西成日雇い掲示板。 西成(あいりん地区)でたばこを買ってみたら、なんか安いんですけど・・・

西成(あいりん地区)における日雇いも選択肢に入れるべき理由

西成日雇い掲示板

3年も西成に通いつめると友達が増えていくブロガー猫まんまです。 ある日、西成で日雇い労働者として生活する友達から電話が掛かって来ました。 電話に出ると、新型コロナの影響で仕事がないからお金もない。 ご飯おごってくれ!と。 とても切実な状況でした。 三角公園で100円の缶チューハイを飲んで凌いでる友達を放っておくことは出来ません。 たまたま仕事が休みだったため昼から電車に揺られて西成あいりん地区へ。 新型コロナで仕事がない西成の日雇い労働者 現場系の日雇い労働者が多い西成では、新型コロナの影響で大阪での仕事はほぼゼロ。 ある知人は、仕事のため山口県まで出稼ぎに行ってるとの事でした。 三角公園に着くと、新型コロナを避けるための「3蜜」などどこ吹く風と言わんばかりにホームレス達が密集してワンカップを片手におしゃべりしている。 ニュースを見てないのかクレイジーなだけなのか分からないが、とても恐怖を覚える、、、 酒の自販機の前で寒さに耐える友達を発見し、とりあえず安く飲めて食べれる居酒屋がないか考える。 ん?立ち成り屋があるやん!! そう、西成では安くて美味しい 「立ち飲み成り屋」が三角公園にあります。 3000円もあれば、たらふく飲めて食べれそうという事でいざ入店。 安くて美味しい「立ち飲み成り屋」 へ! はじめて「立ち飲み成り屋」に入るのですが、なんせ飲み物が安いっ! ハイボールは1杯目280円、2杯目230円、3杯目180円と安くなり3杯飲んでも690円。 基本的にドリンク類は280円なので、ふだん中国人居酒屋で慣れている僕には驚きを隠せない、、、 モーニングもやっており、朝8時〜昼12時までは生ビール、チューハイ、ハイボール、焼酎、日本酒が初回の一杯180円なのです。 入店すると、まずうがい薬とアルコール消毒液を手渡されました。 コロナ対策ですね。 お腹がすいていたのか友達はハイボールと肉もやしを注文。 食べ物も200円代が多く安いっ。 ものすごく気になってのが黄金の卵。 「なんじゃこれ!」と思ったけど、怖くて手を出しませんでした。 笑 換気のため入り口のドアは開けっ放しなので少し寒かったけど感染防止のため仕方ないですね。 結局二人で食べて飲んでも2000円ちょっと。 すっかりお気に入りで満足の立ち飲み成り屋でした。 お店を出た後は、まだ飲み足りない様子の友達。 自宅に焼酎があると言うので宅飲みすることにしました。 家には業務用の焼酎と紙コップがあり、氷や水はありません。 完全に酔っ払うやつやんっ(汗) 案の定、電車で帰る頃には千鳥足、、、 まー仕事がなくても元気でいる友達を見れてよかったですわ。 新型コロナが終息して仕事にありつけたら奢ってもらおうっと! まとめ 今回は、自粛規制のなか自身を顧みず西成に訪問しましたが、3密を気にしなく飲んでる人が多かったです。 だから決して真似はしないでください。 完全に新型コロナが終息して、西成の街の活気が戻ってからエンジョイするようにしましょう。 今、西成に来てもほぼ店は開いていませんしね。 健康に気をつけて楽しく飲める日が来るまで我慢です。 それではまた西成のどこかで! Copyright C 2020 泉州ノマドライフ! All Rights Reserved.

次の

西成(あいりん地区)における日雇いも選択肢に入れるべき理由

西成日雇い掲示板

最近西成区の交通アクセスの良さ+比較的安価で宿泊できる宿泊所が海外のバックパッカーから人気を集めているエリアになっています。 飛田新地は大正時代に作られた日本で最後の遊郭として知られています。 このオトナの恋愛はお店の二階で行われるのですが、お店の一階では一応軽食やお酒が振舞われます。 ですが、料金は15分刻みで課金されていくシステムになっているので飛田新地で実際に飲食を楽しむ方は少ないと思います。 料金は15分 11,000円、20分 16,000円、30分 21,000円、45分 31,000円、60分 41,000円と高いです。 でも、レベルの高い女の子が多いので「また行きたい」と思えるのが飛田新地なのです。 大阪と言えばたこ焼きですが、西成区では串揚げ!が有名です。 ちょっと気軽に小腹を満たしたい~という場合にも是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。 3.暴動 西成暴動とは、あいりん地区で日雇い労働者が引き起こした暴動のことです。 暴動の現場!となるあいりん地区というのは、ドヤ街としても有名なのです。 この西成暴動の初回は1961年に発生。 1970年代に入ると左翼が窮民革命論を掲げ日雇い労働者を煽り、第9次暴動から第21次暴動あたりまでの暴動はこの1970年代に集中しているのが特徴です。 そして1973年に第21次暴動のあと17年間もの空白がありましたが、1990年平成に入って最初の第22次暴動が勃発、そして1992年第23次暴動の後16年後の2008年に第24次暴動が発生しました。 日雇い労働者の労働条件と言うのは決して良いものではなく、ちょいちょいピンはねされることが多いため日ごろから鬱積した感情が高まっていることのおおい日雇い労働者。 よく売られる人気商品の銘柄というのは、海外免税店から一括仕入れを行っているらしく、1箱 320円~350円ほどと市販されている金額よりも 2割以上も値引きされたタバコが販売されているのです。 この闇タバコはその辺の露天で簡単に購入することが出来るのですが、西成ではタバコのほかにも海賊版のDVDなども販売されているそうです。 今回は見かけませんでしたが・・・。 そして驚くべきは!タバコを1本20円でバラ売り購入出来てしまうのです。 よく葉巻などはバラ売りされているのを見かけるのですが、ごく普通の20本入りのタバコを1本ずつ購入できてしまうのも西成の特徴です。 更に!!シケモクをかき集めたシケモクセットも売られているのです。 「ゴミじゃないの??」と思う方も多いと思いますが、このシケモクセットはお金がないという方に大変人気の商品となっているのです。 因みに、これを売っているのは日本人じゃないことが多いです。

