アイシン 精機 株式 会社。 アイシン精機とアイシンAWが経営統合、トヨタも合意済み

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュの経営統合に関して

アイシン 精機 株式 会社

本社所在地 〒448-8650 朝日町2丁目1番地 設立 1949年6月1日 事業内容 自動車用部品の製造 代表者 () () 資本金 450億49百万円 (2018年3月31日時点) 発行済株式総数 2億9467万4634株 (2018年3月31日時点) 売上高 連結:3兆9089億37百万円 (2018年3月期) 営業利益 連結:2538億8百万円 (2018年3月期) 純利益 連結:1345億51百万円 (2018年3月期) 純資産 連結:1兆8031億29百万円 (2018年3月末時点) 総資産 連結:3兆5279億10百万円 (2018年3月末時点) 従業員数 連結:11万4478人 (2018年3月末時点) 決算期 3月末日 主要株主 6,686万株 22. ,Ltd. )は、の部品メーカー。 日本の他メーカーや、の等の海外メーカーにも部品を供給している。 は「 Geared up for the future」。 概要 [ ] 主な事業は自動車部品の開発と生産。 システムや、大容量、関連、ドア周り部品、などを手がけている。 音声案内を行うボイスカーナビゲーションを世界で初めて世に送り出した。 (自動変速機)においては世界トップレベルとも言われる。 近年はトヨタグループの製品(自動車や自動織機の技術など)を応用した商品が開発され、系列としてはベンチャー的である。 他にもやなど住生活関連製品、などのエネルギー関連製品、さらにはなど福祉用品も扱っている。 前半までは、製のカラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどを「TOYOTA」マークをつけて「トヨタ家庭用機器」として販売していた。 また、1976年に(現)と共同開発した「シャワートイレ」はその後の主力製品となった。 2009年6月からが社長に就任。 豊田幹司郎以来となる二人目の生え抜き社長である。 アイシン精機は、一つの事業が大きくなった場合は分社化するという特徴があり、グループ会社は全世界で180社以上存在する。 中でも、子会社である 2021年合併予定 は、近年成長が著しく、親会社であるアイシン精機と比較しても売上高・社員数共にほぼ変らないという規模まで成長している。 に所属するを運営している。 2000年頃までは成績低迷に喘いでいたが、他チームを解雇されたりチームの廃部で居場所を失ったりした選手を多数受け入れて、2002年には優勝を果たした。 この苦労話が「」としてノンフィクション小説となった。 これが劇画化されで連載され、また2008年1月にはで化もされた。 また、相撲部はを複数人輩出している。 同社はとが「財務や経営が優秀な上場企業の上位400社」として選定しインデックス化するの構成銘柄に採用されている。 2018年、自動車の手動変速機を生産してきた中国の工場を再編し、2019年より前輪駆動車のATを生産することが決定(同時期に中国国内でアイシン・エィ・ダブリュによるAT生産体制強化も発表されている)。 沿革 [ ] ()西口近くの木造小屋に残存している「トヨタ洗濯機」の(写真左上。 2016年7月撮影)• 1943年2月18日 - の命により、量産のため、トヨタ自動車工業との共同出資によって「東海航空工業株式会社」として設立。 同年3月29日 - 既存企業との社名の重複が発覚、「東海飛行機株式会社」に改称(トヨタ自動車75年史には、登記が3月19日、社名変更が4月8日とある。 1945年 - 東新航空機を設立。 東海航空工業、愛知工業に社名変更。 東新航空機、新川産業に社名変更。 1949年6月 - 東海飛行機が愛知工業株式会社と社名を変更して航空機部品生産からミシン、自動車部品生産へと転換。 1953年 - 新川産業、新川工業に社名変更。 1961年10月 - 愛知工業が1部に上場。 