夜ご飯 メイン。 リーズナブルでおいしい!豆腐がメインになる、簡単レシピ11選 [ママリ]

魚献立・お魚がメインの献立、おかず組み合わせ例・魚に合うおかず

夜ご飯 メイン

しいたけ、ブナシメジ、エノキダケの3種類のきのこを使った夜ご飯の主食になるあんかけ豆腐のステーキです。 木綿豆腐は硬めでしっかりした歯ごたえがあるので、ステーキのような食感になります。 豆腐に醤油をまわしかけ、5分置いてから小麦粉をはたく• フライパンにサラダ油を熱し、1を両面こんがり焼いて器に盛る• 水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、三つ葉を加えて混ぜ、2にかける 2. 夜ご飯の主菜・野菜の豆腐ハンバーグ(1人分:182kcal) ひき肉を使わず、豆腐を使ったヘルシーな夜ご飯用の豆腐ハンバーグです。 野菜を入れることでボリューム満点で旨味が出ます。 付け合わせの野菜はあってもなくてもいいですが、パプリカなどを添えると彩りが綺麗になります。 野菜を同じ大きさに切る• 器に盛り、好みの野菜とトマトケチャップを添える 豆腐と香味野菜だけで作る、低カロリーな夜ご飯の餃子レシピです。 ごま油と香味野菜で香ばしい香りがついているので、肉なしでも満足できます。 ポン酢や醤油など好きなものをかけて食べましょう。 軽く塩を振り、そのまま食べても美味しいですよ。 フライパンにごま油小さじ1を熱し、1を並べて強火で焼く• カリッとしたら水大さじ3を加えて蓋をし、2分蒸し焼きにする• 器に盛り、好みでパクチーなどを飾って好みのタレを添える 豆腐とレモン果汁をあわせると、不思議なことにモッツァレラチーズのような濃厚な風味に変化します。 オリーブ油の量を減らしてカロリーを少なくするぶん、粗挽き黒こしょうでピリッとした味をつけます。 夜ご飯におしゃれなサラダを作りたい時におすすめのレシピです。 ルッコラを加えてあえる• 夜ご飯の副菜・豆腐シーザー風サラダ(1人分:135kcal) シーザードレッシングはカロリーが高めですが、それを豆腐を使って作る夜ご飯の副菜レシピです。 このレシピの野菜サラダ以外にも、色々なドレッシングとして使うことができます。 ミキサーを使うのが多少面倒ですが、ミキサーにかけることで滑らかな口当たりに仕上がります。 夜ご飯のスープ・厚揚げのビーフシチュー風(1人分:254kcal) ビーフの代わりに厚揚げを使った夜ご飯のスープレシピです。 厚揚げは低糖質な食材なので、糖質制限ダイエット中の人にもおすすめです。 かぶやブロッコリーなども糖質が少ないです。 厚揚げを使うとボリューム満点で安上がりな上、カロリーを減らせます。 煮立ったら弱火にして7分、野菜が柔らかくなるまで煮る• ブロッコリーを入れてひと煮立ちさせる 鶏の代わりに豆腐を使った鶏団子風の夜ご飯のスープレシピです。 切り干し大根は食欲を落ち着かせる効果があるので、過食気味な人におすすめです。 もやしも超お買い得な野菜で、低カロリーなのでダイエットの味方になってくれます。 一口大に丸め、蒸気が上がった蒸し器で5分蒸す(電子レンジ600Wの場合は2分30秒加熱)• なすにはカリウムが多く、むくみ解消に向いています。 水分が多いので揚げてしっかり火を通すのがおすすめです。 生姜やにんにく、チリパウダーは体を温める作用があるので、冷え性でぽっちゃり体型の人のダイエットに最適です。 なすの汁気を軽く切って、片栗粉をまぶす• フライパンにごま油を熱し、2を入れてからりと揚げ焼きにする• 夜ご飯の主菜・ほうれん草と豆腐のココット(1人分:150kcal) 豆腐を使ったヘルシーなココットレシピです。 ほうれん草、クレソンには造血に欠かせない鉄と葉酸が含まれています。 さらに鉄の吸収をサポートするビタミンCも含まれているので、貧血気味の人におすすめです。 豆腐のタンパク質も鉄の吸収をサポートしてくれます。 