佐川 局長。 佐川宣寿の現在と天下り先!結婚した嫁(妻)や子供の今は?

佐川元理財局長を逮捕することは可能ですか?

佐川 局長

佐川宣寿のパワハラが深刻? 正直、パワハラをするような人には見えないのですがその真相について調べてみました。 すると、どうやら本当のことだったようです。 というのも、財務省や大蔵省では30年ほど前から「恐竜番付」というものが存在しているようです。 「恐竜番付」とは簡単に言うと「パワハラ上司ランキング」に当たるものです。 そのランキングになんと佐川宣寿長官は過去に「3回」ほど名前が挙がっていたのです。 なんとパワハラ上司ランキングに名前が出ていたという佐川理財局長。 それにしても「恐竜番付」に複数回登場ってすごい。 よほどひどかったと思われる。 (週刊文春3月23日号) — Tad CybershotTad 人って見かけによらないものだと分かる一文です。 あの安倍首相も佐川宣寿長官の答弁に、始めは不安を感じてたほどです。 それが実際は部下に怒鳴ることは当たり前、それもあってか長官としての風格も出てくるようになったみたいです。 こんな人が部下からも恐れられるパワハラ上司・・・。 ちょっとにわかには信じがたいですね。 関連記事: 評判は悪かった? 「パワハラ=悪」というイメージが植え付けられている昨今。 やはり佐川宣寿長官の評判やイメージは悪かったんでしょうか? これについてはTwitterでちらほら言及している方が。 「なにしろ、佐川氏は部下の失敗を許さない怖い上司として評判だったという財務省職員が多いと霞ヶ関では言われている」のだそうだ。 — ききみみじいじ KikimimiGji 官僚の間でもめちゃ優秀と評判高かった佐川さえ、こんなふうに使い捨てされる。 その悔しさはいかばかりか。 皆、佐川の末路を見て、明日は我が身かと思っているはず。 第二第三の前川よ、出でよ。 自殺者が出て尻尾切り 悪魔のような政権を許していいのか — 太安萬侶 onoyasumaro 佐川氏は立派だよ。 朝日新聞なんか捏造記事で日本の評判メチャクチャに貶めて混乱させても知らん顔だよ。 そこでは何だかんだ真面目で、規律はしっかりしていると匂わせるコメントが。 まあ確かに見た感じでは、「違法」に厳しい面があるようにも感じます。 一方、森友学園問題や、辞任後の動向についての取材対応については厳しい声も。 「国民のために頑張ってきた」と言いつつも、証人喚問への出頭の有無、書き換え疑惑についてはノーコメントなど、人間性を指摘する意見も多々ありました。 恐らく長官としては職務を全うしてきたんだと思います。 ただ、辞めた後の人間性や性格から、評判は良いものだと言えないのが世間の見方でしょうね。 関連記事: 退職金にも影響が? 今回の森友学園の「決裁文書」の書き換えでとある職員が亡くなりました。 それを受けてすぐに佐川宣寿長官は辞任を発表しましたね。 退職金はどうなるんでしょうか? 実際のところ、佐川宣寿長官がもらえる退職金の額は約6000万円ほどだそうです。 なんと言っても「局長クラス」ですからね。 パワハラが原因で影響が出ることはなさそうですが・・・。 ただ、今回の一件の動き次第ではそれに影響も出そうですよね。 というのも現在、文書の書き換えは「財務局の一部」で行われていると発表しています。 佐川宣寿長官はその財務局を束ねる財務省の長でした。 当然、今回の責任を負わされるはずでしたが、辞任しました。 しかし、書き換え、もしくは改ざんに佐川宣寿長官が関与していたのかは現在も不明。 万が一、関与していれば佐川宣寿長官もアウトです。 どんな形で関与していたのかは分かりませんが、直接的に関係していれば最悪逮捕もありえます。 そうなれば退職金どうこう言ってる場合じゃありませんからね・・・。 「そんな人間に退職金なんか出すな!」となるかもしれません。 関与してたから辞任したのか、責任を逃れたくて辞任したのか・・・どちらなんでしょう。 関連記事: 管理人コメント.

