じゃがいも 味噌汁 レシピ。 じゃがいもの時短レシピ人気5選(簡単に作れるおかず)

【みんなが作ってる】 じゃがいも みそ汁のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

じゃがいも 味噌汁 レシピ

玉ねぎの味噌汁は、ワカメやシジミなどの味噌汁と同じように定番の味噌汁のひとつです。 玉ねぎの味噌汁は、玉ねぎの甘さが口の中で広がりさっぱりとした味わいで日本のご飯にはなくてはならない存在です。 朝食は、パン食が増えてお米のご飯を食べる食卓が減った時代です。 それでも味噌汁は、健康にも良いとうことで再評価され再び多くの人に飲まれています。 今はインスタントの味噌汁があり、それを使うと簡単に美味しい味噌汁が作れるので若い単身者だけでなく、高齢の夫婦にも好評を得ています。 玉ねぎの味噌汁は、新玉ねぎを使用するとさらに美味しい味噌汁が作れます。 玉ねぎだけでも美味しく味噌汁を味わうことができますが、他の具材を合わせた味噌汁レシピを作るとさまざまな玉ねぎの味噌汁を楽しむことができます。 定番の具材は、やはり じゃがいもとキャベツですが、他にもおすすめの具材があります。 玉ねぎの味噌汁の作り方には、まず玉ねぎの切り方があります。 切り方が悪いとせっかくの具材も台無しです。 他にも何を注意していいのか作り方について紹介しましょう。 味噌汁は、誰でも簡単に作れそうですが作り方の中でやってはいけないことがあります。 それは、味噌汁を沸騰させることです。 味噌はそもそも大豆を発酵させた食品で、味噌汁の煮立ちした時の風味のある香りは、アルコールなどの香り成分なのです。 味噌汁は、沸騰する前に火を止めると美味しく飲めます。 玉ねぎの味噌汁の作り方のポイントは、ダシから作る場合は、弱火にして沸騰させいないようにすることです。 大きな具材や火の通りにくい具材は先にいれます。 玉ねぎはすぐに火が通るので、玉ねぎが透明になったら味噌を溶かし入れましょう。 味噌はそのまま入れないで溶いて入れるようにします。 これらのポイントが味噌汁の美味しい作り方です。 新玉ねぎ1個• スナップえんどう5本程度• わかめ10g程度• 煮干し20g• 昆布5cm程度• 水500ml• お茶パック• 味噌大さじ2ほど• 新たまねぎとスナップえんどうの味噌汁の作り方です。 最初にだし汁を作りましょう。 煮干しの頭とはらわたを取ります。 煮干しと昆布をお茶パックに入れます。 容器に水とお茶パックを入れて、冷蔵庫で冷やします。 夕食に使う時は、朝に準備しておくといいでしょう。 鍋にだし汁を入れて火をかけます。 中火か弱火が良いでしょう。 スナップえんどうは、筋をきちんと取り除きます。 さらに半分に切ったスナップえんどうと好みの大きさに切った新玉ねぎを鍋に入れます。 スナップえんどうの緑色が鮮やかになったらワカメを加えて、火を止めましょう。 味噌をきちんと溶いて沸騰しないように弱火にして煮てたら完成です。 あさり10~20個• だし汁400ml• ネギ適量• あさりの砂抜きを行います。 水300mlに対して10g程度の塩を使用します。 あさりは、殻をこすり合わせて洗います。 パッドのような浅い容器にあさりが重ならないように置いて、水をあさりがひたるまで入れます。 アルミホイルか新聞で蓋をして容器の中を暗くします。 冷蔵庫で1時間~3時間程度置いておきます。 冷蔵庫から出して軽く洗います。 玉ねぎを厚めにして切ります。 鍋にあさりと玉ねぎ、だし汁を入れて火をつけて煮込みます。 あさりの口が開くまで煮込みます。 火を止めて味噌を溶き入れましょう。 再び火をつけて温めたら完成です。 玉ねぎ1個• 鮭の切り身、またはアラ2切れか200g程度• 大根10cm程度• 木綿豆腐1丁• 生姜1かけ• 長ネギ適量• 味噌大さじ3• だしの素適量• 塩2つまみ• 料理酒大さじ4• 玉ねぎを薄く切ります。 大根を半分に切って薄く切ります。 鍋に玉ねぎを入れて色が薄くなるまで炒めます。 さらに大根、ほかにも好みの野菜を入れてもかまいません。 鍋に水を入れて沸騰するまで煮ます。 よく洗った鮭を食べやすい大きさに切ります。 生姜も細かく切りましょう。 臭みを消すための塩と料理酒を入れて、鮭と生姜を入れます。 アクがでたら取りましょう。 野菜に火が通ったら切った豆腐を入れます。 火を止めて、だしの素と味噌を溶き入れます。 再び煮立ててネギを入れたら完成です。

