振袖 の たたみ 方 動画。 簡単な振袖や着物のたたみ方は?しまい方やお手入れ方法も|帯/長襦袢

成人式後の振袖と長襦袢のたたみ方を解説付き動画でわかりやすくご紹介!

振袖 の たたみ 方 動画

「振袖を畳まないといけないんだけどどうしたらいいの?」 「振袖のたたみ方を画像や動画で教えてほしい」 なんてあなたは悩んでいませんか? 結婚式や初詣など振袖を着る機会もあると思います。 お母さんから振袖を譲り受けた人も多いともいます。 せっかくの振袖ですからちゃんときれいに畳んでしわなどが付かないようにしたいですね。 結婚式でいざ着るときにきれなくなってしまいますので。 今回は初めて振袖をたたむ、または着物そのものをたたんだことが無いというという方向けに画像で解説します。 参考の動画も掲載するのでご覧ください。 この記事に沿って振袖をたためば必ずきれいに畳めるようになります。 それでは順を追って説明いたします。 どうぞ。 そもそも着物をちゃんと畳んでおかないとどうなるの? 着物は普段の洋服と違い、どうしても窮屈な思いをすることが多いため脱いだ時の開放感は格別なものですよね。 そのまま気持ちまで楽になってしまい、ついつい着物を脱ぎっぱなしにしていないでしょうか? 脱ぎっぱなしの着物を数日放置してからたたんでもシワが取れることはありません。 また、着物を適当にたたんでそのまま収納してしまうと自分ではどうしようもないくらいのたたみじわになることがあります。 次に着る時にひどいシワですぐには着られず、一度クリーニングに出さなくてはいけない状態にならないよう、たたむ時はしっかりと丁寧にたたんで収納する癖付けをしましょう。 もしすぐにたたんでおく時間や場所がない場合は袖たたみでも構いませんので、クシャクシャに脱いでおくのではなく、ある程度たたんでおくのが良いでしょう。 振袖を脱いだらまずすることとは? 振袖を脱いだら、着物・長襦袢・帯・帯揚げ・帯締めは着物ハンガーにかけましょう。 着用後の着物はご自身の体温や汗が付着しているので、そのまま収納してしまうと黄ばみやカビの原因になってしまいます。 着物ハンガーに吊るすことで着用時の汗を飛ばす効果もありますが、着付け時のシワをある程度伸ばす効果も得られます。 振袖の着用時は帯も変わり結びをしていることが多いのでゴムなどで結んである場合は結び目をほどきます。 また着物の衿が糸で縫われていたら丁寧に取り除きましょう。 糸で衿が半幅に縫われた状態でたたんでしまわないように気をつけてください。 そのままたたんでしまうと着用時に一番目に留まる衿の付近にひどいシワが入ってしまう可能性が高くなってしまいます。 長襦袢の半衿も汚れがある場合は外して手洗い、もしくはクリーニングに出しましょう。 すべてを取り除いた状態で半日から丸一日、着物ハンガーにかけた状態で過ごしたらいよいよたたんで収納していくことになります。 振袖をたたむ前の注意点 振袖をたたむ前には着用時にできた染みや汚れがないかしっかりと確認しましょう。 そのままたたんで収納してしまうと黄ばみや虫食い、カビの原因になることもあるため、染みや汚れを見つけたらすぐに着物クリーニングの専門店に出しましょう。 着用ごとにクリーニングに出す方もいらっしゃいますが、できればクリーニングの回数は少ないほうが生地が傷みません。 3回に1回くらいを目安にクリーニングするようにしたり、しみ抜きのみ、アイロンのみなど着物クリーニング専門店とうまく付き合うことが大切なポイントになります。 振袖のたたみ方と手順について 振袖をたたむ時は広い場所で、手をキレイに洗ってからたたみましょう。 衣装敷などがある場合は衣装敷の上でたたむと良いです。 その際、衿も縫い目で折り下げておきます。 下記画像赤丸の衿、衿先、裾がしっかりと重なっているか確認しましょう。 この時、左前身頃は脇線がズレた状態(下記画像赤線)になりますがそのままでOKです。 脇線を合わせた状態で背中心でピッタリ折れるはずです。 ここまでで脇線と背中心でピッタリこない状態であれば面倒でもやり直しましょう。 画像赤線が背中心と脇線になります。 この時、袖に不要なシワが入らないよう注意してください。 そでにたたんだ時についた折れ線がある場合は裾から半分に折る前に折り返しておくのがいいでしょう。 また、きもの枕がある場合は衿先に置いてから裾をたたむと良いでしょう。 衿先を起点に裾をたたんだ状態。 きもの枕がある場合は赤線の部分に置くといいです。 衿先が折れ曲がらないよう気をつけましょう。 振袖をたたむ時のコツと注意点 振袖をたたむ時は必ず広い場所で、着物を十分に広げられる場所で行いましょう。 せまい場所しかない場合はとりあえず袖たたみにして、広い場所が確保できた際にたたみ直すのも一つの方法です。 また、たたむ時は手のひらでしっかりと伸ばしながらたたむとキレイに仕上がります。 手のひらで見えないところにシワがないか感じ取ることもできるのでおすすめです。 タトウ紙に入れる際もシワが入らないよう、細心の注意を払いましょう。 タトウ紙には中に何が入っているか、メモを貼り付けておくと着物を探す時にもすぐ見つかるので便利です。 振袖の保管方法や場所はどうしたらいい? 振袖のみならず、着物はできれば桐たんすのような通気性の良いたんすに保管するのが望ましいです。 桐たんすがないなら和たんすでも構いませんが、プラスチック製の衣装ケースは通気性が悪すぎるのでおすすめできません。 また保管場所は風通しの良い直射日光が当たらない場所がいいでしょう。 着物は湿度を嫌うので湿気が少ない場所を選びましょう。 どうしてもそんな場所がない、または保管場所が心配という場合は年に数回着物の虫干しを行うのがおすすめです。 湿度の低い季節を選び着物ハンガーに半日~一日吊るしておくことでカビを防ぐことができます。 さらに虫干しをすることで万が一たたみじわが入っていた場合でも修正することができます。 一度たたみ方を覚えてしまえば必ずあなたの財産になりますので、正しいたたみ方をこの機会にぜひ覚えるようにしましょう。 今回のたたみ方の説明で分かりにくかった場合は以下の動画を参考になさってください。

