ピーマン 人参 レシピ。 ピーマン・人参・玉ねぎの人気レシピ!メインから副菜に作り置きも!

ピーマンのレシピ

ピーマン 人参 レシピ

「ピーマンの肉詰め」みんなのアレンジは? 子どもが好きなピーマン料理の定番といえば「肉詰め」。 子どもが好きな味付けや食感にアレンジすることで、食べやすくなるようです。 「ピーマンの肉詰めにチーズをのせます」( 49歳/営業・販売) 「ピーマンの肉詰めが一番好きみたいでまた作ってと言われます。 ポイントはハチミツと混ぜたケチャップです!」( 32歳/その他) 「ピーマンの肉詰め。 少しあんかけにするとより美味しくなる」( 55歳/主婦) 「ピーマンの肉詰め。 特に味の濃いケチャップと合わせてしまえば、ピーマンの匂いがしなくなり気づかず食べてくれるようです。 「チャーハン。 全体的に味がついているためピーマンの苦味がわかりにくい」( 34歳/主婦) 「細かく刻んで、チャーハンに入れると何も言わずに食べる」( 39歳/主婦) 「匂いがダメのようで、細かくしてケチャップと炒めて、オムライスの具にしている」( 37歳/主婦) 「チキンライス。 ピーマンを細かく刻んでなるべく存在感を消すと食べてくれます」( 42歳/主婦) 「細かく刻んでガパオライスにいれる」( 32歳/主婦) 「炒め物」しっかりめの味付けに 炒め物にしてしまえば、大人も好きなメインおかずに。 味付けも一緒に炒める食材も、無限に組み合わせが可能です。 ピーマン嫌いな子には、青椒肉絲のウケが良いようですよ。 「青椒肉絲にすれば食べる」( 50歳/その他) 「ピーマンのきんぴら。 出汁をきかせるとおいしく食べられる」( 56歳/主婦) 「赤、黄色ピーマンと一緒にごま油で炒め、醤油をかけて食べる」( 44歳/主婦) 「ピーマンと人参と牛肉を細切りにして、炒めてから甘辛く味付けます」( 52歳/主婦) 「ピーマンとじゃこ炒め。 鰹節を最後にまぶすと食が進み美味しい」( 41歳/主婦) 「ピーマンと卵を炒めたもの。 子どもの好きな卵と一緒に、中華風のしっかりめの味付けにするとよく食べます」( 26歳/主婦) 「ピーマンの細切りと豚肉の細切りの中華炒め。 好きなのでたくさん食べてくれる」( 55歳/その他) パパにも人気!「和えもの」レシピ あと一品欲しいときに大活躍してくれるのが、和え物レシピ。 電子レンジを使えばあとは味付けするだけなので、とっても簡単。 特に無限ピーマンはお父さんのおつまみに最適。 パパが美味しそうに食べているのにつられて、ピーマン嫌いでも食べてくれる子が多いようです! 「無限ピーマン。 レンチンしてツナとめんつゆで和えるだけ」( 48歳/主婦) 「ピーマンの細切りをレンジでチンしたら塩昆布で和える」( 56歳/総務・人事・事務) 「ビーマンの胡麻和えです。 ゴマ油をたらすと香ばしくなります」( 59歳/主婦) 「レンチンしてポン酢で和え鰹節をかける」( 37歳/総務・人事・事務) 苦手な子にもOKな「ハンバーグ」 かなり苦手な子は絶対にバレないようにしないと食べてくれない! そんな子のお母さんに人気なのが、細かく刻んでハンバーグに入れてしまう技。 子どもの好きなハンバーグにインすれば気づかず食べてくれることも。 「ピーマンをみじん切りにしてハンバーグに入れる」( 39歳/総務・人事・事務) 「ピーマンを細かく刻んでハンバーグの中に入れる。 食感がいいハンバーグになります。 ハンバーグの中に入ってしまっているのでバクバク食べてくれます」( 35歳/その他) 他にもまだある!アレンジレシピ 最後はまだまだあるピーマンのアレンジレシピをご紹介。 炒め物や和え物に飽きた方はぜひ試してみて! 「かき揚げ」(52歳/主婦) 「丸焼き。 苦味がなくなり食べやすい」( 37歳/主婦) 「ピーマンの春巻き。 ぱりぱりしておいしいといってくれます」( 42歳/その他) 「ピーマンのお好み焼き」( 55歳/主婦) 「ピーマンの佃煮。 醤油と砂糖で甘辛に、クタクタになるまで煮る。 ピーマン特有の苦味などがなくなる」( 36歳/主婦) いかがでしたか? 苦手な子が多い不人気野菜「ピーマン」。 絶対に食べてくれない子も、ちょっと苦手な子も、少しずつ美味しさが分かるようになってくれれば嬉しいですね。

次の

【みんなが作ってる】 にんじん ピーマンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ピーマン 人参 レシピ

