あぐら を かく と 股関節 が 痛い。 あぐらをかくと腰が痛い|股関節まわりの筋肉が緊張しているのが原因

あぐらをかくと股関節が痛みます。普段の生活や歩行では痛みはない...

あぐら を かく と 股関節 が 痛い

梨状筋症候群になると、あぐらをかいた時にお尻や股関節、足などが痛むことがあります。 また、梨状筋症候群の症状が重い場合は、そもそも痛くてあぐらをかくことができないという場合も珍しくありません。 このように、あぐらをかくと痛むとか、痛くてできない状態になってしまうのはなぜでしょうか? 梨状筋症候群は、梨状筋というお尻の筋肉に坐骨神経が圧迫されることで痛みが出るとされます。 では、あぐらをかけないのもこのことが原因なのでしょうか? 梨状筋症候群であぐらをかけない。 この場合、実は神経や骨盤、関節などはほとんど関係ありません。 そのため、神経や関節への治療をしてもあぐらはかけないのです。 では何が原因か?そして、どうすればあぐらをかいても大丈夫な状態になれるのか?などについて解説しています。 あぐらをかけない方は続きをどうぞ。 1 梨状筋症候群であぐらをかけない理由 梨状筋症候群になり、あぐらをかけなくなってしまった。 この理由は、あぐらをかくという動作で梨状筋やその他お尻の筋肉を使うためです。 あぐらをかく動作を股関節の外旋 がいせん と言います。 梨状筋症候群は、梨状筋などの筋肉が固まったことでお尻や足に痛みが出ている状態。 その原因になっている筋肉を、外旋という動作で使うから痛い。 切り傷がある部分を動かすと痛みますよね。 理屈はこれと同じで、固まって痛みの原因になっている筋肉を動かす。 だから痛いとか、そもそもできないということになるのです。 2 神経圧迫とあぐらをかけないことは無関係 梨状筋症候群であぐらをかくとお尻や足が痛むとか、あぐらをかくことができなくなってしまった。 これは、梨状筋によって坐骨神経が圧迫されているからではありません。 梨状筋症候群の痛みは、坐骨神経が圧迫されるためとされることが多いです。 ですが、神経圧迫が原因なら、そもそもあぐらをかこうが、何をしようが常に痛むはず。 ですが、実際にはあぐらをかかなければ痛くないということがありますよね。 つまり、神経圧迫ではなく、固まった筋肉を動かすかどうかが痛みの原因になっているということなのです。 3 あぐらをかくと痛む原因になる筋肉 梨状筋症候群であぐらをかくと痛むとか、そもそもあぐらをかくことができない。 その場合の原因は、神経ではなく固まった筋肉にあるということをお伝えしました。 では、具体的にどこの筋肉が原因になることが多いのかを解説します。 写真をご覧ください。 お尻の筋肉が固まるとあぐらをかけなくなる 股関節周りの筋肉が固まるとあぐらをかけなくなる 2枚の写真にバツ印を付けています。 お尻と股関節周りですね。 右が痛む時は右、左が痛む時は左側でお考えください。 お尻と股関節周りには、梨状筋以外にも、中臀筋、小臀筋というあぐらをかく動作をする際に働く筋肉があります。 それらが固まってしまうと、あぐらをかけなくなってしまうことに。 また、あぐらをかこうとしても、お尻や足に痛みが出て途中までしかできないという状態にもなるのです。 4 あぐらをかけない時にやってはいけないこと 梨状筋症候群になり、あぐらをかけない、あぐらをかくとお尻が痛い。 そんな場合にやってはいけないことがあります。 主にやってはいけないのは次の2点。 筋肉に負荷がかかること• 無理にあぐらをかこうとすること 梨状筋症候群の原因は、神経圧迫ではなく固まった筋肉にあることが大半です。 そのため、例えばウォーキングや筋トレ、その他のスポーツは控えてください。 痛みを我慢しながら動くと、筋肉への負荷がさらに増えることで痛みが増したり症状が長引くからです。 