ほうれん草とクレソンはさっと茹でて、食べやすく切る• 夜ご飯の主菜・とろろ豆腐のグラタン(1人分・121kcal) アスパラガスのアスパラギン酸は、スタミナを維持するのに有効な成分です。 また、長芋はタンパク質の吸収を助け、筋力低下を防ぎます。 疲れが溜まって筋肉が衰えがちな時におすすめのレシピです。 鍋に丸とひたひたの水を入れ、蓋をして火にかける• 煮立ったら弱火にして5分煮て、しいたけとアスパラガスを加えさらに1分蒸し煮にする• 夜ご飯の副菜・きゅうりの1本漬け(1本分:62. 5kcal) オーブントースターで焼くことで、余分な脂を落とすことができます。 冷蔵保存で3日もつレシピなので、作り置きしておいてもOKです。 食べたい時にさっと温めれば出来立ての美味しさが楽しめます。 アルミホイルをくしゃくしゃにして広げ、オーブントースターの受け皿に敷く• 1の皮目を上にして並べ、オリーブ油を軽く振る• オーブントースターで6〜7分こんがりするまで焼く• 食べる時にグリーンリーフを添える タコは低糖質で低カロリーな魚介類です。 加熱しすぎると硬くなって食べづらくなるので、先にトマトソースをよく煮詰めてから加えましょう。 短時間加熱すればOKです。 このレシピは冷蔵保存で4〜5日保管できます。 タコを一口大の乱切りにする。 玉ねぎ、セロリはみじん切りにする• フライパンを熱し、オリーブ油をなじませ、玉ねぎ、セロリを炒める• 汁気がほぼなくなったら、タコを加えて2〜3分煮る 3. 煮る時間が長いレシピですが、作り置きして冷蔵保存で3日くらい食べることができます。 材料(作りやすい分量) ぶり 2切れ 大根 1本(1. 大根は2cmの厚さの半月切りにし、面取りする• 鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて煮立て、2分ほど茹でてザルにあげる• ほうれん草は塩少々を加えた熱湯でさっと茹でて水に取り、4cmの長さに切って水気を絞る• 煮立ったら弱火にして落し蓋をしてさらに蓋をして、30分ほど煮る• ぶりを一口大に切り、生姜の絞り汁と塩少々を絡めて10分ほど置き、キッチンペーパーで水気を拭く• 5に6を加え、落し蓋をしてさらに10分煮る• ほうれん草を加え、落し蓋なしで2分ほど煮る。 火を止めてゆずこしょうを溶きながら加える 以上、低カロリーで簡単、満足な夜ご飯の節約メニューを見てきました。 今回の節約のポイントは、豆腐と野菜をメインに献立を考えたところです。 メイン食材(豆腐と野菜)レシピ名 カロリー(1人分) 1. 夜ご飯の主菜・野菜の豆腐ハンバーグ 182kcal 3. 夜ご飯の主菜・豆腐と香味野菜の和風餃子 175kcal 4. 夜ご飯の副菜・豆腐のモッツァレラ風サラダ 158kcal 5. 夜ご飯の副菜・豆腐シーザー風サラダ 135kcal 6. 夜ご飯のスープ・厚揚げのビーフシチュー風 254kcal 7. 夜ご飯のスープレシピ・豆腐の鶏団子風スープ 165kcal メイン食材(野菜)レシピ カロリー(1人分) 1. 夜ご飯の主菜・なすのスパイシー唐揚げ 122kcal 2. 夜ご飯の主菜・ほうれん草と豆腐のココット 150kcal 3. 夜ご飯の主菜・とろろ豆腐のグラタン 121kcal 4. 夜ご飯の副菜・きゅうりの1本漬け 62. 5kcal 肉や魚を使う場合は、鶏肉や魚介類などを使うとヘルシーで節約できるメニューが作りやすいです。 調味料のカロリーも気にしながら作ると、低カロリーに仕上げられます。 メイン食材(肉・魚)レシピ カロリー(1人分) 1. 夜ご飯の主菜・バジルチキン 150kcal 2. 夜ご飯の主菜・タコのトマト煮 157kcal 3. 夜ご飯の主菜・塩ぶり大根 199kcal ダイエット中の夜ご飯だからこそ、美味しいと感じられて節約できるものを食べて満足しましょう。 満腹でも低カロリーなので、健康的にダイエットを続けていくことができます。

