森 濱田 松本 法律 事務 所。 森・濱田松本法律事務所とは

森・濱田松本法律事務所の口コミ・評判

森 濱田 松本 法律 事務 所

【カルチャー】 旧森綜合のカルチャーを引き継いでおり、若手を全面に出すことによる育成方針を取っている。 各案件において、最若手が主任となり、顧客との連絡、方針、書面作成など全て行い、合議と呼ばれる内部会議で先輩弁護士とすり合わせることで案件が進められる。 と言われているが、専門化した案件が増え、最若手が自分でできることは少なくなってきているため、他事務所との差は小さくなりつつあるようにも思われる。 自分から積極的に発信する若手をかわいがる文化は残っていると思う。 紛争を専門とする弁護士はとても多く、差別化のため、倒産、労働、知財、会社法など何らか別の専門分野を持っている。 一番奥にパートナーとシニアアソシエイト、中間に4~7年目くらいのアソシエイト、手前に1~3年目のアソシエイトが座っていることが多い。 気軽に先輩に質問したり、仕事のやり方を見られる状況は特に仕事を覚える1~3年目の時期には助かることが多い。 なお、1年目の間は島のメンバーと業務をすることが多いが、定期的な席移動により顔が売れてくると、島は単なる生活単位となり、業務は様々な部屋の人とするようになってくる。 パートナーと同室の緊張感は2 ,3ヶ月で慣れる。 業務時間は長いが、夜中でも部屋が明るく、同室の若手もずっといるため、意外とメンタル面の負担は大きくない。 【報酬】 初年度は1200万、3年目以降基本給が100万円ずつ上昇する。 2年目以降はボーナスが出るが、ボーナスはその年の業績、評価などを考慮して、翌年の2月に支払われるため、2年目のボーナスを実際に受け取るのは3年目に入ってからとなる。 ボーナスは全体の業績、年次、クライアントへの請求時間など多数の考慮要素があるため、人により大きく変わる。 多い人だと、4、5年目で2000万円超え、留学帰りのシニアアソシエイトで2500万円超えになる印象。 なお、パートナーは基本的に請求金額ベースの報酬となるため、パートナー間の格差は大きいらしい(パートナー間での平等を指向するNOTと対極的)。 いわゆる「四大」と言われる事務所の一つ。 とてもとても忙しくて、月に300時間稼働(事務所にいた時間ではなく、クライアントに請求する時間)する月もあるが、待遇が良くて楽しい人・やりがいのある案件が多く、意外と辞める人は多くない。 (待遇) 現在は少し変わっているかもしれないが、1年目で1200万円、2年目と3年目は1200万円+ボーナス、4年目以降は100万円ずつベースアップしていく(4年目は1300万円+ぼーなす、5年目は1400万円+ボーナス)という仕組みだった。 ボーナスは基本的に稼働状況に連動していて、結構な金額が出る。 2年目から数百万円もらっている人もいて、4、5年目になると、1000万円近いボーナスが出る人もいる。 留学費用も1000万円近い援助がでる。 (忙しさ) めちゃめちゃ忙しい。 一応月の稼働時間が一定の時間を超えると新件を受任できなくなるというルールはあるが、月300時間の稼働を超えることもまれにあり、年間4000時間近く働く人もいる。 そういう人たちはまさに「命を削って働く」という表現がしっくりくるレベルで働いている。 もっとも、稼働時間だけでいうと1年目はそこまでではなく、一番忙しそうにしているのは留学後のシニアアソシエイトという印象。 (キャリアステップ) 1年目はローテーションといって複数の分野を経験した後、ざっくりとした自分の分野を決める。 その後、3~5年目までアソシエイトとして働いた後(その間1年程度企業や官庁に出向に行く人もいる)、2年ほどアメリカに留学に行き、留学から帰ってくるとシニアアソシエイトと言われるようになる。 留学後しばらくするとパートナー選考が始まり、留学後2~3年でパートナーになる人が多い(オブカウンセルというポジションを挟んでパートナーになる人もいる)。 パートナーにもノンエクイティパートナーとエクイティーパートナーの2種類あって、最初はノンエクイティパートナー、売上等の一定の要件を満たすとエクイティパートナーとなる。 (業務分野) 事務所としては、企業法務であれば、ほとんどやっていない案件はないと言って良いし、案件の規模や新規性も日本トップレベル。 ただ、かなり専門分化が進んでいるので、徐々に自分の分野しかやらなくなる傾向がある。 入所以来訴訟をやったことがないという人も多い。 (雰囲気) 基本的には楽しい人が多く、飲み会とかも多い。 若手のチャレンジを応援する空気はあると思う。

