ドメスティック な 彼女。 ドメスティックな彼女 最終回!【最新第276話】のネタバレと感想!

【ドメスティックな彼女】《274話 人生をかけて》

ドメスティック な 彼女

〜もくじ〜• ドメスティックな彼女276話のあらすじ 遂に最終話・・・。 その日は2人の結婚式です! ドメスティックな彼女276話のネタバレと感想 嬉しそうに廊下を歩くハルカ。 胸には 夏生と瑠衣のネックレスをかけています。 そんなハルカが向かった先にいたのは、 ウエディングドレスを着た・・・。 場面は変わり、車から降りてくる美しい女性。 その女性を見た人は、彼女のことを 女優の〝ミヤビ〟だと噂しています。 演劇サークルに所属していた 芹沢雅は、今やドラマにも出る女優になっていました。 そんな雅を迎えたのは、着物姿の瑠衣。 2年前番組のグルメロケで店を訪れた雅は、その店のシェフをしていた瑠衣と再会。 そこから2人は仲良くなり、今日の結婚式にも雅を呼んだのです。 雅から姉について尋ねられ、目覚めてからの 陽菜の努力を語る瑠衣。 意識が戻っても、5年間眠った状態の陽菜に待っていたのは過酷なリハビリでした。 半年かけてやっと話せるようになり、もう歩けないと言われていたにも関わらず 3年で歩けるようになったのです。 しかし、1番大変だったのは結婚の説得だと漏らす瑠衣。 自分と夏生の 結婚に対し、陽菜は猛反対したのです。 ハルカも生まれているし瑠衣が結婚するべき・・・。 そう思っている陽菜に、瑠衣は本心を打ち明けました。 マスターから陽菜の気持ちを聞いた時・・・。 「 〝敵わない〟って思ったんだ・・・あたしじゃここまでできないって」 瑠衣はそう語ります。 夏生のことを変わらず思っている瑠衣ですが、だからこそ 夏生のことを1番に想っている人と一緒になって欲しい。 瑠衣の説得を受け、陽菜は結婚を決意するのでした。 瑠衣もそうしてほしいと思ってるんだね! 瑠衣の話しを聞き終わり、複雑な関係だと呟く雅。 「複雑なのは最初からだよ」 雅の言葉を聞き、瑠衣はそう返すのでした。 雅と別れ、親族の控え室へと向かう瑠衣。 ハルカに手を引かれる瑠衣が向かった先にいたのは・・・ ドレスを着た陽菜です。 陽菜の美しさに、言葉を失う瑠衣は下を向いて顔を隠します。 「どうしたの?」 心配した陽菜が尋ねると・・・。 「ヒナ姉が・・・幸せそうだから・・・」 姉の姿に感動した瑠衣。 「か・・・代わる?」 瑠衣の様子を見て、陽菜は困ったように尋ねました。 「バカ!!」 陽菜の言葉に、顔を上げて怒る瑠衣。 瑠衣は陽菜の幸せを、涙が出るほど喜んでいたのです。 そして・・・ 2人の姉妹は笑顔で抱き合いました。 その後行われたのは、夏生と陽菜の挙式・・・。 見つめ合う2人は、キスをして愛を誓います。 もう良かったしか言えないよね! 「ただいまー」 そう言って自宅に帰ってきたのは陽菜とハルカ。 ハルカはさらに成長し、夏生の伸びた髭を注意するまでになっています。 相変わらず4人で生活している夏生たち。 ハルカは瑠衣の帰りが遅くなると夏生に伝えるのでした。 「ナツオくん、編集部から何か届いてたよ」 そう言って、夏生に段ボールを渡す陽菜。 中に入っているのは 夏生の新刊です。 「これ、私たちをモデルにした小説・・・」 陽菜がそう尋ねると、夏生は作品に関して話し始めます。 「果たして読者にはどう思われるか・・・」 この作品を執筆するにあたり、夏生は陽菜に取材をしていました。 当時のことを尋ねられたことで、いろんなことを思い出したと話す陽菜。 「・・・俺も、ヒナとルイの気持ちを知るいい機会になったよ」 陽菜の言葉に、夏生はそう返します。 「そうだ、最近思い出したことがあるの!」 会話の中から、取材の時には思い出せなかった気持ちが出てきたと話す陽菜。 それは、事故に遭った時のこと・・・。 スクープ記事の取り下げに成功し、安心していた陽菜ですが、自分の行動で夏生に迷惑をかけたと感じていました。 それでも全く後悔はなかったと話す陽菜は・・・。 「あなたのことを好きになって、本当によかった」 幸せいっぱいの笑顔で、そう話すのでした。 「ねぇこの本、早速読んでもいいかな?」 「もちろん」 陽菜に尋ねられ、答える夏生。 陽菜が手に取った夏生の新作は・・・ 〝ドメスティックな彼女〟。 帯には、初体験から始まる恋・・・と書かれているのでした。 まとめ 遂に完結! ラストシーンは、作家の藤井夏生がドメスティックな彼女の小説を書き上げたところで終わりました。 今までの話しは実体験ですが、それを小説に書き上げた。 我々が読んでいたのは夏生の小説・・・とも思わせるラストです! 義姉と義妹との三角関係を持った夏生。

