ステートメント の 最後。 【ExcelVBA】ファイルコピーのやり方とよくあるエラーを解説!

コンパイルエラー 修正候補:ステートメントの最後

ステートメント の 最後

フルパスとは、ファイル名だけでなく、フォルダの場所まで指定したファイルアドレスのこと。 例えば画像のように「Cドライブ」の「ドキュメント」フォルダにある「Sample. xlsx」のフルパスは次のようになります。 xlsx FileCopyステートメントの基本構文 Filecopyステートメントの基本構文とコード例を紹介します。 基本構文 FileCopy コピー元フルパス, コピー先フルパス• xlsx" この例では、Cドライブ内のドキュメントフォルダにある「コピー元. xlsx」を、「コピー先. xlsx」という名前で同じフォルダにコピーしています。 実行前• 実行後 フルパスでの指定なので、コピー元、コピー先ともに ファイル名まで指定しましょう。 また、FileCopyステートメント実行時、 コピー先に同名ファイルがある場合は、無条件で上書きされるので注意しましょう。 ちなみにパスを省略した、ファイル名のみの指定でもエラーにはなりませんが、その場合カレントフォルダが指定されます。 ファイル名が抜けている• コピー元のファイルが開いている• コピー先と同じファイルが開いている すべて「 書き込みできません。 」というエラーとなります。 エラーが起きないよう、回避方法も覚えてしまいましょう。 FileCopyステートメントエラー回避方法 ファイル名が抜けている場合は、コピー元、コピー先のファイルパスを見ればすぐに気づくかもしれません。 しかし、コピー元、コピー先を開いているときのエラーは意外と見落としがちです。 次のようにFileCopyステートメント実行前にファイルが開いているか判定し、ファイルを閉じる処理を入れておくのがおすすめです。 xlsx" 'コピー元、コピー先ファイルが開いていないかを確認し、開いていれば保存して閉じる Dim wb As Workbook For Each wb In Workbooks 'ワークブック名が"コピー元. xlsx"または"コピー先. xlsx"の場合、保存して閉じる If wb. xlsx" Then wb. xlsx" Then wb. 開いているワークブックすべてに対してループ処理を行っています。 処理中のブックの名前「wb. Name」が「コピー元. xlsx」もしくは「コピー先. xlsx」だった場合、対象ブックを保存して閉じる処理を行っています。 このように、開いているブックとコピー元、コピー先をチェックする処理を入れることで、FileCopyステートメントがエラーになるのを回避することができます。 FileSystemObjectを使ったファイルコピー方法 ご紹介したFileCopyステートメントですが、コピー元、コピー先が閉じていないと使えず、使える場面は限られてきます。 ただ、コピー元、コピー先を誰かが開いているときに処理が止まってしまうと、使い勝手が良くないですよね。 そんな時におすすめなのが、「 FileSystemObject」です。 「FileSystemObject」ではFileCopyステートメントでエラーになる、次の操作が可能です。 コピー元が開いていてもコピーできる• コピー元フルパスにワイルドカードを使用できる それぞれどのように利用できるか、例をあげて順番に解説していきます。 コピー元が開いていてもコピーできる マクロ処理中のブックを作業途中で保存 FileCopyステートメントでは、コピー元を開いているとコピーができません。 しかし実務では、 マクロを実行したブックを作業途中で別ブックに保存しておきたい場面があります。 そうした場面では「FileSystemObject」が便利です。 次のサンプルコードで実際の動きを見ていきましょう。 FileSystemObject" 'ワークシート「FileSystemObject」の「A1」セルに「1」を入力し上書き保存 ThisWorkbook. Worksheets "FileSystemObject". Range "A1". Save '作業中のThisWorkbookを「1. xlsm」でコピー objFSO. CopyFile ThisWorkbook. FullName, ThisWorkbook. xlsm" 'ワークシート「FileSystemObject」の「A1」セルに「2」を入力し上書き保存 ThisWorkbook. Worksheets "FileSystemObject". Range "A1". Save '作業中のThisWorkbookを「2. xlsm」でコピー objFSO. CopyFile ThisWorkbook. FullName, ThisWorkbook. 実行前• 実行後 順を追ってコードを解説していきます。 FileSystemObject" FileSystemObjectを使う際には、まずはじめに、 オブジェクトを生成する必要があります。 