次の

『晩御飯何にしよう?』迷った時におすすめの夕飯メニュー50選!

夜ご飯 メイン

豆腐をメインのおかずで楽しもう 毎日の食卓に並べる献立。 どんなものにしようか日々悩むママにとって心強い食材の一つに豆腐があります。 他の食材に比べて安価で、シンプルな味わいかつ柔らかな食感は子供からお年寄りまで食べやすいですよね。 そのまま冷や奴や湯豆腐として食べたり、温かいみそ汁に入れたりしていただくとおいしいです。 ですが、そんな豆腐を使いたくてもバリエーションがあまり思いつかないなんて方もいるのではないでしょうか。 毎回同じような料理になってしまう、そのまま食べるしか思いつかないなど、使い道に迷ってしまうこともあるかと思います。 大豆のうま味がギュッと詰まった豆腐をたくさんたのしみたいですよね。 同じような悩みを持つママから、ママリへ質問が寄せられていました。 質問者さんのように豆腐が苦手という方でも食べやすいレシピばかりを集めました。 どんな豆腐レシピがあるのか気になりますね。 さっそくのぞいてみましょう。 今すぐ作りたい、簡単豆腐レシピ8選 豆腐には絹ごし豆腐や木綿豆腐、焼き豆腐などさまざまな種類があります。 同じレシピでも使うものによって味わいや風味も変わるため、バリエーションが広がりますよ。 今回紹介するのは簡単なレシピばかりなので、料理初心者のママや料理に慣れていないパパでも作ることができます。 あなた好みのレシピは見つかるでしょうか?どんなアイデアメニューがあるのか楽しみです。 早速チェックしていきましょう。 シンプルだからこそ豆腐のおいしさを堪能できるレシピです。 これなら料理が苦手という方でも簡単に作れますね。 筆者おすすめ簡単豆腐レシピ 多くのママから豆腐レシピを紹介していただきましたが、お次は筆者が作るおすすめしたい豆腐レシピを紹介したいと思います。 手軽でおいしい豆腐レシピは何度も作っているので、我が家の子供たちも豆腐料理が大好き。 少食の長女もあまりの豆腐好きに「もう無いの?」とおかわりを要求するほど。 ぜひ参考にしていただけたらうれしいです。 カレー風味の豆腐チーズ焼き.

次の

『晩御飯何にしよう?』迷った時におすすめの夕飯メニュー50選!

