オーロンゲ 脱出ボタン。 【シングルS2.最高6位】天相従臨積みリレー

【シングルS2.最高6位】天相従臨積みリレー

オーロンゲ 脱出ボタン

構築経緯 ガラルビギニングから使用している壁ロンゲ構築をシーズン3でも使いたいと思い、構築記事を漁っていたところ、シーズン2に脱出ボタン持ちのロンゲで結果を残されている方がいたので参考にさせていただきました というかほぼパクらせていただきました。 構築起源のぎんなん様から掲載許可をいただきましたので、ぜひも併せてお読み頂けると幸いです。 PT紹介 基本選出はオーロンゲ+キッス+なにか。 ドリュが先発確定っぽい時はキッスを抜いてできるだけドリュに厚く選出。 ドヒドヌオーアーマーガアの受けルを見たらキュウコン。 オーロンゲ 性格:意地っ張り 特性:悪戯心 努力値:A252S12 残りHB 耐久無振りドラパルトを不意打ちで高乱数1発 壁込みで陽気ドリュのアイへ高乱数2耐え パーティの核。 対面したポケモンによって壁を貼り分けて後続に繋ぐ。 電磁波を切っている代わりに脱出後の打ち合いに強い技構成。 脱出ボタン持ちのポケモンにとんぼがえりやボルトチェンジを撃った場合、 脱出ボタンを持った側のポケモンのみ交代する仕様のおかげでヌルアントやら初手ロトムに対して動きやすい。 シーズン4から巨大ラプラスが解禁されたほか、アローラキュウコンも使用可になったため壁貼りの立ち位置が怪しい。 あと壁対策も増えてくると思われるので、個体数が減っていきそうな予感。 トゲキッス 性格:臆病 特性:天の恵み 努力値:B4C252S252 今更語ることもない最強ポケモン。 ラムのみを持っているので、脳死で欠伸を撃ってくるブラッキー、カバルドンを起点にできる。 ただしロンゲから後投げするとラムがバレるので注意。 弱保キッスが有名になりすぎたため、弱保キッスもういないやろ読みの弱点突きプレイヤーが増えてきたことから、一周回って弱保もたせるのありじゃね?と思いつつある。 シーズン後半はラムも読まれたので、ほぼ手ぶら同然でした。 サザンドラ 性格:臆病 特性:浮遊 努力値:B4C252S252 カビゴン、ロトム系統を見たい枠。 ジャラランガと入れ替わりで使っていたポケモンで、どちらもドラパミミッキュに弱いという欠点を持つ。 ジャラランガの場合カビゴンに対して強く出れるものの、なんやかんやで悪巧み+悪の波動でも押し切れるのでこいつでいいやとなりました。 ギルガルドにも強いし。 パルシェン 性格:控えめ 特性:防塵 努力値:B4C252S252 完全特殊パル。 冷凍ビームをつららばりに変え、うっかりやで育成した両刀パルシェンに途中から切り替えたものの、防塵パルと使用感はほとんど変わらず。 突如現れるバタフリーを屠れる防塵のほうが優秀では?と未だに思ったり思わなかったり。 ダイアースでギルガルド、ニダンギル、ドヒドイデを除去できることや雨下ダイストリームで水ロトを吹き飛ばせることが特殊パルのセールスポイントだったが、有名になりすぎた反動であまり活躍できなかった。 シーズン3から試合時間が長くなり、TODが難しくなった影響でドヒドイデの個体数が減った点もBAD。 巨大ラプラス対面もきついので、パルシェンも減っていきそうですね。 キュウコン 性格:臆病 特性:気合の襷 努力値:H4C252S252 アイアント重すぎ!やべえ!という一心で採用したキュウコンだったが、初手アント読みのキュウコン出しは一回も決まらなかったのは恐らくプレイングスキルのせい。 悪巧み1積み下のダイサイコでH252ドヒドイデが確1なものの、上記したとおりヒトデの数が減少している関係であまり選出機会はなかった。 もともとピンポイント採用だったこともあり、シーズン後半ではバクガメスと入れ替わるなど、本構築の迷走枠を担当。 単純に頑丈カウンターが刺さる環境だったので、ダイマポケ+トリルミミッキュ+最遅ラゴンのテンプレパに対して選出しておくだけでイージーウィンをいくつも作り出したMVP。 HPに努力値を割いているので襷ドリュにも一応殴り勝つことが可能。 イワパレスは最速にしてもS実数値106でドラパルトの213に及ばないため、準速採用にしています。 最速にして抜けて嬉しいのは最速スカーフラゴンorパッチラぐらいなので、実はあまりSが必要なかったり。 ちなみに準速で抜けて嬉しいのもエースバーンぐらいです。 最後に PT運用する上でバクガメスやら変なポケモンをちょこちょこ使ったので、単体考察記事的なのも書こうかなと思ってます。 見てもらえると嬉しいです。