次の

森・濱田松本法律事務所ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

森 濱田 松本 法律 事務 所

国内法律事務所としてスタートし渉外分野に業務を拡張していた森綜合法律事務所と、創業期から渉外案件も含めたファイナンス分野で高く評価されていた濱田松本法律事務所。 この2つの事務所の合併により2002年12月に森・濱田松本法律事務所が設立された。 その後05年7月には知的財産権の分野に強いマックス法律事務所と合併。 弁護士246名、外国弁護士11名に加え、司法書士有資格者、外国人トレーニー、パラリーガル、翻訳、司書ほかスタッフ約400名(08年1月1日現在)を擁する、日本有数の大規模法律事務所である。 「集積された法的ノウハウを生かすことで、より高度なリーガル・サービスの提供が可能になりました。 依頼者にとっての最善を目指すためには、良質なリーガル・サービスを生む弁護士が高いパフォーマンスを発揮できる環境を整えることが重要。 そう考える同所の特徴やさまざまな工夫を聞いてみた。 「図書室には7万冊の蔵書があり、これは法律事務所でも日本最大級。 会議室は8名から100名まで対応可能なタイプが40室。 判例や法令を検索できるデータベース、必要な情報を掲示板上で公開・発信し、瞬時に共有できる所内ポータルサイトも構築しています」(松村氏) また、執務室については、一部のシニア弁護士を除いて個室は使用せず、パートナー・中堅アソシエイト・若手アソシエイトの3人ないし4人でひとつの執務室をシェアして、風通しのよい環境を整える。 「先輩、後輩が机を並べれば、若手はプレッシャーを感じるかと思いきや、実際にはチャンスが多いことを悟ります。 互いに敷居の低い文化をつくろうという伝統があり、弁護士同士のコミュニケーションもとりやすく、日常の些細な質問から仕事上の難解な法的論点に関するアドバイスまで、思い立ったら即行動に移せる距離感です。 その一方で電話の応対ひとつに先輩からダメ出しされることもあります。 近年では、所内での継続研修、専門分野の弁護士による定期勉強会などにより組織的な情報共有を実現。 法律事務所では日本最大級の蔵書を誇る図書室、最高水準のIT環境への情報投資を通じて、個々の弁護士が最良のリーガル・サービスをクライアントに提供できるよう、快適な環境づくりに注力している。 3)のものです。 2007年11月号 準備号• 2008年1月号 創刊号• 2008年3月号 Vol. 2008年5月号 Vol. 2008年7月号 Vol. 2008年9月号 Vol. 2008年11月号 Vol. 2009年1月号 Vol. 2009年3月号 Vol. 2009年5月号 Vol. 2009年7月号 Vol. 2009年9月号 Vol. 2009年11月号 Vol. 2010年1月号 Vol. 2010年3月号 Vol. 2010年5月号 Vol. 2010年7月号 Vol. 2010年9月号 Vol. 2010年11月号 Vol. 2011年1月号 Vol. 2011年3月号 Vol. 2011年5月号 Vol. 2011年7月号 Vol. 2011年9月号 Vol. 2011年11月号 Vol. 2012年1月号 Vol. 2012年3月号 Vol. 2012年5月号 Vol. 2012年7月号 Vol. 2012年9月号 Vol. 2012年11月号 Vol. 2013年1月号 Vol. 2013年3月号 Vol. 2013年5月号 Vol. 2013年7月号 Vol. 2013年9月号 Vol. 2013年11月号 Vol. 2014年1月号 Vol. 2014年3月号 Vol. 2014年5月号 Vol. 2014年7月号 Vol. 2014年9月号 Vol. 2014年11月号 Vol. 2015年1月号 Vol. 2015年3月号 Vol. 2015年5月号 Vol. 2015年7月号 Vol. 2015年9月号 Vol. 2015年11月号 Vol. 2016年1月号 Vol. 2016年3月号 Vol. 2016年5月号 Vol. 2016年7月号 Vol. 2016年9月号 Vol. 2016年11月号 Vol. 2017年1月号 Vol. 2017年3月号 Vol. 2017年5月号 Vol. 2017年7月号 Vol. 2017年9月号 Vol. 2017年11月号 Vol. 2018年1月号 Vol. 2018年3月号 Vol. 2018年5月号 Vol. 2018年7月号 Vol. 2018年9月号 Vol. 2018年11月号 Vol. 2019年1月号 Vol. 2019年3月号 Vol. 2019年7月号 Vol. 2019年10月号 Vol. 2020年1月号 Vol. 2020年4月号 Vol. 2020年4月号 Vol.

