新潟競馬 開催日 2020。 8月の新潟開催からついに競馬場に歓声が戻る?

【ヴィクトリアマイル/栗東S 他】2020/5/17(日) 中央競馬予想(東京/京都/新潟)|穴馬特捜班|note

新潟競馬 開催日 2020

事情通のスポーツ紙記者は語る。 この記事の写真はこちら 「一応、無観客競馬は7月19日までの継続が発表されているが、まだまだ人は入れられないだろう。 なぜ、19日という半端な期間までの無観客競馬が決まったかというと、札幌開催にはどうしても人を入れたいというのがあったから。 原則として9月の秋開催から観客を入れた通常時の開催に戻したいというJRAの意向が発表されているけど、北海道シリーズが始まるときから『札幌競馬場には人を入れろ』という声が馬産地から強かったらしいんだよね。 札幌は馬主会も馬産地の大御所が集合しているから……。 本当はセレクトセール前から人を入れたかったんだろうけどね、さすがに函館開催は人を入れることが無理だった。 調教師たちもここにきてようやく北海道に行って当歳馬や若駒を見て回っている状況。 6月中旬までは遠慮しろと言われていたから、『当歳はほとんど馬を見ていない』という声が大半だった。 預託予定となっている1歳馬や2歳馬の成長を見ないまま、という状況に追い込まれている。 とある真面目な若手調教師は春先から『今年は預託予定の2歳馬の状況がトレセンに来る直近まで状態が分からないから』という理由でPOGの取材を断ったと聞くよ」 すでに馬主は競馬場へ入場できるものの、こちらも制約は大きい。 札幌開催は夏休みシーズンということもあり、馬主も家族連れでバカンスを兼ねてやってくることも少なくないし、何とか人を入れてほしいという馬産地の願いは理解できなくもない。 馬産地事情に詳しいライターは次のように解説する。 「さすがに今年は派手に旅行をするという雰囲気ではないけど、7月下旬から始まる札幌開催は人を入れても大丈夫というムードがほしいというのが本音。 代理人とか熱心な馬主は馬産地にも顔を出すようになったけど、セレクトセールとは違って、セレクションセールは8月に延期、その後も馬産地はセールが続くし、売り先が決まっていても不思議ではないような馬まで、今は残っていたりもするからね。 そうやって考えるとなぜ7月19日までの無観客競馬が発表されていたのかも納得がいくでしょう? 」 実施できるかはともかく、政府肝いりの「Go toキャンペーン」も8月からが対象となる予定。 このタイミングで観客を入れる口火をJRAが切ることができるのか。 限定で開くことがあるのかという点にも注目してみたい。