夜ご飯 メイン

【材料】• 冷凍うどん…2玉• 牛こま切れ肉…50g• 卵…1個• 水溶き片栗粉…小さじ1• 希釈しためんつゆ…300cc• Aみりん…大さじ1• A砂糖…大さじ1• A醤油…大さじ1• サラダ油…適量 【作り方】• フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を炒めます。 肉に火が通ってきたら Aの調味料を加えさらに炒めます。 鍋にめんつゆを入れて火にかけ、沸騰したら冷凍うどんを入れほぐし再沸騰させます。 水溶き片栗粉を加え、ふつふつしてきたら溶き卵を加えます。 軽く混ぜ合わせ卵に火を通したら器に盛ります。 先ほど炒めた牛肉を盛り、お好みでねぎなどトッピングして完成です。 【材料】• さんまの開き…2尾• 小麦粉…適量• サラダ油…適量• ご飯…2膳• ししとう…お好みで• 山椒…お好みで• A醤油…大さじ2• Aみりん…大さじ3• A砂糖…小さじ1• A生姜(すりおろし)…1かけ 【作り方】• Aの調味料を合わせてタレを作っておきます。 さんまは2つに切り、タレに5分つけておきます。 5分経ったら、さんまを取り出し満遍なく小麦粉をはたきます。 フライパンに油を熱し、さんまを両面こんがり焼きます。 さんまが焼けたら残ったタレをまわしかけます。 弱火で煮詰め、タレを絡ませます。 ご飯の上にさんまを乗せ、お好みで焼いたししとうをトッピングしたら完成です。 【材料】• トマト…1個• ハム…30g• オリーブオイル…大さじ1• カレー粉…大さじ1弱• A水…150ml• A牛乳…100ml• Aにんにくすりおろし…1かけ• コンソメ…小さじ1• 醤油…小さじ1• バター…8g• パスタ…1人前 【作り方】• ハムは薄切り、トマトは皮をむきざく切りにします。 鍋にオリーブオイルを熱し、ハムを炒めます。 火を止めて、カレー粉を加えハムと絡めます。 トマト、 Aの材料を加えたら蓋をして煮ます。 沸騰したらコンソメ、バター、醤油を加えます。 パスタを加えたら、かき混ぜながら煮込みます。 煮込んでいる途中、水分が煮詰まってきたら分量外の水を加えます。 パスタが柔らかくなり、適度に汁気が飛んだら完成です。 【材料】• にら…1束• えのき…1袋• 豚肉薄切り(赤身)…200g• 春雨…30g• 春巻きの皮…10〜12枚• A酒…大さじ1• Aごま油…大さじ2• A醤油…小さじ1• Aオイスターソース…小さじ1• Aこしょう…少々• 片栗粉…適量• 水溶き小麦粉…適量• 揚げ油…適量 【作り方】• 豚肉を細切りにしてボウルに入れます。 肉に Aの調味料を加え、揉み込んで下味をつけます。 にらは根を落とし、3cmに切ります。 えのきも同様に切り、戻した春雨も3cmほどに切ります。 (2)のボウルににら、えのき、春雨を加えしっかり混ぜます。 しばらくなじませたらねぎを加え、片栗粉をなじませます。 具材を春巻きの皮で包み、止め終わりを水溶き小麦粉で止めます。 フライパンに1cmほど油を注ぎ、120度の温度で春巻きを揚げます。 両面こんがり揚げたら完成です。 【材料】• 生鮭…1切れ(100g)• 塩こしょう…各少々• バター…10g• A合わせみそ…大さじ1• A砂糖…小さじ2• A水…小さじ1 【作り方】• 野菜はそれぞれ、食べやすい大きさに切ります。 ボウルに Aの調味料を入れてよく混ぜ合わせます。 アルミホイルに切った野菜を広げ、生鮭を乗せます。 塩こしょうを振ってから、味噌を塗り、バターを乗せます。 アルミホイルをしっかり包み、フライパンに入れ、分量外の水200mlを注ぎます。 蓋をして弱めの中火で10分蒸し焼きにします。 蓋を開けてさらに水200mlを加え、5分ほど追加加熱したら完成です。 【材料】• 豚ひき肉…150g• 木綿豆腐…1丁(300g)• ごま油…大さじ1• オイスターソース…大さじ2• ケチャップ…大さじ1• 水…150cc• 水溶き片栗粉…水大さじ1・片栗粉大さじ1 【作り方】• ネギはみじん切り、豆腐は食べやすい大きさに切っておきます。 フライパンにごま油を熱し、ねぎ、生姜、にんにく、豚ひき肉を炒めます。 肉の色が変わったら、水、オイスターソース、ケチャップを加えます。 煮立ったら蓋をして弱火で7分煮込みます。 豆腐を加え、2〜3分中火で加熱します。 水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。 【材料】• ベーコン…3枚• A水…4カップ• Aトマト缶…1缶400g• Aトマトケチャップ…大さじ6• A砂糖…大さじ1• こしょう…少々• おろしニンニク…小さじ1• オリーブオイル…小さじ1• パセリ…お好みで 【作り方】• 野菜とベーコンは全て1. 5cm角に切ります。 鍋にオリーブオイルを入れ、中火でにんにくと(1)を炒めます。 全体に油が回るよう3分炒めたら、 Aの材料を加え強火で沸騰させます。 沸騰したら弱目の中火にし、人参が柔らかくなるまで蓋をして煮込みます。 8分ほど煮込んだら完成です。 【材料】• 鶏むね肉(室温に戻す)…300g• 砂糖…小さじ1• 塩…小さじ1• 酒…大さじ1• サラダ油…大さじ1• A酒…大さじ2• Aみりん…大さじ2• A醤油…大さじ3• Aおろしにんにく…小さじ1• 粗挽きコショウ…少々 【作り方】• 鶏肉の皮目にフォークで穴を開け、裏返して叩いて厚みを均等にします。 砂糖、塩、酒を揉み込み30分置いておきます。 キッチンペーパーで余計な水分を拭き取り、粗挽きコショウを振ります。 強火で鶏肉の皮目を下にして1分ほど焼きます。 焼き目がついたら裏返し、蓋をして弱火で10分焼きます。 鶏肉に火が通ったら一度取り出し、 Aの調味料を加えます。 軽く煮詰めたら鶏肉を煮からめて完成です。 【材料】• 豚バラ肉…100g• 卵…4個• もやし…1袋• 塩コショウ…適量• オリーブオイル…適量• とろけるチーズ…50g• ソース…適量• マヨネーズ…適量• 青のり・紅生姜…お好みで 【作り方】• 豚バラ肉は食べやすい大きさに切っておきます。 ボウルに卵を割り入れかき混ぜます。 フライパンで豚バラ肉を炒め、色が変わったらもやしを加えます。 塩こしょうを加え、炒めたら取り出しておきます。 オリーブオイルを熱したフライパンに卵を加え軽く混ぜます。 チーズ 4)を戻し入れたら卵で包み込みます。 お皿に盛り付け、ソース、マヨネーズ、青のり、紅生姜をのせて完成です。

次の