次の

漫画「【完結】ドメスティックな彼女」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

ドメスティック な 彼女

〜もくじ〜• ドメスティックな彼女276話のあらすじ 遂に最終話・・・。 その日は2人の結婚式です! ドメスティックな彼女276話のネタバレと感想 嬉しそうに廊下を歩くハルカ。 胸には 夏生と瑠衣のネックレスをかけています。 そんなハルカが向かった先にいたのは、 ウエディングドレスを着た・・・。 場面は変わり、車から降りてくる美しい女性。 その女性を見た人は、彼女のことを 女優の〝ミヤビ〟だと噂しています。 演劇サークルに所属していた 芹沢雅は、今やドラマにも出る女優になっていました。 そんな雅を迎えたのは、着物姿の瑠衣。 2年前番組のグルメロケで店を訪れた雅は、その店のシェフをしていた瑠衣と再会。 そこから2人は仲良くなり、今日の結婚式にも雅を呼んだのです。 雅から姉について尋ねられ、目覚めてからの 陽菜の努力を語る瑠衣。 意識が戻っても、5年間眠った状態の陽菜に待っていたのは過酷なリハビリでした。 半年かけてやっと話せるようになり、もう歩けないと言われていたにも関わらず 3年で歩けるようになったのです。 しかし、1番大変だったのは結婚の説得だと漏らす瑠衣。 自分と夏生の 結婚に対し、陽菜は猛反対したのです。 ハルカも生まれているし瑠衣が結婚するべき・・・。 そう思っている陽菜に、瑠衣は本心を打ち明けました。 マスターから陽菜の気持ちを聞いた時・・・。 「 〝敵わない〟って思ったんだ・・・あたしじゃここまでできないって」 瑠衣はそう語ります。 夏生のことを変わらず思っている瑠衣ですが、だからこそ 夏生のことを1番に想っている人と一緒になって欲しい。 瑠衣の説得を受け、陽菜は結婚を決意するのでした。 瑠衣もそうしてほしいと思ってるんだね! 瑠衣の話しを聞き終わり、複雑な関係だと呟く雅。 「複雑なのは最初からだよ」 雅の言葉を聞き、瑠衣はそう返すのでした。 雅と別れ、親族の控え室へと向かう瑠衣。 ハルカに手を引かれる瑠衣が向かった先にいたのは・・・ ドレスを着た陽菜です。 陽菜の美しさに、言葉を失う瑠衣は下を向いて顔を隠します。 「どうしたの?」 心配した陽菜が尋ねると・・・。 「ヒナ姉が・・・幸せそうだから・・・」 姉の姿に感動した瑠衣。 「か・・・代わる?」 瑠衣の様子を見て、陽菜は困ったように尋ねました。 「バカ!!」 陽菜の言葉に、顔を上げて怒る瑠衣。 瑠衣は陽菜の幸せを、涙が出るほど喜んでいたのです。 そして・・・ 2人の姉妹は笑顔で抱き合いました。 その後行われたのは、夏生と陽菜の挙式・・・。 見つめ合う2人は、キスをして愛を誓います。 もう良かったしか言えないよね! 「ただいまー」 そう言って自宅に帰ってきたのは陽菜とハルカ。 ハルカはさらに成長し、夏生の伸びた髭を注意するまでになっています。 相変わらず4人で生活している夏生たち。 ハルカは瑠衣の帰りが遅くなると夏生に伝えるのでした。 「ナツオくん、編集部から何か届いてたよ」 そう言って、夏生に段ボールを渡す陽菜。 中に入っているのは 夏生の新刊です。 「これ、私たちをモデルにした小説・・・」 陽菜がそう尋ねると、夏生は作品に関して話し始めます。 「果たして読者にはどう思われるか・・・」 この作品を執筆するにあたり、夏生は陽菜に取材をしていました。 当時のことを尋ねられたことで、いろんなことを思い出したと話す陽菜。 「・・・俺も、ヒナとルイの気持ちを知るいい機会になったよ」 陽菜の言葉に、夏生はそう返します。 「そうだ、最近思い出したことがあるの!」 会話の中から、取材の時には思い出せなかった気持ちが出てきたと話す陽菜。 それは、事故に遭った時のこと・・・。 スクープ記事の取り下げに成功し、安心していた陽菜ですが、自分の行動で夏生に迷惑をかけたと感じていました。 それでも全く後悔はなかったと話す陽菜は・・・。 「あなたのことを好きになって、本当によかった」 幸せいっぱいの笑顔で、そう話すのでした。 「ねぇこの本、早速読んでもいいかな?」 「もちろん」 陽菜に尋ねられ、答える夏生。 陽菜が手に取った夏生の新作は・・・ 〝ドメスティックな彼女〟。 帯には、初体験から始まる恋・・・と書かれているのでした。 まとめ 遂に完結! ラストシーンは、作家の藤井夏生がドメスティックな彼女の小説を書き上げたところで終わりました。 今までの話しは実体験ですが、それを小説に書き上げた。 我々が読んでいたのは夏生の小説・・・とも思わせるラストです! 義姉と義妹との三角関係を持った夏生。