【材料】• 豚ひき肉:300g• ピーマン:2個• おろしにんにく:小さじ1• ナンプラー:大さじ1. オイスターソース:大さじ1• しょうゆ:大さじ1• 砂糖:大さじ1• 乾燥バジル:小さじ2• こしょう:少々• 卵:2個• ご飯:お茶碗4杯分 【作り方】• 人参をみじん切りにします。 フライパンにサラダ油を熱し、ひき肉、人参を入れてフタをして火を通します。 玉ねぎ、ピーマンをみじん切りにしてフライパンに加え、中火で炒めます。 もう一つのフライパンで目玉焼きを作っておきます。 野菜と肉に火が通ったら、ナンプラー、オイスターソース、しょうゆ、砂糖、乾燥バジルを加えて炒めます。 塩こしょうで味を調え、お皿に盛ったご飯にのせます。 上に目玉焼きをのせて黒こしょうをかけたら完成です。 【材料】• 豚ロース肉:200g• 片栗粉:適量• ピーマン:2個• サラダ油:適量• 〇酢:大さじ2• 〇しょうゆ:大さじ2• 〇砂糖:大さじ2• 〇ケチャップ:大さじ1• 〇酒:大さじ1• 〇みりん:小さじ2• 〇水:大さじ1• 〇片栗粉:小さじ2 【作り方】• 片栗粉をかけて170度の油できつね色になるまで揚げます。 人参は乱切り、ピーマンは一口大、玉ねぎはくし切りにします。 フライパンにサラダ油を熱し、人参、玉ねぎ、ピーマンを炒めます。 しんなりしたら豚肉を加えます。 〇の調味料を混ぜてフライパンに加え、なじんだら完成です。 【材料】• じゃがいも:小2個• なす:1本• レンコン:小4cm分• ピーマン:1個• 鶏もも肉:1枚• しょうゆ:大さじ3• 片栗粉:大さじ2• 酢:大さじ1• 酒:大さじ2• 水溶き片栗粉:大さじ1• 砂糖:大さじ2 【作り方】• 人参、じゃがいも、なすは乱切り、レンコンは輪切り、ピーマンはざく切り、玉ねぎは4等分に切ります。 鶏もも肉を一口大に切り、にんにく、しょうが、しょうゆ大さじ1をもみ込んで片栗粉をまぶします。 180度の揚げ油に鶏もも肉を入れ、きつね色になったら取り出します。 同じ油に野菜をすべて入れてさっと揚げます。 フライパンに酢、しょうゆ大さじ2、酒、水溶き片栗粉、砂糖を入れて混ぜます。 沸騰させてとろみがついたら、野菜と肉を入れて絡めたら完成です。 【材料】• 卵:5個• じゃがいも:1個• ピーマン:2個• パプリカ:1個• ミニトマト:1パック• 塩こしょう:少々• マヨネーズ:大さじ1• パルメザンチーズ:大さじ1• オリーブオイル:たっぷり 【作り方】• 人参は半分に切って薄くスライス、パプリカとピーマンはさいの目切り、玉ねぎは粗みじん切りにします。 ボウルに卵を割り入れ、パルメザンチーズ、塩こしょう、マヨネーズを入れて混ぜます。 フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎをじっくり炒めます。 じゃがいも、人参を加えて火を通します。 ピーマン、パプリカを加えて炒め、火が通ったらミニトマトを加えて炒め火を止めます。 卵液のボウルに加えてよく混ぜます。 フライパンに再度オリーブオイルを熱し、卵液を流し入れます。 弱火でフタをし、20分ほどじっくり火を通します。 平皿にオムレツを裏返し、フライパンに再度戻ります。 弱火で5分ほど火を通したら完成です。 【材料】• 鶏むね肉:1枚• ピーマン:1個• ごま油:大さじ2• 酒:大さじ1• しょうゆ:大さじ1• 片栗粉:適量• すりおろししょうが:小さじ1• 〇しょうゆ:大さじ1• 〇ケチャップ:大さじ3• 〇酢:大さじ2• 〇酒:大さじ1• 〇片栗粉:小さじ1• 〇オイスターソース:大さじ1• 〇砂糖:小さじ2• 〇みりん:大さじ1 【作り方】• 人参は乱切り、玉ねぎ、ピーマン、パプリカは一口大に切ります。 鶏むね肉は一口大に切り、酒、しょうゆ、しょうがで漬け込みます。 〇の調味料を合わせておきます。 鶏むね肉に片栗粉をまぶします。 フライパンにごま油を熱し、鶏むね肉を焼きます。 焼き色が付いたら、人参、玉ねぎ、パプリカ、ピーマンの順で炒めます。 合わせたたれを加えてとろみがついたら完成です。

次の

ピーマンのレシピ

ピーマン 人参 レシピ

ピーマンが苦手な子供にもおすすめです。 電子レンジで作り方も簡単です。 夏野菜をお酢でさっぱり!レシピ動画ありです。 フライパンで作ります。 レシピ動画ありです。 横に切る方が苦みが少なくなるそうです。 15秒のレシピ動画あり。 お弁当にも便利な1品。 お弁当に入れている人も多いです。 40秒のレシピ動画があります。 レシピ動画あり(19秒)。 レシピ動画あり(54秒)。 15秒で作り方がわかるレシピ動画があります。 ピーマンが苦手なら横に細切りするのがおすすめ。 調味料も「オイスターソース」と「しょうゆ」だけでフライパンで簡単に作れるおかず。 すぐにできるからお弁当にも副菜にもおすすめ。 味噌味です。 フライパンで炒めるだけで簡単に作れます。 まとめ クックパッドのピーマン人気レシピをご紹介しました。 ピーマンの保存方法ですが、冷蔵庫が基本ですが、水気に弱いのでしまう前にはしっかりと水分はふき取りましょう。 ポリ袋などに入れて密閉して、野菜室に保存します。 冷凍保存もできます。 千切りなどにして、1回分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍室で保存します。

次の