クリーニング 開業。 株式会社ベアーズ ハウスクリーニング加盟店 で独立・開業・起業

手堅いニーズあり!「クリーニング・フランチャイズ」とは?

クリーニング 開業

クリーニングに出した衣類はパリッとノリが効いていて気持ちいいですよね。 自宅では成し得ない洗浄能力とアイロンの仕上がりは、クリーニングのプロにしかできないサービスです。 そんなクリーニング店ですが、最近は昔ながらの個人店よりも、フランチャイズチェーン店が増えてきました。 クリーニング店をフランチャイズで開店するにあたっての大事なポイントや、今後の展望についてまとめました。 目次 1. 現在チェーン展開中のクリーニング・フランチャイズブランド 実際チェーン展開をしている、クリーニング・フランチャイズの店をご紹介します。 1-1. ホワイト急便 「朝出して、夕方バッチリ」というスローガンで有名になった「ホワイト急便」。 日本最大のクリーニングチェーン店で、日本で初めてドライクリーニングを開発しました。 株式会社日本さわやかグループが運営する「ホワイト急便」は、全国で300店舗以上を展開し、上海にも出店しています。 開業前には最低1ヶ月の工場実地研修のほか、様々な研修制度で、オーナーをバックアップしていきます。 営業店のフランチャイズのほか、クリーニング工場のフランチャイズも募っています。 こちらは1億円相当の資金を必要としますが、営業店からクリーニングを受け取る立場になるので安定した収入を見込めます。 1-2. 白洋舎 1906年創業、100年を超える老舗です。 ホームページで料金の試算ができるなど、利用者にとって分かりやすい工夫が行われています。 クリーニング事業だけでなく、ユニフォームレンタルやホテルリネン類などを扱う「レンタル事業」、レンタルモップやビル管理などの「クリーンサービス事業」も展開しています。 開業の条件として「お店や建物、土地を所有している」ことが条件となります。 1週間以上の実習で開業でき、白洋舎のクリーンサービズ事業であるモップ類のレンタルやハウスケア業務も取り扱えます。 ロイヤリティは、月間売上金額によって変動します。 1-3. スワローチェーン 東京都内に200店舗を展開するフランチャイズです。 ドライマークの衣類もさっぱりと水洗いする「w(ダブル)クリーニング」というオプション加工が人気です。 こちらは開業する時の加盟金・保証金がゼロ円!開業するのに必要な初期費用は店舗増改築費のみと、開業のハードルが低いのが特徴です。 そのほか兼業可能・見積もり無料・開業前のサポートなど、「開業が初めてで分からないことがたくさん」という未経験者をサポートしてくれる体制が整っています。 クリーニングでの独立開業とは? クリーニング業での独立開業で成功するためには、どんなことがポイントになるのでしょうか? 2-1. クリーニングフランチャイズ経営のポイント クリーニングの独立開業での一番のポイントは、クリーニング技術の習得です。 服によって素材・デザインは様々。 一枚一枚に合ったクリーニング方法を習得するには、かなりの修行期間が必要になってきます。 また、成功するのに欠かせないポイントの一つが「立地」です。 1回のクリーニング利用の中で、「出す」と「受け取る」と、2回店舗に行く必要があるので、立地の影響度の高いビジネスです。 駅前や、大規模マンションの近くなど、条件の良い場所で開業することが重要です。 土地・家賃などの関係上、駅から遠いなど不便な立地で開業する場合は、慎重に判断する必要があります。 