う しろ シティ 金子。 うしろシティ!イケメン阿諏訪の料理と金子のかわいい服〜2人の彼女話

うしろシティ |松竹芸能株式会社

う しろ シティ 金子

の第4回単独ライブ『うれしい人間』のDVDを観た。 気づいたら売り切れていて劇場で観る事のできなかった公演の念願のDVD化。 これがまた驚くほどに面白い。 これほどの完成度の公演を経ての『2013』のあの結果では本人達もファンもさぞかし悔しかったに違いない。 は自分も含め多くの人が誤解しているように思う。 ライブシーンにおける動員は群を抜いている上に、メディアでの活躍もめざましい。 しかし、その人気の要因の多くをルックスが担っているように思われている。 確かにあのルックスはでかい。 しかし、彼らが絶対的に優れているのは、そのネタ構成力、表現力であり、その実力は東京コントシーンにおいて間違いなく先頭を突っ走る存在なのだ。 私も一介の冴えない男性お笑いファンとして、を「ハイプ」の一言で片づけていたし、テレビで何本かネタを観て、その意外な面白さに惹かれ、ちゃっかりDVDをチェックしたりはするものの「ルックスのいい奴らがやのまねごとをしてセンスをふりまいているだけだろう」と心の中で突き放していた。 男の嫉妬は醜いものです。 その考えが完全に覆ったのが、第3回単独ライブ『アメリカンショートヘア』 のライブDVDで、前述の達の影響を消化し、確かな「節」を確立したコントに魅せられ、すっかり肩入れするようになってしまったのだけども、今公演は更に面白い。 どんどん巧くなっている。 小憎たらしいほどだ。 序盤の「野球部の危機」などは、設定や自意識を皮肉り笑いをとる今までのという感じなのだけども、金子のサイレントアクションが冴え渡る「張り込み」や顔や身体に番号の振られた人を順番通り殴る事で喧嘩のやりかたが指南されていくという不思議なコント「喧嘩のやりかた」など斬新な発想の新機軸も軒並み面白い。 ありふれた設定ながらも、徹底的に豊かな細部で節をブラッシュアップしている「バンドやろうぜ」「トの新人」も素晴らしい。 『』で披露していた「娘さんを下さい」も本来の尺で観ると、こんなにも面白いネタだったのか、と唸る事必至。 「瀕死の事故を起こした友人の手術の無事を祈る為、仲間達が病院に駆け付ける中、最後に到着した金子の手にはスターバッグスの珈琲(ヴェンティサイズ)が・・・」と始まる「病院」などは導入から「巧過ぎる!」と興奮してしまった。 冒頭の「少年」、ラストの「監禁」で公演を1本にバシっと締める構成も憎い。 自意識を嘲笑うような底意地の悪さがありながらも、選り好みのされない大衆性が確立されているのは、やはりルックスの恩恵でしょうか。 正統な評価の邪魔!と思いつつも、男から見ても金子シティはかわいい。 アンチもやたらと多いですが、性格までおとなしいかわい子ちゃんでは決してなさそうなので、図太くサヴァイブしてくれる事でしょう。 とりあえず、に偏見のある方は『アメリカンショートヘア』と『うれしい人間』をマストチェックだ。 hiko1985.

次の

阿諏訪泰義(うしろシティ)と熱愛中の彼女は結婚秒読み?料理の腕前もすごいけど女性の扱いも上手だった?