また、あぐらをかくことが途中までしかできない場合、無理に足を開こうとすることも良くありません。 強引に開こうとすると、後から痛みが増すことがあるので注意してください。 5 あぐらをかけない時にはこんなセルフケア 梨状筋症候群になりあぐらがかけない場合に、簡単にできるセルフケアを紹介します。 ただし、やり過ぎないように気をつけてくださいね。 5-1 お風呂で温める 梨状筋症候群は、筋肉が固まったことで痛みや動きに制限が出ている状態。 ですから、お風呂で温めるのは良い場合があります。 お風呂で温めることで筋肉が緩み、その結果として痛みが減ったり動きが良くなる場合があります。 お風呂上がりは少し楽とか、動きが良いという場合は温めてみてください。 ただし、温めることで痛みが増す場合は控えるようにしてください。 温めて痛むのは、炎症による痛みが出ている場合です。 5-2 軽くもみほぐす 筋肉が固まった結果、あぐらがかけなくなったり、痛みが出るのが梨状筋症候群ということはすでにお伝えしました。 ですから、お尻の筋肉を軽くもみほぐすのは良い場合があります。 コリ感を感じる部分を優しく揉んでみてください。 指で揉むと疲れるなら、マッサージ用のボールなども販売されていますので、そういった道具を使うのも良いですね。 お風呂上がりに筋肉を軽く揉んだり、伸ばしたりしてみてください。 ただし、やり過ぎないように気をつけてくださいね。 6 筋肉が原因であぐらがかけない時にはこんな施術もある 固まったお尻や股関節周りの筋肉が原因であぐらがかけない、あぐらをかこうとするとお尻や足が痛い。 そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。 一般的なツボに対する鍼治療とは異なり、固まって痛みや動作制限の元になっている筋肉を直接施術します。 鍼の施術ですから、梨状筋のような体の奥にある筋肉でも直接施術が可能。 固まった筋肉を緩める方法には、薬もありますが、トリガーポイント鍼療法なら直接ピンポイントでの施術ができるのです。 こういう方法もあることを知ってもらえればと思います。 7 梨状筋症候群であぐらをかくと痛む方へ あぐらをかくというと、男性のみの動作に思えますよね。 ですが、股関節を外旋するという動作は女性でも行う動作です。 例えば、ヨガのポーズの1つ、また、スポーツをしている方なら準備体操で股関節を動かすことがありますよね。 つまり、あぐらをかくという動作ができないと、男性でも女性でも困ることが増えてしまうということなのです。 梨状筋症候群で動作に制限や痛みがある。 この原因は、神経圧迫とされがち。 ですが、今回解説してきたように、実際には神経は無関係で筋肉に原因があることがほとんどなのです。 そのため、神経が原因という前提で治療を続けていると、いつまでも痛いし動きも悪いまま。 そんな方にこそ、筋肉が原因ということにも目を向けて欲しいのです。 何でも神経が原因ではありません。 筋肉が原因で強い痛みが出ることもあれば、当然、動作の制限が起こることもあるのです。 股関節を外旋する、つまり、あぐらをかくという動作ができない、やろうとすると痛い。 その原因は、筋肉の場合が大半だということを知ってもらえればと思います。 まとめ• 梨状筋症候群になり、あぐらがかけないとか、お尻や足に痛みが出るのでできない場合、原因は神経ではなく筋肉が固まったことにある場合がほとんど• 梨状筋症候群は梨状筋によって坐骨神経が圧迫されることが原因とされるが、実際には神経はほとんどの場合で無関係• お尻や股関節周りの筋肉が固まってしまうと、動作制限が起こるためあぐらがかけなくなったり、股関節を外旋しようとした時にお尻や足に痛みが出るようになる.

