玉川徹 学歴。 【驚愕!】室井佑月の経歴と学歴を調べたらすごかった!在日韓国人の噂は本当なの?

玉川徹のテレ朝の役職は?経歴や学歴が凄い!結婚歴や年収は?|ぺんさんの気になるネタ帳

玉川徹 学歴

— 2019年 5月月18日午前6時39分PDT テレビでみていると コメンテーターと紹介されるので、今までの経歴で 何か有名なジャーナリストだったり、大学教授だったりするのかと思いきや、なんと実は テレビ朝日の社員さんだったのです。 しかも役職もなく 一般社員という事で、非常にびっくりしました。 名刺も『テレビ朝日 玉川徹』。 社内の職制的に言えば、『モーニングショー スタッフ 玉川徹』なんです。 よく番組で『平社員なんです』って言ってるんですけど、感覚的には平社員です」 玉川徹氏の様に 現役正局員がレギュラー扱いでコメンテーターとして出るのは、当然珍しいとの事です。 あの辛口コメントはエンターテイメントとしての演出も当然あるのでしょう! 元々ディレクターの経験もあるので、番組の裏側も知っているからこそ出来るのだと思います。 『社員なのに自由にしゃべってるよ、だったら僕らも自由にしゃべれる』って。 面白いじゃないですか、そういう番組」 羽鳥慎一アナとの上手な絡みは演出として作り上げている部分もあり面白いですね! ここ最近だとテレワークで 下半身がパジャマ騒動があり話題となっていました。 その時の絡みも絶妙でしたね! 玉川徹のテレ朝の経歴や学歴が凄い! — 2018年 5月月9日午後6時03分PDT 1963年に宮城県で産まれます。 高校の 仙台第二高校は偏差値72の所謂エリート校です。 宮城県一番優秀の公立校なので、当然卒業生でも優秀な方が沢山います。 元宮城県知事の浅野史郎氏や 大石武一元農林大臣等の国や都市を動かす人も出身校でした。 高校卒業後 京都大学農業工学科に進学します。 東の東大、西の京大の京都大学なので言わずもがなのエリート大学です。 官僚で出世する為には東京大学か京都大学に行かないとならないと言われている大学です。 玉川徹氏の同級生も官僚になる為に勉強していました。 当時何故官僚になるのか?を同級生に聞くと「 一般人に威張れる。 天下り出来るでしょ?。 」と答えた事が強烈な思い出として残っていて、そこから 今のコメンテーターとしての官僚追及がきているのでした。 その後大学院に進み卒業後、1989年にテレビ朝日に入社します。 エリート街道の玉川徹氏がテレビ朝日に入社するきっかけは「 ドラえもん」「 木曜スペシャル」や 特撮番組をテレビで観るのが好きだったからでした。 入社後はADから始まり、報道局の主任、ディレクターとトントン拍子で出世していき、ディレクターとして関わっていた「 スーパーモーニング」の後期に「 ちょっと待った! 玉川総研」という冠コーナーで リポーターとして出演した事から、現在の羽鳥慎一のモーニングショーのコメンテーターを務める流れとなっていきました。 京都大学のエリートコースを歩んできてTV局に入社するのも珍しいのかもしれませんが、 同級生が官僚にいるからこその発言が出来るのは立派な事ですね。 自由で辛口な意見は様々な意見が出てきますが、学生時代に学んだ努力があるからこそ、芯を持ったコメントとなるのでしょう!当然賛否はありますが、、、。 玉川徹のテレ朝の結婚歴や彼女や年収は? 結婚はしている? 玉川徹氏は 56、7歳(誕生日が未定なのでどちらかです。 )で良い年ですが、結婚していません。 現在独身となっています。 しかし一 度結婚して離婚しているので、バツイチとなります。 玉川徹氏の離婚理由ははっきりわかりませんが、以前番組内で「 家事は一切しなかった。 中途半端に手伝われても逆に女性が困るでしょう。 」とまた 独特な表現で持論を語っていました。 週刊新潮でも結婚したのが28歳位で2年位で離婚だったとインタビューがあったので、前の結婚生活は長くなかったです。 女性が家事をするのが当たり前との見解もあったみたいで、女性からのバッシングが来てもおかしくないコメントが玉川徹氏らしいですね! 玉川徹と美人女医との熱愛騒動 2019年11月に 吉田羊さん似の美人女医との熱愛騒動が話題となりました。 週刊文春での取材で明らかとなりました。 美容外科の女医さんは 「シミ取りのスペシャリストで、本人もとっても綺麗な肌の持ち主。 四十代とは思えないほど若く見える人です。 美人というよりはキュートなタイプ」 と知人から言われる位の美貌で、 甲斐甲斐しく玉川徹氏に尽くしているとの事です。 出会ったきっかけは玉川徹氏が イボの治療で過去に液体窒素で焼き痛い思いを経験し、それ以外の治療法を探していた所光免疫療法という免疫で治す方法があるとの事で、 彼女の勤務する医大に行って出会ったのがきっかけでした。 普段出来ると困るイボですが、当時はその イボに感謝した事でしょう。 当時の取材で同棲して約1年位と答えていたので、現在続いていたとすると1年半位となります。 とにかく 玉川徹氏に優しい彼女で、ずっと一人で生きてきた玉川徹氏にとって大きな支えとなっている様です。 取材された当日のモーニングショーでは羽鳥慎一アナにいじられてしどろもどろになっていて照れていました。 このままいけば結婚もあり得るかもしれないですね! 気になる年収は? テレビ朝日の社員であり サラリーマンであるので年収は公表されていません。 テレビ朝日の平均年収が 1300万で、50代の平均年収が 1500万とのことから推定ではありますが、 1500万以上2000万の間位かと予想します。 コメンテーターとして羽鳥慎一モーニングショーに欠かせないポジションとなっています。 話題性として テレビ朝日も放したくない存在となりましたので、平均以上と推測します。 玉川徹のテレ朝の役職は?経歴や学歴が凄い!結婚歴や年収は?まとめ.