次の

振袖のたたみ方。振袖着物と長襦袢の畳み方。|お祝いの着物

振袖 の たたみ 方 動画

わたしたちにとってちょっと特別な衣装、着物。 大切な節目である成人式や結婚式も、普段の生活も、華やかに彩ってくれる存在ですよね。 そんな着物を着るときに欠かせない存在、なんだかわかりますか? それは、 長襦袢(ながじゅばん)です。 着物を着るときには、かならず必要な長襦袢。 着物のベースとなる大切な存在ですが、あなたは正しいたたみ方を知っていますか? 着物のたたみ方は知っているけど、長襦袢はあまり気にしたことがなかった、という方も多いはず。 今回は、長襦袢のたたみ方はもちろん、しまう前に確認してほしいことや、長襦袢につけて着る半衿(はんえり)のお手入れ方法についても解説していきます。 長襦袢は、 着た後のアフターケアがとっても大切です! 着終わったら、次の4つの手順でアフターケアをしてください。 ・ 湿気をとる ・ 汚れのチェック ・ 半衿を外す ・ 洗濯する Step1. 湿気をとる 長襦袢を着た後一番にしてほしいのは、湿気をとること! 長襦袢も着物と同じように、 湿気が大敵です。 カビさせたくないですもんね。 ハンガーにかける 長襦袢を広げて、着物用ハンガーにかけておきます。 干す 直射日光が当たらず、電気を消した風通しの良い部屋で、 1~2日干しておきましょう。 Step2. 汚れのチェック お手持ちの長襦袢にシミなどの汚れはついていませんか? 長襦袢で汚れがつきやすいのは裾の部分なので、重点的に確認しましょう。 シミは時間がたつほど落としにくくなってしまうので、そのままにしておくと落とせなくなってしまいます! クリーニング屋さんにお願いしたり、ついたばかりのシミは水洗いをしたりして、きちんと処理をしておきましょう。 Step3. 半衿を外す 長襦袢をご家庭で洗濯する場合には、まず半衿を外す必要があります。 長襦袢と半衿ではお洗濯の方法が違うので、きちんと別にしてから洗ってくださいね。 長襦袢だけでなく、 半衿もお洗濯が必要です。 そのときにはキレイに見えてそのままにしておいて良さそうな気がしてしまいますが、洗わずにしまうと汗ジミや衿垢などが 茶色く変色してきてしまうことも・・・ 半衿のお洗濯の仕方は、 長襦袢のたたみ方の後に解説しているので、そちらを参考にしてください。 POINT 半衿を外すときには、生地がつるのを防ぐために、縫い糸は引っ張らずに、 細かく糸を切って外してくださいね! Step4. 洗濯する 長襦袢にシミなどの汚れがなかった場合でも、汗をかいていたものをそのままにしておくと変色してしまうことがあるんです。 だからしまう前には、一度 お洗濯をしておきたいもの。 こちらの記事「」に長襦袢の洗濯の方法が書いてあるので、チェックしてくださいね。 長襦袢は、前身頃(まえみごろ)と後身頃(うしろみごろ)を縫い合わせてありますよね。 その縫い目が長襦袢の脇のところにあり、それを脇線といいます。 長襦袢を置く 長襦袢を、頭の方が左、裾(すそ)が右になるようにして、きれいにのばした状態で自分の前に置いてください。 脇線に沿って折る まずはじめに自分から見て手前側にある前身頃を、脇線(わきせん)で折りこんでください。 次に、自分から見て奥側にある前身頃を、脇線で折りこみます。 正しく折ることができていれば、3枚目の画像のように、長襦袢を着ているときのように前身頃が重なっているはずです。 手前側にある袖(そで)と身頃を折り、袖を折り返す まずは、 手前側にある袖と身頃から折っていきます。 このとき、手前側の脇線が身頃の中心にくるように、奥側に向かって折りましょう。 1枚目の画像で、 ピンクの点線が水色の点線に重なるようにします。 そして、手前側の袖を、袖の手を出す方の端が折り目から少し内側になるように、手前側に向かって折り返します。 3枚目の画像で、 緑の点線どうしを重ねるようなイメージです! 正しく折ることができていれば、4枚目の画像のように、三つ折りのようになっているはずです。 奥側の袖と身頃を折り、袖を折り返す 次は、 奥側の袖と身頃を、手順3と同じように折っていきます。 奥側の脇線が身頃の中心にくるように、手前側に向かって折ります。 1枚目の画像のように、 ピンクの点線を水色の点線に重ねます。 そして、奥側の袖を、袖の手を出す方の端が折り目から少し内側になるように、奥側に向かって折り返します。 今回も手順3と同じように、2枚目の画像で 緑の点線どうしを重ねるイメージです! 5. 整える 写真のように折れていることを確認したら、シワを伸ばし、キレイな状態にします。 三つ折りにする たたんだ長襦袢を、 三つ折りにします。 POINT 三つ折りにするときは、まずはじめに 裾を、たたまれて内側に入っている「袖の端よりも右側の位置」を目安に、1度折ります。 それから二つに折るようにしてみてください。 思わず見とれちゃいます。 