小湊 鉄道。 小湊鐵道

「小湊鉄道にキハ40がやって来る!」MS241のブログ | MS241のページ

小湊 鉄道

いつもお世話になっております。 赤祖父と申します。 今日は、千葉のローカル私鉄「小湊鉄道」にやってきています。 赤とクリーム色のツートンカラーの可愛らしい列車が特徴的です。 今回、 ローカル地方鉄道の楽しみ方をお伝えしたく、鉄道ファンの私が鉄道に興味の無い人にどう魅力を伝えられるかを試みてみました。 ありきたりな観光には飽き飽きの方に、新しい切り口の旅をご提案できればと思います。 また、いわゆる「テツ」が実際にどういう旅の楽しみ方をしているのか、その一例をご紹介したいと思います! 小湊鉄道線は、千葉県市原市の五井駅から大多喜町の上総中野(かずさなかの)駅までを結ぶ私鉄ローカル線。 上総中野駅から先は「いすみ鉄道」という別のローカル線に乗り継ぎ、JR外房線の大原駅まで抜けられます。 小湊鉄道線ホームへは、JR五井駅から改札内で繋がっていて、急にレトロな雰囲気に変わります。 小湊鉄道の乗り鉄の旅には、この1日フリー乗車券を購入しました。 鉄道に関しては「足」としての利用以外には一切興味がないとのこと。 「……というわけで、この小湊鉄道にはどうしても 女性がいないと撮れない世界一の食事スポットがあるので同行いただきました」 「電車の旅には前々から興味があったので、楽しみにしていますよ」 「あ、電車じゃないですよ小湊鉄道は。 軽油で走るディーゼルカーです。 見るとわかるとおり架線もないし、このワイルドなエンジン音と排気ガスの香りがあることから全然電車とは違う味わいがあるじゃないですか。 中でも、秘境駅や廃線廃駅巡りなどが好きです。 写真も撮りますが、基本的にはまず乗ってナンボと思ってます」 「電車…いや、車両には興味がないんですか?」 「まったくないわけじゃないですが、正直あまり詳しくはないですね。 車両専門の人ももちろんいますが、そのほかにも撮り鉄、乗り鉄、音鉄、模型、歴史、駅弁、切符、路線、時刻表…などなど、専門ジャンルはめちゃめちゃ細分化していく奥深い世界ですよ。 各ジャンル別の専門店もあったりして、使用済み切符とか、駅弁の包み紙だけとか売ってたりとかもします」 「趣味だから否定はしませんけど、理解はできかねます」 9:09、小湊鉄道の列車は定刻通り出発します。 ディーゼルエンジンがグロロロロロと唸る! 「…で、今日の予定はどうなってるんですか?」 「完璧なプランを作ってきましたよ! 乗り鉄の旅はいつもそうなのですが、 分刻みのスケジュールなので忙しいのは覚悟してください…!」 「 分刻みの意味が違う。 列車の出発時刻が分刻みなのは当たり前では…」 「ひと駅の滞在時間は1時間前後ですが、写真を撮ったり、周囲を散策したり忙しいんですってば。 やってみればわかりますよ」 「あ、あと、路線図と見比べて気付いたんですけど…」 「なんで行ったり来たりしてるんですか? 順番に行けばいいじゃないですか」 「効率的にできるだけ多くの駅を訪問するためです。 上りと下りの列車を活用するんですよ! 乗り鉄のテクニックとしては初歩の初歩です」 「意味がわからなすぎて頭が痛いです。 目的地に行くために乗るのが電車ですよね? 戻ってたら先に進まないのでは…」 「 目的地が駅だからこれで正しいんですよ。 スンナリ読める人があまりいなそうな、いわゆる難読駅です。 「この駅には【 世界一広いトイレ】があるんですよ。 広い敷地の中にガラス張りの小屋があります。 ズームしてみると、確かにトイレ!! 「ここからは私は入れないので、後は【 世界一の食事】をセルフィーでお願いします」 というわけで、 これが【世界一の便所飯】です!! 「いかがですか【 世界一の便所飯】は? 便所飯といえどもヘタしたら普通の飲食店よりも開放的な気分なのでは…!」 「ガラス張りなので 普通に蒸し暑いですね。 「個人的な好みとしては、今日一番好きかもしれない駅です」 「ここには何があるんですか? 世界一の洗面所でもあるんですか?」 「いえ。 何もな さを楽しむというのにピッタリな駅ですよ。 何もしないをする、という最高の贅沢を味わえます」 「 クマのプーさんみたいなこと言うな 」 「ここはね、ちょっと離れて駅を眺めると最高なんです」 「どうですか!! この儚い存在感!! この寂しげで物憂げな佇まい!! この角度!!!! 