次の

あぐらがかけない原因と股関節が痛い人のための簡単ストレッチ方法!

あぐら を かく と 股関節 が 痛い

梨状筋症候群になると、あぐらをかいた時にお尻や股関節、足などが痛むことがあります。 また、梨状筋症候群の症状が重い場合は、そもそも痛くてあぐらをかくことができないという場合も珍しくありません。 このように、あぐらをかくと痛むとか、痛くてできない状態になってしまうのはなぜでしょうか? 梨状筋症候群は、梨状筋というお尻の筋肉に坐骨神経が圧迫されることで痛みが出るとされます。 では、あぐらをかけないのもこのことが原因なのでしょうか? 梨状筋症候群であぐらをかけない。 この場合、実は神経や骨盤、関節などはほとんど関係ありません。 そのため、神経や関節への治療をしてもあぐらはかけないのです。 では何が原因か?そして、どうすればあぐらをかいても大丈夫な状態になれるのか?などについて解説しています。 あぐらをかけない方は続きをどうぞ。 1 梨状筋症候群であぐらをかけない理由 梨状筋症候群になり、あぐらをかけなくなってしまった。 この理由は、あぐらをかくという動作で梨状筋やその他お尻の筋肉を使うためです。 あぐらをかく動作を股関節の外旋 がいせん と言います。 梨状筋症候群は、梨状筋などの筋肉が固まったことでお尻や足に痛みが出ている状態。 その原因になっている筋肉を、外旋という動作で使うから痛い。 切り傷がある部分を動かすと痛みますよね。 理屈はこれと同じで、固まって痛みの原因になっている筋肉を動かす。 だから痛いとか、そもそもできないということになるのです。 2 神経圧迫とあぐらをかけないことは無関係 梨状筋症候群であぐらをかくとお尻や足が痛むとか、あぐらをかくことができなくなってしまった。 これは、梨状筋によって坐骨神経が圧迫されているからではありません。 梨状筋症候群の痛みは、坐骨神経が圧迫されるためとされることが多いです。 ですが、神経圧迫が原因なら、そもそもあぐらをかこうが、何をしようが常に痛むはず。 ですが、実際にはあぐらをかかなければ痛くないということがありますよね。 つまり、神経圧迫ではなく、固まった筋肉を動かすかどうかが痛みの原因になっているということなのです。 3 あぐらをかくと痛む原因になる筋肉 梨状筋症候群であぐらをかくと痛むとか、そもそもあぐらをかくことができない。 その場合の原因は、神経ではなく固まった筋肉にあるということをお伝えしました。 では、具体的にどこの筋肉が原因になることが多いのかを解説します。 写真をご覧ください。 お尻の筋肉が固まるとあぐらをかけなくなる 股関節周りの筋肉が固まるとあぐらをかけなくなる 2枚の写真にバツ印を付けています。 お尻と股関節周りですね。 右が痛む時は右、左が痛む時は左側でお考えください。 お尻と股関節周りには、梨状筋以外にも、中臀筋、小臀筋というあぐらをかく動作をする際に働く筋肉があります。 それらが固まってしまうと、あぐらをかけなくなってしまうことに。 また、あぐらをかこうとしても、お尻や足に痛みが出て途中までしかできないという状態にもなるのです。 4 あぐらをかけない時にやってはいけないこと 梨状筋症候群になり、あぐらをかけない、あぐらをかくとお尻が痛い。 そんな場合にやってはいけないことがあります。 主にやってはいけないのは次の2点。 筋肉に負荷がかかること• 無理にあぐらをかこうとすること 梨状筋症候群の原因は、神経圧迫ではなく固まった筋肉にあることが大半です。 そのため、例えばウォーキングや筋トレ、その他のスポーツは控えてください。 痛みを我慢しながら動くと、筋肉への負荷がさらに増えることで痛みが増したり症状が長引くからです。 