寄生 され た カタツムリ。 カタツムリ

寄生虫すごいぜ! 想像を超える見事な生存・繁殖戦略(大谷 智通)

寄生 され た カタツムリ

このカタツムリには天敵がいます。 カタツムリは動きが遅いため、多くの天敵がいますが、その天敵の中には恐ろしい寄生虫がいます。 この寄生虫はロイコクロリディウムといい、アメリカやヨーロッパに生息しています。 日本でも北海道で感染したカタツムリが確認されています。 ロイコクロリディウムは、卵の間は鳥の糞の中で過ごし、カタツムリがその糞を食べるのをずっと待っています。 カタツムリがその糞の中にある卵を食べると、カタツムリの体内でふ化をします。 そして、カタツムリが食べる餌を貰いながらロイコクロリディウムは成長をします。 ここまではよくある寄生虫のお話。 でも…。 ロイコクロリディウムが恐ろしいのはここからです。 ロイコクロリディウムはカタツムリの触覚に移動をします。 ロイコクロリディウムは脈動をして、触覚に違和感を覚えたカタツムリはそれを解消するためにうねうねと触覚を動かし続けます。 また、ロイコクロリディウムはカタツムリの脳もコントロールできることがわかりました。 身体の乗っとり…。 カタツムリは基本的に夜になると活動をしますが、ロイコクロリディウムはカタツムリの活動を昼中心に変えてしまうのです。 ( 虫動画につき注意) なぜロイコクロリディウムは昼にカタツムリを動かすのでしょうか?その目的は、鳥にカタツムリを食べさせるため。 触覚をうねうねと動かすカタツムリはまるで芋虫に見えます。 芋虫と勘違いした鳥が寄生されたカタツムリを食べて、カタツムリから鳥に戻ります。 そして、鳥の腸で成虫ジストマに成長。 鳥の食べた栄養を吸収して生き続けそこで繁殖をします。 繁殖は1個体でもできるし、1固体がオスメス両方の生殖器を持っているため交尾も可能です。 どうやっても増えていく寄生虫です。 そして、卵が鳥の糞とともに地上へ落ち、カタツムリに食べられ、また新たな固体が生まれるサイクルを繰り返しています。 寄生虫が一度宿主の鳥からカタツムリに変えて、再び鳥の体内に戻る・・・。 鳥に寄生したままでよいのでは?実は、卵は鳥の体内で孵化できません。 鳥の糞がないと孵化することが無理なのかもしれません。 ロイコクロリディウムはもう一度鳥の中に入るために、カタツムリを利用しているのです。

次の

寄生虫すごいぜ! 想像を超える見事な生存・繁殖戦略(大谷 智通)

寄生 され た カタツムリ

まだまだ危険ではないでしょうか?下のサイトでこのように書かれています。 「なお、カタツムリと鳥に寄生するのがメインであって人間には寄生しないのですが、間違って寄生されると死に至る危険があり、数件ですが死亡例もあるとのこと。 また、カタツムリは今回のこの寄生虫に限らず、いろいろな寄生虫の中間宿主にされていることが多いそうなので、触る際には気をつけましょう。 」 寄生虫を見る勇気がありましたら、以下のページを参考にしてみてください。 吸虫類のLeucochloridium(ロイコクロリディウム、あるいはレウコクロリディウム)はかなり一風変わった有名な寄生虫で、幼虫の時にはカタツムリに寄生します。 寄生されたカタツムリは普段は鳥などに見つからないように葉っぱの影などにいるのに、寄生虫に操られているかのように目立つ場所へと移動していきます。 それだけならまだしも、この寄生虫はカタツムリの触角に移動し、戦慄すべき動きを行って、鳥の目を引きます。 そして案の定、カタツムリは鳥に突っつかれて食べられ、この寄生虫は鳥に寄生するというわけ。 さらに鳥の中で成虫になると、今度は幼虫を含んだフンがこの鳥から排泄され、そのフンをカタツムリが食べて……という恐るべき繁殖サイクルを繰り返すわけです、恐ろしい……。 wikiからの抜粋 広東住血線虫などの寄生虫を持っている事がままあり、触れた後にしっかり石鹸や洗剤で手や触れた部分を洗わなければ、直接および間接的に口・眼・鼻・陰部などの各粘膜および傷口から感染する恐れがある。 また、体内に上記の寄生虫が迷入・感染すると、中枢神経系で生育しようとするために眼球や脳などの主要器官が迷入先である場合が多いので、罹患者は死亡または重い障害が残るまでに至る可能性が大きい。 また、エスカルゴは寄生虫などが付かないように衛生的に養殖されているそうですので、食べても大丈夫だそうです。 (私は好みではありませんが).

次の

【動物】寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に 台湾(閲覧注意)

寄生 され た カタツムリ

参照元 wikipedia この寄生虫は基本的にカタツムリと鳥を行き来して生活しています。 カタツムリと鳥とはなんだか奇妙な組み合わせですがその行き来の仕方も奇妙なんです。 ロイコクロリディウムの最終宿主(目的の寄生する生物)は鳥です。 鳥の体内に入る事によってロイコクロリディウムは成虫になる事ができます。 成虫になったロイコクロリディウムは直腸に寄生してそこで卵を産みます。 その卵は糞と一緒に鳥の体内より排出されるのです。 糞と一緒に排出された卵、実はそのままでは孵化できません。 カタツムリに食べられる事によって初めて卵から孵る事ができるのです。 鳥が糞をどこでするかは分からないので、運が良い個体だけがカタツムリの消化器内で卵から孵化できます。 孵化したロイコクロリディウムはカタツムリが食べたエサから栄養をとり大きくなり、 カタツムリの触覚に移動していって、膨れたり、脈動するのです。 大切な触覚に他の生物が入ったカタツムリは気持ちが悪いので触覚を動かして何とかしようとするのですが、その動きが芋虫の様な動きになり、鳥に発見されて万事休すというわけです。 ロイコクロリディウムの一生 鳥の直腸にいる成虫が卵を産み糞とともに出てきます。 この繰り返しです。 ただ、本来、鳥はカタツムリを食べる機会があまり無いそうです。 というのもカタツムリは天敵などに狙われないように日中は物陰や目につかない所に隠れることが多く鳥に発見されにくいのです。 ですが、ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリは脳をコントロールされて意思とは関係なく、ノコノコと日向にやってきてしまい鳥に発見されやすくされてしまいます。 うーん意思とは関係なく日向に出てくとは恐ろしいですね。 もうこの寄生虫の卵を食べてしまった時点で、カタツムリの運命はほぼ決まったという事でしょう。 オスとメスがいなくても卵が産める? ロイコクロリディウムは卵を産むのにオスとメスがいなくても卵を産む事ができます。 無性生殖ができ雌雄同体で交尾もできます。 成虫には運が良くないとなれないので他の成虫と出会わない時のための対策なのでしょう。 ロイコクロリディウムの動画 ロイコクロリディウムの動画を紹介しますのでぜひ見てみてください。 まとめ ロイコクロリディウム、知れば知るほど何ともユニークな寄生虫ですね。 自分の寄生したカタツムリを何とか鳥に食べさせようと色々な事をカタツムリの体内でやる、気持悪くもあるんですが感心させられました。 気持悪いものって嫌なんですけど興味が湧いちゃうんですよね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の