照林社

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

💓 排泄の状態• ・家族機能破綻 基準看護計画〈家族機能破綻〉• 免疫抑制薬• 認知力• 回数についても説明する 3 ギブスや装具などの装着により皮膚を損傷しやすい 看護診断 皮膚統合性障害リスク状態 危険因子:圧迫、皮膚の湿潤 看護目標 長期:褥瘡など皮膚の異常がなくギブスを除去できる 短期:1)皮膚の異常が起こらない 2)患者自身が皮膚を観察でき異常に気付くことができる OP ・ギブスや装具による圧迫感の有無 ・疼痛の有無 ・ギブスの辺縁が皮膚に当たっていないか ・周辺皮膚の発赤や表皮剥離の有無 ・発熱や腫脹の有無 ・不快感や痒み、知覚障害など随伴症状の有無 ・食事摂取量 ・検査所見 ・ギブス除去時の褥瘡形成の有無と程度、部位、発赤、水疱、びらん、壊死、潰瘍などの有無と大きさ TP ・圧迫があれば医師に報告し、可能ならギブスの割線や開窓を行う ・ギブスの辺縁が当たっている場合は、ガーゼなどで保護したり可能なら医師にギブスカットやギブスのまき直しをしてもらう EP ・ギブスの圧迫や疼痛があれば報告するよう説明する ・皮膚の清潔や乾燥を保つため、濡らしたり汚染したりしないようにする ・食事をしっかりとり栄養状態を良好に保つように説明する 4 知識不足のため骨折の治癒を促進する行動がとれない恐れがある 看護診断 非効果的自己健康管理 関連因子:知識不足 診断指標:治療計画を毎日の生活に組み込むことができない 看護目標 長期:治療を守り骨折部が整復する 短期:1)異常の早期発見に努め、異常時は医療者に報告できる 2)骨折部位の治癒を促す行動がとれる OP ・患者や家族の生活、理解力、不安、疑問の有無 ・家族背景 TP ・体動時の危険がないように環境整備を行う ・特に禁忌でなければ、骨折部位やギブス部位をビニールなどで保護して入浴する EP ・重度の痛み、疼き、しびれ、変色、四肢冷感があればすぐに報告するように伝える ・感染の徴候と骨髄炎の徴候を説明する ・行動の制限を説明する ・ギブスを濡らしたり汚染したりしないように説明する 5 突然の受傷で予後に対する不安がある 看護診断 不安 関連因子:健康状態の変化、健康状態に対する脅威 診断指標:人生の出来事の変化による心肺を表明する、不眠、焦燥感、不確かさ 看護目標 長期:不安が軽減したことを表現し、リハビリテーションや治療に前向きに取り組むことができる 短期:今後の経過や予後について理解したことを表現できる OP ・疾患、検査、治療に対する患者の情報量とその理解の程度 ・表情、言葉、態度の表出状況と不安の程度との関係 ・性格傾向、コーピングパターン、サポートシステムなどと不安との関係 ・現状に対する受け止め方、患者の考えている対処方法 TP ・適切な時期を見て、患者の不安の原因が何であるのか、言葉で表現するよう励ます ・患者が混乱しているときは、心理的対応をする時間を与える ・物事を前向きに建設的に考えるよう勧める ・今後の治療方針や治療にかかる時間について情報を提供する EP ・入院環境、疾患、検査、処置についての患者の理解状況を確認し不足があれば補う ・疾患や治療に関する知識を重要他者にも伝え、患者へのサポートが継続できるよう励ます ・仮骨形成が進めばギブスが外れ、運動が開始されることを説明する 参考資料:. 床頭台やベッドの位置確認。 そのような患者さんの転倒予防は、スタッフの見守りが最も有効なケアです。

13

運動器疾患の老年看護計画・看護過程の特徴や展開 大腿骨頸部骨折

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

🤲 転倒転落アセスメントスコアシートの内容をしっかり理解することは、アセスメント力向上につながります。 この看護診断を使ってよい、使ってはいけない、ということではなく、使う場合に満たしておかなければいけない条件は何か、それが満たされない場合は、この看護診断は当てはまらない、といった具合に、「判断の仕方」を指導することが重要になるかと感じます。 そのため、期間内分泌物の喀出も麻痺により困難となり、肺炎や無気肺など呼吸器障害の合併症を起こしやすいことから注意が必要です。

4

看護診断・身体可動性障害:リハビリ期

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

🤗。 過粘稠度症候群 などがある。

【脳梗塞】わかりやすい!病態、看護ポイント、看護計画。急性期〜慢性期。

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

👇 『エキスパートナース』2014年10月号<精神症状への対応>より抜粋。 ステロイド ステロイドには病気の進行を遅らせる効果はないとされており、 対症療法として扱われていた。 治療と介護• 患者さんに最も適している看護計画を作成する為に、不要の個所を削除し不足の部分は補足して使用します。

5

転倒リスク状態の看護計画

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

🌭 Dさん:「そう。 ・言語的コミュニケーション障害 基準看護計画〈言語的コミュニケーション障害〉• 8 抑うつ状態による活動低下に関連した身体可動性障害:リハビリ期• 何をさして、移動のセルフケア、といっているのか、ここにアセスメント(判断の詳細)を確認できるように思います。 リウマトイド結節を生じることもある。

7

片麻痺の看護|看護問題や観察ポイント、看護計画、ケアの留意点

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

📞 記憶力が低下し再学習が難しい状態である こういった 状況判断が的確に行えない状態で転倒転落が起こりやすいと言われています。 転倒転落アセスメントスコアシートで転倒の危険度を判定し、アセスメントして身体可動性障害に当たると診断した• OP 観察項目 1. 脊髄損傷とは 脊髄損傷とは、 外傷や脊椎の骨折・脱臼などの受傷により、脊髄が損傷を受けた状態を言い、頸髄 C1〜C8 損傷は、四肢麻痺・胸髄 T1〜T12 損傷は、対麻痺となり損傷部位が高位であるほど、障害レベルも重篤となります。

19

変形性膝関節症、変形性股関節症患者の看護計画

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

😈 脳の変性疾患の多くが神経難病に指定されています。 Ns:「睡眠は人間が一番リラックスしてる状態だからかもしれませんね。

10

転倒の看護診断・身体可動性の障害

可動 性 看護 計画 身体 の 障害

🖕 発現症状や悩み・不安などは、患者によって大きく異なります。 また、DMARDs のみよりもDMARDs にステロイドを加えたほうが病気の進行をさらに遅らせるという研究結果も報告されている。 ・安楽障害 基準看護計画〈安楽障害:急性疼痛、慢性疼痛、悪心・嘔吐〉• 例えば、 5点以上で計画立案する、といった様に各施設で取り決めがあることが普通です。

12