あなた に 届け 歌詞。 今あなたにうたいたい〜和田アキ子に捧げる歌〜 和田アキ子 歌詞情報

届け 歌詞 ぐるたみん ※ stwww.powdermag.com

あなた に 届け 歌詞

まだ小さな甥が、テレビを見ながら懸命に歌い、踊っている動画が添付されていた。 曲は『パプリカ』。 カタコトしか話せず字も読めない彼が、歌詞をきちんと歌えることに驚いた。 見よう見まねで大きく手を伸ばし、飛び跳ねる。 決して上手とはいえない歌を、ニコニコと楽しそうに歌う。 その姿に成長を感じた。 彼がいつか大人になり、不意に『パプリカ』を耳にする日がやってきたら。 今日のこの、楽しかった1日を思い出すだろうか。 駆けまわり、遊びつかれて昼寝をし、テレビを見て歌って踊る。 すぐそばには、彼をほほえましく見つめ、カメラを向ける父と母がいる。 何気ないけれど、ありふれているけれど、かけがえのない幸せな日。 今日の想い出が、未来の彼を励ます日が来るだろうか。 幼い甥が『パプリカ』を歌う姿に、そんなことを願ったものだ。 もちろん公式応援ソングという背景があってのことであろうが「いつの時代にも心に響くメッセージであれ」、そんな意図がくみ取れる。 今まさに『パプリカ』を口ずさみ、Foorinを真似て踊る子どもたち。 彼らが歌詞の意味を理解するのはずっと先の未来だ。 歌詞の意味が解るころ、彼らは思春期の真っただ中かもしれないし、社会に出て人波にもまれているかもしれない。 夜空を見上げることや、季節の流れを感じるゆとりさえ失うほど、忙しい日々のなかにいるかもしれない。 子どものころに口ずさんでいた歌は、いくつになっても不思議と忘れない。 歌詞を見なくともソラで歌える。 子どものころには気付かなかった曲の良さに、驚いた経験がある人も少なくないだろう。 『パプリカ』はきっと、子どもたちにとって忘れられない1曲になる。 優しいメロディやノスタルジックな歌詞は、いつか未来で彼らを励ますことだろう。 大人になると、辛いことや苦しいことにもたくさん出会う。 そんなとき、無邪気にはしゃいだ日々をふと思い出すことがある。 無垢なころの楽しかった想い出に、救われる。 けれど人は、あたたかい想い出があれば生きていける。 『パプリカ』は、子どもたちにあたたかな想い出を作る曲。 未来の彼らに向けたメッセージソングだ。 大人になればなるほど、これらの言葉に涙がこぼれそうになる。 もう戻ることができないからこそ思い出す、美しい風景がある。 草のにおい、星の輝き、のびていくかげぼうし。 大人になるたび見失うけれど、子どものころにはたしかに見えていたもの、聞こえていたものがある。 『パプリカ』はまるで宝箱だ。 想い出を忘れないように、大事に閉じ込めていてくれる歌。 晴れた空に放った夢は、いつか未来の自分が受け止める。 だから大きな声で、大きな夢を空に描こう。 未来へと種を撒こう。 いつか大人になった君に、魔法のことば『パプリカ』が届きますように。 未来に向かって、かかとを弾ませ、笑顔で歌おう。 TEXT シンアキコ.