また、あぐらをかくことが途中までしかできない場合、無理に足を開こうとすることも良くありません。 強引に開こうとすると、後から痛みが増すことがあるので注意してください。 5 あぐらをかけない時にはこんなセルフケア 梨状筋症候群になりあぐらがかけない場合に、簡単にできるセルフケアを紹介します。 ただし、やり過ぎないように気をつけてくださいね。 5-1 お風呂で温める 梨状筋症候群は、筋肉が固まったことで痛みや動きに制限が出ている状態。 ですから、お風呂で温めるのは良い場合があります。 お風呂で温めることで筋肉が緩み、その結果として痛みが減ったり動きが良くなる場合があります。 お風呂上がりは少し楽とか、動きが良いという場合は温めてみてください。 ただし、温めることで痛みが増す場合は控えるようにしてください。 温めて痛むのは、炎症による痛みが出ている場合です。 5-2 軽くもみほぐす 筋肉が固まった結果、あぐらがかけなくなったり、痛みが出るのが梨状筋症候群ということはすでにお伝えしました。 ですから、お尻の筋肉を軽くもみほぐすのは良い場合があります。 コリ感を感じる部分を優しく揉んでみてください。 指で揉むと疲れるなら、マッサージ用のボールなども販売されていますので、そういった道具を使うのも良いですね。 お風呂上がりに筋肉を軽く揉んだり、伸ばしたりしてみてください。 ただし、やり過ぎないように気をつけてくださいね。 6 筋肉が原因であぐらがかけない時にはこんな施術もある 固まったお尻や股関節周りの筋肉が原因であぐらがかけない、あぐらをかこうとするとお尻や足が痛い。 そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。 一般的なツボに対する鍼治療とは異なり、固まって痛みや動作制限の元になっている筋肉を直接施術します。 鍼の施術ですから、梨状筋のような体の奥にある筋肉でも直接施術が可能。 固まった筋肉を緩める方法には、薬もありますが、トリガーポイント鍼療法なら直接ピンポイントでの施術ができるのです。 こういう方法もあることを知ってもらえればと思います。 7 梨状筋症候群であぐらをかくと痛む方へ あぐらをかくというと、男性のみの動作に思えますよね。 ですが、股関節を外旋するという動作は女性でも行う動作です。 例えば、ヨガのポーズの1つ、また、スポーツをしている方なら準備体操で股関節を動かすことがありますよね。 つまり、あぐらをかくという動作ができないと、男性でも女性でも困ることが増えてしまうということなのです。 梨状筋症候群で動作に制限や痛みがある。 この原因は、神経圧迫とされがち。 ですが、今回解説してきたように、実際には神経は無関係で筋肉に原因があることがほとんどなのです。 そのため、神経が原因という前提で治療を続けていると、いつまでも痛いし動きも悪いまま。 そんな方にこそ、筋肉が原因ということにも目を向けて欲しいのです。 何でも神経が原因ではありません。 筋肉が原因で強い痛みが出ることもあれば、当然、動作の制限が起こることもあるのです。 股関節を外旋する、つまり、あぐらをかくという動作ができない、やろうとすると痛い。 その原因は、筋肉の場合が大半だということを知ってもらえればと思います。 まとめ• 梨状筋症候群になり、あぐらがかけないとか、お尻や足に痛みが出るのでできない場合、原因は神経ではなく筋肉が固まったことにある場合がほとんど• 梨状筋症候群は梨状筋によって坐骨神経が圧迫されることが原因とされるが、実際には神経はほとんどの場合で無関係• お尻や股関節周りの筋肉が固まってしまうと、動作制限が起こるためあぐらがかけなくなったり、股関節を外旋しようとした時にお尻や足に痛みが出るようになる.