次の

【みんなが作ってる】 じゃがいも みそ汁のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

じゃがいも 味噌汁 レシピ

じゃがいもの味噌汁によく合う具材を紹介しましょう。 同じ根菜類の人参、ごぼう、大根、サツマイモ、蕪などがおすすめです。 里芋も合わないわけではありませんが、食感が似すぎているので、お互いの良さを打ち消してしまう恐れがあります。 サツマイモも食感は似てますが、甘味が強いので上手く絡むととても美味しくなるでしょう。 根菜類以外なら小松菜、ほうれん草、インゲン、ネギなども良いでしょう。 また、 鶏肉や豚肉、鮭や鯖など動物性の食材とも相性が良いので、味噌汁にボリュームを出したい時はおすすめです。 さらに食材ではありませんが、 バターとじゃがいものペアもおすすめです。 じゃがバターがあるように、味噌汁にもじゃがいもとバターを使うとコクが出てじゃがいもの甘味が強く引き出されます。 フランス料理にも良く使われる組み合わせで、覚えておくととても役に立ちます。 特に豚汁を作る時や鶏肉、鮭など動物性の食材とともに使うと、味噌汁の味にいっそうコクが生まれ、シチューにも通じる美味しさが出せるでしょう。 【材料】• 豚バラ肉 200g• じゃがいも 2個• 大根 100g• こんにゃく 120g• 木綿豆腐 1丁• ごま油 大さじ1• 味噌 大さじ3• だし汁 1000cc• 酒 大さじ2 【手順】• 皮を剥いたじゃがいもを小さ目の一口大に切る。 ごぼうをささがきに切り、水にさらす。 玉ねぎを薄くスライスし、大根を2mm幅のイチョウ切りにする。 人参を薄切りにし、豆腐をさいの目に、こんにゃくを一口大にきる。 鍋にごま油をしき、一口大に切った豚バラ肉と2を入れて軽く炒める。 5に1と3、4の人参とこんにゃくを入れて炒めたら、だしと酒を入れて強火で沸騰させる。 6の灰汁を取り、4の豆腐を入れて、しゃがいもが柔らかくなるまで10~15分煮る。 7に味噌を溶き入れたら完成。 【材料】• 鮭切り身 3枚• じゃがいも 4個• 玉ねぎ 1個• 酒 大さじ2• あご出汁4倍濃縮 1100cc• 豆乳 お玉2~3杯分• 小麦粉 適量• バター 適量 【手順】• じゃがいもをそれぞれ8等分を目安に切る。 玉ねぎをスライスする。 鮭の切り身を半分に切り、小麦粉をまぶす。 鍋にバターをしき、3の両面を焼いたら、一旦取り出す。 同じ鍋に1と2を入れて炒め、油が回ったら酒、出汁を入れる。 5が沸騰したらアク抜きして蓋をして弱火で10分煮込む。 6に4を戻してひと煮立ちさせる。 7に味噌を溶き入れて、豆乳を加えて少し煮込んで完成。

次の

じゃがいもの時短レシピ人気5選(簡単に作れるおかず)