1965年8月 - 新川工業株式会社と合併してアイシン精機株式会社に社名を変更・設立。 1970年5月 - 、各1部に上場。 藤岡試験場を竣工。 ロサンゼルスに海外初の現地法人を設立。 1972年 - デミング賞の受賞。 1977年 - アイシン高等学園を設立。 1982年 - TQC部門・TPM部門で日本初の四冠達成。 2001年11月 - 創立35周年を記念として本社敷地内に展示施設のを建設。 2009年12月 - 大阪証券取引所上場廃止。 2021年4月 - と経営統合予定。 経営統合後の社名は株式会社アイシン。 製品 [ ]• 自動車部品• 住生活関連製品• - 以前は「」だったが2006年に「」という独自ブランドに移行。 2020年3月末をもって事業終息。 (トヨタミシン) - 2019年4月末をもって事業終息。 - 初期型は室外機は自社製で室内機はからのOEMであったが 、2015年現在はとの協業事業として、室内機はダイキンからのOEM調達となっており 、逆にアイシンはダイキンに室外機をOEM供給する分業体制。 福祉用品• - 2019年2月末をもって事業終息。 等 施設 [ ] 2015年から使用されている創立50周年アイシングループロゴ グループ主要会社 [ ]• 株式会社(豊田市:鋳鉄製品、スピーカー)• 株式会社(豊田市:摩擦材・接着剤・シーリング材)• 株式会社(安城市:乗用車用小・中・高容量小・中容量)• 株式会社(越前市)• 株式会社(射水市)• 株式会社(刈谷市:・・・損害保険代理・生命保険代理)• 株式会社エイディーノウビ(刈谷市:都市開発事業・マンション販売)• 株式会社エイディーグリーン(豊田市:緑化・土木・エクステリア)• 株式会社(西尾市)• 株式会社(西尾市:小・中容量) - 2019年4月1日、アイシン・エィ・ダブリュと経営統合。 株式会社(碧南市)• 株式会社(豊田市)• 株式会社(刈谷市:)• 株式会社(豊川市、本店は藤沢市)• 株式会社(上田市:) 連結子会社 [ ]• アイシン東北• アイシン九州• アイシン九州キャスティング• アイシン北海道• 埼玉工業• 寿技研工業• 愛知技研• アイシン・メタルテック• シンコー精機• アイシン・エンジニアリング• アイシン・ソフトウェア• アイシン・インフォテックス• イムラ材料開発研究所• アイシン・コスモス研究所• エフティテクノ• 新三商事• 光南工業• 碧南運送• サンエツ運輸• 富士興産• アイシン新和• コザカイ工業• エイティーメンテナンス• エイティーマテリアル• イナテツ技研• 福田工業• エイ・ティー南陽• エイティーテクノス• エイティーアグリー• 高丘工業• 新和工業• エイ・シー工業• エィ・ダブリュ・サービス• エクォス・リサーチ• エィ・ダブリュ・エンジニアリング• エィ・ダブリュ・メンテナンス• シーヴイテック• オーキス・ジャパン• エィ・ダブリュ・アイ・エス• テクノメタル• となみの工業• エイディーノウビ• エイディーサンユートピア• エイディーグリーン• エイ・ケイ・ケイ・エム• エーアイ・マシンテック• 辰栄メンテナンス• トーホー化工 持分法適用会社 [ ]• 日本クラッチ• 山形クラッチ• 豊明木工• 東和繊維工業• 中川工業• 株式会社日出ハイテック 脚注 [ ]• 日刊工業新聞 2018年4月27日. 2019年1月4日閲覧。 現在は室外機のみ供給している。 室外機の種類によってはパナソニック産機システムからOEM供給されている場合もある。 ダイキンがアイシン向けに供給する製品は型番の頭に「AISIN」の「A」がつく(例:リモコン「ABRC1E3」はダイキンの「BRC1E3」と同じ)。 部品によってはダイキンそのものを流用している。 過去にはハウスメーカー向けに手掛けたハウジングエアコンもダイキンからのOEMである。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (出資会社の一つとなっている。 2011年からはユニフォーム背中部分のスポンサーにもなる)• (で放送された版を「トヨタミシン」名義で) 外部リンク [ ]•