次の

【関西の聖地】日雇い労働者の「居場所」、あいりん総合センターが31日閉鎖 大阪・西成

西成日雇い掲示板

西成、特に北部に位置する「あいりん地区」は大阪人でもあまり近づかないようにしているエリアだ。 大阪でなくとも関西人の多くは「西成」「あいりん」を知っている。 関西人でなくとも、聞いたことならあるかもしれない。 西成は大阪市にある区の1つである。 あいりん地区は西成区の北部に位置するエリアになる。 あいりん地区は現在、不良老人に加えて、若い外国人のバックパッカーも多くなっており、イメージは変わりつつある。 あいりん地区のマップ(openstreetmapより)。 JRなら「新今宮駅」、地下鉄なら「動物園前駅」の南エリアがあいりん地区。 「天王寺駅」に近い上、ミナミ(難波)も徒歩圏内の好立地、その上ホテルの価格も安いため旅行者に人気である。 現在あいりん地区に含まれる動物園前駅の南エリアは外国人バックパッカーの多い宿街となっている。 雰囲気も昔とは大きく変わってきた。 新今宮駅のすぐ南には「あいりん労働福祉センター(通称:労働センター)」がある。 この労働センター周辺は朝の早い時間から日雇い労働や派遣業者が集まっている。 旅行者に見えない、動きやすい格好で早朝の時間に歩けば頻繁に仕事の斡旋を受ける。 しかし、身分を証明できるものを持っており、西成よりも楽に高額を稼ぎたいなら住み込み(寮付き)の仕事をした方が良いだろう。 住み込みで高額を稼ぎたい人は下記サイトを参考に。 上記サイトには女性向けの求人もある。 短期で働きたいと考えている人は下記アプリが便利なのでおすすめである。 1日単位で働く現場を選べる。 様々な現場があるので、一度やってみて自分に合った現場を探すのが良いだろう。 西成における日雇いの現状 の情報を元に、現在の西成における日雇いについて簡単にまとめると 1.日給:1万円程度(現金手渡し) 2.仕事への参加方法:朝4時から6時前まで、労働センター(あいりん労働福祉センター)周辺にいる斡旋業者から声をかけられるのを待ち、給与や仕事内容、現地解散場所を聞いた上で決定する。 3.仕事内容:解体現場の持ち運び、道路工事の補助、清掃 4.実働時間:8時から17時( 拘束時間は4時半から17時) 5.食事:朝と昼、簡易の食事(かなり質素)が付く現場も多い 6.場所:大阪市内もしくは大阪近郊 7.移動:西成から現場までは斡旋業者の車。 仕事終了後は現地解散が多い 30日以内の短期派遣に該当する日雇いは近年労働者派遣法の改正により制限が加わっている。 それは60歳以上や学生で無い限り、一定の所得が無いと働けないというものである。 30日以内の短期派遣に該当する日雇いについて詳しく知りたい人は下記記事を参考に。 派遣会社への登録の際には、住所や免許証などの身分証コピーが求められるのが普通だ。 しかし、 西成の日雇いでは、短期派遣の制限はもちろん、身分の確認も求められない。 くわえて、現金も手渡しなので、にも出ていたように、税金を取られたくないサラリーマンが副業に利用しているようだ。 日本で身分を明かさずにお金を稼げる数少ない手段になっているため、指名手配犯が西成で働いていたことは何度か話題になっている。 家がなくても身分を証明できるものを持っている、すぐに取得できる人は 住み込みの仕事をすべきだ。 なぜなら、西成の日雇いよりも楽な仕事が多く、時給が高いからだ。 もちろん、多くの住み込み仕事で貯金を貯められる。 とにかく稼ぎたいなら、自動車メーカーの住み込みがおすすめである。 短期で働きたいと考えている人は下記アプリが便利なのでおすすめである。 1日単位で働く現場を選べる。 様々な現場があるので、一度やってみて自分に合った現場を探すのが良いだろう。 具体的な仕事内容 ではYouTuberが西成に3泊4日で滞在し、3日現場へ入っている。 動画を見ると、労働センター周りだけでなく、ホテル前でも仕事の斡旋を受けているのがわかる。 働き手が不足しているようで、労働センター周辺では毎日複数の人に声をかけられていた。 年齢が若いのと、動画撮影者は作業服を来ていたため、日雇労働目的とわかりやすいかったのが理由として大きいだろう。 ・1日目の現場 4時半に西成のホテルを出てすぐに現金いらんか?と声をかけられる。 