キャリー・マリスとPCR

マリス キャリー

🌭 今回患者の中の新たな「虫」を発見するために使うと主張している検査は何だろうか?この検査はPCRと呼ばれる。 後の、マリス博士の面白い話はやに譲るとします。

DNAで俗世間を変えた人、キャリー・マリス死す

マリス キャリー

🙏 ポリメラーゼ連鎖反応 PCR 法の開発で知られ、その功績により、1993年にノーベル化学賞及び日本国際賞を受賞した。

7

PCR検査発明者自身が言う「これは感染病診断には使うな」

マリス キャリー

☏ PCR法とは、このDNAポリメラーゼを用いて、指定したDNAを増幅させて、短時間で同じ配列のコピーを大量につくる方法である。

10

DNAで俗世間を変えた人、キャリー・マリス死す

マリス キャリー

🤗 ) アンドリュー・カウフマン氏が この件に言及しているのは以下です。 しかも、感度も極めて高いために、特異度、高感度な病原体検査が理論的には可能のはずです。 あまり何もかもを疑うのはネガティブな人間と言われても仕方がありませんが、「疑う」と違和感を「感じる」は異なります。

20

DNAで俗世間を変えた人、キャリー・マリス死す

マリス キャリー

☏ 細胞が傷つけられただけで、 体内で生産されるという事であれば、 5Gの電磁波でいくらでも人の細胞は 傷つけられるし、あらゆる病気でも 傷ついているでしょう。 なぜならこの研究がありと。 体験した人々は、UFOと思しき発光体や謎の生物らしき存在を目撃した後の記憶がなく、気がつくと自分の部屋にいたり、車を運転していたりと、通常の行為に戻っているケースが一般的だが、マリスが述べる不思議な体験の一部始終とは次のようなものだ。

最近よく聞く「PCR法」って何?基礎の基礎から、その凄さまで解説(ブルーバックス編集部)

マリス キャリー

👈 本日東京PCR検査センター開設説明会を開催。 本人がここまで言っています。 そしてまた、「患者にエボラ、HIV, コロナがいるという確実な科学など ない。