安定した収入を見込むためには、法人との契約が欠かせません。 「継続」して「大量」の受注が狙える法人契約が、成功に向けた大きなポイントです。 クリーニング店運営時の特徴的な問題は「クレーム」です。 クリーニング業はクレームが発生しやすい業種です。 「汚れが落ちきっていない」「型崩れした」などの仕上がりに対するクレームのほか、料金が分かりにくいのもクレームの一因。 スタッフの対応や接客次第で、クレームの数や、その後のお店の評判に影響を与えます。 2-2. フランチャイズでクリーニング店を始める場合 多くのフランチャイズ店は、お客さんから衣類を受け取り、洗浄後の衣類を返す、「取り次ぎ」の役目を担っています。 実際の洗浄は、本部の工場で行うので、フランチャイズ店舗はクリーニングのための設備を持つ必要がありません。 衣類の染み抜きや洗濯などは長年の経験が必要になり、専用の機械に多額の費用が掛かります。 敷地面積もその分必要です。 しかし、取り次ぎのみのフランチャイズであれば、カウンターと保管スペースさえあれば開業することができます。 飲食店などには不向きな極小物件でもクリーニング・フランチャイズならばOKという場合も多いので、駅前など条件の良い立地を、安値で手に入れやすくなります。 本部の集客ノウハウに基づいたDM発送などの広告宣伝の効果も期待できます。 すでに認知のあるブランド力を活用できるので、安定収入に不可欠な法人への営業も、一定の信頼の基進めることができます。 また、接客やクレーム対策の研修も充実しているので「接客業は初めて」という未経験者でも開業することができます。 クリーニングフランチャイズの今後 家電や素材の進化で「ワイシャツや大事な衣類はクリーニングに出す」のが当たり前でなくなってきた現在。 クリーニング・フランチャイズは今後どうなっていくのでしょうか? 3-1. クリーニング業界の市場規模 総務省統計局の家庭調査報告によると、クリーニング業の市場規模はおよそ3,982億円。 1992年のピーク時の約8,200億円に比べると、縮小している状況です。 縮小の背景には、長引く不況による節約志向の浸透が考えられます。 家計の支出の中で、クリーニングに掛ける費用はカットされやすいと言われています。 また、形状記憶や防臭機能など、高機能の生地が開発されていることも、市場規模縮小に影響しているでしょう。 しかし、現在の4,000億円近い市場規模は、ラーメン、フィットネスクラブ、ゲームセンターなどと同等の規模で、「衣食住」という普遍的な需要を支える底型さがあります。 3-2. クリーニングフランチャイズの今後 洗濯機の進化で、デリケートな素材でも家庭で洗えるケースが増えてきました。 また形状記憶のシャツが低価格で手に入るようになり、クリーニングの大きな収入源である定期的な利用も減りつつあります。 今後のクリーンング市場では、「今月は娯楽費で使いすぎたから」「アイロンが面倒だけどワイシャツは自宅で洗えるし…」と、節約対象としてあげられたときに、いかに選んでもらえるかが重要です。 衣替え時の保管前の需要や、期間限定のキャンペーンなど、「それならクリーニングに出してもいいな」と思える施策を、年間を通じて作っていくことが、今後ますます重要になってくると予想されます。 まとめ 家庭用洗濯機の機能が向上し、洗えるものが増えたとはいえ、「衣食住」の一つを支えるクリーニング店の需要は底堅く存在します。 省スペースで地域密着型の店舗を持ちたい方に、おすすめのビジネスです。 この記事を読んだアナタにおすすめ.