ハイエースに乗り、労働センターの裏に降ろされる。 労働センターからは15人ぐらいでマイクロバスへ乗り換え、建設現場の事務所のようなところへ行く。 ここでご飯と味噌汁の朝ご飯が出される。 建設現場の事務所から大阪、兵庫へ行くグループに別れ、車で移動する。 仕事内容は道路の舗装工事補助。 古い道路を剥がして、新しくする仕事の補助。 具体的にはフェンスを持って、ドリルで穴を掘る時に片側の道路へ破片が飛び散るのを防いだり、道路の破片を運ぶ仕事である。 仕事自体は覚えることもなく、誰でもできるだろう。 給料:1日1万円 実働時間は8時から17時(拘束時間は4時半から17時) 食事:朝食昼食付き 場所:大阪近郊 移動:西成から現場までは斡旋業者の車。 仕事終了後は現地解散で西成まで交通費320円 ただ、予約サイトには掲載されていない宿の方が安く泊まれるようだ。 現地へ直接行き、空き部屋を探す形でも良いだろう。 1日仕事をすれば1万円の収入になる。 滞在費を1泊1500円、食費1日1500円とすれば7000円プラスになる計算である。 体を動かせる人なら、いざという時のライフスタイルとして知っておいても損はないだろう。 日雇い労働のメリットとデメリット あいりん地区の路上で酒を飲む人(より) 日雇いのメリットは働きたい時に働いて、休みたい時に休めるという点である。 日本でもまとまった休みがほしいと嘆くサラリーマンは多い。 日雇いはそれを可能にする。 西成に限らず、東京の日雇いでも派遣会社へ登録し、入りたい現場、入りたい日があった時にだけ働けば良い。 人が足りないと電話で現場へ入ってほしいと言った連絡は入る。 しかし、これを無視しても何ら問題はない。 あいりん地区の日雇いなら仕事をしたいと思った直接に労働センター周辺へ行けば良い。 身分証や派遣会社への登録も必要ない(法令には違反している。 しかし、地域やそこに住む人たちの性質から行政が見逃している)。 働く日をより自由に選べるだろう。 通常の長期バイトはシフトの関係で自由に休めない。 また、私用で休むことを望んだり、急に休みたいと伝えれば雇用者に嫌がられるのが普通な状態になっている。 本来であれば自由が効くはずのバイトで、実現できないような働き方が日雇いでは可能となっている。 1ヶ月日本で働いて、1ヶ月海外に住むといったライフスタイルを送ることもできるのだ。 また、慢性的に人手不足の業界なので、 体の動かせる人なら基本的に誰でも働ける。 西成なら身分の証明も必要ないため、住所を持たない人を含め、より多くの人を受け付けている。 その日限りなので、ムダに気を使う必要も無く、仕事において人間関係に悩むこともないだろう。 しかし、当然の話としてデメリットも存在している。 まず、日雇いの現場の多くは長期で働く人が不足していることから発生している。 この「長期で働く人がいない」理由として、大変な仕事が多かったり、給与に合わないといった理由が考えられる。 自由を享受できる代わりに、楽な仕事は無いと思った方が良いだろう。 女性が働ける現場も東京なら割と多い。 ただ、男性の方が現場は多く、やりやすいという点は間違いなくあるかと思う。 中年女性ならともかく、若い女性だと、働くことができても奇異な目で見られるはずだ。 最近は会社員での仕事だけでなく、雇われた生活そのものを否定する若者も多々存在している。 しかし、 フリーランサーといった雇われない生活を維持するための収入源として、日雇いほど適切な働き方はないだろう。 手っ取り早く、お金を稼ぐことができる手段である。 身分を証明できるものを持っている人は給料も高く、西成よりもまともな現場が多い住み込みでの仕事を選ぶべきだ。 上記サイトには女性向けの求人もある。 短期で働きたいと考えている人は下記アプリが便利なのでおすすめである。 1日単位で働く現場を選べる。 様々な現場があるので、一度やってみて自分に合った現場を探すのが良いだろう。 雇われない生活を目指す人だけが、日雇いという選択肢を積極的に検討し、取り入れるべきだと思うのである。 日雇いや住み込みでの仕事に限らず、日本は仕事で溢れている。 若い人ほど選択肢は多いので、仕事に悩む必要も無いのだ。 アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の