しゅうまいレシピ。 平野レミさんの逆さまシュウマイのレシピ。包まない簡単しゅうまい。

【みんなが作ってる】 焼売のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

しゅうまいレシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

レタスを皮にして レタスしゅうまい 作り方・レシピ

しゅうまいレシピ

実は簡単!しゅうまいが家庭料理にふさわしい理由 しゅうまいは包むのが難しいのでは? と思われがちですが、実は餃子のようにヒダを作るような指先のテクニックは不要で、しゅうまいの皮と肉あんを密着させるだけ! ひき肉、玉ねぎ、しょうが、調味料だけで充分に美味しく作れるのも魅力。 肉料理でありながらやわらかく、胃腸に優しい蒸し料理なので、お子さまからご年輩の方まで幅広い年代に愛される優秀なご飯のおかず。 蒸したてのしゅうまいは格別の美味しさですが、今回は冷めてもかたくなりにくいレシピをご紹介します。 対策として「ごま油」(白ごま油、米油、ラード、サラダ油などでもOK)を加えます。 油を加えることで乾燥を防ぎ、冷めてもかたくなりにくいしゅうまいに。 また、玉ねぎを加える前にひき肉と調味料を練り合わせることで、均一な味付けになりなめらかな食感に仕上がります。 2.1のボウルの肉あんを片側に寄せ、空いたスペースに玉ねぎを入れ、玉ねぎに片栗粉をまぶす。 対策として、ひき肉をしっかり練った後に「接着剤」の役割がある片栗粉をまぶした玉ねぎを混ぜることで崩れにくくなります。 また片栗粉は、玉ねぎの甘い水分を逃さず、食感を際立たせる役割もあります。 3.肉と玉ねぎを混ぜる。 4.肉あんを均等に分ける。 肉あんを四角いバットなどに移し替え、平らにならし、分けたい個数になるように均等な線を入れると簡単に分けることができます。 しゅうまいに限らず、餃子やハンバーグなどでも便利です。 しゅうまいの大きさを均一にすることで加熱時間を一定にし、加熱ムラなどを防ぐことができます。 しゅうまいの包み方 1.人差し指と親指で輪を作り、しゅうまいの皮をおき中央に肉あんをのせる。 まず加熱時に蒸し器の水分が少なすぎる場合と、肉あんが少なすぎる場合が考えられます。 しゅうまいの皮をめいいっぱい使い、肉あんを包むイメージで調整してください。 2.スプーンやヘラで肉あんを少しずつ押し入れつつ、皮と肉あんを密着させるように軽く握る。 隙間ができないように、なおかつ、肉あんが変形しない程度の絶妙な力加減で全体を握るようにくっつけてください。 3.しゅうまいの底をまな板に軽く押し当て、平らにする。 しゅうまいの蒸し方 セイロまたは蒸し器にクッキングシートを敷き、しゅうまいを少し離して並べ、しっかり蒸気が上がった状態で加熱を始め、フタをして『強火』で約10分蒸す。 今回は100円均一で購入したステンレス製の「蒸し目皿」を使用しました。 ひとつは蒸し器に入れる水の量が多すぎる場合。 湯が蒸し器の穴や隙間から溢れるほどの量では多すぎるので水の量を減らしてください。 もうひとつはフタの内側の水滴がしゅうまいにかかる場合です。 もし穴のないフタを使用する場合、フタの内側にたまる水蒸気を逃すためフタを少しずらすか、蒸し布(清潔な濡れ布巾)でフタを覆う対策が必要です。 蒸し器がなくてもフライパンひとつで簡単に調理ができます。 食感が欲しい場合は「たけのこ」や「きくらげ」、香りを足したい場合は「しいたけ」や「干ししいたけ」、うま味をアップさせたい場合は「えび」や「貝柱」、見た目のアクセントに「グリーンピース」をのせるなど好みでアレンジは無限大! ぜひ、お試しくださいね。 キーワード.

次の

本当に美味しいしゅうまい|何度も作りたい定番レシピVol.72

しゅうまいレシピ

実は簡単!しゅうまいが家庭料理にふさわしい理由 しゅうまいは包むのが難しいのでは? と思われがちですが、実は餃子のようにヒダを作るような指先のテクニックは不要で、しゅうまいの皮と肉あんを密着させるだけ! ひき肉、玉ねぎ、しょうが、調味料だけで充分に美味しく作れるのも魅力。 肉料理でありながらやわらかく、胃腸に優しい蒸し料理なので、お子さまからご年輩の方まで幅広い年代に愛される優秀なご飯のおかず。 蒸したてのしゅうまいは格別の美味しさですが、今回は冷めてもかたくなりにくいレシピをご紹介します。 対策として「ごま油」(白ごま油、米油、ラード、サラダ油などでもOK)を加えます。 油を加えることで乾燥を防ぎ、冷めてもかたくなりにくいしゅうまいに。 また、玉ねぎを加える前にひき肉と調味料を練り合わせることで、均一な味付けになりなめらかな食感に仕上がります。 2.1のボウルの肉あんを片側に寄せ、空いたスペースに玉ねぎを入れ、玉ねぎに片栗粉をまぶす。 対策として、ひき肉をしっかり練った後に「接着剤」の役割がある片栗粉をまぶした玉ねぎを混ぜることで崩れにくくなります。 また片栗粉は、玉ねぎの甘い水分を逃さず、食感を際立たせる役割もあります。 3.肉と玉ねぎを混ぜる。 4.肉あんを均等に分ける。 肉あんを四角いバットなどに移し替え、平らにならし、分けたい個数になるように均等な線を入れると簡単に分けることができます。 しゅうまいに限らず、餃子やハンバーグなどでも便利です。 しゅうまいの大きさを均一にすることで加熱時間を一定にし、加熱ムラなどを防ぐことができます。 しゅうまいの包み方 1.人差し指と親指で輪を作り、しゅうまいの皮をおき中央に肉あんをのせる。 まず加熱時に蒸し器の水分が少なすぎる場合と、肉あんが少なすぎる場合が考えられます。 しゅうまいの皮をめいいっぱい使い、肉あんを包むイメージで調整してください。 2.スプーンやヘラで肉あんを少しずつ押し入れつつ、皮と肉あんを密着させるように軽く握る。 隙間ができないように、なおかつ、肉あんが変形しない程度の絶妙な力加減で全体を握るようにくっつけてください。 3.しゅうまいの底をまな板に軽く押し当て、平らにする。 しゅうまいの蒸し方 セイロまたは蒸し器にクッキングシートを敷き、しゅうまいを少し離して並べ、しっかり蒸気が上がった状態で加熱を始め、フタをして『強火』で約10分蒸す。 今回は100円均一で購入したステンレス製の「蒸し目皿」を使用しました。 ひとつは蒸し器に入れる水の量が多すぎる場合。 湯が蒸し器の穴や隙間から溢れるほどの量では多すぎるので水の量を減らしてください。 もうひとつはフタの内側の水滴がしゅうまいにかかる場合です。 もし穴のないフタを使用する場合、フタの内側にたまる水蒸気を逃すためフタを少しずらすか、蒸し布(清潔な濡れ布巾)でフタを覆う対策が必要です。 蒸し器がなくてもフライパンひとつで簡単に調理ができます。 食感が欲しい場合は「たけのこ」や「きくらげ」、香りを足したい場合は「しいたけ」や「干ししいたけ」、うま味をアップさせたい場合は「えび」や「貝柱」、見た目のアクセントに「グリーンピース」をのせるなど好みでアレンジは無限大! ぜひ、お試しくださいね。 キーワード.

次の