豊明 放火 殺人。 母子4人殺人・放火事件 未解決のまま15年 誕生日に命を奪われた二男「けいさつかん」が将来の夢だった 愛知・豊明市 : 中京テレビNEWS

愛知母子4人殺人放火事件まとめ【未解決事件】

豊明 放火 殺人

Contents• 今回は、2004年の9月に 愛知県豊明市で起きた、 お母さんと子供たち3人が殺されてしまった、いたましい事件のことをお話ししていきたいと思っています。 この事件には、 いくつかの謎が残っていてとても気になるんです! いまだに 未解決の事件です。 事件の詳細やいまだに捕まっていない犯人はいったい誰なのかについて調べたこと、私なりに考えた事をお話ししていきます。 愛知県豊明市殺人放火事件の経緯! 2004年9月9日、愛知県豊明市沓掛町の 民家で火災があり、火はすぐに消し止められましたが、 母親の加藤利代さん(38歳)と長男(15歳)、長女(13歳)、次男(9歳)の4人が亡くなりました。 当初は、民家火災で事件性はないと思われていましたが、その後の調べで 灯油をまいた跡や母子の遺体に損傷があったことから、愛知県警察はすぐに 殺人放火事件の特別捜査本部を設置しました。 当日、 父親の博人さん(45歳)は、残業で家にはいませんでした。。。 前日の夜11時頃に、博人さんが家に電話をした時は、 特に異変は感じなかったそうです。 9月9日の午前4時25分頃に、近隣住民から 119番通報がありました。 焼け跡から発見された4人の遺体には、損傷があり、また遺体には抵抗した痕跡がなかったので、 寝ているところを襲われたようでした。 そして、 肺にたまったすすの状況から放火後も生きていた可能性が非常に高くなりました。 もう一つ、肺の中のすすの状況から次男、母親、長女、長男の順で死亡したこともわかりました。 これがわかっても、恐いだけのような気がしますが。。。 灯油のまかれた範囲は遺体周辺と広範囲になりますが、 被害者宅には灯油はありませんでした。 灯油は犯人が持ち込んだものとみられ、被害者宅からは、 散乱したマッチの燃えかすや灯油がしみ込んだ新聞紙が発見されました。 犯人は、火をつけて逃げる時間をかせいだ可能性も考えられますが、被害者宅の庭や周辺、犯人が逃走したと思われる道路などからは 血液反応は出ませんでした。 殺害時に返り血を浴びた犯人が、 着ていた衣類を現場で一緒に燃やした可能性もあるということです。 2階で発見された 母親、長男、長女の遺体には布団がかけられていました。 よく、遺体に布や布団などをかけて 顔を見えなくしているときは、被害者の知人の可能性が高いとテレビで、元警察OBがコメントしていました! なぜか、 次男だけは1階の居間で発見されています。 出火は午前4時過ぎで、犯行は30分ほどで短時間で行われたものと見られています。 午前4時頃、 ギャーという女性の悲鳴を近隣住人が聞いたという報道もありました。 強盗殺人の可能性は? 貴金属類や通帳などを触った形跡はなく、被害者宅から見つかった財布には現金が入っていませんでしたが、犯人によって抜き取られたかどうかは 不明です。 報道では、 燃え残った現金が発見されたという情報もありました。 なので、 強盗殺人の可能性はとても低いと思います。 犯人の侵入経路がわかっていない! この事件では、 犯人の侵入経路が正確にはわかっていません。 