着物姿を彩ってくれる半衿も、できることならその鮮やかさを保っておきたいもの。 半衿をご家庭でお洗濯する場合は、必ず 長襦袢から外して別々にお手入れしてください。 ・ 正絹(しょうけん)の半衿 ・ ポリエステル・木綿の半衿 絹が100%の素材である正絹、またはポリエステル・木綿の半衿で、さらに先にご紹介した洗濯できない半衿の特徴に当てはまらない半衿は、ご家庭で洗濯することができます! 正絹の半衿か、ポリエステル・木綿の半衿かによって 洗い方は異なるので、別々にご紹介していきますね。 具体的な手入れ方法 それでは洗濯へ移る前に、日頃から行える 半衿のお手入れ方法です。 一見汚れていないように見えても、汗シミなどは 時間が経つと目に見えるもの。 いざ取り出した時に、目立っていたりするものです。 洗濯まではいかないまでも、少しのお手入れで解決できるかも。 そんな場合に 役立ててほしいテクニックですので、ぜひご覧ください。 手順通り正確に 用意するもの ・半衿 ・タオル ・桶(浸かるサイズ) ・中性洗剤 ・歯ブラシ ・アイロン 手順 1. 半衿を外す お手入れのたびに外すのは面倒かも知れませんが、大切なこと。 生地を傷めないためにも、 丁寧に糸を切って外しましょう。 つけ置き 半衿がしっかり浸かるくらいに水を張り、 中性洗剤を少しだけ入れましょう。 お湯じゃないの?と疑問を持つ方もいるかも知れませんが、 必ず水にしてください。 汚れが目立たないようであれば、そのままつけ置きでOK。 手順4へ。 落としたい汚れがある場合は、手順3へ進みましょう。 歯ブラシで落とす 汚れには直接歯ブラシを使い、丁寧に落としていきましょう。 この時強く擦ってしまうと、 生地が傷んでしまうので要注意。 しつこい汚れもムキにならず、あくまで やさしく擦ってあげましょう。 その後つけ置きをして、次に進みます。 すすぎ 洗剤が残らなように、しっかりすすぎましょう。 色柄ものの場合、洗剤が残っていると 変色する恐れがあります。 すすぎ過ぎも生地を傷めますが、様子を見ながらこの工程を繰り返してください。 乾かす すすぎ終わったらタオル等でやさしくはさみ、水気を取ります。 絶対に絞ってはいけませんよ! できたら風通しの良い場所を探して陰干しです。 アイロンがけ ある程度乾いたら、アイロンをかけていきましょう。 少し濡れていた方が、シワもよく伸びるのでオススメです。 全工程が終わっても湿っているようでしたら、再度陰干しをして終了です。 気をつけるべき点 上の工程で 気を付けたいポイントをおさらいしましょう。 せっかくお手入れしたのに、傷んでしまえば逆効果。 理由は縮み。 生地によってはお湯を苦手としているものもあるのです。 ・丁寧に扱う 全工程そうなのですが、着物類は繊細な生地が多く、雑に扱うと シワが残ります。 さらに染物も滲んだり、色移りしたりと大変なので、 丁寧に扱うことが大前提。 間違ってもかたく絞ったりはしないでくださいね! ・日光は避けて陰干し さらっと説明してしまいましたが、 日当たりを避けることもポイント。 直射日光や紫外線は、洗濯物の色を あせさせる働きがあります。 早く乾くイメージがありますが、繊細な生地、色物は 陰干しがオススメです。 まずは 正絹の半衿の場合、 次にポリエステル・木綿の半衿のお洗濯のやり方を解説していきます! 正絹の半衿は手洗い 正絹の半衿のときは、かならず手洗いでやさしくお手入れしてあげましょう。 用意するもの ・洗面器 ・中性洗濯洗剤(おしゃれ着用洗剤) ・やわらかいタオル ・アイロン ・アイロン台 ・ハンガー 手 順 1. 洗浄液を作る 洗面器に水を張り、中性洗剤を5~6滴溶かします。 注意 生地がこすれると色落ちしてしまうことがあるので、あまりこすらないように注意してくださいね。 すすぐ 水でよくすすぎましょう。 タオルにはさむ 洗濯機から出したら、半衿をやわらかいタオルにはさんで表面の水分を取ってください。 アイロンをかける 半衿が濡れているままの状態で、アイロンをかけて半衿を伸ばしていきます。 生地を引っ張るようにしてアイロンで伸ばし、半衿を 半乾きの状態にします。 陰干しする ハンガーに半衿をかけて形を整え、そのまま日の当たらないところで陰干しをします。 ネットに入れる 半衿をネットに入れます。 半衿の大きさに合ったネットを使ってくださいね! 2. 洗濯機にかける 中性洗剤を入れて、洗濯をはじめましょう。 タオルにはさむ 洗濯機から出したら、半衿をやわらかいタオルにはさんで表面の水分を取ってください。 アイロンをかける 半衿が濡れているままの状態で、アイロンをかけて半衿を伸ばしていきます。 生地を引っ張るようにしてアイロンで伸ばし、半衿を 半乾きの状態にします。 陰干しする ハンガーに半衿をかけて形を整え、そのまま日の当たらないところで陰干しをします。 まとめ いかがでしたか? 長襦袢をたたむ前には、 4ステップでお手入れが必要です。