次の

ドメスティックな彼女【第269話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ドメスティック な 彼女

読みたい項目をクリックして移動• 『ドメスティックな彼女』1巻のあらすじ&ネタバレ 赤森高校に通う二年生の 藤井夏生は、明るく人気者の英語教師、 陽菜に恋をしていた。 夏生が執筆中の小説が陽菜にバレたことで二人は少し距離を縮めるが、陽菜は夏生のことを子ども扱いして相手にしない。 そんな中、友達に誘われた合コンで出会った少女・ 瑠衣と、 会ったその日に体の関係を持ってしまう。 夏生に大胆なお願いをした瑠衣は、男性経験がないことをコンプレックスに感じていたのだった。 夏生が瑠衣の誘いに乗ったのは、陽菜への想いを断ち切りたいという気持ちもあったためだった。 そしてある日、 夏生は父親の再婚相手の女性を紹介された。 だが 父の再婚相手の娘たちは何と陽菜と瑠衣で、二人との共同生活がスタートすることになった。 好きな人と初体験の相手が一気に家族になるってなかなかないシチュエーションだけど、色々な意味で汗をかきそうです…。 そんな中、 陽菜が不倫をしていることが明らかになる。 どうやら相手の男性は既婚者らしい。 陽菜との関係を断ち切らせるため、夏生、瑠衣、そして夏生の友達のフミヤが立ち上がった。 陽菜は涙を浮かべながら、 不倫相手の柊(しゅう)と別れることを決意する。 夏生はその後、失恋の失意の底にある陽菜と海へ行き、そこで 夏生は陽菜に愛の告白をする。 だが 陽菜はきっぱり断り、姉弟の関係に留まるよう夏生に言い渡した。 家族であり教師でもある陽菜と男女の関係になることは、すなわち「死」を意味するのだと諭される夏生。 経験人数30人と恋多き少女だが、リストカットの癖がありその傷跡を見られてしまうと 男性は引いてしまうので、結局独りに戻ってしまうと告白。 家族は彼女に無関心で、ももは孤独を抱えていた。 ももの深い孤独を知った夏生は、得意の焼うどんを作り、ももと一緒に食べることに。 また、夏生は 現代文教師の桐谷に半ば強引に誘われ、 葦原美雨が部長を務める 文芸部に加入することになった。 本好き同士話が合う夏生と美雨。 気まずい出来事がありながらも、どうにかうまくやっていた。 さらに、文芸部には瑠衣とももが新たに加わった。 夏休みには、文芸部員+桐谷+陽菜でキャンプへ行くことに。 陽菜や瑠衣だけでなく、ももや美雨まで…夏生の天性の女たらしぶりが炸裂しています 笑。 理知的だけど強引な桐谷先生のキャラも良いです。 こっそり聞いていた夏生は、桐谷の話に動揺が隠せない。 また、夏生は川で溺れた 葦原美雨の妹・美夜を救助した。 瑠衣はそんな夏生に対し、夏生への想いを告白し、大胆にキスをした。 キャンプの後、小説の資料を探しに高校へやって来た夏生は転校生の 松川・J・アレックスと出会う。 二人は帰宅途中で下着泥棒を捕まえるのだが、被害届を出しに警察を訪れた 瑠衣に対し、アレックスは一目ぼれする。 アレックスに頼まれた夏生は瑠衣にアレックスの好意をほのめかすが、瑠衣は激怒。 瑠衣をなだめるために彼女の部屋へ行くが、成り行きでキスをしてしまう。 そんな二人の様子を偶然目にした 陽菜は、夏生への行き場のない気持ちを自覚。 夏生への想いを断ち切るため、 陽菜は 家を出て一人暮らしを始めることに。 鍵を渡されていた 夏生は陽菜の新居を訪れ、陽菜に想いを伝えた彼は陽菜と口づけを交す。 ここへ来て陽菜と夏生の距離がぐっと縮まりましたが、瑠衣との関係はどうなってしまうのか気になります。 