メガネザル 自殺。 メガネザルとは (メガネザルとは) [単語記事]

世界一かわいい動物ランキングTOP15

メガネザル 自殺

ターシャ 世界最小のメガネザル、ターシャ。 ストレスで自殺に走るほど繊細で、近年では絶滅が危惧されています。 そんな彼らに安心して出会える非営利の保護施設を紹介します。 ボホール島を中心に生息するフィリピンメガネザルのターシャ。 成長しても体長はたった10cmほどの手乗りサイズという世界最小級のメガネザルです。 丸くて大きな目と耳がなんとも愛くるしく、首を約180度曲げられるという驚くべき特徴を持っていたりもしますが、実はストレスで自殺を図るほど繊細なのだとか。 近年、絶滅が危惧されています ボホール島にはターシャの保護施設がいくつかあります。 ここでは係員の適切な案内のもと、ターシャを間近で観察できます。 彼らは夜行性ということもありフラッシュ厳禁ですが撮影もできます。 ヨーダやギズモにそっくり! センター内ではターシャの骨格標本などの興味深い資料を展示。 中には映画「スター・ウォーズ」のヨーダなどと、そのソックリ度を比較した写真も。 「グレムリン」のギズモもターシャがモデルといわれているとか。 せっかくターシャに会うなら ちなみにこのセンターは非営利で、入園料はターシャの保護活動に使われるそうです。 しかし、島内には保護センターとは名ばかりの観光施設も。 そこではターシャに触ることができたり、フラッシュOKだったり。 観光客には楽しい場所ですが、ストレスに弱い彼らには適切な環境とはいえないのが実情。

次の

【セブ島】世界1小さいメガネザル!ボホール島に住むターシャを徹底分析!!

メガネザル 自殺

メガネザル ターシャって? 絶滅危惧種にも指定されている世界最小のメガネザル。 ストレスに非常に弱く、木に頭を打ちつけ自殺までしてしまうことで有名。 映画スターウォーズのマスターヨーダのモデルにもなったという可愛らしいお猿さん。 ボホール島 セブ島からフェリーで2時間離れた島。 フィリピンの200ペソ札の裏側に描かれているチョコレートヒルズ(小高い丘)など様々な自然が多く残っている。 タイムスケジュール ホテルへお迎え 宿泊先ホテルまでお迎えにあがります。 (5:15-6:00AM 頃) 詳細な時間はツアー前日にお伝えします。 お気軽にお申し出ください。 Q:バギーは、子供でも乗れますか? A:10歳以上であれば、運転可能です。 9歳以下の方は、二人乗り用バギーで助手席に座ることができます。 《人気ツアー》.

