あの 頃 は 何 も なく て。 あの頃と何か違う…そう感じたら贅沢なうるおいを角層にそそぎ込むハリつや·美容化粧水

あの頃は良かったと昔のことばかり考えてしまう人へ

あの 頃 は 何 も なく て

今、時刻は朝の6時36分!。 俺はまた、いつもの様にリビングの天井に映したプラネタリゥムを眺め、タバコを吹かしギタ-を爪弾きながら、世の中の事や自然環境の事、そして最近、俺も歳を取ったせいか昔の子供の頃の事などを考えたり思い出しているうちに、すっかりそのまま寝込んでしまった!。 今から40年ほど前の俺の故郷、北海道は今とは全く違い、見渡す限りほとんどが水田だった!。 家は木造と断熱材も入っていない作りの隙間だらけの部屋で手押しポンプや地下水をポンプでくみ上げて使っていた!。 そして夕方から夜には虫達の鳴き声とカエル達の鳴き声の大合唱だった!。 俺が子供の頃には自転車なんて高くて買ってもらえなかったから、近所の雑品屋からタダで貰って来たおんぼろ自転車に親父が水色のペンキを塗り、それでも俺は嬉しくて喜んで乗っていたよ!。 勿論、ビデオもカラ-写真機も無くて、両親が苦労して働いて節約と辛抱をしてお金を貯め、やっと買ったのが足付きの白黒テレビだった!。 それでも親戚や近所の人達は皆優しくて温かく地域で子育てをし監視カメラなんて一つも無かった!。 それでも今思い返すと今よりずっと楽しく幸せだった様な気がする?。 何たって夢があったからね!。 正に俺と同郷の、「安全地帯」のさんが37歳の時に、ミニ・コンサ-トの為に作った、俺も大好きでたまに弾き語りで歌う曲、「メロディ」の歌詞そのものだったね!。 俺の法則の通り今、中国までもが、「金と物の比重が高まり過ぎると愛は消える!。 」の状態で人間、皆、おかしくなってしまったね?。 まっ、世の中なんて最後には成る様にしかならないものさ!。 メロディ 「作詞・作曲・・」 1. あんなにも好きだった 君がいた この街に 今もまだ 大好きな あの、「うた」は聞こえているよ いつも 優しくて 少し淋しくて 君だけを 覚えていて いつだって あふれてくるよ メロディ 泣きながら あの、「うた」は幸せを見つめてるよ・・・ 2. なつかしい この店の すみっこに 置いてある 寄せ書きの はじのほう 君と書いた ピ-スマ-ク みんな 集まって 泣いて 歌ってたね あの頃は 何もなくて それだって 楽しくやったよ メロディ いつのまに 大切な物 失くした・・・ *僕たちは 風のように いつだって 星が降るように メロディ いつまでも 遠い空 流されても 君だけを 覚えている いつだって あふれているよ メロディ 泣かないで あの、「うた」は心から聞こえているよ・・・ (上記写真)は、俺とさんとの故郷、北海道はの田園風景だ!。 そして、この写真の風景は本当に、「安全地帯」が皆、若くて余り売れていない頃に、永山と言う場所で、彼らが古い赤レンガ作りの空き家を借りて寝泊りしながらバンドの合宿練習をしていた場所から見える田園風景で、この田園風景こそが正にさんが作った曲、「田園」のモデル風景と言えるのだ!。 じゃあ、また!。

次の

あの時結婚しなくて良かった!小町の皆さんありがとう!!