最高じゃないですか!?!?!? 」 「…………」 「…………」 「…あ、でも案外時間が過ぎるのははやいかも。 こんなところに1時間とか最悪すぎるとか思いましたが、移動できますね」 「そうなんですよ。 限られた時間を精一杯楽しむ。 取材時点では路線の災害により終着駅扱いで、ここから先は代行バス運行となっていました。 「ここは雰囲気がよくて、写真映えする駅です。 本当はここから先はもっとローカル感が出ていいのですが…」 「駅舎は木造でかなり古いのですが、無人駅化される前の事務所っぽい痕跡などを探すのも楽しいです」 「詰め所の建物にはあえて植林をしたりしてアート的な演出をされているようで、一層雰囲気が出ていますね。 ヘンに観光地っぽく盛り上げてせっかくの古い雰囲気が台無しになっちゃってる駅もあるなかで、こういう方向性は正解ですね」 「車掌さんが直接乗り降りするこのシーン、この駅が終着駅になっている今だからこそ見られる光景かもしれません!」 「…って! 花より駅とか車両撮って!!!! 小湊鉄道の殆どが無人駅の中、ここは駅員さんが常駐しています。 休日にはカフェなどのお店が開いていることも。 この駅では、今では珍しい「タブレット交換」が行われる光景を見ることができます。 タブレットといってもiPadのことではなくて、すごくカンタンにいうとタブレット=通票(真ん中の輪っかの先のポーチ的なものに入っている)を用いて同一区間を走る列車を制御し、事故を防止するしくみです。 「でもね、里見駅にはこれを見に来たというわけではないのです」 「これだけで次まで2時間待ちって言われたら、タクシー呼ぶところでした」 「実はこの里見駅からは、のですよ! 昭和38年に廃線になったようなのですが、まだその廃線跡が残っているというので、ぜひ追いかけてみましょう!」 「なんだかブラタモリっぽさがありますね」 地図上でもうっすらと痕跡の残るこの経路が廃線跡らしい。 「なんとなく『道』の感じが残ってますね。 ここを突き進むわけにはいきませんが…(行くとか言い出したら殴る)」 「そうですね。 ちょっと車道のほうから回ってみましょう」 茂みを回避して回り込むと、そこには鉄路が残っていました!! 「うぉおおおおお! どうですかこれ! 凄くないですか!? 歴史の痕跡がこのように今も残ってるわけですよ!! 」 「そうですね!(『笑っていいとも』の客のトーンで)」 「鉄路としては役目を終え、自然と同化するような姿…! なんと美しく、しかしながら地図上からもわかるこの痕跡…! まさにロマン! ロマンシング サ・ガ!! 次の列車待ちの間、一言も口を利いてくれないくらい「ねこあつめ」に夢中の後藤さん。 日が傾き始めてまた一層雰囲気がいいです。 「この駅は『関東の駅百選』のひとつにも選ばれている名駅舎です。 それにこのヌケのいい風景や都心からのアクセスのよさなどもあって、結構ロケ地に使われてるんですよ。 テレビのドラマやCMで観たことがある人、実は多いと思います」 「この木造駅舎なんか最高ですよ。 大抵自販機が雰囲気を壊すんですが、それがないのもポイント高い! どうです、この向こうに抜けて見える改札のあたりのフィールド・オブ・ビューは!? 」 「……(スッ……)」 「あっ」 「あ〜ギンナン拾い楽しい。 ギンナン拾い楽しい。 ギンナン拾い楽しい」 「壊れ始めた」 小湊鉄道の駅めぐり 終点・五井駅 16:38、五井駅に戻ってきました。 「やっと帰ってこれた」 「 人の愛を知らずに育った冷酷なマシーンみたいな表情してますが、実際いかがでしたか? 男女のデートに使っても結構モテるプランのでは!? と思ってるのですが…」 「デートとしては完全にナシ、というほどではないかな…鉄道のよさもほんのちょっとだけ理解できたかもしれません。 何より、近場でこんな旅気分が出るとは思いませんでした! でも、客観的に見て欲しいのですが…」 「 少なくとも、こんなキモい挙動じゃ絶対モテないと思いますよ」 「ウッ、認めざるを得ないほど 普通にキモい」 「これ停車中って説明なかったら 炎上しますよ。 それか 自殺と勘違いされます」 「気をつけます…………」 というわけで、「 乗り鉄の旅でもデートになるかもしれないけど、キモいのはダメだから自分を客観視しよう」という学びを得ることができました。 それでは、カッコいいジモコロ読者のみなさまも、ぜひ鉄道を利用してください! <> <>.

