性能• 武器はいずれも全体が 青く染まり、尖った部分や状のパーツは 鮮やかな赤となり美しい。 この赤はどうやらや背電殻、の色らしいが、の角と同じ様に画面上では赤く見えない。 何故武具にした途端ここまで鮮やかに色づくのかは不明である。 ラギアクルス自身がを伴った攻撃を仕掛けてくるのを反映して、 近接武器および弓はどれも雷属性となる。 やゲージも優秀で、単純にとして扱っても遜色ない性能を誇る。 さすがはメインモンスターの武器といったところか。 また、ボウガンも高性能であり、特にのフレームは 神性能と言ってもいいほどだった。 ちなみに、ラギアクルスから作られる槍は であり ではない。 ラギッドランスはから作られる槍であり、 見た目もまったく違うのだが名前が妙に紛らわしいので間違えないようにしよう。 MH3Gでは、素材やの素材を用いて強化された武器も登場した。 なお、亜種素材を用いた武器は、原種武器から直接強化していくことになるが、 希少種武器は武器種によってはから強化していく場合もあるので、 間違えないよう注意しよう。 亜種武器は属性値では希少種武器には劣るものの、物理攻撃力に優れる物が多い。 デザインは基本的に原種武器の色違いであることが多いが、 大剣やランスのように大きく形状が異なるものもある。 一方の希少種武器は、攻撃力こそ亜種武器と比べて若干低めだが、 非常に高い雷属性値を持っている物が多い。 詳細は後述。 初登場したMH3では唯一の雷属性武器であったが、再登場したMH3Gでは、 、、といった雷属性を操るモンスターとその武器が 多数追加されたため、唯一というわけではなくなった。 それでも、攻撃力や斬れ味など総合性能ではこれらのモンスターの武器を上回っているものが多く、 MH3シリーズ初の雷属性武器としての貫禄と存在感を見せ付けたのだった。 …が、他にも雷属性の武器が増えたことで、素材集めの面倒くささが更に露呈する。 とくに総合性能でそこまで引けを取らないは、 素材集めがラギアより圧倒的に楽なので比較されやすい。 レア素材ならまだしも、部位破壊限定かつ確率で入手する角と尻尾を やたら要求されることも多いラギア武器は、 3Gでも作成に手間が掛かる現実を払拭するには至っていない。 確かに総合性能は高いが、飛び抜けて強力というわけでもないため、 作成を後回しにされることもしばしば。 4シリーズにはラギアクルスは登場しないものの、での素材交換を活用することで 全部ではないが多くのラギア武器が続投することになった。 こちらでは、ジンオウガの武器から派生強化して作られることになる。 素材交換になったMH4及びMH4Gでも、生産・強化に必要な素材は相変わらず大変なのが玉にキズである。 上位素材はグラビモス亜種の頭殻、G級亜種素材はリオレウス亜種尻尾が大量に要求される。 クロスシリーズではラギアクルスの復活に伴い無事に続投、新たにチャージアックスが登場した。 性能はおおよそいつも通り、いずれもやや物理寄りの雷属性武器に仕上がっており、 物理特化のラージャン武器とバランスタイプの王牙武器の間辺りのポジションに収まっている。 また大剣や片手剣など過去作で強化と共に見た目変更があった一部の武器種では、 それらが別武器として再設定された。 通常のものをある程度強化したのちに獰猛化狩猟の証などを用いて派生強化することで入手できる。 そのため同じラギア原種武器でも2種類の異なる最終強化先が誕生し、使い分けが可能になった。 MHX時点では新登場のライゼクスやいつものラージャン、キリン、フルフルだけでなく、 二つ名個体も現れたジンオウガまで登場しており、雷は激戦区でラギア武器はやや影が薄かった。 しかしMHXXとなると一転、物理が優勢な環境と武器スペックの特性が噛み合い 多くの武器種で雷属性の中でも最優秀と評されるような武器が多数生まれる事となった。 