次の

佐川元理財局長を逮捕することは可能ですか?

佐川 局長

佐川宣寿のパワハラが深刻? 正直、パワハラをするような人には見えないのですがその真相について調べてみました。 すると、どうやら本当のことだったようです。 というのも、財務省や大蔵省では30年ほど前から「恐竜番付」というものが存在しているようです。 「恐竜番付」とは簡単に言うと「パワハラ上司ランキング」に当たるものです。 そのランキングになんと佐川宣寿長官は過去に「3回」ほど名前が挙がっていたのです。 なんとパワハラ上司ランキングに名前が出ていたという佐川理財局長。 それにしても「恐竜番付」に複数回登場ってすごい。 よほどひどかったと思われる。 (週刊文春3月23日号) — Tad CybershotTad 人って見かけによらないものだと分かる一文です。 あの安倍首相も佐川宣寿長官の答弁に、始めは不安を感じてたほどです。 それが実際は部下に怒鳴ることは当たり前、それもあってか長官としての風格も出てくるようになったみたいです。 こんな人が部下からも恐れられるパワハラ上司・・・。 ちょっとにわかには信じがたいですね。 関連記事: 評判は悪かった? 「パワハラ=悪」というイメージが植え付けられている昨今。 やはり佐川宣寿長官の評判やイメージは悪かったんでしょうか? これについてはTwitterでちらほら言及している方が。 「なにしろ、佐川氏は部下の失敗を許さない怖い上司として評判だったという財務省職員が多いと霞ヶ関では言われている」のだそうだ。 — ききみみじいじ KikimimiGji 官僚の間でもめちゃ優秀と評判高かった佐川さえ、こんなふうに使い捨てされる。 その悔しさはいかばかりか。 皆、佐川の末路を見て、明日は我が身かと思っているはず。 第二第三の前川よ、出でよ。 自殺者が出て尻尾切り 悪魔のような政権を許していいのか — 太安萬侶 onoyasumaro 佐川氏は立派だよ。 朝日新聞なんか捏造記事で日本の評判メチャクチャに貶めて混乱させても知らん顔だよ。 そこでは何だかんだ真面目で、規律はしっかりしていると匂わせるコメントが。 まあ確かに見た感じでは、「違法」に厳しい面があるようにも感じます。 一方、森友学園問題や、辞任後の動向についての取材対応については厳しい声も。 「国民のために頑張ってきた」と言いつつも、証人喚問への出頭の有無、書き換え疑惑についてはノーコメントなど、人間性を指摘する意見も多々ありました。 恐らく長官としては職務を全うしてきたんだと思います。 ただ、辞めた後の人間性や性格から、評判は良いものだと言えないのが世間の見方でしょうね。 関連記事: 退職金にも影響が? 今回の森友学園の「決裁文書」の書き換えでとある職員が亡くなりました。 それを受けてすぐに佐川宣寿長官は辞任を発表しましたね。 退職金はどうなるんでしょうか? 実際のところ、佐川宣寿長官がもらえる退職金の額は約6000万円ほどだそうです。 なんと言っても「局長クラス」ですからね。 パワハラが原因で影響が出ることはなさそうですが・・・。 ただ、今回の一件の動き次第ではそれに影響も出そうですよね。 というのも現在、文書の書き換えは「財務局の一部」で行われていると発表しています。 佐川宣寿長官はその財務局を束ねる財務省の長でした。 当然、今回の責任を負わされるはずでしたが、辞任しました。 しかし、書き換え、もしくは改ざんに佐川宣寿長官が関与していたのかは現在も不明。 万が一、関与していれば佐川宣寿長官もアウトです。 どんな形で関与していたのかは分かりませんが、直接的に関係していれば最悪逮捕もありえます。 そうなれば退職金どうこう言ってる場合じゃありませんからね・・・。 「そんな人間に退職金なんか出すな!」となるかもしれません。 関与してたから辞任したのか、責任を逃れたくて辞任したのか・・・どちらなんでしょう。 関連記事: 管理人コメント.