被害者宅の玄関や勝手口、1階の窓は すべて鍵が閉まっていました。 ただし、高熱で変形してしまい確認が出来ない窓もあったそうです。 唯一、 2階の長男の部屋は網戸だったので入ることは可能でしたが、2階に上がるためのはしごをかけた跡や、 犯人の侵入した形跡は見つからなかったそうです。 車庫内の所定の場所に勝手口の鍵が隠されていましたが、これは残業で帰宅時間が遅くなる父親が妻に置いておくように頼んだものでした。 旦那さん、どうして鍵持ち歩かないのだろう? この鍵は、同じ場所から発見されているので 犯人が侵入時に使用したかは不明だそうです。 被害者の性別によって殺害方法が違う! 母親と長女は、刃渡り約20センチの サバイバルナイフで顔や背中などを執拗に刺されていました。 一方、長男と次男は 金属製のバールのようなもので撲殺されています。 犯人は、なぜわざわざこんな面倒なことをしたんだろう。。。 怨恨?犯人の執拗な殺し方! 長男と次男は、バールのようなもので殴られたことで 頭に数センチの陥没骨折がありました。 何度も殴られた形跡はなく、 一撃だったようです。 それぞれ、 急性くも膜下出血、脳挫傷が死因です。 母親と長女ですが、 顔や背中など10ヶ所以上刺されていて、母親には肺に達するまでの深い傷があり、長女は刺されたときの強い衝撃でろっこつが折れていました。 死因は、 出血性および外傷性のショック死とみられています。 犯人は誰?1年前から不審者が・・・! 事件が起きる1年ほど前の 2003年7月頃、加藤さん宅の玄関のドアを、むりやりがちゃがちゃ開けようとする 不審者に次男が気づいて、外出中の母親に連絡しました。 2004年に入ってからも、加藤さん宅をジロジロ見ている 不審者が目撃されていました。 愛知県豊明市の母子四人殺害放火事件、事件発生当初はすぐにでも犯人が捕まるという雰囲気でしたが、警察の初動捜査の誤りがこんな結果になっています。 — 青木正雄 ouendan10 また、消火作業をしていた地元の消防団員が現場付近で、 不審車両を目撃していました。 尾張小牧ナンバーのトヨタ・ハイエースのスーパーGLで、運転していたのは、30代から40代くらいの男性ということです。 残る疑問。 なぜ犬だけが。。。 被害者宅では、犬を飼っていました。 この犬は普段よく吠えるのに、事件発生時、 犬が吠えるのを聞いた住人はいません。 そしてこの犬は、 火災のときにはなぜか首輪が外されていて、被害者宅の車の下に隠れて、生きていました。 愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?まとめ 今回の事件は、 謎の多い事件ですね。 犯人の侵入経路もわからず、次男だけ1階で殺されていて、普段よく吠える飼い犬が吠える声を誰も聞いていなかっただけでなく、犬の首輪が外されていたということです。 もっと不思議に思ってしまうことは、 この事件があった半年後の2005年3月11日に遺族である父親が、仕事がらみの詐欺容疑で逮捕されたことです。 家族を亡くしてまだ半年の人が、こんなことをする気力があるんだなと思ってしまいます。 事件発生から5年後、家は取り壊されたそうです。 亡くなった4人の為にも、 早く犯人が捕まって欲しいですね。

