生活支援員 埼玉。 介護支援専門員実務研修受講試験

障害者職業生活相談員|独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

生活支援員 埼玉

健康生活支援講習 高齢期に健康で安全な生活を送るための、病気や事故の予防、地域での支援活動、要介護高齢者に対する自立に向けた介護の仕方などの知識と技術を学びます。 健康生活支援講習には、検定合格者に認定証を発行する「支援員養成講習」と、災害時に避難所で生活する高齢者への対応を学べる「災害時高齢者生活支援講習」(認定証の発行なし)の2種類があります。 健康生活支援員養成講習 講習単位が受講しやすいように内容ごとに区切られています。 1コマずつ、ご受講が可能です。 未受講分を後日受講することができます。 受講対象• 満15歳以上の方• 受講費用• 初回900円(教材費等) 2回目以降は1年以内に限り無料• 受講日数• 3日(時間については、講習スケジュールのページを参照ください)• あり(学科・実技) 全コマ受講を終了し、検定(学科)合格者には、健康生活支援講習支援員の「認定証」を交付します。 災害時高齢者生活支援講習 災害時には、避難所で生活する高齢者の方々の健康管理が重要です。 脱水や感染症を予防することの重要性や寝たきりを防ぐための介助の仕方などを習得できます。 ・災害について ・避難所で気をつけたい症状 ・床からの起き上がり、立ち上がり• 受講対象• 規定時間参加できる方• 受講費用• 150円(教材費等)• 受講日数• 半日(時間については、講習スケジュールのページを参照ください)• 受講証• 参加者には受講証を交付 3. 申込方法と受講の可否の連絡について• お申込み受付開始• 各講習とも開催日の2か月前を受付け開始日とします。 例えば、8月16日からの講習の場合、6月16日から受付を開始します。 申込方法• このページに掲載の事項をお読みいただき、【日程・申し込みはこちら】をクリックしてください。 なお、お申込みによって、すべての事項に同意されたとみなします。 ページの「講習種別」から、希望の講習を選択し表示させます。 【受付中】の日程をクリックし、入力ページを表示させます。 必要事項を入力し、ご確認のうえ、送信してください。 講習によっては、認定証番号の入力が必要になります。 認定証番号が分からない場合は、0で入力してください。 埼玉県支部以外の都道府県支部から認定証が発行されている場合は、認定証の両面コピーをFAX又は郵送にて埼玉県支部までお送りください。 誤入力により受付できないとのお問い合わせが多くあります。 お問い合わせの前に、項目ごとの全角・半角をご確認ください。 お申込み後、入力されたメールアドレス宛にflishc systems-i. jpから確認のための自動返信メールをお送りします。 自動返信メールの本文中のURLをクリックして登録完了となりますので、お忘れのないようにお願いいたします。 なお、メール拒否設定などをされている方は、必ず送信の前に上記メールを受信できるよう設定をお願いいたします。 送信してもお申込みができない場合は、次の事項を記入し、郵送・FAXでお申し込みください。 電話でのお申し込みはできません。 ・希望コース ・氏名、フリガナ ・性別 ・郵便番号、住所 ・電話番号 ・メールアドレス ・生年月日• 受講の可否の連絡(当日のご案内)• 各講習とも開催日の1か月前を締切日としています。 (例えば、8月16日からの講習の場合、7月16日で受付を締め切ります。 ) 締め切り日の時点で定員を超過する申し込みがあった場合、お申込者全員を対象に抽選いたします。 抽選にあたっては、埼玉県在住の方を優先させていただきます。 なお、締め切り日の時点で定員に達していない場合、すでに申し込まれた方は受講決定となり、そのほか定員に達するまで先着順で受付いたします 受講申し込みの締め切り後、受講が決定された方には、受講案内(日時・場所・持ち物等が記載されているもの)をおおむね開催日の 2週間前を目途に、申込の際に入力された住所へお送りします。 また応募者多数により抽選を行った結果、漏れてしまった方には、同じく2週間前を目途に結果をお送りいたします。 なお、1週間前を過ぎても案内が届かない場合は、電話またはメールにてお問い合わせください。 注意事項 必ずすべての事項をお読みいただき、【日程・申し込みはこちら】をクリックしてください。 お申込みによって、すべての事項に同意されたとみなします。 お申込み時点で、「認定証」がお手元にない方はお申込みできません。 キャンセルについて 申込後、ご都合が悪くなった方は、直ちに埼玉県支部講習係へご連絡ください。 なお、無断キャンセルされた場合は、一定期間、埼玉県支部が主催する講習をお申込みいただけなくなることがあります。 検定結果の通知について(認定証の送付時期について) 4週間前後で郵送しますので、余裕を持った受講をお願いいたします(合格者には認定証を同封します)。 なお、電話等による合否のお問い合わせは受け付けておりません。 また、他の受講生よりも先行して個別に発行することはできません。 なお、救急法基礎・養成講習連続コースのみ救急法基礎講習修了時に合否をお伝えいたします。 受講料について 受講料は、当日各会場で直接お支払いください。 その際、おつりが無いようにお願いします。 なお、税率改定に伴い、受講料が変更されることがあります。 言語について すべて日本語で行います。 日本語以外の教本の用意はありません。 また、通訳を介しての受講はできません。 遅刻・早退について 講習開始時間に遅刻した場合、理由の如何を問わず、受講できないことがあります。 また、講習中の早退はできません。 早退された場合、受講費用の返還はいたしかねます。 検定について 講習の全日程を参加した方が対象になります。 講習の中止ついて 大規模な災害等が発生した場合や定員を大幅に下回った場合、感染症等の流行時には、講習を中止することがあります。 また、悪天候が予想される場合は、受講者の安全を考え、講習の振替や中止をすることがありますので、ご了承ください。 講習を途中で中止した場合の受講費用は、すでに教材を配付しているため、原則として返還いたしかねます。 その他 上記の他、日本赤十字社埼玉県支部トップページの講習箇所に掲載している「よくある質問」をご確認ください。