'ワークシート「FileSystemObject」の「A1」セルに「1」を入力し上書き保存 ThisWorkbook. Worksheets "FileSystemObject". Range "A1". Save 続いて、ワークシート「FileSystemObject」の「A1」セルに「1」を入力しています。 そして、 この時点での作業状態を一度上書き保存します。 上書きしない、もしくは誰かが開いていて読み取り専用になっている場合は、編集内容に関わらず、最後に保存した状態でコピーされてしまいます。 '作業中のThisWorkbookを「1. xlsm」でコピー objFSO. CopyFile ThisWorkbook. FullName, ThisWorkbook. xlsm" ここでは、初めに生成した 「FileSystemObject」に備わっている「CopyFile」メソッドを使います。 構文は「FileCopy」ステートメントメソッドと同じです。 CopyFile コピー元フルパス, コピー先フルパス 「ThisWorkBook. FullName」でマクロ実行ブックのフルパス、「Thisworkbook. Path」でマクロ実行ブックのパスを取得しています。 つまり、「ThisWorkbook. xlsm」を表し、コピーを実行しています。 'ワークシート「FileSystemObject」の「A1」セルに「2」を入力し上書き保存 ThisWorkbook. Worksheets "FileSystemObject". Range "A1". Save これも先ほどと同じ考え方で、ワークシート「FileSystemObject」の「A1」セルに「2」を入力し、ファイルを上書き保存しています。 繰り返しになりますが、 上書きしない、読み取り専用の場合は、最後に保存した状態でコピーされます。 '作業中のThisWorkbookを「2. xlsm」でコピー objFSO. CopyFile ThisWorkbook. FullName, ThisWorkbook. xlsm" そして、「FileSystemObject」の「CopyFile」メソッドでマクロ実行ファイルと同じフォルダに「2. xlsm」としてコピーしています。 このコードを実行しないと、 メモリにオブジェクトが残ったままとなり、無用な負荷をかけてしまいます。 生成文と同様、決まり文句ですので、こちらも覚えてしまいましょう。 以上のコードを実行してコピーされた「1. xlsm」と「2. xlsm」の「A1」セルは画像のようになります。 xlsm」• xlsm」 このように、FileCopyステートメントと違い、 コピー元が開いていてもエラーが発生しません。 これを利用して、ご紹介したように マクロ処理途中の状態を保存することもできます。 性質の違いを理解して、上手く利用してみてください。 コピー元フルパスにワイルドカードを使用できる 大量のファイルを自動コピー FileCopyでは、コピー元、コピー先ともにフルパスでの指定で、一つずつしかコピーが行えません。 しかし、VBAのメリットはなんといっても、 手作業では難しい大量のファイル処理の自動化です。 そうした場面でも「FileSystemObject」が便利です。 次のサンプルコードで動きを見ていきましょう。 FileSystemObject" 'マクロ実行ファイルフルパス内の「. xlsm」ファイルすべてを、 'マクロ実行ファイルフルパス内の「ワイルドカードコピー」フォルダにコピー objFSO. CopyFile ThisWorkbook. xlsm", ThisWorkbook. 実行前• 実行後 コードを順に解説します。 FileSystemObject" この部分でFileSystemObjectを生成しています。 繰り返しとなりますが、決まり文句なので覚えてしまいましょう。 'マクロ実行ファイルフルパス内の「. xlsm」ファイルすべてを、 'マクロ実行ファイルフルパス内の「ワイルドカードコピー」フォルダにコピー objFSO. CopyFile ThisWorkbook. xlsm", ThisWorkbook. まず「ThisWorkbook. xlsm」のファイルをすべて指定しています。 このように、 ワイルドカードが使えるのは、フルパスの最終階層のみとなっていることも覚えておいてください。 そして、もう一点の注意は、 コピー先でファイル名を指定せず、フォルダを指定している点です。 コピー元をワイルドカードで指定した場合は、 ファイル名を指定することはできず、コピー先フォルダに元のファイル名でコピーされます。 以上で、ワイルドカードで指定したファイルすべてを任意のフォルダにコピーすることができました。 手作業が難しい大量のファイルをコピーする際に使ってみてください。 VBAでのFileCopyステートメントまとめ 今回はVBAでファイルコピーができるFileCopyステートメントの使い方をご紹介いたしました。 FileCopyステートメントを使えば、自動でファイルコピーができ、使いこなせば非常に便利です。 また、今回ご紹介した エラー回避方法や、参考として解説した FileSystemObjectも理解しておくと、様々な場面で応用できるのでおすすめです。 ぜひ、使ってみてくださいね!.