次の

森・濱田松本法律事務所及び株式会社Legalscapeによるリーガルリサーチシステム「Legalscape」の実用化に向けた協業に関するお知らせ (2019

森 濱田 松本 法律 事務 所

森・濱田松本法律事務所の概要 森・濵田松本法律事務所は、所属する弁護士の数において、日本で5本の指の中に入る法律事務所です。 先ほどの四大法律事務所に加え、「TMI総合法律事務所」を加えた法律事務所が、およそ450人を超える超大規模法律事務所として有名です(五大法律事務所とも呼ばれます)。 これらの五大法律事務所は、企業法務を主に取り扱う法律事務所として、多くの弁護士を抱えているスケールメリットを活かして、様々な分野において総合的なリーガル・サービスを提供することを目指しています。 所在地 主事務所 〒100-8222 東京都千代田区丸の内2丁目6番1号 丸の内パークビルディング(受付16階) 弁護士の所属人数 パートナー(外国法パートナー1名を含む):124名 シニア・カウンセル:4名 カウンセル:21名 アソシエイト:278名 プロフェッショナル・サポート・ロイヤー:2名 客員弁護士:8名 ほか (2020年4月現在) 設立 1971年:森綜合法律事務所開設 1975年:濱田松本法律事務所開設 1998年4月:森綜合法律事務所 北京オフィス開設 2002年12月:森綜合法律事務所と濱田松本法律事務所が統合、 森・濱田松本法律事務所を開設 受賞歴 Chambers Global 2020 The Legal 500 Asia Pacific 2020 Chambers Asia Pacific 2020 など 公式ホームページ 森・濱田松本法律事務所は、このような法律事務所の一つです。 法律事務所のビジョンとして「Firm of Choice~選ばれる事務所~」を掲げています。 クライアントに問題が発生した場合、すぐに頼りにされるような法律事務所を目指しています。 森・濱田松本法律事務所で取り扱う分野 森・濵田松本法律事務所は、企業活動に必要なあらゆる法分野をカバーして、会社の法律問題の全てを1つの法律事務所で解決できることを目指しています。 そのため、森・濱田松本法律事務所において取り扱っていない企業法務分野はないといえるでしょう。 森・濱田松本法律事務所に所属する弁護士がその専門分野でセミナーや講演活動を積極的に行っているのも特徴の一つとして挙げられます。 時期によって偏りはありますが、かなりの高頻度で開催されています。 また、森・濱田松本法律事務所に所属する弁護士が、刑事事件や交通事故などの一般民事を受任することもあります。 もっとも、これらが事務所のメイン業務になっているとはいえないでしょう。 他の四大法律事務所と比べて、海外案件よりも日本国内案件が多いといわれています。 森・濱田松本法律事務所の採用傾向|求める弁護士像 森・濱田松本法律事務所の求める弁護士像はどのようなものでしょうか。 新人弁護士の採用と中途採用に分けてそれぞれ記載いたします。 求める人物像 森・濱田松本法律事務所は具体的な採用基準などを公表しておらず、具体的にどのような人材を求めているかは明らかではありません。 ただ、森・濱田松本法律事務所は450名以上弁護士が所属する大規模な法律事務所です。 先述の通り、扱っている分野も多岐にわたります。 一般論として弁護士の個性も多種多様なものであると考えられ、どのような人でも活躍できる余地があるといえるでしょう。 このような環境の中で自分のプレゼンスを発揮していくためには、何か一つの専門性などの強みを持っている人や、そのような強みを獲得できる能力がある人が求められるといえるでしょう。 また、多くの弁護士が在籍しているため、 複数の弁護士でチームを組んで一つの案件に対処することが常といえます。 時には数十名で一つのチームを作ることもあるようです。 各弁護士の専門性を活用してクライアントの依頼に応えていきます。 よって、弁護士同士での会議(合議)に積極的に参加していける人が求められていると考えられます。 中途採用について 森・濱田松本法律事務所では、弁護士としての資格を持っている検察官や裁判官、他の法律事務所における弁護士などを採用しています。 