デリバリー 宅配。 dデリバリー

デリバリー

デリバリー 宅配

デリバリー(出前や宅配)は軽減税率が適用される 先に結論を言っておくと、 自宅に飲食物届けてくれるデリバリー(出前や宅配)には、軽減税率8%が適用されます。 例えば、• うどん・そば、寿司、うなぎの出前• 宅配ピザ、宅配弁当• 牛乳配達• コープ・生協、ネットスーパーの宅配 などのケースが該当します。 国税庁のホームページでは、デリバリー(出前や宅配)の軽減税率について、次のように回答されています。 Q、そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。 (注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。 出典:国税庁 ここで言う「飲食料品」とは、人の飲用または食用に提供されるものをいいます。 顧客の指定した場所に飲食料品を届ける場合は、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率を適用してデリバリー(出前・宅配)したい場合は、配達先で「盛り付け」など、役務の提供がないことが条件となります。 酒税法に規定する酒類は、軽減税率の対象から外れており、宅配で自宅に届けられるビールも例外ではありません。 ノンアルコールビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないため、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率が適用されるのは、あくまでも「飲食料品」についてです。 ウォーターサーバーのレンタルは、「資産の貸付け」に該当するため、軽減税率は適用されません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 デリバリー(出前や宅配)については、酒類の提供を除いて、基本的には軽減税率8%が適用されることになります。 店内で料理を提供した場合と消費税率が変わってくるので、と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

dデリバリー

デリバリー 宅配

デリバリー(出前や宅配)は軽減税率が適用される 先に結論を言っておくと、 自宅に飲食物届けてくれるデリバリー(出前や宅配)には、軽減税率8%が適用されます。 例えば、• うどん・そば、寿司、うなぎの出前• 宅配ピザ、宅配弁当• 牛乳配達• コープ・生協、ネットスーパーの宅配 などのケースが該当します。 国税庁のホームページでは、デリバリー(出前や宅配)の軽減税率について、次のように回答されています。 Q、そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。 (注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。 出典:国税庁 ここで言う「飲食料品」とは、人の飲用または食用に提供されるものをいいます。 顧客の指定した場所に飲食料品を届ける場合は、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率を適用してデリバリー(出前・宅配)したい場合は、配達先で「盛り付け」など、役務の提供がないことが条件となります。 酒税法に規定する酒類は、軽減税率の対象から外れており、宅配で自宅に届けられるビールも例外ではありません。 ノンアルコールビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないため、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率が適用されるのは、あくまでも「飲食料品」についてです。 ウォーターサーバーのレンタルは、「資産の貸付け」に該当するため、軽減税率は適用されません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 デリバリー(出前や宅配)については、酒類の提供を除いて、基本的には軽減税率8%が適用されることになります。 店内で料理を提供した場合と消費税率が変わってくるので、と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

dデリバリー

デリバリー 宅配

デリバリー(出前や宅配)は軽減税率が適用される 先に結論を言っておくと、 自宅に飲食物届けてくれるデリバリー(出前や宅配)には、軽減税率8%が適用されます。 例えば、• うどん・そば、寿司、うなぎの出前• 宅配ピザ、宅配弁当• 牛乳配達• コープ・生協、ネットスーパーの宅配 などのケースが該当します。 国税庁のホームページでは、デリバリー(出前や宅配)の軽減税率について、次のように回答されています。 Q、そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。 (注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。 出典:国税庁 ここで言う「飲食料品」とは、人の飲用または食用に提供されるものをいいます。 顧客の指定した場所に飲食料品を届ける場合は、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率を適用してデリバリー(出前・宅配)したい場合は、配達先で「盛り付け」など、役務の提供がないことが条件となります。 酒税法に規定する酒類は、軽減税率の対象から外れており、宅配で自宅に届けられるビールも例外ではありません。 ノンアルコールビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないため、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率が適用されるのは、あくまでも「飲食料品」についてです。 ウォーターサーバーのレンタルは、「資産の貸付け」に該当するため、軽減税率は適用されません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 デリバリー(出前や宅配)については、酒類の提供を除いて、基本的には軽減税率8%が適用されることになります。 店内で料理を提供した場合と消費税率が変わってくるので、と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の