う しろ シティ 金子

vol. 3 うしろシティ前編 本誌で連載中、実力派芸人を紹介するコーナー「芸人、かく語りき」。 今回はうしろシティのお二人、阿諏訪泰義さんと金子学さんの登場です! ushiro-city それぞれ別のコンビを組んでいた阿諏訪泰義と金子学によって09年結成。 単行本『うしろシティ 料理男子と裁縫男子』(講談社)が発売中。 asuwa taigi (右) 83年神奈川県出身。 料理が得意。 今までで一番うれしい仕事は『キングオブコント20 12』。 「決勝決まったとき、泣いちゃいましたもん」。 kaneko manabu (左) 81年新潟県出身。 裁縫を得意とする。 うれしいのは「情報番組のレポーターをやって、テレビで観たことのある人が僕らを面白いっていってくれるとき」。 仲がいいからこそ、先に結果を出されると悔しい。 でもバナナマンさんのいるホリプロコムには養成所がなくて、人力舎のスクールJCAに。 金子 あったらホリプロに行ってた? 阿諏訪 絶対行ってた。 金子 いまでもホリプロ行きたい? 阿諏訪 行きたい。 人力舎を選んだ理由は? 阿諏訪 アンジャッシュさんとかキングオブコメディさんとか好きな芸人さんが人力舎の方だったので。 お笑いは観てもいなかったし、興味も全然なかった。 その次のコンビでも、誘われてやっていただけだったんです。 「もっと面白いことがやりたい」と思って、前のコンビの相方に解散を申し出た瞬間が、初めてお笑いに積極的になったとき。 ほかの事務所でもジグザグジギーとかラブレターズとか。 阿諏訪 ラブレターズとはお互いコンビを組んで初期の頃にライブで一緒になって、その辺はけっこうライバル。 金子 かもめんたるも。 いっぱいいるんですよ、いまは。 ピーマンズスタンダードは違うし。 阿諏訪 違うね。 いま挙げた人たちも、仲がいいからこそ先に相手が結果を出したりすると「クソッ!」と思うことがある。 金子 いいネタやってたりするとね。 何も思わないのがピーマンズスタンダード。 いいなーって純粋に思って終わります(笑)。 [text]釣木文恵 [photo]相澤心也 の「芸人、かく語りき」では、お二人のポートレイトと「芸人の覚悟」を伝えるインタビューを掲載! うしろシティ単独ライブ うれしい人間 (完全生産限定版) 即日ソールドアウトの第4回単独ライブを完全収録。 阿諏訪自身から生まれたイタいキャラが炸裂する「バイトの新人」も。 「喧嘩のやりかた」「娘さんを下さい」はKOC20 13との細かな違いを楽しめる。 All rights reserved.

次の

うしろシティ 星のギガボディ

う しろ シティ 金子

の第4回単独ライブ『うれしい人間』のDVDを観た。 気づいたら売り切れていて劇場で観る事のできなかった公演の念願のDVD化。 これがまた驚くほどに面白い。 これほどの完成度の公演を経ての『2013』のあの結果では本人達もファンもさぞかし悔しかったに違いない。 は自分も含め多くの人が誤解しているように思う。 ライブシーンにおける動員は群を抜いている上に、メディアでの活躍もめざましい。 しかし、その人気の要因の多くをルックスが担っているように思われている。 確かにあのルックスはでかい。 しかし、彼らが絶対的に優れているのは、そのネタ構成力、表現力であり、その実力は東京コントシーンにおいて間違いなく先頭を突っ走る存在なのだ。 私も一介の冴えない男性お笑いファンとして、を「ハイプ」の一言で片づけていたし、テレビで何本かネタを観て、その意外な面白さに惹かれ、ちゃっかりDVDをチェックしたりはするものの「ルックスのいい奴らがやのまねごとをしてセンスをふりまいているだけだろう」と心の中で突き放していた。 男の嫉妬は醜いものです。 その考えが完全に覆ったのが、第3回単独ライブ『アメリカンショートヘア』 のライブDVDで、前述の達の影響を消化し、確かな「節」を確立したコントに魅せられ、すっかり肩入れするようになってしまったのだけども、今公演は更に面白い。 どんどん巧くなっている。 小憎たらしいほどだ。 序盤の「野球部の危機」などは、設定や自意識を皮肉り笑いをとる今までのという感じなのだけども、金子のサイレントアクションが冴え渡る「張り込み」や顔や身体に番号の振られた人を順番通り殴る事で喧嘩のやりかたが指南されていくという不思議なコント「喧嘩のやりかた」など斬新な発想の新機軸も軒並み面白い。 ありふれた設定ながらも、徹底的に豊かな細部で節をブラッシュアップしている「バンドやろうぜ」「トの新人」も素晴らしい。 『』で披露していた「娘さんを下さい」も本来の尺で観ると、こんなにも面白いネタだったのか、と唸る事必至。 「瀕死の事故を起こした友人の手術の無事を祈る為、仲間達が病院に駆け付ける中、最後に到着した金子の手にはスターバッグスの珈琲(ヴェンティサイズ)が・・・」と始まる「病院」などは導入から「巧過ぎる!」と興奮してしまった。 冒頭の「少年」、ラストの「監禁」で公演を1本にバシっと締める構成も憎い。 自意識を嘲笑うような底意地の悪さがありながらも、選り好みのされない大衆性が確立されているのは、やはりルックスの恩恵でしょうか。 正統な評価の邪魔!と思いつつも、男から見ても金子シティはかわいい。 アンチもやたらと多いですが、性格までおとなしいかわい子ちゃんでは決してなさそうなので、図太くサヴァイブしてくれる事でしょう。 とりあえず、に偏見のある方は『アメリカンショートヘア』と『うれしい人間』をマストチェックだ。 hiko1985.

次の