君 の 虜 に なっ て しま えば。 あいみょん、『私の家政夫ナギサさん』主題歌がチャート健闘 幅広い世代を虜にするバラードシングルに(リアルサウンド)

歌い継がれる『栄冠は君に輝く』古関裕而が甲子園で感じたこと。

君 の 虜 に なっ て しま えば

あいみょん『裸の心』 最新のオリコンチャートによれば、KinKi Kids『KANZAI BOYA』が187,254枚を売り上げて1位を記録。 1位から3位まで人気アイドルが占めるなか、4位と大きく健闘したのがあいみょんのニューシングル『裸の心』だ。 「マリーゴールド」を筆頭に「君はロックを聴かない」や「愛を伝えたいだとか」といった彼女の楽曲は、常に各種配信サイトでランクインし続けており、今なお根強い人気を見せている。 それどころか、CDの売り上げ枚数でも着実に結果を残していて、今回のオリコン週間シングルランキング4位という結果はランク上では自己最高となる。 ストリーミング時代の覇者として、あるいは新世代の旗手として、確固たる地位を築きつつあるあいみょん。 なぜ彼女は、若い世代だけでなくCDの売り上げでも結果を残すのだろうか。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の主題歌である。 ただ、タイアップといえども、に掲載されているコメントによれば、もともとは2017年に書かれた曲なのだとか。 当初はアルバム曲として制作していたものの、アレンジャーのトオミヨウから送られてきた音源を聴いて感動し、シングルへと変更したらしい。 今作はいわゆるバラードで、切なくも美しいメロディを感情たっぷりに歌い上げるボーカルが印象的。 だが、豪華に着飾ったサウンドで聴き手を圧倒するようなものではなく、楽曲の芯の部分をそのまま放ったような作りをしているのが特徴だ。 ましてやシングル曲。 パンチの効いたサウンドで大げさに歌い上げたくなるアーティストも多いはず。 しかし、アレンジャーの話によると「あくまでも私的な雰囲気にしたい」という彼女の要望からこうした作りになったのだそうだ。 (参考:) 結果、彼女らしく等身大で、聴き手の孤独にやさしく寄り添うような魅力を持った楽曲になっている。 ボーカルの細かな機微でさえも心にストレートに届くのだ。 こうしたアレンジを選ぶセンスが若い世代の共感を呼ぶ所以なのだろう。

次の

初めてのチュールに子猫がおかしくなってしまいました【マンチカン】

君 の 虜 に なっ て しま えば

あいみょん『裸の心』 最新のオリコンチャートによれば、KinKi Kids『KANZAI BOYA』が187,254枚を売り上げて1位を記録。 1位から3位まで人気アイドルが占めるなか、4位と大きく健闘したのがあいみょんのニューシングル『裸の心』だ。 「マリーゴールド」を筆頭に「君はロックを聴かない」や「愛を伝えたいだとか」といった彼女の楽曲は、常に各種配信サイトでランクインし続けており、今なお根強い人気を見せている。 それどころか、CDの売り上げ枚数でも着実に結果を残していて、今回のオリコン週間シングルランキング4位という結果はランク上では自己最高となる。 ストリーミング時代の覇者として、あるいは新世代の旗手として、確固たる地位を築きつつあるあいみょん。 なぜ彼女は、若い世代だけでなくCDの売り上げでも結果を残すのだろうか。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の主題歌である。 ただ、タイアップといえども、に掲載されているコメントによれば、もともとは2017年に書かれた曲なのだとか。 当初はアルバム曲として制作していたものの、アレンジャーのトオミヨウから送られてきた音源を聴いて感動し、シングルへと変更したらしい。 今作はいわゆるバラードで、切なくも美しいメロディを感情たっぷりに歌い上げるボーカルが印象的。 だが、豪華に着飾ったサウンドで聴き手を圧倒するようなものではなく、楽曲の芯の部分をそのまま放ったような作りをしているのが特徴だ。 ましてやシングル曲。 パンチの効いたサウンドで大げさに歌い上げたくなるアーティストも多いはず。 しかし、アレンジャーの話によると「あくまでも私的な雰囲気にしたい」という彼女の要望からこうした作りになったのだそうだ。 (参考:) 結果、彼女らしく等身大で、聴き手の孤独にやさしく寄り添うような魅力を持った楽曲になっている。 ボーカルの細かな機微でさえも心にストレートに届くのだ。 こうしたアレンジを選ぶセンスが若い世代の共感を呼ぶ所以なのだろう。

次の

運転を停止しても、フロントパネルが完全に閉まりません。:日立の家電品

君 の 虜 に なっ て しま えば

NumberWebでは、『Sports Graphic Number』の過去の記事から、「こんなときだからこそ読んで欲しい」と思う記事を特別公開します! NHK連続テレビ小説『エール』主人公の古山裕一。 そのモデルとなった名作曲家、古関裕而は数々のスポーツシーンに大きく影響を与えた人物でもありました。 今回はその中のひとつ、「夏の全国高等学校野球選手権大会の歌」としてお馴染みの『栄冠は君に輝く』に関する逸話をお届けします。 彼らの駆け抜けた時代と一緒にお楽しみください。 (Sports Graphic Number 734号/2009年7月30日発売より) 夏になるとどこからともなく聞こえてくる旋律。 つけっぱなしのラジオからあの歌が聞こえてくると、否応なしに土埃が舞うグラウンドの世界へと引きずり込まれる。 雲はわき、光あふれて、天高く空を飛ぶ白球。 詩情豊かな歌詞と、シンプルかつ力強いメロディーが奏でるのは、高校球児の青春賛歌だ。 「夏の甲子園」の大会歌にして、比類なき応援ソング。 この「栄冠は君に輝く」はいかにして生まれ、歌い継がれてきたのか。 五線譜に残る、足跡のようにも見える音符をたどって、作曲家の故郷である福島市を訪ねた。 福島駅構内に飾られたペナントが示すように、今年(2009年)は古関裕而が誕生してちょうど100年の記念年である。 市では様々なイベントが企画されているが、楽譜などの資料を常時展示している記念館が信夫山の麓にある。 ヒット曲も、無名の校歌や応援歌も。 前方に塔を配す建物は「とんがり帽子」を模したもの。 これは人気ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の主題歌として知られる。 劇作家・菊田一夫とのコンビで手がけた楽曲は数知れず、空前のヒットを飛ばした放送劇「君の名は」のテーマソングを古関の代表作のひとつと見る向きは少なくない。 その一方で、古関は数千ともいわれる無名の校歌や応援歌を遺したひとでもあった。 母校福島商業高校の校歌はもとより、北は北海道、南は鹿児島に至るまで。 有名どころでいえば、早稲田大学の応援歌で知られる「紺碧の空」、「大阪タイガースの歌」(六甲おろし)もまた古関が手がけた曲である。 戦後になるとさらに、東京オリンピックの開会式で奏でられた「オリンピックマーチ」などの傑作スポーツソングを次々に発表。 その先駆けとして作られた曲こそ「栄冠は君に輝く」だった。

次の