艦これ 梅雨イベ e-1。 艦これ 2020 梅雨・夏イベ E

【艦これ】終わらせようか梅雨イベE

艦これ 梅雨イベ e-1

さて、を観てからひと眠りして、のんびりとE-1攻略を開始。 この時間でようやくの戦闘がE-4-3のラストダンスという状態なので、まだ勢の情報を集めながらです。 まずは輸送ゲージの突破ですね。 MAPはこんな感じ。 輸送量は多いですが、道中、ボス含めてそこまで難しくはありません。 編成 ここは曙と潮に強特効があるので確定として、あとはE-2以降で特効なさそうな艦娘を適当に。 5隻編成でボス最短になります。 睦月と千代田は大発積んで出来るだけ輸送量を上げたいため。 このくらいでS勝利でTP96となります。 なので8回S勝利が必要となります。 ボス撃破 ボスは潜水艦旗艦1隻で残りはなのでA勝利はまずとれます。 出来るだけS勝利を取りたいので、潜水艦を倒しているなら、夜戦も頑張ったほうがいいですね。 とりあえず道中撤退が1回あったくらいでボスマスはS勝利8回続けて無事にゲージ破壊。 回数の都合で時間はかかりますが、特に問題のない難易度ですかね。 さて次はギミック解除と闇薄雲ちゃんとの戦いです。 頑張っていきましょう。 Kircheis-Kancolle.

次の

【艦これ】次イベは過去最多の新規艦✕10隻! あとゼノブレDE本編クリア(2020年)

艦これ 梅雨イベ e-1

ルート ルートは 3戦ルートか4戦ルートのどちらかがおすすめです。 3戦ルートは撤退のリスクを少しでも下げたい人向け、4戦ルートは輸送量を少しでも多く稼ぎたい人向けという感じです。 どちらにもメリットデメリットがあります。 3隻だと万全。 3隻だと万全。 決戦支援も基本的には必要ありません。 kcwiki. E-1甲輸送終了しました。 旗艦睦月(大発3)如月(大発3)那珂(対潜2ドラム缶)潮(対潜2ドラム缶) 叢雲(主砲2ドラム缶)曙(対潜2ドラム缶)でS勝利TP90でしたので、 9回ほどかかりましたがストレートクリアーです。 6隻だとIマス潜水艦戦が増えますがTP量が増えますし3隻先制対潜に すればHマス以外は安定するのでオススメかと。 Hマスは警戒陣で抜け今回支援なしでしたが、9回中事故は雷撃戦2回での中破のみ。 キラ付けすればほとんど回避可能でした。 今考えれば那珂旗艦で主砲2ドラム缶、 叢雲を対潜にすればよかったかもしれません。 ちなみにドロップは神鷹、占守、国後、択捉でした。 これは運改修しとけって ことでしょうか?毎回ドロップは渋いのですが幸先が良かっただけあり逆に 不安を感じますが取り合えず先に進みます。

次の

【梅雨夏イベ】E2 ギミック(甲/乙作戦) 瀬底島、その先へ――【島嶼防衛強化作戦】 | ぜかましねっと艦これ!

艦これ 梅雨イベ e-1

しかし手前のQマスで2隻大破が出たため撤退。 RマスS勝利時は編成を組み直すこととなりました。 要求される制空値がかなり高いため、第1艦隊はほぼ戦闘機を積むことになってしまいました。 高速化が必要なため、戦艦も偵察機と徹甲弾を積ませる事ができず、苦肉の策の瑞雲立体攻撃構成で挑むことに…と、半分ヤケでしたが、発動率も高くて、ザコを沈めるくらいには火力が出るので意外とこれ強かったです。 PTにも当ててくれてました。 第2艦隊は、Dマスの対潜、Lマスの対PTを同時に行ってもらうため、朝潮とタシュケントを起用。 残りは新しい対空の要となったアトランタと、噴進砲改二による航空攻撃無効化を狙って航巡から2隻起用しました。 道中支援 ボスまでは行かないので支援は道中のみ。 さほど強い敵はいないので軽めに出しました。 基地航空隊 片方は潜水マス対策、もう片方はOマスの敵制空削りです。 Oマス 優勢は取れたものの、この先のQマスでタシュケントとアトランタが大破してしまったので撤退。 4:RマスS勝利 Oマス航空優勢が終わったので、Oマスで均衡、Rマスで優勢を取れる程度に制空力を落としても良いと判断し、低速の伊勢・日向をはずして高速の霧島・アイオワを起用。 他は変更なし。 道中支援 基地航空隊 先程撤退したQマスに一つ割きました。 Rマス 問題なく昼で終わりました。 5:Cマス航空優勢・基地空襲防空優勢 ACBDKLルート Cで優勢を取ったあと、Lマスまでを限度として、空襲が来るまで進むつもりでした。 今回はBマスで空襲が来て、ルート追加のあとそのまま出撃終了しました。 正規空母を3隻入れCマスに向かわせました。 第1艦隊の翔鶴は、出撃前はLV29で、あと1戦したら30になるところでしたので、丁度いいやと組み込みました。 基地航空隊 ロケット戦闘機3つと、あとは制空値が高い方から選んで投入。 Cマス 基地空襲 これにてルートギミックは完了したので、ゲージ削りしつつ菱餅任務に入りました。 その様子は次回。

次の