次の

あぐらがかけないほど股関節が固い

あぐら を かく と 股関節 が 痛い

股関節の構造 股関節はボール(大腿骨頭)がソケット(寛骨臼)にはまり込むような構造になっているので、その動きは一方向だけでなく、足を前に出したり(屈曲)、後ろへ伸ばしたり(伸展)、足を組む時のように内側へ回したり(内転)、開脚したり(外転)、内またでペタンコ坐りをしたり(内旋)、あぐらをかいたり(外旋)、分回し運動などが可能です。 骨盤側の関節窩の周りには、関節唇という線維性の軟骨があり、これはボール(骨頭)が埋まる穴(寛骨臼)を深くするために淵に盛る役目をしており、股関節を安定させています。 さらに3つの関節包靱帯が取り巻き、大腿骨頭が脱臼しないようにしています。 そのうちの一つは、人体最強です。 股関節は膝の状態によって曲がる角度が変わってきます。 膝を伸ばした状態だと、足は自力で90度くらい、補助ありで120度くらいまで上がります。 膝を曲げて足を上げると、自力で120度くらい、補助ありで140度くらいまでいきます。 股関節を屈曲させる筋肉は、腸腰筋、大腿筋膜張筋、大腿直筋、恥骨筋、縫工筋などがあります。 これらは体の前側(腹側)に付いている筋肉なので、問題が起こると股関節の前側、太ももの内側、外側、膝の上あたりなどに痛みがでます。 鼡径部が痛くなったり、すねに知覚の異常を感じたりすることもあります。 また、拘縮すると足をうまくあげることができず、つまずきやすくなります。 腰を反らす動作ができなくなったり、反り腰で腰痛になったりします。 股関節の伸展も膝関節の状態によって可動域が変わります。 膝を曲げると、自力で約10度上がります。 膝を伸ばしたままだと、約20度上げることができます。 股関節を伸展させる筋肉は、大殿筋、ハムストリングス(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)、大内転筋、中殿筋、小殿筋といった筋肉です。 これらは股関節の後ろ側(背側)に位置している筋肉なので、問題があると腰痛やお尻、股関節の外側や太ももの後ろ側などに痛みが出ます。 また坐骨神経痛と似たような場所が痛くなるため、間違えやすく、外くるぶしの方まで痛みがでることもあります。 ハムストリングスは太ももの後ろ側にある筋肉なので、拘縮すると膝が伸ばしにくくなったり、前屈(体を前に曲げる)がしにくくなったります。 立位での股関節の外転は、片足立ちで足を横へ上げていくと、30度くらいで骨盤が反対側に倒れていくので、自動的に片足立ちしている側の股関節も外転していきます。 上げた足が90度くらいになっている時は、両足が45度ずつ開いていることになります。 股関節を外転させる筋肉は、大腿筋膜張筋、中殿筋、縫工筋、大腿直筋、大殿筋、小殿筋です。 中殿筋は片足立ちした時に、大腿骨を骨盤にしっかり固定して体が反対側に傾かないようにするので、中殿筋やその他の外転筋が弱くなると、歩くたびに横揺れするような動きになります。 これをトレンデレンブルク歩行といい、マリリンモンローの歩き方で例えられます。 これらの筋肉に異常があると、股関節の外側やお尻、太ももの外側や膝の方まで痛みが生じます。 また腰の下の方、お尻との境目あたりに痛みが起こったりします。 股関節が外転しにくい場合は、靭帯や内転筋の緊張が考えられます。 股関節を曲げて(屈曲)足をクロスさせると、足を組む時の動きになります。 このとき、股関節は大腿骨と骨盤が離れるような力を受けるので、最も弱くなります。 足を組んで座るのは、股関節によくないのです。 股関節を内転させる筋肉は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋、大殿筋です。 これらは太ももの内側にあり、異常があると鼡径部や太ももの内側に痛みが起こります。 股関節を曲げて内側に倒しにくい時は、靭帯の緊張も考えられます。 股関節を伸ばした状態(立位)では、45度まで回せます。 股関節を曲げた状態(仰向け)では、もう少し広がります。 股関節を外旋させる筋肉は、深層外旋6筋というお尻の深部にある筋肉群で、梨状筋、大腿方形筋、外閉鎖筋、内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋があります。 その他、大殿筋、縫工筋、恥骨筋、大腿二頭筋、中殿筋、小殿筋なども作用します。 とくに梨状筋という筋肉は坐骨神経の上を横切るので、坐骨神経痛と同じような場所に痛みを起こすことがあります。 外旋筋の多くは体の後面から側面にありますので、異常があると、股関節の後ろ側や外側、お尻に痛みを感じます。 あぐらをかきにくい、などは靱帯や内旋筋の緊張が考えられます。 股関節の内旋も外旋と同様、股関節を曲げた時と伸ばした時では、可動域が変わります。 股関節を伸ばした状態(立位)では35度~45度、曲げた状態(仰向け)ではもっと広がります。 股関節を内旋させる筋肉は、小殿筋、半膜様筋、半腱様筋、中殿筋、薄筋、大内転筋です。 これらは、お尻の外側から後ろ、太ももの内側から後ろにかけて付いています。 そのため筋肉に異常があると、股関節の外側、鼠径部や太ももの後ろ側や外側、坐骨あたりに痛みが生じます。 女性はペタンコ坐りができたりしますが、股関節にはあまりいい動きではないと思います。 股関節が内旋しづらい場合は、靭帯や外旋筋の緊張が考えられます。 股関節痛の方へ 股関節が硬い、股関節が痛いなどは、主に歩行に影響がでます。 関節が硬いために可動域が小さかったり、痛くないような動きをしたりすることで、日常をやり過ごしてしまいがちです。 ヒトの体は柔軟で、他の場所が動きを負担することで一連の動作ができるようになっています。 股関節の動きが制限されると、腰椎や骨盤がその動きを補い、代償することで歩行を可能としてしまいます。 その結果、腰椎や骨盤への負担が大きくなり、腰痛の原因にもなります。 普段から、足を組んだりする癖があると、股関節は安定を失う状態になっているので、何かのきっかけで痛みが発生してしまうこともあります。 そのような癖は、気を付けることで改善できますし、積み重なって股関節へ影響しないよう、やめるのをおすすめします。 股関節といっても、ぐるりと一周ありますので、どこに痛みや違和感があるかで、施術の内容もかわってきます。 腰や膝との兼ね合いもあり、痛めると他も痛くなる場合もあります。 きれいな歩行は、使うべき筋肉をちゃんと使えて実現できます。 股関節に余計な負担をかけないというのもありますが、見た目の印象も変わる思います。 股関節は場所的にも、女性の施術が安心できるのではないかと思ったりしています。 参考文献 基礎運動学(医歯薬出版) 四肢と脊柱の診かた(医歯薬出版) トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル(医道の日本社).

次の