次の

玉川 徹さんのWiki経歴と家族は?岡田晴恵教授の“苦悩”と“掛け合い”は?

玉川徹 学歴

出身地:宮城県 生年月日:1963年(56歳) 職 歴:テレビ朝日報道局 活動期間:1989年 - ジャンル:コメンテーター 配偶者:独身 玉川 徹(たまかわ とおる)さんは、テレビ朝日報道局の局員で『モーニングショー』のレギュラーコメンテーターです。 かつては前身番組でリポーターやディレクターを務めていました。 『ドラえもん』(テレビ朝日制作のアニメ版)、『木曜スペシャル』(日本テレビ制作)、特撮番組などをテレビで見るのが好きであったことから放送業界を目指し1989年(26歳の時)にテレビ朝日へ入社。 『内田忠男モーニングショー』でアシスタントディレクター AD を経験した後、報道局の主任として『スーパーモーニング』などの番組でディレクターを務めました。 『スーパーモーニング』の後期に「ちょっと待った! 玉川総研」という冠コーナーのリポーターを任されたことを機に、羽鳥慎一さん(日本テレビ出身のフリーアナウンサー)が司会を務める後継番組(『情報満載ライブショー モーニングバード! 高校時代まではバイオテクノロジーに興味があったそうですが、大学受験で希望が叶わず、京都大学では農業土木分野を専攻しました。 修士課程を修了してからテレビ朝日に入社しています。 スポンサーリンク テレ朝の役職はヒラ? 玉川徹さんはテレビ朝日報道局局員です。 ですから名刺には「テレビ朝日 玉川徹」とだけ記しているものの、局内では職制上「『羽鳥慎一モーニングショー』スタッフ」という肩書を用いているそうです。 なので役職は?と問われれば、平社員ということになりますね。 「モーニングショー」では 経歴のところでも触れましたが、『スーパーモーニング』の後期に「ちょっと待った! 玉川総研」という冠コーナーで、リポーターを任されたことが転機となります。 羽鳥慎一さんが司会を務める後継番組では、リポーターから昇格してコメンテーターとして、レギュラーで出演するようになりました。 民放で現役正局員がレギュラー扱いでコメンテーターへ起用されることは異例のことです。 結婚歴は 玉川徹さんは実は離婚歴があることを、ある番組で明かしています。 そしてそれはスポーツ紙でも報じられました。 玉川徹氏、実はバツイチ「離婚から学んだこと? あまり家事はしなかったかな」 テレビ朝日の玉川徹氏(55)が10日放送の同局系「ザワつく!金曜日」(金曜・後8時57分)に出演。 実はバツイチであることを明かした。 ゲストとして出演した玉川氏が「独身です」と明かすと、共演の高嶋ちさ子(50)は「そうなの! 知らなかった」と驚きの表情。 「実はバツイチなんです」と告白した玉川氏は、離婚から学んだことを聞かれると「そう言えば、家事はしなかったかな」とポツリ。 html) 玉川徹さんが結婚していた時期は20代後半の2年ほどだそうです。 30歳の時には離婚をしていたそうで、25年以上独身ということになりますね。 彼女はいる? 玉川徹さんには交際中の女性がいます。 そしてそのことを『週刊文春 2019年11月14日号』がスクープしています。 『週刊文春』は2人のデート姿などを伝えていますが、記事によるとお相手の女性は40代の女医さんだそうです。 玉川徹さんが足にできたイボの治療先で出会ったんだそう。 つまり主治医だったんですね。 記者に結婚の予定があるのかどうか、尋ねられた玉川徹さんは「だから(笑)。 それ今、微妙なところですから。 わかるでしょう」と、満更でもない様子だったそうです。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 終わりに 以上、玉川徹さんについて見てきました。 京都大学大学院の卒業で平の局員というのもなんだか不思議ですね。 同世代なら部長になっていてもおかしくありません。 もしかしたら、あまり出世にこだわらない方なのかも知れません。 交際中の女性もいるようですが、どうされるのでしょうか。 もし再婚ということになれば、今度は家事をちゃんと手伝わないといけませんね。

