ファオヤーストレージ。 ファヤージュ 9個入:クッキー

無料で使えるオンラインストレージ firestorage(ファイアストレージ)

ファオヤーストレージ

ファィヤーウォールのログで、弾かれているルータport53からのアクセスが多い件について 先ほど気づいたのですがファイヤーウォールのログを見ると、ルータのport53からのアクセスがやたらと多いことに気づきました。 168. 168. 1:53 192. 168. 8はmac os10. 6 です。 192. 168. 1はルータ NTTフレッツ光のRT200KI です。 ちなみに、macは計5台稼働していて、OS10. 6の3台とも同じ様にログがたまります。 OS10. 5と10. 7では、その様なログは出ません。 どのmacも標準のファィヤーウォールを効かせています。 どうやらHPを見るなどインターネットにアクセスしたときに貯まるみたいです。 ルータを再起動してグローバルIPを変えてもやっぱり同じです。 全てのmacでウイルススキャン ClamXav しても、何もひっかかってきません。 とりあえず調べた限りではport53はDNSサーバーだから心配いらないらしいのですが、 ルータのWANのケーブルを引っこ抜くとログもとまり、再びWANにケーブルをつなげるとログが溜まりだすみたいです。 なんだか外部からポートを探られているようで気持ちが悪いです。 これって、気にしなくても良いのでしょうか? 補足poet53からの問い合わせは、DNSの正常な仕様で、問題ないもの。 しかし、無視するのは、FW側の問題と言うことでしょうか。 無視されても大丈夫な問い合わせパケットが仕様になっているのが問題なのか、 無視しても大丈夫なログを残すのが問題なのか、 無視してよいログをきにする私が問題なのか、 2年前は現役だったOSとはいえ、2世代前のOSを使い続けること自体が問題なのか、 いろいろ、考えさせられることでした。 168. 168. 無視しないで検出しているFW側の問題では? FWに関して問い合わせはしたんですか? port53はDSN問い合わせの結果を送信してくるポートですから、必ずアクセスしてくるでしょう。 >ルータのWANのケーブルを引っこ抜くとログもとまり 相手への接続が止まるからでは? >なんだか外部からポートを探られているようで気持ちが悪いです。 アクセスしてきているのはDSN(ルータ)ですから、外部じゃないですよね? DNSサーバーのアドレスを外部のものに変えれば、メッセージもかわるでしょう。 心配するなら、外部からのアクセスより、何を問い合わせてるかじゃないですかね。 補足 >poet53からの問い合わせは、DNSの正常な仕様で、問題ないもの。 >しかし、無視するのは、FW側の問題と言うことでしょうか。 問い合わせではなく、パソコン側からの問い合わせの結果が返ってきている。 >無視されても大丈夫な問い合わせパケットが仕様になっているのが問題なのか、 UDPを理解していますかね? >無視しても大丈夫なログを残すのが問題なのか、 >無視してよいログをきにする私が問題なのか、 エラーログでは無いでしょう? 「ログ」で一色単にするのが問題。 「ログ」を何のために出力するのか、よく考えましょう。 >2年前は現役だったOSとはいえ、2世代前のOSを使い続けること自体が問題なのか、 関係ない。

次の

無料で使えるオンラインストレージ firestorage(ファイアストレージ)

ファオヤーストレージ

もくじ• Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカードは、写真やビデオをたくさん保存したい方にオススメです。 そこで写真の保存先や対応アプリのインストール先をmicroSDカードに設定する手順や注意点などを、Fire OS別に説明します。 そのため、お手持ちのFireタブレットで「 Fire OSのバージョン」を確認してください。 「内部ストレージ」はFireタブレットの内部ストレージと同じように管理され、アプリやデータ、その他のコンテンツなどを保存できます。 ただし、取り外してパソコンなどで読み込むことはできません。 「外部ストレージ」はFireタブレットで撮影した写真やビデオ、その他のコンテンツなどを保存でき、取り外してパソコンなどで読み込むこともできます。 ただし、アプリ関連は保存できません。 Amazonさんは Fire OS 6では「内部ストレージ」として設定するのを推奨していましたが、下で説明するような不具合が確認されているためか、 Fire OS 7では推奨の表記をやめています(内部ストレージに関するヘルプページも削除されました)。 そのため、アプリを大量にインストールしたい場合などを除き、 microSDカードは「外部ストレージ」として設定するのをオススメします。 コンテンツが保存できない不具合やmicroSDカードが認識されない不具合は通知で気付きますが、容量が正しく認識されない不具合や同時に減少する不具合は気付きにくいため厄介です。 今のところmicroSDカードを「 外部ストレージ」に設定したFireタブレットでは同様の不具合は確認されていないため、 心配な方はmicroSDカードを外部ストレージとして設定するのをオススメします。 「内部ストレージ」設定時の不具合• コンテンツが保存できない• microSDカードが認識されない• microSDカードの容量が正しく認識されない• 内部ストレージとmicroSDカードの容量が同時に減少する Fire OS 7の注意点 Fire OS 7で「 内部ストレージ(タブレットのストレージ)」用にmicroSDカードをフォーマットすると、「 ストレージデバイスのパフォーマンス低下」というメッセージがでることがあります(注意書きが不安になる内容ですね)。 メッセージの説明からmicroSDカードの速度不足が原因と思われますが、同じカードをフォーマットしてもメッセージがでなかったり、アプリの実行に適しているとされるA1対応のカードでもメッセージがでることがあったりと別の原因も考えられるため、 心配な方はmicroSDカードを外部ストレージとして設定するのをオススメします。 microSDカードの速度不足が原因? Google Playの注意点 microSDカードを「 内部ストレージ」に設定したFireタブレットに「 Google Play」をインストールすると「 Play ストア」が正常に動作しない不具合が確認されています。 この不具合は、Fireタブレットを再起動したりmicroSDカードを差し直すとストアは動作するため気付きにくいのですが、そのまま使い続けると最悪の場合Fireタブレットが停止して一切の操作を受け付けなくなります。 今のところmicroSDカードを「 外部ストレージ」に設定したFireタブレットでは同様の不具合は確認されていないため、 Google Playを使いたい方はmicroSDカードを外部ストレージとして設定するのをオススメします。 また、Fireタブレットが起動しない場合、設定メニューから初期化できませんので、同様の不具合でお困りの方はリンク先の「リカバリーモードから初期化」をお試しください。 内部ストレージとして使う 内部ストレージは自動で管理 「 内部ストレージ」として使う場合、初回設定時にFireタブレットの内部ストレージに保存されているデータをmicroSDカードに移動すれば、その後はすべて自動で管理してくれます。 なお、microSDカードがフォーマット済みの場合、「 互換性のないmicroSDカード」ダイアログがでることがありますが、「 フォーマットして消去」をタップすれば問題ありません。 取り外してパソコンなどで簡単に読み込むことができないのと、別のFireタブレットに差し替えても認識しないため、Fireタブレットが壊れるとデータも失ってしまう点は少し心配ですね。