瑠衣のことが好きな新キャラも登場したけど、今のところフラグは立ってなさそう。 夏生は陽菜と男女の関係になることを望むが、教師で義姉である陽菜は許されない恋に恐れおののき、戸惑っている。 そんな中、文化祭を前にして 桐谷に関する「淫行教師」を断罪するという怪文書が学内で出回っていた。 文芸部は部誌販売に加え喫茶店をすることになったが、開店前に何者かが教室を荒らしてしまう。 もものお手柄で犯人を見つけることができたが、 犯人は桐谷の元教え子だった。 この事件をきっかけに、夏生は桐谷のもう一つの顔を知ることになる。 実は、桐谷は夏生の憧れる作家・ 蓮川 要その人だった。 その後、夏生はふとしたことで階段から落ち、右脚を骨折してしまう。 夏生の看病をすることになった瑠衣は・・・。 桐谷先生の件、モテる男も大変だなと思いました。 想いを伝え合った夏生と陽菜だけど、やっぱり前に進むことができないのは辛い…。 瑠衣は自分にアプローチしてくるアレックスとキスをしそうになるが、思いとどまる。 複雑な思いを抱えたまま修学旅行へ向かう、夏生と瑠衣。 だが、 瑠衣への気持ちが暴走したアレックスは泡盛を使った調味料を摂取し、アルコールの力で瑠衣に迫り彼女の体を奪おうとした。 すんでのところで夏生に助けられ、瑠衣は余計に夏生への気持ちを募らせてしまう。 そんな中、 夏生と陽菜は花火大会が行われている時に、こっそり逢引する。 夏生とは別れるつもりだった陽菜だったが、夏生の「将来、俺と結婚して」という夏生のプロポーズに胸をいっぱいにし、二人は抱き合ってキスをする。 男と女として初めて結ばれた夏生と陽菜。 だが、二人がキスをしている写真がこっそり撮影されていたのだった。 ついに陽菜と結ばれた夏生!障害があるからこそ燃えるのが恋ですね。 でも、二人の未来には暗雲が垂れ込めている模様…。 自分が選ばれなかったことに気落ちする夏生だったが、美雨や陽菜の友人・マキの言葉を思い出し、自分を奮い立たせる。 桐谷に弟子入りを志願するが断られるが、一週間に一本短編を書き上げ、桐谷に添削してもらう約束を取りつける。 その夜、藤井家では瑠衣の佳作受賞祝いが行われた。 夏生と陽菜の仲睦まじい様子に疑いを持っていた陽菜の母は、「好きな人はまさか夏生くんじゃないわよね?」と陽菜を揺さぶる。 その翌日、一人暮らしの部屋にやって来た夏生と甘い時間を過ごす陽菜だったが、母の言葉が頭から離れない。 その言葉を振り払うように夏生に甘える陽菜だったが…。 二人の関係をお母さんに勘付かれてしまった様子。 いつにもまして夏生にデレデレな陽菜の様子がちょっと心配ですね。 失意の夏生は、小説も手につかないほど憔悴しきっていたが、 自分の気持ちを見つめなおすために長編小説の執筆を始める。 小説執筆にあまりにものめり込んでしまう夏生を心配した瑠衣は、行きつけの喫茶店のマスターに相談し、マスターは夏生と共に銭湯へ。 そこでマスターはヤクザの若頭だった過去を夏生に告白し、全部自分の一部として背負って生きていくしかないと説いた。 マスターの言葉に心を癒される夏生。 そんな彼は、 ようやく小説を完成させる。 だが、 陽菜は新年になっても家族の元に顔を見せなかった。 心配した瑠衣は姉の居所をつきとめようと奔走し、ついに陽菜の転居先を知った。 一緒に陽菜に会いにいこうと瑠衣は夏生を誘うが、夏生は彼女の申し出を断る。 ある日の放課後、桐谷に呼び出された夏生は、蔦屋聡一郎という男性に出会う。 実は、 桐谷は夏生の小説をこっそり文学賞に応募しており、見事新虹社の文学賞を受賞していたのだった。 失恋のような心を大きく揺さぶる出来事は人に内省を促し、 人生について色んなことを深く考えてしまいますよね。 