次の

ハウスクリーニングの独立開業に失敗した原因を探る

クリーニング 開業

皆さんも、よく近くのクリーニング店を利用する!と言う方は結構多いのではないでしょうか? 最近では、ご家庭でも使用できる洗剤等で、どうしても落ちにくい汚れがあったりしても、落とせるような商品や薬品は沢山販売されております。 しかし、いくら様々な洗濯洗剤が新しく販売されたとしても、どうしてもご家庭で落とせないような物ってありますよね? また、それ以外にも、ご家庭では洗濯と言う家事以外に、他にもすべき家事はそれこそ屋のようにあります。 両親が共働きであったり、お子さんがまだ小さく、手がかかって洗濯に時間をかけられない!と言う方もいらっしゃることでしょう。 そんな時にクリーニング店と言うのは、非常にご家庭の味方として活躍してくれるのではないでしょうか? このクリーニング店を、開業したいと考えられた際、費用面から、その手続方法、そして資格等はいるのか?等、様々な疑問が湧いてきます。 今回は、そのクリーニング店に関する開業について、総合的に解説させて頂きたいと思います! クリーニング店を開業するには2つのパターンがある? クリーニング店の開業パターンを理解する前に、現在日本にどの程度のクリーニング店があるのかを厚生労働省のデータから抜粋して紹介しておきますので理解しておきましょう。 現在(平成27年3月末のデータになります)日本にクリーニング業として届け出をされているのは、10万8513施設で前年度より5054施設減少しているというデータが公表されています。 この減少しているデータを業種として衰退していると捉えるか、既存店が減少しているので新規の顧客をつかむにはチャンスのある市場となってきたと捉えるのかは、最終的には経営者であるあなた次第ではあると思いますが、家庭用の洗濯機・乾燥機ではできないことが業務用機械ではできることが多々ありますので、決してクリーニング業が既に衰退する産業と決めつけるのは早計であると言えるのではないでしょうか。 さてここで、クリーニング店として開業を考えた時に、必ず考える事になりそうなパターンとして2つ紹介しておきましょう。 自分自身で起業する 1つ目は、開業するにあたって、自分のお店でクリーニングする物を受取、自店にてクリーニングを行う(しみ抜きや洗濯、処理等のクリーニング全般)と言うお店の形態の「一般店」。 既存フランチャイズチェーンに加入する 2つ目は、フランチャイズに加盟し、開業するお店はあくまでも洗濯物の受取や、保管、そしてクリーニングが仕上がった物のお客様に引き渡しを行う形態の「取次店」です。 取次店の場合は、開業するほとんどの方が既存のフランチャイズに加盟する形態を取ると言われております。 また、クリーニング店として独立開業される方の多くは、一般店ではなく、取次店のフランチャイズと言う形態によって開業される方がほとんどです。 その背景には、一般店の場合、一からクリーニングする為の様々な機材や薬品、そして作業を行うことができるスペースの確保もしなければなりませんので、開業資金面だけで考えてみるとしても取次店と比較すると膨大になる事は間違いありません。 一方で、フランチャイズの場合においては、最初からクリーニング店としてのブランド名が使用できるだけではなく、取次店としてだけで経営が行えますから、クリーニングする物やクリーニングが終わった物を保管出来たり、受け付け等を設けて自宅の一角でも開業する事は比較的容易と言えるのです。 そう言った意味でも、フランチャイズとして開業される方が多いのだと思われます。 フランチャイズで独立されたい方は下記の記事もご参考にしてください。 開業費用はどのくらいかかるのか? 先ほど申し上げたように、クリーニング店を開業される際には、ほとんどの方が一般店ではなく、取次店として開業する事が多くなることは理解いただけたと思います。 