どのような人が中途採用されるかは明らかではありませんが、 森・濱田松本法律事務所が拡大を目指す分野や、弁護士不足となっている分野において有意な専門性を有する弁護士などは、採用されやすいということがいえるでしょう。 なお、森・濱田松本法律事務所は、中途採用の採用基準を特には明らかにしていません。 司法修習生の受け入れ・新人弁護士採用について 森・濱田松本法律事務所では、毎年数十人規模で新人弁護士を採用しています。 新人弁護士の多くは、予備試験合格者や、東京大学などの有力なロースクールを修了した者など、一般に優秀といわれる人材を多く採用しています。 予備試験合格者に対しては「 ウィンタークラーク」、ロースクール在学生に対しては「 サマークラーク」、学部生に対しては「サマーインターン」などと呼ばれるインターンを設けており、学生などに対して、森・濱田松本法律事務所がどのような法律事務所なのかを体験できる機会を設けています。 このインターンが、実質的な採用活動になっているともいわれています。 また、森・濱田松本法律事務所では、例年司法修習生を多数受け入れています。 森・濱田松本法律事務所の弁護士の年収 森・濵田松本法律事務所は、入所1年目でおおよそ1,200万円の給料を貰うことができるといわれています。 アソシエイトのうちは、一定の年数まで年次が上がる毎に徐々に昇給していきます。 パートナーは、自分の売上のうち一定割合を年収として獲得し、その他は法律事務所の賃料やアソシエイトの給料などに使うため法律事務所に納めることになります。 例えば、この割合が5割であれば、年間で合計1億円を売り上げた場合、その半額である5,000万円を給料として受け取ることになります。 なお、実際の経験談を基にした口コミによると、 初年度は1200万、3年目以降基本給が100万円ずつ上昇する。 2年目以降はボーナスが出るが、ボーナスはその年の業績、評価などを考慮して、翌年の2月に支払われるため、2年目のボーナスを実際に受け取るのは3年目に入ってからとなる。 ボーナスは全体の業績、年次、クライアントへの請求時間など多数の考慮要素があるため、人により大きく変わる。 多い人だと、4、5年目で2000万円超え、留学帰りのシニアアソシエイトで2500万円超えになる印象。 なお、パートナーは基本的に請求金額ベースの報酬となるため、パートナー間の格差は大きいらしい(パートナー間での平等を指向する長島・大野・常松法律事務所と対極的) 引用元: などと評価されています。 森・濱田松本法律事務所に転職するには 森・濵田松本法律事務所に転職するためには、森・濱田松本法律事務所に求められる弁護士である必要があります。 そのため、 他のブティック系法律事務所で専門性を磨いているなど、アピールできる高度な法律の知識やスキルがあることが必要であると考えられます。 しかし先述の通り、森・濱田松本法律事務所は具体的な採用基準などを公表していないため、今どのような弁護士を求めているかは実際に連絡をしなければ正確なことまでは判断できません。 何にせよ、森・濱田松本法律事務所が欲している専門性や能力と、自分が持っている専門性や能力が、ちょうど同時期に一致していることが必要であるため、転職は縁や運も絡んでくるといえるでしょう。 森・濱田松本法律事務所に転職する際の注意点 森・濱田松本法律事務所では、多くの有力な企業がクライアントになっています。 以前の法律事務所で受任していた訴訟案件や、お付き合いのある企業との関係を転職後も継続しようと思っていても、森・濱田松本法律事務所と利益相反(コンフリクト)が生じてしまうために、これらの案件を手放さなければならなくなる可能性があります。 森・濱田松本法律事務所の口コミ 森・濱田松本法律事務所には、様々な口コミが寄せられています。 あくまで一部の例ですが、ご紹介します。 良い口コミ 弁護士に関して 人それぞれの好みによりますが、一年目から活躍したい方、自分の頭で徹底的に考えて結論を出したい方、自ら主体的に行動して案件を動かすことにやりがいを感じる方には非常に良い事務所だと思います。 引用元: 仕事は忙しいが、働く弁護士は優秀。 いろいろな人がいて刺激的、仕事も面白い案件も多い。 いろいろなものや人に触れ合えるので、将来の弁護士像があまり見えない人にとっては、実地で将来を考える機会が豊富。 