じゃがいも 味噌汁 レシピ

野菜の煮物 187品 定番 103品 肉じゃが 100品 筑前煮 1品 ポトフ 22品 ロールキャベツ・ロール白菜 3品 野菜の煮物 その他 65品 野菜の和え物 36品 定番 3品 野菜の白和え 1品 野菜の和え物 その他 35品 野菜の炒め物 124品 チンジャオロース 3品 ジャーマンポテト 20品 きのこ炒め 2品 野菜炒め 3品 なすの味噌炒め 1品 野菜の炒め物 その他 95品 野菜の炒め煮 9品 野菜の炒め煮 その他 9品 野菜の焼き物 100品 定番 2品 野菜の肉巻き 10品 野菜の焼き物 その他 91品 野菜の揚げ物 65品 ポテトコロッケ 6品 フライドポテト 38品 野菜の揚げ物 その他 21品 野菜の蒸し物 27品 野菜の蒸し物 その他 27品 野菜のきんぴら 9品 にんじんのきんぴら 1品 きんぴら その他 8品 野菜のおかず その他 25品 野菜のマリネ 5品 ゆで野菜 6品 マッシュポテト 14品 肉のおかず 牛肉 47品 定番 1品 ビーフステーキ 7品 ビーフシチュー 8品 その他 牛肉料理 33品 豚肉 85品 定番 11品 とんカツ 2品 豚の生姜焼き 1品 角煮・煮豚・チャーシュー 8品 チンジャオロース 3品 ポークソテー 13品 野菜の肉巻き 10品 その他 豚肉料理 49品 鶏肉 78品 定番 25品 チキンソテー 11品 照り焼きチキン 2品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 8品 その他 鶏肉料理 57品 挽肉 48品 定番 21品 ハンバーグ 15品 メンチカツ 1品 餃子 4品 麻婆春雨 1品 そぼろ 2品 肉団子 2品 ミートローフ 1品 その他 挽肉料理 22品 加工肉 49品 定番 1品 ジャーマンポテト 20品 ベーコン炒め 2品 ベーコン巻き 3品 その他 ベーコン料理 6品 ウィンナソーセージ料理 9品 コンビーフ料理 4品 スパム料理 3品 ハム料理 3品 ラム肉 1品 その他 ラム肉料理 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 35品 定番 2品 アクアパッツァ 1品 魚介の煮物 その他 34品 魚介の焼き物・ソテー 56品 鮭のムニエル 6品 鮭のホイル焼き 1品 魚介の焼き物 その他 49品 魚介の炒め物 24品 イカ・エビの炒め物 13品 魚介の炒め物 その他 11品 魚介の揚げ物 17品 定番 1品 エビフライ 1品 魚介のフリット 4品 魚介の揚げ物 その他 12品 魚介の蒸し物 6品 あさりの酒蒸し 2品 魚介の蒸し物 その他 4品 魚介のカルパッチョ・マリネ 1品 魚介のマリネ 1品 魚介のオイル煮 1品 魚介のアヒージョ 1品 練り物 4品 ちくわ料理 2品 かまぼこ料理 1品 はんぺん料理 1品 魚介のおかず その他 6品 定番 1品 魚介のアレンジ料理 6品 魚介の缶詰 11品 定番 1品 ツナ料理 11品 ごはんもの カレー 17品 定番 3品 チキンカレー 3品 野菜カレー 2品 シーフードカレー 1品 キーマカレー 1品 スープカレー 1品 ポークカレー 3品 カレー その他 6品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 1品 定番 1品 ハヤシライス 1品 炒めご飯・チャーハン 1品 チャーハン その他 1品 炊き込み・混ぜご飯 4品 パエリア 2品 炊き込みご飯 その他 1品 混ぜご飯 その他 1品 どんぶり 9品 定番 1品 カツ丼 1品 天丼 1品 丼もの その他 8品 雑炊・リゾット 1品 雑炊・おじや 1品 アレンジご飯 8品 ドリア 3品 アレンジご飯 その他 5品 卵・大豆製品 じゃがいもの基本情報 じゃがいもの特徴 和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。 日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現インドネシアのジャカルタ)から伝えられたといわれています。 ジャガタライモ、略してじゃがいもと呼ばれるようになったとか。 生食はあまりしませんが、ゆでたり、焼いたり、煮たり、揚げたり、とさまざまな調理方法に使われます。 おもな品種は「だんしゃく(男爵)」と「メイクイーン」。 丸く大型のだんしゃくは、粉質で、マッシュポテトやサラダなどに。 長卵形のメイクイーンは、粘質で煮くずれしにくく、煮もの、炒めもの、揚げものに。 品種によって味わいも違います。 じゃがいもの選び方ガイド 一般に、皮が薄く、中くらいの大きさのものがおいしいとされます。 表面につやと張りがあり、品種らしい形、だんしゃくであれば丸く大型のもの、メイクイーンであれば長卵形のものを。 芽と皮の一部にソラニンという有毒物質が含まれ、中毒を起こすこともあるので、芽や、緑色になった部分はていねいに取り除きましょう。

次の