次の

玉川徹が頭悪すぎ・頭おかしいと言われる理由!高学歴でも頭悪い感?

玉川徹 学歴

出身地:宮城県 生年月日:1963年(56歳) 職 歴:テレビ朝日報道局 活動期間:1989年 - ジャンル:コメンテーター 配偶者:独身 玉川 徹(たまかわ とおる)さんは、テレビ朝日報道局の局員で『モーニングショー』のレギュラーコメンテーターです。 かつては前身番組でリポーターやディレクターを務めていました。 『ドラえもん』(テレビ朝日制作のアニメ版)、『木曜スペシャル』(日本テレビ制作)、特撮番組などをテレビで見るのが好きであったことから放送業界を目指し1989年(26歳の時)にテレビ朝日へ入社。 『内田忠男モーニングショー』でアシスタントディレクター AD を経験した後、報道局の主任として『スーパーモーニング』などの番組でディレクターを務めました。 『スーパーモーニング』の後期に「ちょっと待った! 玉川総研」という冠コーナーのリポーターを任されたことを機に、羽鳥慎一さん(日本テレビ出身のフリーアナウンサー)が司会を務める後継番組(『情報満載ライブショー モーニングバード! 高校時代まではバイオテクノロジーに興味があったそうですが、大学受験で希望が叶わず、京都大学では農業土木分野を専攻しました。 修士課程を修了してからテレビ朝日に入社しています。 スポンサーリンク テレ朝の役職はヒラ? 玉川徹さんはテレビ朝日報道局局員です。 ですから名刺には「テレビ朝日 玉川徹」とだけ記しているものの、局内では職制上「『羽鳥慎一モーニングショー』スタッフ」という肩書を用いているそうです。 なので役職は?と問われれば、平社員ということになりますね。 「モーニングショー」では 経歴のところでも触れましたが、『スーパーモーニング』の後期に「ちょっと待った! 玉川総研」という冠コーナーで、リポーターを任されたことが転機となります。 羽鳥慎一さんが司会を務める後継番組では、リポーターから昇格してコメンテーターとして、レギュラーで出演するようになりました。 民放で現役正局員がレギュラー扱いでコメンテーターへ起用されることは異例のことです。 結婚歴は 玉川徹さんは実は離婚歴があることを、ある番組で明かしています。 そしてそれはスポーツ紙でも報じられました。 玉川徹氏、実はバツイチ「離婚から学んだこと? あまり家事はしなかったかな」 テレビ朝日の玉川徹氏(55)が10日放送の同局系「ザワつく!金曜日」(金曜・後8時57分)に出演。 実はバツイチであることを明かした。 ゲストとして出演した玉川氏が「独身です」と明かすと、共演の高嶋ちさ子(50)は「そうなの! 知らなかった」と驚きの表情。 「実はバツイチなんです」と告白した玉川氏は、離婚から学んだことを聞かれると「そう言えば、家事はしなかったかな」とポツリ。 html) 玉川徹さんが結婚していた時期は20代後半の2年ほどだそうです。 30歳の時には離婚をしていたそうで、25年以上独身ということになりますね。 彼女はいる? 玉川徹さんには交際中の女性がいます。 そしてそのことを『週刊文春 2019年11月14日号』がスクープしています。 『週刊文春』は2人のデート姿などを伝えていますが、記事によるとお相手の女性は40代の女医さんだそうです。 玉川徹さんが足にできたイボの治療先で出会ったんだそう。 つまり主治医だったんですね。 記者に結婚の予定があるのかどうか、尋ねられた玉川徹さんは「だから(笑)。 それ今、微妙なところですから。 わかるでしょう」と、満更でもない様子だったそうです。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 終わりに 以上、玉川徹さんについて見てきました。 京都大学大学院の卒業で平の局員というのもなんだか不思議ですね。 同世代なら部長になっていてもおかしくありません。 もしかしたら、あまり出世にこだわらない方なのかも知れません。 交際中の女性もいるようですが、どうされるのでしょうか。 もし再婚ということになれば、今度は家事をちゃんと手伝わないといけませんね。

次の