次の

愛知豊明母子4人殺人放火事件の真相は?不可解な謎を新たに見つけてしまった

豊明 放火 殺人

愛知県殺人放火事件は夫がなぜ犯人で画像は? 今回の世界仰天ニュースで特集される事件の 内容についてまずは調べてみました。 愛知県豊明市母子4人殺人放火事件の概要 2004年9月9日午前4時25分ごろに 加藤博人さん宅で火事だと通報が入りました。 そして全焼した建物の中から 妻、子供3人が相次いで発見されました。 現場となった場所は更地になっており 2012年1月時点のストリートビューの 画像がこちらです。 全焼した家で見つかったのは 妻・代代さん(当時38歳) 長男・佑基くん 当時15歳 長女・里奈さん 当時13歳 次男・正悟くん 当時9歳 の4人です。 出典: 惨劇となった日は次男の誕生日ということで 当時も大きく話題になっていたようです。 母子4人は鈍器、刃物で傷付けられてから 家に火を放ったことが捜査で分かったため 特別捜査本部が設置され 2019年までに 延べ4万3000人もの捜査員を導入し 捜査に当たりましたが 未だに犯人逮捕が出来ていません。 夫が何故事件当時不在だったのか 当時のニュースや口コミを見ていると 仕事の残業をしていたようで 帰宅したのが出火した午前5時30頃 となっていました。 家族には事件前日の午後11時頃に 帰宅すると連絡していたのに 実際に帰宅したのが日付が変わってからと 予想外に帰宅時間が遅くなっていました。 予定通りの時間に帰っていると 夫も事件に巻き込まれてた可能性がありました。 スポンサーリンク 捜査により判明した事実• 1階の窓は全て鍵がかかっていた• 2階には開いていた窓があった• 家族だけが知るスペアキーは外物置にあったまま• 家族以外に吠える犬が事件当時は吠えていない• ペットの犬の首輪が外され火事に巻き込まれていない• 被害者の返り血を浴びたはずが周辺で血痕がない• 犯人の遺留品が見つからない• 貴重品が盗まれていない 2004年9月に起きた事件以前の 2003年7月午後8時ごろに 被害者宅の施錠された玄関ドアを 誰かが無理に開けようとした。 2004年に入ってから 被害者宅を下見しているのか 不審者が目撃されていたこと。 事件当時に消火活動をしていた人物が 現場付近で不審な車を見ていたこと。 これらも分かっています。 スポンサーリンク 被害者の夫はなぜ犯人に? 現金、貴重品が手つかずだったので 怨恨の線で捜査が進められていました。 犯人が現場近くまで車を利用したのは 間違いないと言われています。 凶器や灯油を運ぶのに 徒歩や自転車だと深夜とはいえ 住宅街を移動するのは 不自然だったからではないでしょうか? 被害者宅でトラブルが確認されていないので 容疑者が浮かび上がらないこと。 家族以外にはよく吠え 番犬として役立っていたペットが 事件当時は吠えていないことから 身内の犯行の可能性が考えられていたようです。 ・貴重品は手付かず ・被害者宅でトラブルは確認されず ・自宅は半密室状態 ・番犬が吠えていない これらにより警察は当初より 夫を疑っており捜査をしていると 詐欺をしていることが分かり 事件から半年後の2005年3月に逮捕しています。 スポンサーリンク 被害者夫の逮捕 容疑は勤め先の会社から パソコン代金約1000万円をだまし取ったこと 約5500万円の手形詐欺を 2001年~2004年にかけて 行っていたことが判明し逮捕されました。 そして詐欺罪で懲役3年、執行猶予4年の判決が くだされています。 被害者夫は当初より疑われていたため 詐欺の取り調べの際に 放火殺人事件についても容疑者扱いで 自白を迫られたと 後に発表した手記で告白しています。 手記にはいかに家族が大切であったのか 警察やメディアに対する恨み言や期待が 書かれています。 手記に書かれている家族に対する思いが 本来であれば「犯人許すまじ」という 流れになりそうなのですが この詐欺事件の起こした動機が原因で 当時の口コミは批判するモノばかりです。 高級クラブで豪遊して、フィリピンおねえちゃんに入れ込んでたんだよね。 で、奥さんとは不仲で、離婚の話も出ていた 確かにこれらの情報を見れば 愛知県豊明市で起きた事件の犯人は 夫だと思わざるを得ません。 夫が犯人だと疑われる要素が多すぎます。 ただ殺人放火事件んは夫の犯行ではないと アリバイが立証されていたようです。 犯行があったとされる時間帯は 被害者夫は同僚と一緒に仕事をしていた ということです。 スポンサーリンク 犯人は夫の愛人? 母と娘の体が特に傷つけられていましたが 女性に対して強い恨みがあるのでしょうか? となると疑わしいのは夫の愛人です。 夫の家族さえいなければ 愛人が正妻になれる? もしくは一緒になれない恨みから 家族を傷つけた? そんな風に考えてしまいます。 愛知県警の捜査ミス? 事件当初より言われていた内容とは?.