次の

メガネザル

メガネザル 自殺

エントリー付近の水深は2~3mくらい。 海藻が多い場所です。 そこから少し泳ぐと一面枝珊瑚で、その先は沖に向かって砂地のスロープ。 動画は編集の時に彩度が高めになっていてかなり綺麗に見えますが、実際はもう少し透明度が悪い感じでした。 前日から引き続き オウモンカエルアンコウ。 ノバビーチのハウスリーフに居座っております。 こぶし大の大きさで可愛くありません。 主(ヌシ)的な存在なんでしょうか。 顔面拡大写真。 インパクトありますね。 どれが本当の目かわかりますか?? ちょっと気持ち悪いですね・・・。 続いてウミウシ。 たぶん アミメイボウミウシかと。 正面にまわって撮影してみました。 カエルアンコウもウミウシも動きが遅いので写真撮りやすいですね! ただ、マクロレンズじゃなかったのであんまりクローズアップはできていません。 岩陰になが~いヒゲのエビを発見! オトヒメエビです。 どこに焦点を合わせて撮ればいいのかわからなかったのですが、とりあえずツメに合わせてみました。 パングラオ島のエスカヤでダイビング 朝食後、パングラオ島周辺のエスカヤというポイントでこの日2本目のダイビングです。 エスカヤはパングラオ島のリゾートの名前で、その近くのポイントなのでその名前になったそうです。 パングラオ島周辺のダイビングポイントはリゾートの名前が多いそうです。 エントリーしてすぐにちょこちょこ動くヤドカリを発見! よ~く見ると目が細長いんですね。 きょろきょろ周りを見渡してました。 ハタタテシノビハゼもいました。 ホントは2匹いたのですが、離れていたのでアップで撮影すると一匹だけになっちゃいました。 2匹がもう少し近くにいてくれればイイ感じだったのに残念です。 ちなみにハタタテシノビハゼはハウスリーフでもたまにいます。 ニチリンダテハゼよりは見つけづらいのでちょっとした レアキャラです。 パングラオ島のロックビューでダイビング いったんノバビーチに戻って小休憩後、次のポイントへ。 3本目はエスカヤの近くのロックビューというポイントです。 これもパングラオ島のリゾートの名前です。 この時期、唯一カニハゼを見ることができるのがこのロックビューとのことで楽しみにしていたのですが・・・ なんと、なんと、なんと! カメラが故障!! 液晶画面にエラー表示が出て操作できません。 半年くらい前にすこ~し水没したのですが、その影響が今になって出たのかもしれません。 問題なく使えたのでそのままにしていたのですが、レンズを外すと塩がビッシリついていました・・・。 塩を削ってレンズを取り付けてもエラーは消えず。 カメラでの撮影は諦めて、 GoProで動画を撮ることにしました。 動画なのでカニハゼがぴょんぴょん飛び跳ねる様子が分かりますね。 ただ、GoProってあまり接写ができないようで、微妙にピンボケになっています。 カニハゼを鑑賞した直後イカと遭遇。 コブシメかな? 動画を見ると分かるのですが、 体色が背景に合わせて目まぐるしく変化しています。 砂地が背景の時は白くなって、岩のときは黒っぽくなります。 生命の神秘ですね。 動画で撮ったので色の変化がよ~く分かります。 GoProで撮ってて良かった~。 ポジティブシンキング。 ボホール島観光 Nova Beachで車を手配してもらって、ボホール島観光です。 いろいろ巡りますが、メインはターシャとチョコレートヒルズです。 血の同盟記念碑 まずはスペイン人とフィリピン人が乾杯している銅像。 1565年にスペイン人のフィリピン初代総督ミゲル・ロペス・デ・レガスピがボホール島に上陸したとき、島の代表と お互いの血をワインに入れて飲んだそうです。 友好の証でしょうか。 その時の様子を銅像にして再現しています。 バクラヨン教会 続いて、 バクラヨン教会。 ボホール島最古の教会です。 壁を見ると サンゴで作られているのが分かります。 残念ながらこの時は教会の中に入れませんでした。 地震の影響で中が崩れていて危ないとのこと。 現在修復中です。 ターシャ観光 メインの一つ、 ターシャ観察! ボホールのマスコットです。 ターシャ観察区域はパクラヨン教会から少し離れていて、車で1時間くらいです。 ターシャを見れる施設に到着。 ターシャのオブジェが迎えてくれます。 ん??なんか怪しい雰囲気を醸し出してるターシャ像です。 施設の中に入ると さらに怪しいターシャ人形。 ターシャは世界最小のメガネザルで手のひらに乗る大きさですが、この人形の身長は 180cmくらい。 この顔!この表情! いい感じに不気味感が出ています。 映えるのでこの人形と一緒に記念写真をおすすめします。 森の中に小道が整備されていて、そこからターシャを観察します。 ところどころ人だかりができているので、そこにターシャがいます。 観光客が見る方向を追うと・・・ ターシャ発見!! ホント小さいです。 10cmくらい。 可愛いです。 木の枝にしがみついて寝ていました。 こちらのターシャさんもお昼寝中。 ターシャは夜行性なので昼間は基本的に寝ているとのこと。 寝起きのターシャもいました。 うっすら目が開いています。 完全に目覚めると真ん丸で大きな目になります。 ターシャはとても繊細らしく、 強いストレスを感じると木に頭をぶつけて自殺することもあるらしいです。 ターシャがいるポイントには監視員がいるので、大きな声を出したり近づきたりすると注意されます。 静かに観察しましょう。 あまり近づけないので ズームレンズがあると良いかと思います。 上の写真は200mmのレンズで撮っています。 チョコレートヒルズ観光 最後は チョコレートヒルズです。 東京のヒルズのようにビルがあるわけではありません。 200段以上の階段を上るとあたり一面を見渡せます。 強い日差しの中、200段の階段はちょっとつらいですが、 登ってみると絶景! あたり一面に円錐型の丘が点在しています。 1000個以上あるそうです。 丘は少し茶色になっていますね。 気分爽快な景色です。 たくさんの観光客が景色を眺めたり写真を撮ったりしてます。 この丘は珊瑚の石灰岩でできているので木はなく、草に覆われています。 乾季になると草が枯れて茶色の丘にるのでチョコレートヒルズと呼ばれているそうです。 遠くを見るとチョコレートヒル越しのスコール。 雨が降っている様子が分かります。 夕暮れ時のチョコレートヒルも素晴らしい。 帰りはチョコレートヒルズからNova Beachまでまっすぐ車で帰ります。 けっこうガタガタ、グネグネの道を1時間半。 車酔いしやすい方は酔い止めを飲んだ方が良いと思います。

次の