一般店の場合は、様々なクリーニングに関する機材を揃えなければならない為、資金としても膨大な金額を用意しなければいけない事が想定されるわけですが、一方フランチャイズと言う取次店として開業される場合には、どのくらいの資金が必要なのでしょうか? まず、クリーニング店に限らずフランチャイズ加入した場合の特有と言っても過言ではない、加盟店としてのロイヤリティが必要となってきます。 ロイヤリティと言うのは、加盟する代わりに、一定のパーセンテージを毎月支払ったりする事を言います。 つまり、ブランドとしての使用料や、各それぞれの支援に対するお金を支払う事で、フランチャイズの名前を使用し、営業をする事が出来ると言う仕組みとなっております。 また、クリーニング業と言うのは、他の業種と比較しても大変にクレームが多い業種だとも言われています。 例えば、お客様がクリーニングに出した服が縮んでしまったり、シャツなどのシミ抜きをお願いしたのに、しっかりとシミが処理されていなかったり、ボタンが破損していたりと、何かとお客様にクレームを付けられてしまう可能性があると言えるでしょう。 そんな時でも、既存のフランチャイズであれば、お客様のクレームに対応する為のノウハウや、マニュアルなどの支援を受けられる可能性が高いですから、そう言った意味でも一般店ではなく、フランチャイズ加入を選択される方も多いのではないでしょうか。 フランチャイズで加盟店、取次店として開業する場合には、 大体300万円程度の資金があれば良いとされております。 ただし、これはあくまでも大まかな数字であり、加盟するフランチャイズによっては金額にも差が出るでしょうから、フランチャイズを希望されるようでしたら、まずは事前に問い合わせを数社に行って比較検討するという所から始めるべきでしょう。 ちなみに、フランチャイズではなく、一般店として開業を希望される方の為に、開業時における業務用の洗濯機等にかかる資金に関する情報をまとめておきます。 まず、メーカーや種類にもより価格に違いはあるのですが、一般的な水洗機だけで150万円以上は必要だということは理解しておくようにしてください。 次に乾燥機が大体100万円以上、そして水洗乾燥機は250万円以上を想定しておく必要があります。 ただし、これらの金額を合わせると相当な額(上記の水洗機・乾燥機・水洗乾燥機の額面金額だけで500万円以上になります。 )になってしまいますから、開業時の負担が増えるのは必至です。 そこで提案させて頂きたいのが新品で機械を導入するのではなく、 中古の機械を導入することを検討してみるという事です。 例えば、新品で100万円する物でも、中古の場合ですと新品価格の半額以下である20万円~30万円程度で販売されているケースもあるのです。 また、業務用の洗濯機等については、法定耐用年数が7年とされています。 ただし、メンテナンスをしっかりと定期的に行う事で、もっと長く使用できる場合も多く、どのように扱うか?がポイントとなってくるのではないでしょうか。 一般店を選ぶか、取次店を選ぶかは、あなたがクリーニング屋として何をしたいのか?と言う事です。 どちらにもリスクはありますし、どちらにも将来的なメリットを考えれば沢山あるのは事実です。 まずは、あなたがクリーニング屋として何をしたいのか?から検討する事が大切なのではないでしょうか。 クリーニング師って何? 実は、クリーニング店を始める時に、知っておいて頂きたいのが、この「クリーニング師」と言う資格です。 クリーニング師とは一体どのような方が必要となる資格なのでしょうか? まず、ここまでに解説のあった、フランチャイズに加盟して取扱店等で開業される方は、クリーニング師の資格は要りません。 クリーニング師の資格が必要なのは、工場を持つ場合の「一般店」に該当します。 そもそも、クリーニング師と言うのは、クリーニング業法という法律によってクリーニング店でのシミ抜きや、アイロンをかける等の業務を行う方に必要であり、そのクリーニング店に1人は置かなければならないと言う規定がされているのです。 