次の

【楽天市場】モロゾフ ファヤージュ MO

ファオヤーストレージ

もくじ• Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカードは、写真やビデオをたくさん保存したい方にオススメです。 そこで写真の保存先や対応アプリのインストール先をmicroSDカードに設定する手順や注意点などを、Fire OS別に説明します。 そのため、お手持ちのFireタブレットで「 Fire OSのバージョン」を確認してください。 「内部ストレージ」はFireタブレットの内部ストレージと同じように管理され、アプリやデータ、その他のコンテンツなどを保存できます。 ただし、取り外してパソコンなどで読み込むことはできません。 「外部ストレージ」はFireタブレットで撮影した写真やビデオ、その他のコンテンツなどを保存でき、取り外してパソコンなどで読み込むこともできます。 ただし、アプリ関連は保存できません。 Amazonさんは Fire OS 6では「内部ストレージ」として設定するのを推奨していましたが、下で説明するような不具合が確認されているためか、 Fire OS 7では推奨の表記をやめています(内部ストレージに関するヘルプページも削除されました)。 そのため、アプリを大量にインストールしたい場合などを除き、 microSDカードは「外部ストレージ」として設定するのをオススメします。 コンテンツが保存できない不具合やmicroSDカードが認識されない不具合は通知で気付きますが、容量が正しく認識されない不具合や同時に減少する不具合は気付きにくいため厄介です。 今のところmicroSDカードを「 外部ストレージ」に設定したFireタブレットでは同様の不具合は確認されていないため、 心配な方はmicroSDカードを外部ストレージとして設定するのをオススメします。 「内部ストレージ」設定時の不具合• コンテンツが保存できない• microSDカードが認識されない• microSDカードの容量が正しく認識されない• 内部ストレージとmicroSDカードの容量が同時に減少する Fire OS 7の注意点 Fire OS 7で「 内部ストレージ(タブレットのストレージ)」用にmicroSDカードをフォーマットすると、「 ストレージデバイスのパフォーマンス低下」というメッセージがでることがあります(注意書きが不安になる内容ですね)。 メッセージの説明からmicroSDカードの速度不足が原因と思われますが、同じカードをフォーマットしてもメッセージがでなかったり、アプリの実行に適しているとされるA1対応のカードでもメッセージがでることがあったりと別の原因も考えられるため、 心配な方はmicroSDカードを外部ストレージとして設定するのをオススメします。 microSDカードの速度不足が原因? Google Playの注意点 microSDカードを「 内部ストレージ」に設定したFireタブレットに「 Google Play」をインストールすると「 Play ストア」が正常に動作しない不具合が確認されています。 この不具合は、Fireタブレットを再起動したりmicroSDカードを差し直すとストアは動作するため気付きにくいのですが、そのまま使い続けると最悪の場合Fireタブレットが停止して一切の操作を受け付けなくなります。 今のところmicroSDカードを「 外部ストレージ」に設定したFireタブレットでは同様の不具合は確認されていないため、 Google Playを使いたい方はmicroSDカードを外部ストレージとして設定するのをオススメします。 また、Fireタブレットが起動しない場合、設定メニューから初期化できませんので、同様の不具合でお困りの方はリンク先の「リカバリーモードから初期化」をお試しください。 内部ストレージとして使う 内部ストレージは自動で管理 「 内部ストレージ」として使う場合、初回設定時にFireタブレットの内部ストレージに保存されているデータをmicroSDカードに移動すれば、その後はすべて自動で管理してくれます。 なお、microSDカードがフォーマット済みの場合、「 互換性のないmicroSDカード」ダイアログがでることがありますが、「 フォーマットして消去」をタップすれば問題ありません。 取り外してパソコンなどで簡単に読み込むことができないのと、別のFireタブレットに差し替えても認識しないため、Fireタブレットが壊れるとデータも失ってしまう点は少し心配ですね。

次の