次の

二王子特別【2020年5月24日新潟10R】

新潟競馬 開催日 2020

7月11日に函館競馬場で開催され発走時刻は15:25です。 出走馬はセントレオナード、ワセダインブルー、スズカロング、ナイママなど。 函館競馬場の芝2000mで行われる3勝クラス戦です。 去年も夏競馬には3連単できてます。 特に後半レースは稼げるはずです。 もちろん無料公開されてる予想です。 ココの19年夏シーズン的中実績を是非見てみてください。 確実に荒れる夏に役立つはずです。 (無料登録後利益直結馬をクリック) 五稜郭ステークス 2020予想 先出し本命馬 せっかちな方はこちらから 下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。 予想の根拠 日本全国に猛烈な梅雨の雨が降り注いでいるが、どうやら北海道はそこまで雨の影響はなさそうな感じ。 函館競馬場の芝コースは開幕週からずっとイン先行有利の馬場が続いており、ようやく先週は芝1200mに関しては外伸び傾向が出始めたものの、今週からはBコースに変更。 普通に考えればコース替わりでまたイン先行有利な馬場が復活するはずで、基本的な今週末の狙い目は前に行ける馬 or 内枠を引いた馬だろう。 それに加えて、今年の五稜郭ステークスは人気馬が後ろから進める不器用なタイプの馬が多く、先行タイプの馬が少ないせいでスローペースが見え見え。 開幕週の馬場でスローペースとなれば圧倒的にイン先行組が有利になるはずで、ここはもう前に行ける馬に決め打ちで狙ってみたい。 というわけで予想の発表。 より詳細な予想考察はメルマガにて メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。 推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はより詳細をご確認ください。 ここ2戦は極端に短い距離と長い距離で適性外だった感じ。 昨年の一連の戦績を見ても小回りの中距離戦で先行力を活かせればそれなりにやれており、洋芝実績も文句なしと言ってよさそう。 今回はどう考えても展開に恵まれそうですし、この馬が逃げるかスズカロングが逃げる隊列のイン2番手のポジションが取れそう。 Bコース開幕週で圧倒的にイン先行有利な馬場になりそうな上にスローペースが決定的なメンバー構成ですし、この馬でも十分になだれ込めると見ます。 五稜郭ステークスの対抗以下の印、及びその他の 平場の予想は基本的にメルマガ限定での配信となります。 もしご興味ある方はこの機会にメルマガにご登録してみてください。 個人的には得意としている夏競馬シーズン。 なんとかいい季節にできるように、暑さに負けずに頑張っていきたいと思います。 当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、 初月無料キャンペーンを実施しております! まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。 当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。 ご購読は以下のリンクよりお進みください。 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 月初の今からの購読が一番お得なメルマガのご紹介 さて、2020年も7月になりました。 月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。 今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。 外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。 その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。 正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。 それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。 そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。 恐らくですが、、、 毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います 週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。 ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。 そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。 当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております 正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。 その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。 もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。 ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。 おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、 メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。 購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。 この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。 小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。 もちろんこれだけでは満足せず、、、 圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!! さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。 【火曜日】先週の重賞回顧 火曜日に先週の重賞回顧を配信します。 後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。 【水曜日】地方競馬の重賞予想 地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。 だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。 各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。 そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、 エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています! 正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、 中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。 これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。 ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。 こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。 【金曜日】重賞まとめデータ配布 金曜日は重賞のまとめデータを配布します。 この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。 このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。 また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。 また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。 【不定期】海外競馬のレース予想の配信 最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。 海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。 こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。 これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!! サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。 今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。 競馬予想の真髄をお見せいたします。 なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、 初月無料キャンペーンを実施しております! 当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。 ご購読は以下のリンクよりお進みください。 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 さて、今日は茨城までROCK IN JAPAN FESTに行ってまいります。 いまその旅路の途中で特急 先週の重賞はとにかく根岸ステークスが消化不良。 スタートで出負けで無理やり押し上げて何もできず、ですか 2017年6月11日の中央競馬の平場・特別レースからの厳選予想です。 その日のレースの中で最も 中山競馬場いきなり寒くなってきました。 凍えております。 今日は馬場読みメインであまり勝負はせず おはようございます。 ただいまこのエントリーは府中競馬場へ向かう京王線の中で書いております。 いよいよ東 昨日はお伝えした通り、あまりに面白いレースがなかったのでわざわざ買わないように昼間に観光がてら外出し 東京1R,2R,4R購入しましたが、全て的中で4Rも遊びで買った三連複2点が当たるというもう何をやっ そういえば昨日は新宿のゴールデン街に久しぶりに行ってきました。 プロ野球開幕前ということで、中日ファン 昨日は競馬TIMES様のイベントにパネラーとして出演してきました! 会場はこんな感じ〜 東京競馬場に来ました。 ですが、昨日飲み過ぎたせいか二日酔いが酷いです。 府中競馬正門前からグロ.

次の

二王子特別【2020年5月24日新潟10R】

新潟競馬 開催日 2020

JRAは2020年度の開催日程を発表した。 2020年度は京都競馬場整備工事に伴う開催の振替を行うとともに、東京オリンピック開催への対応や暑熱対策等を踏まえた開催日程となった。 また重賞競走は、秋季競馬における古馬マイル路線の一層の充実を図るために富士ステークスをGII競走に格上げするとともに、開催日割を変更することに伴い配置を整備する。 概要は以下の通り。 ・年初の開催は1月5日(日)の中山・京都競馬から始まり、年末の開催は12月27日(日)の中山・阪神競馬となる。 ・3日間開催は以下の通り。 1月11日(土)~13日(祝・月) 中山・京都競馬 3月20日(祝・金)~22日(日) 中山・阪神競馬 9月19日(土)~21日(祝・月) 中山・中京競馬 11月21日(土)~23日(祝・月) 東京・阪神競馬 ・京都競馬場整備工事を行うため、11月の京都競馬を阪神競馬に振り替える。 また、良好な芝馬場維持等を考慮し、7月の中京競馬と9月~10月の阪神競馬を入れ替える。 ・1月~3月の開催を第1回小倉競馬(12日開催)、第1回中京競馬(8日開催)とする。 また、4月~5月の開催を第1回福島競馬(8日開催)、第1回新潟競馬(6日開催)とする。 ・7月25日(土)から8月9日(日)は、東京オリンピック開催への対応および暑熱対策の観点から、札幌および新潟の2場開催とする。 なお函館競馬および札幌競馬は、開催時期をそれぞれ1週繰り上げる。 ・マイルチャンピオンシップ(GI)の前哨戦としての位置づけを明確にするため、富士ステークス(GIII)のGII昇格を、日本グレード格付け管理委員会に申請中。 承認された場合は格付け表記および負担重量を変更する。 ・クラシック三冠を含むJRA・GI競走7勝を記録し、種牡馬としても7年連続リーディングサイアーを獲得するなど輝かしい成績を残したディープインパクトの功績を称え、報知杯弥生賞(GII)(皐月賞トライアル)を報知杯弥生賞ディープインパクト記念(GII)(皐月賞トライアル)に改称する。 (JRA発表).

次の