受験資格については、中学校、または中学校に準ずる学校を卒業されている方で、中等教育学校(日本で言う中高一貫教育の事)の前期課程を終了している方や、それらと同等以上の学力があると認められている方が、受験を受ける資格を持っている事になります。 試験内容につきましては、各都道府県によっても内容が異なるようですから、クリーニング師が必要となる場合には、必ず何を勉強すれば良いのか?を事前に調査しておきましょう。 また、受験料も各都道府県によって差があります。 試験内容については、学科と実技の2つに分かれており、実技については、薬品の識別が出来るかどうかや、シミ抜きの鑑別・繊維の識別を行ったりする事が多いようです。 ただし、こちらも都道府県によって、ある場合とない場合があるのと、Yシャツを使用する際には、持参できる所と、そうではない所もあり、相当な違いがあるようですから、注意が必要でしょう。 立地条件や、施策について 何の事業を始めるにしても、開業前には、様々な施策を検討しておかなければなりません。 例えば、うちは特殊なシミ抜きができますよと、謳ったとしても、そのようなクリーニング店は沢山ありますし、現状、今の時代はクリーニング店が昔に比べると圧倒的に少なくなってきており、安易にクリーニング店を開業しよう!と言う意気込みだけでは、経営を始める事はできても、持続性はないと言えるでしょう。 その点、フランチャイズでは、元から企業の名前やお店の名前が世間に知れ渡っている可能性が高いですから、名前の売り込みを必死にしなければならないと言う事はないかもしれません。 しかし、名前を知っていると言うだけで、そのクリーニング店に足を運ぶ理由になるのか?と考えると、それだけでずっとお願いしようなどというリピーターになる事は少ないのではないでしょうか。 (あなたがお客の立場になった場合にどういう行動するかを考えてみるとよく理解できると思いますので、少し考えてみてくださいね。 ) また、従来からずっとリピートしているお店があったとして、そのお店からすぐそばに新しくクリーニング店が開いたとします。 しかし、値段も変わらないし、サービスもさほど大きな違いがない・・・となると、入った事もないお店にクリーニングをお願いするよりも、従来からお世話になっているお店に足を運ぶのは当然の事だと言えます。 つまり、開業するにも、その周りにライバルとなるお店がどのくらいあるのか? そこではどのようなサービスを行っており、価格設定はどうなっているのか?については、自分で足を運んででも事前に市場調査をしておくべきではないでしょうか? また、お客様が足を運びやすいと言う場所にお店を開かなければならないと言う事も考えなければなりません。 更に、開業当初については、新しく出来たクリーニング店なのだと潜在的なお客様に認識して頂く為にも、インターネットだけではなく、広告やチラシを配ったり、まずは来店して利用して頂くと言う所から始める事が大切です。 一度利用して頂いたお客様が、「このお店はいいな」と思って頂ければ、また利用したいと思う事でしょうし、そのようなお客様はリピーターとなってくれる可能性は非常に高いと言えるでしょう。 クリーニング店が取扱う洗濯物と言うのは、人間が生きていて毎日身につける物ですし、着ていれば、いずれ汚れが出ます。 そう言った意味では、需要はありますから、どのくらいのお客様をゲットできるのか?がポイントとなってくるでしょう。 利益としても、1つ1つの単価は小さい額でもありますから、リピーターをどんどん増やして、固定客を付けると言う事が大変重要な業種だと言う事もできるでしょう。 クリーニング業に限らないことになりますが、何をするにしても、待っているだけではお客様は来てくれません。 あなたのお店ならではの魅力をお伝えし、それを武器にして、定期的に来客頂けるように、様々な施策や、努力を重ねて行く事が大切だと考えます.