次の

【完全解説】はじめてミッションステートメント作る方にオススメ!手順と例文

ステートメント の 最後

ご有難う御座いました。 今度は下記のエラーで困っております。 よろしくお願い致します。 31 永井善王 拙著「Excel VBA マクロ組み方講座」本を、技術評論社のホームページで知られてご購入いただいたとのこと。 そして、62才になられて Excel VBAを。 IT時代を生き抜いてみえますね。 頑張ってください。 下図のようになってしまったのでしょうか? ご質問文には 「Filenameがブルーの白抜き表示され」 とありますので、ひょっとして違うかもしれません。 しかし、原因は共通するはずですから、これで進みます。 このエラーはマクロの作成中、1行入力し終わって [Enter]キーを押すと、すぐに表示されます。 なぜ、すぐに表示されるかというと、その1行に文法的な誤りがあるからです。 上図では一寸わかりにくいですが、コロン ' : ' とすべきところに セミコロン ' ; ' が入力されています。 あなたから送っていただいたご質問文にあるコードは、ちゃんとコロンになっていますが、作成中のブックのコードがどのようになっているか、再チェックして誤りを見つけ修正してください。 ご成功を祈ります。 [エラーメッセージ]ダイアログボックスの[ヘルプ]ボタンについて このボタンをクリックすると、さらにくわしい情報が表示されます。 しかし、不慣れなうちは、それを見ても返って迷うことが多いようです。 上右図では 「修正候補: ステートメントの最後」と表示されていますが当たっていません。 一応、ヒントとして活用できれば、くらいにとどめて、まずは、自分の入力ミスが無いか見直しましょう。 本書 479ページの「補足! 入力ミスしやすい英数字・文字・記号 」も参考に。 関連ページ.