夏生の小説執筆に全身全霊でのめり込んでしまう感じ、よくわかります。 ラマンのマスターの件なども、人にはいろんなドラマがあるのだなとしみじみしてしまいます。 「負けた方が筆を折る」という厳しいペナルティをつきつける柴崎だったが、結果は惨敗。 柴崎は負けを認めたものの、夏生と陽菜が交際していたことを他の部員にばらそうとしたが、桐谷の機転で事なきを得た。 新入部員・昴とのひと悶着が済みほっと一安心の夏生。 だが、 彼は陽菜の元交際相手の柊に偶然再会し、陽菜はすでに夏生のことを忘れていると告げられる。 夏生はそれを聞いて創作意欲を失ってしまうが、「今度は私のために書いて」という瑠衣の言葉を思い出し、自分には熱心な読者がいるのだと気持ちを奮い立たせる。 瑠衣への感謝の気持ちを伝えるために 夏生は彼女にヘアピンとヘアゴムをプレゼント。 瑠衣への気持ちが大きくなってきていることを感じていたが、同じ失敗を繰り返したくないためにわざと瑠衣にそっけなく接していた。 だが、瑠衣のある行動がきっかけで自分の気持ちに嘘はつけないと悟り・・・。 「姉ちゃんと妹、どっちにも好かれているのをいいことに、両方いこうとしてるだろ!」と真面目な読者さんに怒られてしまいそうな展開ですね 笑。 どうにもできない感情に流されてしまうのが「人間の業」なのだと自分は思います。 二人は、お互いに大切な存在であることを改めて確認する。 また、進路について考えなければならない時期になったが、瑠衣は大学には行きたくなかったものの、自分が何をしたいのかいまいちわからずにいた。 そんな中、 街で偶然実の父である幹本丈と再会し、料理を愛する父の姿に影響され、瑠衣は料理人を目指すことを決意。 だが、元夫が絡む件でもあるので、丈とあまり良い思い出のない 瑠衣の母はそれに反対。 家を飛び出した瑠衣は丈の店で料理の修行を積み、自らの料理で再び母を説得しようと奮闘する。 さらに、桐谷の小説が映画化されることになり、文芸部のメンバーで撮影現場の伊豆大島へ旅行することに。 実は、 伊豆大島は陽菜の転居先で、そのことを知っている瑠衣は不安を抱く。 新天地で一人暮らしを始めた陽菜も、まだ夏生への気持ちを抱えたままだった。 瑠衣の不安は的中し、 夏生は陽菜の姿を車窓から見つけてしまう。 「今は会ってほしくない」と制止する瑠衣の手をふりほどき、夏生は陽菜の元へー。 以下、 お得に読める電子書籍サイトをまとめてみました。 約20万冊の電子書籍を配信中• U-NEXT会員になると 600ポイントもらえる• 対象の雑誌70誌が読み放題• 映画、ドラマ、アニメなど 対象の動画約8万本が見放題• 退会してもポイントで購入した マンガを読むことができる U-NEXTの特典やサービス内容の詳細に関してはコチラをご覧ください。 50万冊以上の電子書籍を配信中• Yahoo! プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)• 「 新刊予約」 機能を使えば 発売日に自動購入できる• 約15万冊の電子書籍を配信中• 月額料金888円 税抜 だが Amazonアカウントで申し込めば二週間無料トライアルできる!• 毎回マンガを買うたびに20%のポイントが還元される• 毎月8の付く日に400ポイント+毎月100ポイントの 合計1300ポイントが無料でもらえる• 約100冊もの雑誌が読み放題• 対象のフジテレビ制作のドラマ、映画、アニメなどの 動画が見放題• 退会してもポイントで購入した マンガを読むことができる FODの特典やサービス内容の詳細に関してはコチラをご覧ください。

次の