次の

修理(リペア)・クリーニングの独立開業情報一覧|独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

クリーニング 開業

ハウスクリーニングで独立開業したい!業界平均年収はどのくらい? 独立したら自分の努力や成果がそのまま年収につながっていくといえども、開業する前には業界の平均年収が気になるものですよね。 このページでは、ハウスクリーニング業界の平均年収や年収を高める方法、独立の際に気をつけるべきことなどを紹介します。 ハウスクリーニング業界で独立開業を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 ハウスクリーニング業界の平均年収目安 ハウスクリーニング業界の平均年収は関東だと 500万円前後であると言われています。 「独立した人からは"月の売上が100万!"なんて話をよく聞くのに、思ったよりも年収が低い…」と感じる人が多いのではないでしょうか。 独立をした場合、「月の売上=月収」にはなりません。 なぜなら、月の売上が100万円あったとしても、そこから備品の購入や維持費、宣伝等にかかる諸経費を支払わなければいけないからです。 さらに、普通の会社員とは違ってボーナスや特別手当といったものが存在しないことから、年収で計算すると売上金から抱くイメージよりも低い年収額になってしまうのです。 では、平均年収の500万円を獲得するためには月々どのくらいの売上をあげればいいのかと言えば、だいたい 60万円くらい。 今度は、「月々のいろんな支払いがあって、ボーナスや手当もないのに月60万円の売上で年収500万円もいくの!?」と感じますよね。 実は、ハウスクリーニング業界はほかの業界に比べて、独立した際のランニングコストが安いのです。 やり方次第では年収に大きな差がでる ハウスクリーニングは、ひとくちに「ハウスクリーニング」といっても個人宅の清掃やビルのメンテナンス清掃、エアコンや排水管など限定した物に関するクリーニングなど、さまざまなサービスが存在します。 なので「どんなサービスをどのように提供するか」によって、年収が平均よりも大幅に高くなることもあれば反対に低くなってしまうこともあり、やり方次第で年収に大きな幅がある業種であると言えます。 仕事の取り方を工夫する必要あり 仕事のやり方だけでなく、どういった宣伝を行って誰からどのように仕事を請け負うかでも年収は変わってきます。 顧客から直接依頼を受ける方法や元請け会社から清掃業務を下請けする方法もあれば自分が元請けとなって清掃業務はすべて下請け会社に引き渡す方法もあります。 ですので、ハウスクリーニングでしっかりと年収をあげていくには仕事の取り方についても深く知っておく必要があります。 ハウスクリーニング業界で年収をあげる方法 独立開業をする人のほとんどは、「雇われのときよりも稼ぎたい」「自分の成果をお金に反映させたい」といった考えを持っているのではないでしょうか。 せっかく独立をするのであれば、できるだけ多く稼ぎたいものですよね。 ここからは、ハウスクリーニング業界で年収をあげていくための方法を解説していきます。 ハウスクリーニングで収入をあげる鍵!元受けとは? 「元請け」とは、顧客から直接仕事をもらっている会社や事業主のこと。 元請けは自分で顧客にクリーニングサービスを提供するのはもちろんのこと、下請けの会社や事業主にクリーニング業務を委託することもできます。 下請けへの委託の場合、顧客から支払われる料金を下回る金額を委託料とし、そのマージンを自分の報酬とする形になります。 自分で清掃を行うとなると動ける時間にも体力にも限りがありますが、クリーニング業務を委託すれば請け負える仕事の数も得られる収入も増えていくため、ハウスクリーニングで独立開業した人が目指すべきは元請けであると言えます。 ハウスクリーニング業界で元請けになる方法は? 元請けになるためには、単純に「多くの仕事を顧客から直接もらえるようになること」が何よりも大切です。 「顧客から直接仕事をもらうって、普通に顧客に営業をかければいいだけでしょ!」と思いがちですが、最初から元請けとして多くの仕事を獲得するのはかなり難しいです。 ハウスクリーニング業界は競合が激しい業界でもありますので、名の知れた大手クリーニング業者やその界隈や地域で人気のクリーニング業者が存在するもの。 