次の

プログラム初心者さんへ贈る、エラーが起きたら試してみて欲しいこと(ExcelVBA編) *Ateitexe

ステートメント の 最後

アプリケーション ウィンドウをアクティブにします。 コンピュータのスピーカを鳴らします。 リテラル値の代わりに使う定数を宣言します。 Date 現在のシステムの日付を設定するステートメントです。 ダイナミック リンク ライブラリ DLL の外部プロシージャへの参照を宣言します。 モジュール レベルで使います。 Deftype 変数、プロシージャに渡す引数、および Function プロシージャや Property Get プロシージャの戻り値について、指定した文字で始まる名前に対する既定のデータ型を設定します。 このステートメントは、モジュール レベルで使えます。 変数を宣言し、メモリ領域を割り当てます。 列挙型 Enum を宣言します。 固定サイズの配列の場合は要素を再初期化し、動的配列の場合は割り当てたメモリを解放します。 エラーを疑似的に発生させます。 Function プロシージャの名前、引数、および本体部分を構成するコードを宣言します。 LSet 文字列変数の値を左揃えにしたり、ユーザー定義型の変数を別のユーザー定義型の変数にコピーします。 バリアント型 内部処理形式 String の Variant 変数の一部を他の文字列に置き換えます。 バリアント型 内部処理形式 String の Variant 変数の一部を他の文字列に置き換えます。 エラー処理ルーチンを有効にし、プロシージャ内でのエラー処理ルーチンの位置を指定します。 エラー処理ルーチンを無効にするときに使うこともできます。 配列の添字の最小値の既定値を設定します。 モジュール レベルで使用します。 Option Compare 文字列データの既定の比較方法を設定します。 モジュール レベルで使います。 モジュールの文字列比較方法 Binary、Text、または Database を指定します。 Option Compare Binary Option Compare Text 省略時の既定のテキスト比較方法はBinaryになります。 、、 モジュール内のすべての変数に対して、明示的な宣言を強制します。 モジュール レベルで使用します。 Option Private 複数のプロジェクト間で参照可能なホスト アプリケーションにおいて Option Private Module ステートメントを使うと、プロジェクトの外部からモジュールの内容が参照できなくなります。 単独で Visual Basic を使用している場合など、外部からの参照を許可しないホスト アプリケーションでは、Option Private ステートメントは無効です。 プライベート変数を宣言し、メモリ領域を割り当てます。 モジュール レベルで使用します。 パブリック変数を宣言し、メモリ領域を割り当てます。 モジュール レベルで使用します。 乱数ジェネレータを初期化 乱数系列を再設定 する数値演算ステートメントです。 動的配列変数に対するメモリ領域の再割り当てを行います。 プロシージャ レベルで使用します。 プログラム内にコメントを記述することを示します。 エラー処理ルーチンの終了後に、プログラムの実行を再開します。 キーストロークまたはキーストロークの組み合わせを、キーボードから入力したときと同様にアクティブ ウィンドウに渡します。 変数を宣言し、それらにメモリ領域を割り当てます。 プロシージャ レベルで使用します。 Static ステートメントで宣言した変数 静的変数 の値は、プログラムが実行されている間をとおして保持されます。 Sub プロシージャの名前、引数、およびプロシージャの本体を宣言します。 Time システムの時刻を設定するステートメントです。 1 つまたは複数の要素を持つユーザー定義のデータ型 ユーザー定義型 を宣言します。 モジュール レベルで使います。 Sub プロシージャ、Function プロシージャ、ダイナミック リンク ライブラリ DLL プロシージャに制御を渡すフロー制御ステートメントです。 指定した条件が真 True である間、または条件が真 True になるまで、一連のステートメントを繰り返し実行するフロー制御ステートメントです。 End プロシージャ Sub,Function,Property やブロック If,Select,Type,With を終了させるフロー制御ステートメントです。 End単独で使用した場合は、VBA実行を直ちに終了させ、変数等の状態をクリアします。 Loop ループ、For... Next ループ、Function、Sub、または Property の各プロシージャを抜けるフロー制御ステートメントです。 配列やコレクションの各要素に対して、一連のステートメントを繰り返し実行するフロー制御ステートメントです。 指定した回数だけ、一連のステートメントを繰り返すフロー制御ステートメントです。 GoSub... Return プロシージャ内のサブルーチンへの分岐と復帰を行うフロー制御ステートメントです。 GoTo プロシージャ内の指定した行に無条件に分岐するフロー制御ステートメントです。 式の値に基づいて、条件付きの実行を行うフロー制御ステートメントです。 GoSub 式の値に応じて、指定した複数の行のうちのいずれかに分岐させるフロー制御ステートメントです。 式の値に応じて、指定した複数の行のうちのいずれかに分岐させるフロー制御ステートメントです。 条件式の値に従って、複数のステートメント ブロックのいずれかを実行させるフロー制御ステートメントです。 実行を中断するフロー制御ステートメントです。 While... Wend 指定した条件が真 True である間、一連のステートメントの実行を繰り返すフロー制御ステートメントです。 オブジェクトやユーザー定義型に対して、一連のステートメントを実行するフロー制御ステートメントです。 現在のフォルダを変更します。 現在のドライブを変更します。 Open ステートメントで開いたファイルへの入出力を終了して、ファイルを閉じるファイル入出力ステートメントです。 ファイルをコピーします。 Get ディスク ファイルからデータを読み込み、それを変数に格納するファイル入出力ステートメントです。 Input シーケンシャル入力モード Input で開いたファイルからデータを読み込んで、それを変数に格納するファイル入出力ステートメントです。 ディスクからファイルを削除します。 シーケンシャル入力モード Input で開いたファイルから行全体を読み込み、文字列型 String の変数に代入するファイル入出力ステートメントです。 Lock、Unlock Open ステートメントで開いたファイルの一部、または全体に対する他のプロセスからのアクセスを制御するファイル入出力ステートメントです。 新しいフォルダを作成します。 ファイルまたはフォルダの名前を変更します。 ファイルを開いて、ファイルへ入出力できるようにします。 シーケンシャル出力モード Output または Append で開いたファイルにデータを書き込むファイル入出力ステートメントです。 Put 変数の内容をディスク上のファイルに書き込むファイル入出力ステートメントです。 Reset Open ステートメントで開いたすべてのファイルを閉じるファイル入出力ステートメントです。 既存のフォルダを削除するステートメントです。 RSet Open ステートメントで開いたすべてのファイルを閉じるファイル入出力ステートメントです。 Seek Open ステートメントで開いたファイルの、次に読み込みまたは書き込みを行う位置を設定するファイル入出力ステートメントです。 ファイルの属性を設定します。 Width Open ステートメントで開いたファイルに出力する行の幅 桁数 を割り当てるファイル入出力ステートメントです。 Write シーケンシャル出力モード Output または Append で開いたファイルにデータを書き込むファイル入出力ステートメントです。 ユーザー定義のイベントを宣言します。 Implements クラス モジュール内にインプリメントされるインターフェイスまたはクラスを指定します。 式の値を、変数またはプロパティに代入します。 Load オブジェクトを読み込みますが、表示はしません。 Property プロシージャの名前、引数、および Property プロシージャの本体を構成するコードを宣言します。 Property プロシージャを使ってプロパティの値を取得します。 Property Let プロシージャの名前、引数、およびプロシージャの本体を構成するコードを宣言します。 Property Let プロシージャは、プロパティに値を設定します。 Property プロシージャの名前、引数、およびプロシージャの本体を構成するコードを宣言します。 Property Set プロシージャは、オブジェクトへの参照を設定します。 クラス、フォーム、またはドキュメント内のモジュール レベルで宣言されたイベントを通知します。 オブジェクトへの参照を、変数またはプロパティに代入します。 オブジェクトをメモリから削除します。

次の