一部の武器では後述の希少種武器のような長大な白ゲージを持つものも存在している。 MHXRでは特殊種である陸征種が登場。 武器は太刀、片手剣、ランス、ヘビィボウガン、弓、 通常種らを差し置いて新規デザインのアクセルアックスが登場。 この内片手剣は登竜門クエストで入手可能。 また、進化させたランスと非常事態クエストの報酬武器であるヘビィボウガンは覇玉武器となっている。 通常種と亜種で形状の異なっていた武器種は亜種のものが採用されている。 属性は全て土であり、太刀及び片手剣は陸征種の次に実装されたに対して有効な性能を持つ。 なお武器銘はいずれも火成岩の名前を冠している。 希少種武器• MH3Gに登場したラギアクルス希少種の素材を使った武器。 ただし、ボウガン2種は最初からこの名前である。 原種や亜種の武器とは大きく形状が異なる。 デザインが鋭角的になった他、全体が鮮やかなブルーに染まり、 さらに武器の中心部に金色か赤色に輝く謎の発光体のようなものがあることが多い。 最終強化系を亜種の武器と比較すると、攻撃力はやや低めだが、雷属性値がかなり高い傾向がある ただし、中には冥剣雷斧エンシードや冥剣エントラルのように攻撃力が高く属性値が低いものや、 冥刀エンクリシスのように亜種武器のほぼ完全な上位互換となっているものもある。 また、近接武器は斬れ味の白ゲージがかなり長いのが特徴で 一部の武器種では ゲージ全体のほぼ半分を白ゲージが占めるほどである。 例外として、ハンマー、ランス、ガンランスは白・紫ゲージ共にやや短め よってと合わせると長時間の高火力が期待できる。 しかし、製作・強化にはラギアクルス希少種のレア素材「 冥海竜の雷魂」に加えて 「 海竜の蒼天鱗」「 雷狼竜の天玉」「 獄狼竜の天玉」などの 他の大型モンスターのレア素材も必要になってくる。 武器を1つ作るだけでもかなり大変で、複数の武器種を揃えるとなると相当な難易度になる。 また、希少種のクエストを自力で受注できるのはグラン・ミラオス討伐後のHR70になってからなので、 作成できるのはかなり後半となる。 2012年7月13日に「」が配信された。 このクエストはHR8から受注できるので、これにより冥雷の武器をHR70到達前から作成可能になった。 大半の武器はが可能だが、生産には「冥海竜の雷魂」が必要になるので、 強化させて作成するのがおススメ。 強化生産すると雷魂の必要個数を1個に抑えることができる。 ちなみに、大剣、太刀、ハンマー、双剣、ライトボウガンの強化の場合、 何故かラギアクルスの武器からでなく からの派生となる。 弓のみ強化させて作成することはできず、 入手するには一発生産するしかない。 そのため、生産と強化でそれぞれ1個ずつ、 合計2個の雷魂が必要となるので、 他の武器と比べて作成難易度がやや高めである。 逆に片手剣は一発生産できず、どんなに遅くてもネオラギアソードから強化していくしかない。 その場合は蒼天鱗が更に1枚必要になるのだが、下位から強化していくよりはまだマシという話もある。 MH4Gにて、原種亜種と同様にでの素材交換により、 ラギアクルス希少種の素材を手に入れることが出来る。 復活した冥雷の武器は、、冥弩エンプロクスの三種と、 おまけに発掘武器として、 何故かエンクリシスを失ったも登場。 惜しくも全種復活とはならなかったが、この四種の復活は3Gを知るハンターを歓喜させた。 しかし比較的作成しやすい素材交換武器の中では作成難易度がブッチギリに高く、 ラスボス撃破後に戦えるブラキディオス特殊個体の激レア素材「不滅の炉心殻」を必ず要求される。 余談だが、「」という単語は、ラギアクルス希少種が登場する前から、 MHFに登場する関連の用語で使用されている。 モンスターの別名もさることながら、 武器もといった銘をつけられている.

次の