なので、よっぽど人脈を持っているとか知名度が高いとかでない限り、独立開業したばかりの業者にお客さんは集まってこないのです ただ、開業したばかりのときは難しくとも、経験や実績、年月を重ねていくうちに元請けの仕事は増えていくものです。 元請けの仕事を増やすためのコツを学び、より多く、より早く元請けの仕事を増やせるようにしましょう。 パートナーシップを大切にする ハウスクリーニングの仕事は清掃のクオリティだけでなく、人と人とのつながりがとても大切になります。 個人客も法人客も、元請け業者も下請け業者も。 仕事で関わる人たちとのパートナーシップを大切にすることが重要です。 新規客の満足度が高ければリピーターにつながり、既存客の口コミで新規客が増える可能性も。 お客さんだけではなく、同業者との関係を維持する必要もあります。 元請けが「こんなお客さんがいるんだけど、うちじゃできないから君が元請けとして直接やってみない?」と紹介してくれることもあるかもしれません。 下請けが「普段はこの金額じゃやらないけど、あなたにはいつもお世話になっているから」と破格の金額で仕事を引き受けてくれることもあるでしょう。 仕事を増やし年収をあげるためには、周りの人たちを大切にしてくださいね。 最初から良い器材を揃えようとしない 「お客さんを獲得するためには器材が大切!」というのも間違いではありませんが、最初からいい器材を揃えようとすると金銭的な負担が大きいうえに、高い器材を買ったからといってその機材が必ずしも使いやすいとは限りません。 それに、いい器材を揃えている競合他社は信じられないほど多く存在しますので、いい器材を持っているくらいで競合他者に勝つことはできません。 初めはいい器材にこだわるよりも、「自分にとって使いやすい器材であること」や「足りない器材がひとつもないこと」にこだわってみてください。 そこにこだわれば、競合他社では叶えることのできなかったお客さんの要望に応えられる可能性がぐっとあがります。 仕事を限定するのは経営がある程度軌道に乗ってからでもできることですので、最初のうちはお客さんや自分の経験値の幅を広げるためにも、さまざまなサービスを提供することにチャレンジしてみましょう! 集客に力を入れる どんなに素晴らしいクリーニング業者だったとしても、一人でも多くのお客さんに名前やサービスを知ってもらわない限り売上はあがっていきません。 広告活動には、チラシや電話営業だけでなく、インターネットを活用した方法があります。 ほかにも、大家さんに営業をかけることで複数のマンションの清掃を任せてもらえたり、クリーニング業者とクリーニング業者を結びつけるマッチングサイトを利用することで不特定多数に対して営業活動をかけたりすることもできます。 ただし、最初のうちどこに営業をかければいいか迷ってしまったり、せっかく営業をかけられそうな見込み客を見つけたのに営業に失敗してしまったり。 営業に難しさを感じることが多々あるかもしれません。 フランチャイズ開業であればフランチャイズ本部より営業のノウハウを教えてもらえたり、見込み客や既存客の紹介、営業戦略の提案などもしてもらえたりしますので、営業に自信がない場合にはフランチャイズ開業をおすすめします。 セールスポイントや競合他社との差別化を工夫する ハウスクリーニング業界は競合の激しい業界。 売上アップには競合他社と差別化を図ることが必ず必要となります。 サービスの内容に自分ならではのオリジナリティを出すことや「高層ビルの窓清掃専門」「高齢者をターゲットにした個人宅清掃」など、需要はありながらも専門性が高く競合が少ない分野に絞ってサービスを提供していくのが良いでしょう。 ただ、ハウスクリーニング業界自体を知っていないと競合他社との差別化を目指していくことも難しいはずです。 最初から競合他社との差別化だけを狙える仕事だけを獲得できるようにするのではなく、まずは下請けなどでさまざまなクリーニングに関する実績を積み、人脈を広げていくことに力を入れてみてください。 「それはわかっているけど、なるべく早く稼げるようになりたい!」と考えている人には、業界の知識やノウハウを提供してくれるフランチャイズ開業がおすすめ。 フランチャイズ開業では、未経験からでも業界の基本が知れるほか、競合との差別化を図るための戦略の提案もしてもらえますので、アイディアを考えるのが苦手なような人にもぴったりです。 ハウスクリーニングで高年収を実現している例 ハウスクリーニングで高収入をあげる方法を見ていると「難しそう…こんなことできるの…?」