次の

【減便】時刻表

小湊 鉄道

千葉県の房総半島中央部を走る小湊鉄道に19日から20日にかけて、JR東日本から購入した車両が搬入され、数多くの鉄道ファンが詰めかけた。 千葉市の千葉貨物駅で20日未明に行われた車両のつり上げ作業には100人以上の「撮り鉄」が殺到。 狭い空き地に三脚や脚立が並べられ密集状態に。 さらに、ファン同士のトラブルも発生し警察が出動。 外出自粛が求められるなかで、大きな騒ぎとなった。 今回、小湊鉄道が導入する車両はJR東日本只見線などで使用されていた国鉄型気動車「キハ40系」。 すでに製造から約40年が経つが、現在運用している既存の気動車「キハ200形」はまもなく製造後60年に達する車両もあるため、老朽化した一部車両の代替えとして2両を購入したという。 撮影に訪れていた千葉県在住の男子大学生(19)は、「キハ40系」が只見線で運行されているのを撮りに行ったこともあるといい「好きな車両が地元に来ると聞いて、楽しみにしていました。 こんなチャンス2度とないと思います」と笑顔。 同じく千葉県の会社員男性(25)は「撮り鉄の間では貴重なネタ(列車)ですが、こんなに撮影者が集まるんですね…」と苦笑いを見せた。 小湊鉄道の担当者は「雑誌やSNSで車両の回送の予定が出ているので、人が集まってしまうかなとは思いました。 ただ、半年以上前から搬入予定は決まっていたので変えることはできなかったんです。 気持ちは分かるし、人気があること自体はうれしいのですが…」と複雑な心境を吐露。 同鉄道の里見駅長を務め、現在も業務に携わっている酒巻文之さん(79)は「コロナが終わってから、ファンの皆さんに来てもらって賑わったらうれしいです。 走り出すのが楽しみですね」と前を向いた。 小湊鉄道に搬入された「キハ40系」は今後改修が行われたうえで、運行開始時期は未定ながらも、既存の車両と併せて運用されるという。 前出の担当者は「塗装も今あるキハ200形とは少し違った感じになると思います。 (お披露目を)楽しみに待っていてください」と話した。

次の

「減便対応あほなのか」ツイートに猛反論 小湊鉄道が「大人気ない」対応をした真意

小湊 鉄道

自粛生活が続いてますが、関東の鉄道マニアの間では 事件が。 2020年春のダイヤ改正で只見線にも大きな動きが有り ました。 キハE120系が新津から会津若松へ転属し 只見線の会津若松~会津川口で運行を開始しました。 これに伴いキハ40系の運用離脱が発生し廃車回送が行 われました。 只見線の会津若松側で運用されていた キハ40系は郡山へ集められ廃車又はミヤンマー行きかと思われていましたが、小湊鉄道へ2両が譲渡になりました。 こんな凄いニュースにコロナも忘れそうです! NETの鉄道マニア情報だと小湊鉄道のキハ200形の中に非冷房車両のキハ209・210を置き換えるのではと憶測が・・・ 小湊鉄道でキハ40が運用されたら上総中野駅でいすみ鉄道のキハ52+28が同じホームに並ぶんですよ、これは事件です。 JR東日本エリアの烏山線からキハ40がキハE120に置き換えされてキハ40は東北エリアに行くか新潟の新津まで行かないとお目に掛かれませんでした。 大勢の鉄道ファンに見送られて無事19日に蘇我へ到着しました。 撮り鉄達が沿線に蜜状態で群がったとニュースになりましたが、キハ40が房総半島で見れるとは、暴走したくなりますね。 何と言うことでしょう!キハ40がキハ200を伴って試運転をしたそうな、どちらも昭和のディーゼルカーです。 どうかお願い!このまま東北カラーのまま走り続けて欲しい! Nゲージのジオラマ作りが小湊鉄道を題材に始動しそうです。 この場を借りてお詫び致します。

次の