次の

【剣盾】【相談】壁貼りってオーロンゲ以外に何か良いの?気持ち悪いんだけど

オーロンゲ 脱出ボタン

5倍になるが、物理技の命中が0. 相手より先に攻撃すると威力が2倍になる『でんげきくちばし』を活かすため、『ついばむ』を採用しています(ひこうタイプのダイマックス技はすばやさが1段階上がる)。 技範囲が広く、でんきの一貫性を切れていない構築に対してはとくに強く出られる性能をもちます。 無振りでも並以上の耐久はあるため、オーロンゲの壁技でサポートすれば簡単に倒されなくなります。 じめんタイプの技を透かせるという点からもパッチラゴンと相性補完ができており、選出率は高めです。 持ち物のだっしゅつボタンによって役割を遂行し、後続のポケモンで有利対面に持ち込むという戦法が採用されています。 壁貼りによってサイクルを回しやすくなり、全体の負担を和らげると共にドラゴンタイプを持つパッチラゴンとの相性補完もこなせます。 ラスト1ミミッキュのような運用ができ、初見殺し性能が高い構成です。 はがねタイプなので「すなあらし」への耐性も持っており、タスキ枠としての役割を完遂しやすいという特徴もあります。 「でんじは」によってパッチラゴンのでんげきくちばしを活かしやすく、S操作役としての出番もあります。 と同じ型ですが、選出率はかなり低くなっています。 5倍になるが、物理技の命中が0. オーロンゲの壁貼りだっしゅつボタンから繰り出し、耐久をたもちつつ能力を上げられます。 「技範囲が広い」「ひこうタイプ」という特徴を持っていることから、ダイマックスと相性が良いポケモンと言えます。 パッチラゴンによるサイクル崩壊がメインの勝ち筋であり、パッチラゴンが出せない場合はトゲキッスによる全抜きを狙います。 ギルガルドはきあいのタスキを活かしたストッパー役として運用されます。 構築のコンセプト・有利不利・環境考察の質問 構築について管理人がインタビューを行い、「構築コンセプト」「構築の強み」「構築の弱点」などを聞いてみました。

次の

【シングル雑記】脱出ボタン両壁オーロンゲ

オーロンゲ 脱出ボタン

ガラル2記事目です!ぎんなんです。 シングルランクマで2桁まで来て正直満足して記事書き始めたんですけど、 オーロンゲの項だけで1000文字超えてしまったので、記事を分けて公開することにしました。 最高60番くらい。 ぼかあ満足だ。 < 脱出ボタンについて> 脱出ボタンは8世代から対戦を始めた方には馴染みが薄いアイテムかもしれません。 相手から攻撃を受けると、蜻蛉返りのようにこちらの好きな後続を投げることができます。 またオーロンゲが生存して後続に控えることになるので、1匹目の積みが倒された後にもう一度、壁なり不意打ちなり一仕事することができます。 また特殊な仕様がいくつか存在し、その1つに「蜻蛉返り等交代技で脱出ボタンを起動した場合、こちらの脱出だけが発動し蜻蛉返りの交代効果は発生しない」というものがあります。 これは壁展開に非常に有利な仕様です。 壁張りを交代技で倒しながら挑発持ち等を置いて裏の積みを迎え撃つ、というのは対壁構築における対策行動の1つですが、これを未然に防ぎ逆に一方的に起点にできるのが強力です。 またおまけ程度ですが、オーロンゲが生存し脱出した場合は一応残数不利を取っていないため、耐久系の積みを使用した場合にを狙われづらくなります。 <技構成について> 両壁は採用理由なので割愛するとして、挑発と不意打ちについて補足をいれておきます。 壁展開で困る相手の動きは、おおまかに下記の3つです。 ついでに次のターンに殴ってくれれば挑発が1ターン残るので、後続が確実に積み技を選択できます。 言い換えると、積み側の挑発の技スペースを圧縮し技範囲等の拡充に割けます。 の挑発を切ってにしても、オーロンゲで挑発してから脱出すればカバ前で竜舞できるよ~みたいな話です。 不意打ちは、脱出ボタンとの噛み合いから必須の技です。 積みリレーでよくあるのが、下記のような展開です。 ・起点係がしっかり起点を作って退場 ・2体目が積んだものの、相手のックスと殴り合って競り負ける ・3体目は技を受けて積む余裕がなかったので先制技で相手を倒す ・積めてない状態で不利を死に出しされて負け この展開で1番よくない点は、積みが積めてない状態で先制技で相手を倒さざるを得なかったところです。 ここに不意打ちを持った脱出ボタンオーロンゲが入ると、下記のように変化します。 ・オーロンゲがしっかり起点をつくって脱出 ・2体目が相手のックスと殴り合って競り負ける ・オーロンゲが不意打ちで相手を削りきって後続にもう一度起点作って退場 ・3体目が十全に積み技を行使できる 積めてない状態の積みに相手が有利なを意図的に合わせることがないため、明らかにゲームの展開がよくなります。 ちょっとするのが難しい話ですが、ちゃんと伝わったでしょうか・・・? <構築のヒント> あまり人に自分の構築を押しつけたくないのでレンタルIDは控えますが、 ・壁込みで低負担で発動できる弱点保険 ・相手の欠伸持ちに交代して流す動きに邪魔されないラムのみ あたりをもった積みを後続に採用するといいと思います。 光の粘土が盲目的に採用されがちな壁張り要員ですが、ちゃんと構築単位で構成考えてますか~?みたいな話でした。

次の