あの 頃 は 何 も なく て

こんばんは。 今日はなんでしょうね。 先日、会社の新年会に出席したとき、となりに座ったのが、入社2年目のまあ新入社員でした。 それも女性でお酒をつぐでもなく、会話も何か仕事のことばかりで話がかみ合いませんでした。 やはり、年代が離れているとスムーズな会話は難しいですね。 で、その3日後に割りと年齢が近い仲間との飲み会があって、それは話が盛り上がりました。 やっぱり、ジェネレーションギャップはさけられませんね。 友達、仲間と飲んでいると、「あの頃はよかった」と振り返ってしまいます。 年でしょうか? 年齢を重ねれば重ねるほど、若かった頃の自分を思い返しては、もの思いにふける事が多くなりました。 このように自分自身、つまり、個人の過去を振り返るとき 「あの頃はよかった」と思う。 しかもそれだけではなく、町、国、時代全体など広範囲に振り返ってしまい「あの頃はよかった」という事もあります。 同世代の仲間が集まったときなどは、同じ時代を生きたもの同志だったからこそ分かり合える、当時の時代や国全体の情勢などを含めて思う「あの頃はよかった」という事もある。 ではいったい「あの頃はよかった」とは、いつの時代を指すのか。 人それぞれ違いますが、なぜか誰もが「あの頃はよかった」と思うのでしょうか。 それでは「よかった頃の日本」はいつだったのでしょうか。 バブルに沸いていた日本を指すのか、そうではなく、や日本人が日本人らしく生活していた頃の日本らしさで満ち溢れていた時を指すのか。 おそらく精神面に大きく影響を与える「日本らしさ」=「よかった」に結びついているのだと思った。 では、日本が日本らしかったのはいつだったのでしょう。 国内外の観光客であふれる京都に足を運ぶのも、の和歌や絵巻から日本らしさを感じたいからかもしれません。 江戸時代も落語などからキビキビとした日本人の資質、知恵、真面目さなどがうかがえて、現在を生きる我々はタイムスリップして思いを馳せる。 一家団欒とか初めてテレビが我が家にきたということで話題になった昭和もよかったのではないでしょうか。 や黒船が来航するまでは、日本以外のものは未知なるものだったのでしょ。 当然、今に比べると出来ないことも多い。 だから人間ができることも限られていた。 しかし現代は、「あの頃はよかった」時代にあった常識みたいなものは無くなって、昔を知る者と、知らない者が混在し混沌としているようですね。 訪日外国人の目的は千差万別でしょうが、私たち日本人が気付かない日本を感じているのかもしれません。 むしろ日本の歴史建造物やなどから、私たちより日本の良さを感じているかもしれない。 年かなあ~。 人生の年輪を感じるってこのこと? また、年の差をいろいろ感じて飲みにいきたいですね。 yasuhirokamei0912.

次の

あの時結婚しなくて良かった!小町の皆さんありがとう!!

あの 頃 は 何 も なく て

こんばんは。 今日はなんでしょうね。 先日、会社の新年会に出席したとき、となりに座ったのが、入社2年目のまあ新入社員でした。 それも女性でお酒をつぐでもなく、会話も何か仕事のことばかりで話がかみ合いませんでした。 やはり、年代が離れているとスムーズな会話は難しいですね。 で、その3日後に割りと年齢が近い仲間との飲み会があって、それは話が盛り上がりました。 やっぱり、ジェネレーションギャップはさけられませんね。 友達、仲間と飲んでいると、「あの頃はよかった」と振り返ってしまいます。 年でしょうか? 年齢を重ねれば重ねるほど、若かった頃の自分を思い返しては、もの思いにふける事が多くなりました。 このように自分自身、つまり、個人の過去を振り返るとき 「あの頃はよかった」と思う。 しかもそれだけではなく、町、国、時代全体など広範囲に振り返ってしまい「あの頃はよかった」という事もあります。 同世代の仲間が集まったときなどは、同じ時代を生きたもの同志だったからこそ分かり合える、当時の時代や国全体の情勢などを含めて思う「あの頃はよかった」という事もある。 ではいったい「あの頃はよかった」とは、いつの時代を指すのか。 人それぞれ違いますが、なぜか誰もが「あの頃はよかった」と思うのでしょうか。 それでは「よかった頃の日本」はいつだったのでしょうか。 バブルに沸いていた日本を指すのか、そうではなく、や日本人が日本人らしく生活していた頃の日本らしさで満ち溢れていた時を指すのか。 おそらく精神面に大きく影響を与える「日本らしさ」=「よかった」に結びついているのだと思った。 では、日本が日本らしかったのはいつだったのでしょう。 国内外の観光客であふれる京都に足を運ぶのも、の和歌や絵巻から日本らしさを感じたいからかもしれません。 江戸時代も落語などからキビキビとした日本人の資質、知恵、真面目さなどがうかがえて、現在を生きる我々はタイムスリップして思いを馳せる。 一家団欒とか初めてテレビが我が家にきたということで話題になった昭和もよかったのではないでしょうか。 や黒船が来航するまでは、日本以外のものは未知なるものだったのでしょ。 当然、今に比べると出来ないことも多い。 だから人間ができることも限られていた。 しかし現代は、「あの頃はよかった」時代にあった常識みたいなものは無くなって、昔を知る者と、知らない者が混在し混沌としているようですね。 訪日外国人の目的は千差万別でしょうが、私たち日本人が気付かない日本を感じているのかもしれません。 むしろ日本の歴史建造物やなどから、私たちより日本の良さを感じているかもしれない。 年かなあ~。 人生の年輪を感じるってこのこと? また、年の差をいろいろ感じて飲みにいきたいですね。 yasuhirokamei0912.

次の