次の

成人式後の振袖と長襦袢のたたみ方を解説付き動画でわかりやすくご紹介!

振袖 の たたみ 方 動画

着物のたたみ方を知らない方は多いでしょうから、レンタル店の方でも、完璧なたたみ方は求めていないのではないでしょうか。 ぐちゃぐちゃではマズいと思いますが、なんとかたたもうとした形跡が見えればトラブルにはならないのではないかと思います。 先日我が家でも子供の七五三の衣装をレンタルしましたが、「だいたい平らにしてケースにおさめてくれれば大丈夫」というようなことが書かれていました。 しかし、これを機会に覚えるというのもいいと思います。 一度覚えてしまえば、訪問着でも浴衣でもなんでもたためます。 多分、左右の脇線を重ねるところが難しいのではないでしょうか。 私も初めて見た時は「へぇ~!」と思いましたから…。 1えりを左、裾を右にして置く。 2右側のところで折る。 3右側のおくみ線のところで折り返す。 4左右のえりから裾までを重ねる。 5左側の脇線を持ち上げて右側の脇線に重ねる。 6全体が二つ折りになるように整える。 7左の袖を折り返して身頃に重ねる。 8裾を持ち上げて全体を半分に折る。 9全体を裏返す。 10右の袖を身頃に重ねる。 簡単に書くとこんな感じです。 5のところが難しいかもしれません。 「振袖 たたみ方」で検索すると動画がいくつか見つかりますから参考になさってみてください。

次の