と不安になってしまいますが、実際、ハウスクリーニングで起業して高収入を得られるようになった方もいます。 起業から約2年半で総収入3000万円を突破したAさん ハウスクリーニングで起業し、最初の3ヶ月目こそは10万円にも満たない年収だったAさんですが、現在の平均年収は1000万円超え。 Aさんは、起業したばかりの頃は下請けとして仕事をしつつ自分が元請けになるために集客に意識を向けていました。 その成果もあり、起業から半年後には収入が100万円を超える月がでるように。 その後は仕事の効率化も図ることで順調に売上を伸ばし、起業から2年後には法人化。 現在では安定して年収1000万円を獲得しているようです。 ハウスクリーニングでの独立で気をつけること 高収入も狙えるために夢のあるハウスクリーニング起業ですが、始める前に考えなければならない、気をつけるべきポイントもいくつか存在します。 フランチャイズ開業したからといって必ずしも順調に稼げるとは限らない• 夫婦や家族、親しい友人と一緒に独立すると喧嘩になりやすい• どんなクリーニングを行うかによって仕事のやり方・取り方が大きく異なる• いつ何があるかはわからないので損害保険は必須 このように、ハウスクリーニング業での独立は夢がある一方で、独立開業だからこそのデメリットやリスクもつきまとっています。 デメリットやリスクについて知らないままだと始めてから痛い目を見てしまうこともありますので、独立の前にはそういった点にも目を向けるようにしてくださいね。 ハウスクリーニングで年収をあげるための事前準備 独立する際に気をつけるべきポイントは紹介しましたが、実際にどのようにして独立していけば失敗しないのかはわかりづらいものです。 最後に、ハウスクリーニングの独立開業で失敗しないために、きちんと年収をあげていくために行うべき事前準備を解説していきます。 自身の予算や資金に関する計画をきちんと立てる 不足の事態が起きてしまったときのための資金の担保も必要ではありますが、売上アップにつながる施策を行う際には一時的に売上が落ちたり出費がかさんだりして収入が減ってしまうものです。 独立をする際には余裕のある資金繰りになるようにきちんと計画を立てたうえで、開業準備やその他経費に回す予算額を考えてみてくださいね。 フランチャイズ開業のセミナー資料を企業から請求してみる フランチャイズ開業では開業準備から経営まで、さまざまなノウハウを教えてもらうことができます。 その代わりロイヤリティの支払いがあったりはしますが、個人で独立するのとは比べ物にならないほどのサポートを受けられることから、業界未経験者や初めての開業の方におすすめです。 ただし、フランチャイズ開業すれば必ず成功するということではなく、サポートを受けながら学んでいくという姿勢が大切です。 フランチャイズ本部となる企業によって受けられるサポートや得られるノウハウは変わってくるもの。 フランチャイズ開業で成功するためには、事前に複数企業のセミナー資料を請求し、受けられるサポートなどについてよく調べておきましょう。 複数の企業の条件を比較することによって、自分によりあっている企業を見つけられるはずですよ。 クレームについても対策を考えておく 「顧客満足度を高めるために何をするべきか」を考えない人はいないはずですが、「クレームになった際にどのように顧客満足度を取り戻すか」を考えない人は以外に多いもの。 クレームを受けた際に顧客満足度を取り戻せずに終わってしまうと、悪評が立つ原因になります。 競争の激しいクリーニング業界には悪評0の業者も多く存在することから、たったひとつの悪評でも大きな痛手になってしまいます。 クレームにつながるような事態を招かないようにすることも重要です。 しかし、自分がどんなに努力していても顧客の勘違いや下請けのミスによってクレームが起こってしまうことがあります。 クレームを完全にゼロにするのは難しいと初めから理解したうえで、最悪のケースへの対応を想定しておくことで、もしものことがあった場合でも信頼を失わずに済むようになります。 ハウスクリーニング業者として時代に合った技術を身につける 時代の変化とともにハウスクリーニングのなかで需要のある分野やサービスは少しずつ変化していきます。 顧客からのニーズに応えられるように、時代の流れやトレンドに常に関心を持ちましょう。 自分が提供しているものと顧客が求めているものに相違がないか、時代のニーズはどこにあるかにアンテナを張りながら、ハウスクリーニング業者としての技術を高め続けていきましょう。

次の