次の

子会社統合や調達資金増 アイシンも急ぐCASE対応 :日本経済新聞

アイシン 精機 株式 会社

アイシングループは電動化や自動化といったCASE対応を促進している アイシンAWがが保有する自社株式を取得し、その上でアイシン精機がアイシンAWを吸収合併する。 アイシンAWの株式は現状、アイシングループで6割、トヨタが4割を持つ。 アイシンAWがトヨタから取得する自社株式の譲渡額は未定。 株式譲渡は20年4月の予定で、新会社の名前は今後決める。 アイシングループの中核2社が統合することで事業を効率化し、電動化や自動運転など「CASE」関連技術の開発を急ぐ。 アイシン精機の伊勢清貴社長は同日の記者会見で「グループ内の無駄を排していきたい」とし「統合で求心力と一体感を高めて効率化を進める」と話した。 産業構造の変化に対応する動きは相次いでいる。 30日にはとが傘下の車部品会社の統合を発表。 トヨタグループのの安形哲夫社長は「総合力を持つ大変な競争相手が出現した」と警戒する。 「1社1社で研究開発をやっていては勝てない」とグループ内連携の重要性を指摘する声もあがる。 アイシン精機は同日、関東財務局に社債の発行登録書を提出した。 1月に最大2000億円の発行登録をしていたが、統合に伴い3000億円引き上げて、最大5000億円とする。 今後は証券会社を通じて調達手法や発行額を決める。 劣後債での調達を検討する。 アイシングループはこれまで強みのある事業を次々と分社してきたが、非効率な部分が目立ってきた。 アイシンAWは自動変速機(AT)で世界最大手で親会社のアイシン精機単体の利益を上回るなどグループ内の再編がかねて課題となっていた。 (湯沢維久).

次の

アイシン精機

アイシン 精機 株式 会社

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは2019年10月31日、経営統合することに基本合意したと発表した。 トヨタ自動車が保有するアイシン・エィ・ダブリュ株式全数を自己株式取得した後、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが合併する。 トヨタ自動車からも合意を得ている。 存続会社はアイシン精機となる。 2合併の期日は2021年4月1日を予定している。 重点領域へのリソースシフトを加速し、事業と管理機能のシナジー効果を創出することで競争力向上を目指す。 アイシングループでは2017年4月から「バーチャルカンパニー制」を導入し、パワートレインや走行安全、車体、情報系、アフターマーケットなど事業ごとにグループ内の企業同士の連携を強化している。 アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは、パワートレインや情報・電子、アフターマーケットといったバーチャルカンパニーで協力していた。 パワートレインでは電動ユニットや電気自動車、燃料電池車への対応、情報・電子では乗員へのおもてなしや位置情報活用サービスに取り組む。 また、2019年4月にはグループ内の車載ソフトウェア開発子会社であるアイシン・コムクルーズとエィ・ダブリュ・ソフトウェアの経営統合を発表した。 関連記事• 日立製作所と日立オートモティブシステムズ、ホンダ、ケーヒン、ショーワ、日信工業は2019年10月30日、東京都内で会見を開き、サプライヤー4社を経営統合すると発表した。 経営統合により、自動車の電動化や自動運転技術の分野で競争力の高いソリューションを提供すべく、リソースを確保する。 アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは2019年4月23日、グループ内の車載ソフトウェア開発子会社の経営統合に向けて基本合意したと発表した。 対象となるのは、アイシン・コムクルーズとエィ・ダブリュ・ソフトウェアの2社。 2019年10月の経営統合を目指す。 アイシングループは、「第46回東京モーターショー2019」に出展し、ハイブリッド車向けの電動システムをはじめとするさまざまな電動技術を披露。 トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の共同出資会社であるToyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)は2019年1月30日、東京都内で事業説明会を開いた。 デンソーは2018年10月31日、東京都内で開いた決算説明会において、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトと立ち上げる新会社の狙いについて言及した。 デンソーは2019年4月5日、自動車の電動化領域で開発、生産を強化するため、2018〜2020年度までの3カ年で1800億円を投資すると発表した。 この一環で、2020年5月にはデンソーの安城製作所に「電動開発センター」を設立する。 帝国データバンクは2019年3月1日、トヨタグループと取引する企業の動向調査の結果を発表した。 業種別に取引先企業を分析すると、2014年の調査開始以来、初めて「受託開発ソフトウェア」の社数が最多となった。 電動化や電子化、通信機能の搭載、自動ブレーキなど安全装備の充実により、ECU(電子制御ユニット)などに搭載する組み込みソフトウェアの需要が急拡大しており、要因の1つとなっているという。

次の