次の

愛知豊明母子4人殺人放火事件

豊明 放火 殺人

愛知県殺人放火事件は夫がなぜ犯人で画像は? 今回の世界仰天ニュースで特集される事件の 内容についてまずは調べてみました。 愛知県豊明市母子4人殺人放火事件の概要 2004年9月9日午前4時25分ごろに 加藤博人さん宅で火事だと通報が入りました。 そして全焼した建物の中から 妻、子供3人が相次いで発見されました。 現場となった場所は更地になっており 2012年1月時点のストリートビューの 画像がこちらです。 全焼した家で見つかったのは 妻・代代さん(当時38歳) 長男・佑基くん 当時15歳 長女・里奈さん 当時13歳 次男・正悟くん 当時9歳 の4人です。 出典: 惨劇となった日は次男の誕生日ということで 当時も大きく話題になっていたようです。 母子4人は鈍器、刃物で傷付けられてから 家に火を放ったことが捜査で分かったため 特別捜査本部が設置され 2019年までに 延べ4万3000人もの捜査員を導入し 捜査に当たりましたが 未だに犯人逮捕が出来ていません。 夫が何故事件当時不在だったのか 当時のニュースや口コミを見ていると 仕事の残業をしていたようで 帰宅したのが出火した午前5時30頃 となっていました。 家族には事件前日の午後11時頃に 帰宅すると連絡していたのに 実際に帰宅したのが日付が変わってからと 予想外に帰宅時間が遅くなっていました。 予定通りの時間に帰っていると 夫も事件に巻き込まれてた可能性がありました。 スポンサーリンク 捜査により判明した事実• 1階の窓は全て鍵がかかっていた• 2階には開いていた窓があった• 家族だけが知るスペアキーは外物置にあったまま• 家族以外に吠える犬が事件当時は吠えていない• ペットの犬の首輪が外され火事に巻き込まれていない• 被害者の返り血を浴びたはずが周辺で血痕がない• 犯人の遺留品が見つからない• 貴重品が盗まれていない 2004年9月に起きた事件以前の 2003年7月午後8時ごろに 被害者宅の施錠された玄関ドアを 誰かが無理に開けようとした。 2004年に入ってから 被害者宅を下見しているのか 不審者が目撃されていたこと。 事件当時に消火活動をしていた人物が 現場付近で不審な車を見ていたこと。 これらも分かっています。 スポンサーリンク 被害者の夫はなぜ犯人に? 現金、貴重品が手つかずだったので 怨恨の線で捜査が進められていました。 犯人が現場近くまで車を利用したのは 間違いないと言われています。 凶器や灯油を運ぶのに 徒歩や自転車だと深夜とはいえ 住宅街を移動するのは 不自然だったからではないでしょうか? 被害者宅でトラブルが確認されていないので 容疑者が浮かび上がらないこと。 家族以外にはよく吠え 番犬として役立っていたペットが 事件当時は吠えていないことから 身内の犯行の可能性が考えられていたようです。 ・貴重品は手付かず ・被害者宅でトラブルは確認されず ・自宅は半密室状態 ・番犬が吠えていない これらにより警察は当初より 夫を疑っており捜査をしていると 詐欺をしていることが分かり 事件から半年後の2005年3月に逮捕しています。 スポンサーリンク 被害者夫の逮捕 容疑は勤め先の会社から パソコン代金約1000万円をだまし取ったこと 約5500万円の手形詐欺を 2001年~2004年にかけて 行っていたことが判明し逮捕されました。 そして詐欺罪で懲役3年、執行猶予4年の判決が くだされています。 被害者夫は当初より疑われていたため 詐欺の取り調べの際に 放火殺人事件についても容疑者扱いで 自白を迫られたと 後に発表した手記で告白しています。 手記にはいかに家族が大切であったのか 警察やメディアに対する恨み言や期待が 書かれています。 手記に書かれている家族に対する思いが 本来であれば「犯人許すまじ」という 流れになりそうなのですが この詐欺事件の起こした動機が原因で 当時の口コミは批判するモノばかりです。 高級クラブで豪遊して、フィリピンおねえちゃんに入れ込んでたんだよね。 で、奥さんとは不仲で、離婚の話も出ていた 確かにこれらの情報を見れば 愛知県豊明市で起きた事件の犯人は 夫だと思わざるを得ません。 夫が犯人だと疑われる要素が多すぎます。 ただ殺人放火事件んは夫の犯行ではないと アリバイが立証されていたようです。 犯行があったとされる時間帯は 被害者夫は同僚と一緒に仕事をしていた ということです。 スポンサーリンク 犯人は夫の愛人? 母と娘の体が特に傷つけられていましたが 女性に対して強い恨みがあるのでしょうか? となると疑わしいのは夫の愛人です。 夫の家族さえいなければ 愛人が正妻になれる? もしくは一緒になれない恨みから 家族を傷つけた? そんな風に考えてしまいます。 愛知県警の捜査ミス? 事件当初より言われていた内容とは?.

次の