次の

この歌詞の曲名を教えて下さい。

あなた に 届け 歌詞

まだ小さな甥が、テレビを見ながら懸命に歌い、踊っている動画が添付されていた。 曲は『パプリカ』。 カタコトしか話せず字も読めない彼が、歌詞をきちんと歌えることに驚いた。 見よう見まねで大きく手を伸ばし、飛び跳ねる。 決して上手とはいえない歌を、ニコニコと楽しそうに歌う。 その姿に成長を感じた。 彼がいつか大人になり、不意に『パプリカ』を耳にする日がやってきたら。 今日のこの、楽しかった1日を思い出すだろうか。 駆けまわり、遊びつかれて昼寝をし、テレビを見て歌って踊る。 すぐそばには、彼をほほえましく見つめ、カメラを向ける父と母がいる。 何気ないけれど、ありふれているけれど、かけがえのない幸せな日。 今日の想い出が、未来の彼を励ます日が来るだろうか。 幼い甥が『パプリカ』を歌う姿に、そんなことを願ったものだ。 もちろん公式応援ソングという背景があってのことであろうが「いつの時代にも心に響くメッセージであれ」、そんな意図がくみ取れる。 今まさに『パプリカ』を口ずさみ、Foorinを真似て踊る子どもたち。 彼らが歌詞の意味を理解するのはずっと先の未来だ。 歌詞の意味が解るころ、彼らは思春期の真っただ中かもしれないし、社会に出て人波にもまれているかもしれない。 夜空を見上げることや、季節の流れを感じるゆとりさえ失うほど、忙しい日々のなかにいるかもしれない。 子どものころに口ずさんでいた歌は、いくつになっても不思議と忘れない。 歌詞を見なくともソラで歌える。 子どものころには気付かなかった曲の良さに、驚いた経験がある人も少なくないだろう。 『パプリカ』はきっと、子どもたちにとって忘れられない1曲になる。 優しいメロディやノスタルジックな歌詞は、いつか未来で彼らを励ますことだろう。 大人になると、辛いことや苦しいことにもたくさん出会う。 そんなとき、無邪気にはしゃいだ日々をふと思い出すことがある。 無垢なころの楽しかった想い出に、救われる。 けれど人は、あたたかい想い出があれば生きていける。 『パプリカ』は、子どもたちにあたたかな想い出を作る曲。 未来の彼らに向けたメッセージソングだ。 大人になればなるほど、これらの言葉に涙がこぼれそうになる。 もう戻ることができないからこそ思い出す、美しい風景がある。 草のにおい、星の輝き、のびていくかげぼうし。 大人になるたび見失うけれど、子どものころにはたしかに見えていたもの、聞こえていたものがある。 『パプリカ』はまるで宝箱だ。 想い出を忘れないように、大事に閉じ込めていてくれる歌。 晴れた空に放った夢は、いつか未来の自分が受け止める。 だから大きな声で、大きな夢を空に描こう。 未来へと種を撒こう。 いつか大人になった君に、魔法のことば『パプリカ』が届きますように。 未来に向かって、かかとを弾ませ、笑顔で歌おう。 TEXT シンアキコ.

次の

to you/ジャニーズWEST 歌詞、パート割

あなた に 届け 歌詞

まだ小さな甥が、テレビを見ながら懸命に歌い、踊っている動画が添付されていた。 曲は『パプリカ』。 カタコトしか話せず字も読めない彼が、歌詞をきちんと歌えることに驚いた。 見よう見まねで大きく手を伸ばし、飛び跳ねる。 決して上手とはいえない歌を、ニコニコと楽しそうに歌う。 その姿に成長を感じた。 彼がいつか大人になり、不意に『パプリカ』を耳にする日がやってきたら。 今日のこの、楽しかった1日を思い出すだろうか。 駆けまわり、遊びつかれて昼寝をし、テレビを見て歌って踊る。 すぐそばには、彼をほほえましく見つめ、カメラを向ける父と母がいる。 何気ないけれど、ありふれているけれど、かけがえのない幸せな日。 今日の想い出が、未来の彼を励ます日が来るだろうか。 幼い甥が『パプリカ』を歌う姿に、そんなことを願ったものだ。 もちろん公式応援ソングという背景があってのことであろうが「いつの時代にも心に響くメッセージであれ」、そんな意図がくみ取れる。 今まさに『パプリカ』を口ずさみ、Foorinを真似て踊る子どもたち。 彼らが歌詞の意味を理解するのはずっと先の未来だ。 歌詞の意味が解るころ、彼らは思春期の真っただ中かもしれないし、社会に出て人波にもまれているかもしれない。 夜空を見上げることや、季節の流れを感じるゆとりさえ失うほど、忙しい日々のなかにいるかもしれない。 子どものころに口ずさんでいた歌は、いくつになっても不思議と忘れない。 歌詞を見なくともソラで歌える。 子どものころには気付かなかった曲の良さに、驚いた経験がある人も少なくないだろう。 『パプリカ』はきっと、子どもたちにとって忘れられない1曲になる。 優しいメロディやノスタルジックな歌詞は、いつか未来で彼らを励ますことだろう。 大人になると、辛いことや苦しいことにもたくさん出会う。 そんなとき、無邪気にはしゃいだ日々をふと思い出すことがある。 無垢なころの楽しかった想い出に、救われる。 けれど人は、あたたかい想い出があれば生きていける。 『パプリカ』は、子どもたちにあたたかな想い出を作る曲。 未来の彼らに向けたメッセージソングだ。 大人になればなるほど、これらの言葉に涙がこぼれそうになる。 もう戻ることができないからこそ思い出す、美しい風景がある。 草のにおい、星の輝き、のびていくかげぼうし。 大人になるたび見失うけれど、子どものころにはたしかに見えていたもの、聞こえていたものがある。 『パプリカ』はまるで宝箱だ。 想い出を忘れないように、大事に閉じ込めていてくれる歌。 晴れた空に放った夢は、いつか未来の自分が受け止める。 だから大きな声で、大きな夢を空に描こう。 未来へと種を撒こう。 いつか大人になった君に、魔法のことば『パプリカ』が届きますように。 未来に向かって、かかとを弾ませ、笑顔で歌おう。 TEXT シンアキコ.

次の