次の

佐川宣寿その後、現在は?天下り先や家族(妻、息子、娘)についても

佐川 局長

1982年4月 : 大蔵省入省(主計局総務課)• 1987年7月 : 高山税務署長• 1988年7月 : 銀行局総務課課長補佐• 1990年6月 : 日本貿易振興会コペンハーゲン事務所長• 1993年7月 : 主計局調査課課長補佐• 1994年7月 : 主計局主計官補佐(通産第一、二係主査)• 1996年7月 : 銀行局中小金融課課長補佐• 1997年6月 : 銀行局総務課課長補佐• 1998年7月 : 近畿財務局理財部長• 1999年7月 : 大臣官房文書課広報室長• 2000年7月 : 大臣官房秘書課首席監察官兼大臣官房秘書課人事企画室長• 2001年4月 : 財務大臣秘書官事務取扱• 2003年9月 : 主計局調査課長• 2004年7月 : 主計局主計官(外務、経済協力、経済産業係担当)• 2005年7月 : 主税局税制第三課長• 2006年7月 : 主税局税制第二課長• 2008年7月 : 主税局総務課長• 2013年6月 : 大阪国税局長• 2014年7月 : 国税庁次長• 2015年7月 : 関税局長• 2016年6月 : 理財局長• 2017年7月 : 国税庁長官• 2018年3月 : 辞職 赤字で記している時期に亡くなられた赤木俊夫氏に改竄や隠蔽を指示しています。 そして黄色下線の時期に国会で森友問題が浮上し野党から激しい追及ののち、自ら辞職をしています。 そして現在、どのに天下っているのかなのですが、結果から説明すると天下り先はなく、調べた結果『いわき応援大使』として活動されているようなのです。 スポンサーリンク 文書改竄・隠蔽は佐川局長の指示だった 文書の改竄・隠蔽があったとされる森友学園問題。 安倍昭恵さんが名誉校長になっていると報じられ、安倍晋三小学校の名目で寄付を募り、安倍昭恵夫人と籠池夫妻の間はかなり密接なものと言われていました。 その時に安倍晋三氏が国会で放った 『私や妻が関わっていれば首相も議員も辞める』という一言で、実際あったことを無かったことにするために改竄・隠蔽が行われていたと週刊文春で報じられました。 佐川宣寿氏から赤木俊夫氏に指示があったというもので、『手記』と書かれたA4用紙7枚の文章で、なんと自ら命を絶った当日まで書かれており、その内容というのが…。 「すべて、佐川理財局長の指示です」• 「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」 と実名で書かれているのです。 さらに、国会などで財務省が虚偽の答弁をしている事についても批判しており、真面目で正義感の強い赤木俊夫氏にとっては、加担させられている事にとても苦しんでいた事を綴られていました。 しかも最後の文には遺書とも取れる内容も書かれていました。 『この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。 事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。 今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。 (55才の春を迎えることができない儚さと怖さ) 家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。 (中略) さようなら』 引用元:文春オンライン この事により、佐川宣寿氏が国会で虚偽答弁をしていたことは明らかで、これから追求されるのはなぜ虚偽答弁をしたのか?誰の指示で文書改竄・隠蔽を行ったのか?という点でしょう。 今までは、官僚として将来を考えて虚偽の答弁をしていたのかもしれませんが、現在の佐川宣寿氏は天下り先もなく無職の可能性がありますので、そう考えると守るものがないので今度こそ赤木俊夫氏やその妻のためにも正しい答弁をしてもらいたいものですね。 関連記事.

次の