次の

社会福祉法人 啓和会 / <生活支援員/正社員>福祉施設でのお仕事!!(埼玉県久喜市)

生活支援員 埼玉

掲載日:2020年6月10日 消費生活相談員を募集します(埼玉県消費生活支援センター) 埼玉県では、次のとおり埼玉県消費生活支援センターに勤務する会計年度任用職員(消費生活相談員)を募集します。 職務内容・募集人員等 募集職種 消費生活相談員 募集人員• 埼玉県消費生活支援センター 本所 若干名• 埼玉県消費生活支援センター熊谷 若干名 勤務場所• 埼玉県消費生活支援センター 本所 川口市上青木3-12-18 SKIPシティA1街区2階• 埼玉県消費生活支援センター熊谷 熊谷市末広3-9-1 熊谷地方庁舎3階 職務内容 消費生活に関する相談及び苦情の処理並びに消費者啓発業務 任期 採用の日から令和3年3月31日まで 勤務成績が良好で一定条件を満たした場合、再度任用されることがあります。 応募資格 1. 次のいずれかの資格を有する人• 消費生活相談員(国家資格)• 独立行政法人国民生活センターが認定した「消費生活専門相談員」• 一般財団法人日本産業協会が認定した「消費生活アドバイザー」• 一般財団法人日本消費者協会が認定した「消費生活コンサルタント」 2. 地方公務員法第16条に規定する次の欠格条項のいずれかに該当する人は応募できません。 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人• 埼玉県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人• ただし、当番制により本所での土曜勤務があります。 社会保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入 有給休暇 年次休暇10日(初年度)・ 夏季休暇4日(6月から9月の期間内) (県の規定による。 変更される場合があります。 ) その他 「勤務条件」について• 任用期間中に関係条例、規則等の改正が行われた場合は、その定めによるところにより変更します。 選考方法 一次審査 提出書類による書類審査• 志望動機を400字以内で記述してください。 結果は書類受付終了後、応募者全員に発送します。 二次審査 一次審査の合格者を対象に面接及び論文• 詳細な時間等は追って連絡します。 二次審査終了後、7日以内に発送します。 提出書類• *同一ファイル内にあります• 資格を証する書類の写し• (志望動機を400字以内で記述してください。 エクセルと同じ内容です。 申込期限等 申込方法 応募書類を埼玉県消費生活支援センター(本所)まで直接持参するか、下記まで郵送してください。 郵送の場合は、封筒の表に、「会計年度任用職員(消費生活相談員)採用選考申込書在中」と朱書きしてください(電子メール及びファックスでの応募は御遠慮ください)。 受付期間• 直接持参の場合 受付時間 9時から17時まで(土曜日・日曜日、祝日は除く) 応募・問合せ先 埼玉県消費生活支援センター 相談担当 真仁田 〒333-0844 川口市上青木3-12-18 SKIPシティA1街区2階 電話:048-261-0978.