引用元: 若手のうちから、最大限ストレッチをきかせた仕事の仕方ができるので、急成長したい人にはとても良い職場だと思います。 基本的な弁護士業務のプロトコルを早く習得するには最適の職場だと思います。 引用元: 務所の弁護士は、気さくな方が多く、風通しが非常に良いため一緒に働くうえで人間的なストレスはほとんど感じません。 最近は世間もパ輪原、セクハラにうるさくなったこともあり、事務所内でも、気を使ってくださる方が多いと感じております。 引用元: 最初に入る法律事務所としては、一緒に働く弁護士の質が高く成長できると思う。 また、転職の際のネームバリューも高いパートナーになれば数億円売り上げることも可能なので、アップサイドも目指せる。 結論として、覚悟と目的をもって入るにはとてもいい事務所。 引用元: スタッフに関して 基本勤務時間は7時間と短く、残業代は全額支給。 基本定時で帰れる場合が多いが、部署や時期による。 残業が多すぎて辛いと感じたら相談して担当弁護士や業務量を調整してもらうことも可能。 引用元: スタッフのほぼ9割が女性であるため、産休・育休制度や時短勤務などの制度は充実しています。 理解やノウハウもあり、復帰も無理なくすることができます。 引用元: 良いとは言えない口コミ 弁護士に関して 仕事のクオリティは高く弁護士としての経験値は期待出来ますが、やはり同じだけの苦労をしているはずの他4大の同期が自分の倍貰っている現状を見ると辞める人が最も多いと言われるのも理解できます。 引用元: 一応月の稼働時間が一定の時間を超えると新件を受任できなくなるというルールはあるが、月300時間の稼働を超えることもまれにあり、年間4000時間近く働く人もいる。 そういう人たちはまさに「命を削って働く」という表現がしっくりくるレベルで働いている。 引用元: 残業時間にならすと、月100時間を超えない月はありませんでしたので、ワークライフバランスからは遠い印象です。 土日も基本的には仕事をして、土日のうちどちらかの半日は休めるといった状況です。 飲み会の後も基本的には事務所に戻って仕事をします。 長期休暇は夏休みのみで、一週間ほど休みをもらえますが、案件は継続するので休み中にも対応を求められます。 有給というシステムはありません。 仕事を思いっきりしたいという方にはよいとおもいます。 引用元: 自分の将来像が、仮にこの先いたとしても見えない気がした。 引用元: スタッフに関して ・部署にもよりますが、OJTがメインのため研修制度は充実していません。 入所時の研修は3日程度で、スキルアップ等の研修もありません。 引用元: 弁護士国保なので、負担額が民間企業(健保)より高いです。 半額補助を給与として支給するので課税所得が上がり(税金負担が増えるので)損です。 評価による上下動はほぼなし。 住宅手当、食事手当等は一切なし。 定期代のみ。 福利厚生を気にするならお勧めしません。 引用元: 大量の弁護士やスタッフを抱え、東京駅周辺という一等地にオフィスを構えている都合上、法律事務所の経営のために高いフィーを獲得することが重要になっています。 そのため、不正調査案件などにおいて、経験の浅い弁護士を不必要に大量に投入してタイムチャージを計上しているなど、依頼者の求めるリーガル・サービスが提供できていないのではないかなどの批判が一部でなされています。 引用元: まとめ 森・濵田松本法律事務所は様々分野の案件に対応している大手法律事務所です。 クライアントが問題を抱えたときに選ばれる事務所を目指しています。 特に国内案件に強いことが特徴です。 採用の条件が明らかになっていませんが、大手法律事務所であることからも、秀でた知識やスキルは求められることになるでしょう。 新人弁護士から活躍できる場は多くありますが、やはりその他大手法律事務所と同様に労働時間が非常に長いという問題は抱えているようです。 また、スタッフについては労働時間や育休の制度は充実している一方で、スキルアップについては物足りないと感じている方が多いようです。 森・濱田松本法律事務所への入所に興味がある方は、この記事を読むだけでなく、是非森・濱田松本法律事務所が用意しているインターンなどを利用して、自分の目でちゃんと確かめてみることが重要です。

次の