次の

クリード和光 / 【クリード和光/生活支援員】利用者様の笑顔に貢献!やりがいのある職場★(埼玉県和光市)

生活支援員 埼玉

子どもたちの就寝後は、夜間3回の各室の巡回が主な業務で、交代で休憩を取りながら見守り、対応を行っています。 学齢期の児童については学校生活の様子にも気を配り、学校の先生と連携をとるため、毎日連絡帳で情報のやりとりをしています。 仕込みの時間は、時折、利用者と雑談を交えてコミュニケーションをとることで、普段の生活の様子をうかがったり、悩みや不満を聞いたりする時間にもなっています。 開店すると、厨房とホールに分かれて、利用者と一緒に厨房の業務や接客業務に取り組んでいます。 昼食は、利用者には営業中に交代で食べてもらい、閉店後は、役割を分担して、後片付けや翌日の仕込みを行います。 夜間はそれぞれ居室でゆったりと過ごしたり、好きなテレビを見たりと思い思いに過ごしています。 利用者も一番ゆっくりできる時間なので、その時に利用者の想いや悩みに寄り添い、しっかり話を聞く時間となるよう心がけています。 スタッフの心に残るエピソード 利用者と飛行機を利用した一泊旅行が心に残っています。 それまでは車で行ける近隣への旅行ばかりでしたが、利用者のみなさんに色々な経験をしてほしいという願いから、初めて飛行機に乗って旅行に行く企画をたてました。 初めての場所と乗ったことのない乗り物…。 参加する利用者には、事前に大きな紙で、何に乗るか、現地に行って何をするのかを写真や絵、そして文字を使って伝え、細かいスケジュールはいつでも確認できるようにしおりを作り、旅行の準備をしました。 しおり通りに飛行機に搭乗したものの、緊張はその表情からも感じとれました。 飛行機が飛び立った瞬間、支援スタッフにつかまる人や声を上げて怖さを表す人もいました。 でも、利用者と支援スタッフ合わせて20人で「大丈夫。 私たちはできるよ。 」と声を掛け合い、乗り越えられたあの瞬間は今でも忘れられません。 その後の旅行先では支援スタッフの私たちが当たり前に体験することに、利用者が一喜一憂しながらもチャレンジする表情や、自信に満ちた表情、満面の笑みをみることができて、本当によかったと思いました。 「できないかも。 」ではなく、「できるためにどうするか。 」そして利用者の心に寄り添うことが一番大事だと学ぶことができたエピソードでした。 未経験でも、資格がないと働けないのでしょうか? 資格がなくても、やる気があれば働くことができます。 働きながら様々な資格を取得し、スキルアップを図ることで、仕事の幅を広げることができます。 大切なのは働くことへの挑戦心。 迷ったり、悩んだりすることもありますが、仲間に支えられ成長できます。 生涯をかけて打ち込める仕事です。 やりがいを感じる時は? やりがいを感じる瞬間は人によって様々ですが、障がいのある方の「できること」を発見した時、いきいきとした様子や笑顔が見られた時に、特にやりがいや喜びを感じます。 そもそもどんな仕事なのでしょうか? 障がいのある人に対し、日常生活の支援をしたり、相談にのったりする仕事です。 スタッフと関係機関がチームを組んで支援をするので、安心して仕事をすることができます。 どう接したらよいかわからず不安です… 障がいがあるからといって特別なことは何もありません。 その方の個性や特性を理解し、少しずつ信頼関係を深めていくことにより、コミュニケーションがとれるようになっていきます。 お給料や待遇も気になるのですが… 勤務する法人や取得資格で給与水準が違いますが、障がい福祉サービスの費用は国や自治体が負担していて安定しています。 また、国では支援スタッフの給与の改善に向けた取組みを進めています。 勤務は不規則なのでしょうか? 事業形態や職種によって様々な勤務形態がありますが、日々のリズムを作ることに気をつければ問題なく働けます。 休日の時間を充実させているスタッフも多くいます。 職場の雰囲気は? より良い支援をするために、先輩からアドバイスを受けたり、スタッフ同士で話し合う機会も多い仕事です。 働きながらチームワークを育む事ができる職場(仕事)です。

次の